スプリンターズSプレゼンター・DAIGOさんのコメント [News] [News]
2018/09/30(日) 17:56

本日、中山競馬場のイベントに来場し、スプリンターズステークスの表彰式プレゼンターを務めたDAIGOさんのコメントは以下の通り。

~DAIGOさんのコメント~
「秋の緒戦のGIスプリンターズステークスに来ることができて、うれしかった。川田優雅騎手がファインニードルでしっかりと勝って、プレゼンターを務めたときは本当に感慨深かった。決めるときはしっかり決める男だ。馬券は外れましたが、『SSS』"最高の""スプリンターズ""ステークス"でした」

(JRA発表による)

【内房S】(中山)~サトノアッシュが逃走V [News] [News]
2018/09/30(日) 17:49

中山12Rの内房ステークス(3歳以上1600万下・ハンデ・ダート1800m)は3番人気サトノアッシュ(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒9(不良)。3馬身半差の2着に5番人気ヴァローア、さらに1馬身半差の3着には6番人気エネスクが入った。

サトノアッシュは栗東・中竹和也厩舎の6歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ディナーブレイク(母の父Tale of the Cat)。通算成績は38戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノアッシュ(津村明秀騎手)
「この馬場ですから、ある程度前へ行こうと考えていました。砂を被りたくもなかったのでハナへ行きましたが、終いもしっかり伸びてくれました。完勝でした」

3着 エネスク(柴田大知騎手)
「追い切りもしっかりできて、この馬にとって理想的な競馬ができました。ただ、今日は前の馬も止まらなかったですね。それでもこれだけ速い時計の中、よく頑張ってくれました」

5着 サクラエンパイア(J.モレイラ騎手)
「ゲートを出るタイミングは良かったのですが、馬の脚がついていかず、つまずいてしまいました。それでポジションが後ろになってしまいましたね。今日の競馬の流れで後方からになると厳しかったです」

【スプリンターズS】(中山)~ファインニードルが春秋スプリントGI制覇 [News] [News]
2018/09/30(日) 16:57

中山11Rの第52回スプリンターズステークス(3歳以上GI・芝1200m)は1番人気ファインニードル(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒3(稍重)。クビ差の2着に11番人気ラブカンプー、さらに半馬身差の3着には13番人気ラインスピリットが入った。

ファインニードルは栗東・高橋義忠厩舎の5歳牡馬で、父アドマイヤムーン、母ニードルクラフト(母の父Mark of Esteem)。通算成績は27戦10勝。

~レース後のコメント~

1着 ファインニードル(川田将雅騎手)
「思いのほか良い流れにならなかったのですが、この馬の力でよくつかまえてくれました。この馬より外に行く馬が多くいたので、どうなるかなと思いましたが、スムーズにやり過ごすことができました。ただ、アレスバローズに取りたい位置を取られてしまい、少し苦しい競馬になりました。4コーナーではあまり良い雰囲気ではありませんでしたが、直線に入ると自分の脚を使い出して、『何とか届いてくれ』と願いながら一緒に頑張って追いました。春に続いて着差は僅かでしたが、GIを勝ち切ってくれたのがこの馬の素晴らしさでしょう。これで春秋のスプリントGIを連覇して、国内のスプリント界で一番強い馬と言えると思います。(夏にイギリスで騎乗して)またゴドルフィンの勝負服で勝つことができて、とても光栄です」

2着 ラブカンプー(和田竜二騎手)
「行ければハナに行くことも考えていましたが、うまく流れに乗って、道中息も入りましたし、この流れでよく頑張りました。馬の状態が良く、勝負に行ったのですが、最後は負けの形になりました」

3着 ラインスピリット(武豊騎手)
「直線で前の2頭の間が開きそうで開かず、追い出しを待たされてしまいました。開いていればもっと際どかったと思います。レースとしてはある程度思い通りのレースができました」

4着 ダイメイプリンセス(秋山真一郎騎手)
「夏にレースを使い詰めて走ってきて、良い状態を何とかキープして臨んだレースでしたが、GIでよく頑張りました。来年は絶好調でGIに挑戦させたい馬です」

6着 ワンスインナムーン(石橋脩騎手)
「調教の感じが良かったですし、馬場を味方に楽に先頭に立ってレースができました。3コーナーで少し速くなりましたが、スピードを生かしたレースに徹しました。差は少しですし、よくやったと思います」

7着 ナックビーナス(J.モレイラ騎手)
「馬場のせいなのか、今日はバランスが良くありませんでした。前回のレースの力を出すことができませんでした」

10着 レッドファルクス(戸崎圭太騎手)
「今日は外枠でしたし、勝負どころでラッキーバブルズの故障があり、外を回る不利もありました。いろいろ噛み合いませんでした」

14着 アレスバローズ(藤岡佑介騎手)
「4コーナーで馬場の悪い所に脚をとられてしまいました。もう少し良い馬場なら結果は違ったと思います」

競走中止 ラッキーバブルズ(B.プレブル騎手)
「スタートも良く、ファインニードルを見ながらレースを進めました。手応えも良く、いざ仕掛けようと思ったのですが...」

【勝浦特別】(中山)~ラフィングマッチが押し切る [News] [News]
2018/09/30(日) 16:07

中山10Rの勝浦特別(3歳以上1000万下・ハンデ・芝1200m)は4番人気ラフィングマッチ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒6(稍重)。1馬身1/4差の2着に8番人気セイウンリリシイ、さらにクビ差の3着には7番人気スマートシャヒーンが入った。

ラフィングマッチは栗東・北出成人厩舎の3歳牡馬で、父タイキシャトル、母シアージュ(母の父Raven’s Pass)。通算成績は14戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ラフィングマッチ(戸崎圭太騎手)
「良いスタートが切れて、リズム良く行くことができました。初めて乗りましたが、今日のような馬場も良かったのだと思います」

3着 スマートシャヒーン(武豊騎手)
「枠順も良く、いい位置でレースの流れに乗れました。ラストまでしぶとく脚を使っていました。このクラスでもやれそうです」

6着 カッパツハッチ(石川裕紀人騎手)
「初めて乗りましたが、すごく良い馬です。今日のような競馬をしていけば、このクラスでもやっていけると思います」

7着 ラベンダーヴァレイ(J.モレイラ騎手)
「馬の状態は良く、レースの流れも悪くなかったのですが、最後に前が詰まってしまいました。馬の能力をフルに出すことができずに残念です」

阪神競馬の代替競馬実施に伴うJRAネット投票発売(地方競馬)の変更について<10月1日(月)、2日(火)> [News] [News]
2018/09/30(日) 15:37

阪神競馬の代替競馬が10月1日(月)に実施されるため、JRAネット投票(地方競馬)の発売が変更される。変更点は以下の通り。


・10月1日(月)
【JRAネット投票の追加販売】
10月1日(月)のJRAネット投票は当初予定されていなかったが、盛岡競馬、船橋競馬については追加発売されることになった。

盛岡競馬(全レース:即PAT、A-PAT)
船橋競馬(1~6レース:即PAT、A-PAT)※18時10分発走競走まで発売

・10月2日(火)
【JRAネット投票の発売取りやめ】
当初予定されていた10月2日(火)の門別競馬、船橋競馬、金沢競馬、笠松競馬のJRAネット投票は取りやめとなり、発売は行われない。

(NAR発表による)

【サフラン賞】(中山)~レッドアネモスがクビ差逃げ切りV [News] [News]
2018/09/30(日) 15:23

中山9Rのサフラン賞(2歳500万下・牝馬・芝1600m)は4番人気レッドアネモス(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒7(稍重)。クビ差の2着に1番人気コントラチェック、さらに3馬身半差の3着には5番人気ブルーグローブが入った。

レッドアネモスは栗東・友道康夫厩舎の2歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母マチカネハヤテ(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドアネモス(友道康夫調教師)
「2~3番手からのレースを考えていたのですが、スピードの違いでハナへ行く形でした。それでも問題なく上手に走っていました。少し緩い馬場も合っていました。今後は阪神JFを目標に、直行を含めたローテンションを考えています」

2着 コントラチェック(C.ルメール騎手)
「前回のレースはリラックスできていたのですが、今日は少し引っ掛かってしまってリラックスできませんでした。少し体も重かったかもしれません」

3着 ブルーグローブ(戸崎圭太騎手)
「今日のレースの流れの中で、何とか我慢できていました。内容としては悪くなかったと思います」

阪神競馬(代替)の夜間発売が取りやめに [News] [News]
2018/09/30(日) 15:06

明日10月1日(月)の阪神競馬は、台風による競馬開催への影響が予想されるため、インターネットによる阪神競馬の夜間発売(日曜日午後8時30分~月曜日午前7時)を取りやめとする。
なお、「明日の阪神競馬の開催」および「明日午前7時以降の電話・インターネット投票の発売」については、決定次第JRAホームページ等で発表される。

(JRA発表による)

【メイクデビュー】(中山4R、5R)~フィルムフェスト、エアジーンが勝利 [News] [News]
2018/09/30(日) 14:23

中山4Rのメイクデビュー中山(芝1200m)は1番人気フィルムフェスト(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒3(重)。2馬身半差の2着に2番人気ヴァッシュモン、さらに3馬身半差の3着には4番人気パリテソーロが入った。

フィルムフェストは美浦・尾関知人厩舎の2歳牝馬で、父スクリーンヒーロー、母ユールフェスト(母の父More Than Ready)。

~レース後のコメント~
1着 フィルムフェスト(C.ルメール騎手)
「フットワークが速く、スタートから真面目でした。ハミを取ることになりましたが、リラックスすることができました。良い瞬発力を持っています。距離は1200mから1400mくらい、短めが良いと思います」

3着 パリテソーロ(田辺裕信騎手)
「まだ気で走っていて、走りが雑な面がありました。攻め馬からカリカリするところがあったので、使いつつ大人しくなってくれれば良いですね」

4着 テンノウザン(田中勝春騎手)
「門別でデビューする予定(出走取消)だった馬で、結構仕上がっていましたから、何とかならないかと思いましたが......。それでも頑張ってくれました。レースの内容も悪くありませんでした」


中山5Rのメイクデビュー中山(芝1800m)は2番人気エアジーン(J.モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒4(重)。1馬身半差の2着に4番人気エクリリストワール、さらに1馬身半差の3着には3番人気アドマイヤレオが入った。

エアジーンは美浦・堀宣行厩舎の2歳牝馬で、父ハービンジャー、母ラスティングソング(母の父フジキセキ)。

~レース後のコメント~
1着 エアジーン(J.モレイラ騎手)
「あまりゲートは速くない馬でしたが、今日はしっかりと出てくれました。バランスのいい走りで、終いまで良い脚でした。これから期待できる馬です」

2着 エクリリストワール(戸崎圭太騎手)
「この馬なりのレースができ、初戦から良いレースでした。長く良い脚を使って頑張っていました」

3着 アドマイヤレオ(田辺裕信騎手)
「雰囲気が良く、とても良い馬です。ただ今日はレースのレベルが高すぎました」

4着 ヴァイスカイザー(C.ルメール騎手)
「出遅れましたが、その後の走りは悪くなかったです。一回使ったことで良くなるでしょう。距離はこれくらいがいいですね」

【2歳未勝利】( 中山1R、2R)~キタノオドリコ、ラージヒルが勝利 [News] [News]
2018/09/30(日) 13:31

中山1Rの2歳未勝利(ダート1200m)は1番人気キタノオドリコ(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒1(不良)。7馬身差の2着に8番人気シュンラン、さらに半馬身差の3着には5番人気シゲルホタルイシが入った。

キタノオドリコは美浦・相沢郁厩舎の2歳牝馬で、父エスポワールシチー、母ブライドウッド(母の父Danzig)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 キタノオドリコ(石川裕紀人騎手)
「前走で短距離ダートへの適性がわかりましたし、道中も無理していません。それでこの時計ですから、本当に強い競馬でした」

2着 シュンラン(菱田裕二騎手)
「行ってだらっとする競馬が続いていたのですが、意識的に溜める競馬をしてみました。終いは良い脚を使ってくれました」

5着 ヤサカリベルテ(武藤雅騎手)
「テンにちょっと行けなかったのですが、終いは良い脚を使っています。もう少し距離は延びても良さそうです。ダートも問題ありませんでした」


中山2Rの2歳未勝利(芝2000m)は4番人気ラージヒル(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒0(重)。3/4馬身差の2着に1番人気レオンドーロ、さらに2馬身半差の3着には5番人気サトノエルドールが入った。

ラージヒルは美浦・林徹厩舎の2歳牡馬で、父キングズベスト、母キャットガール(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ラージヒル(C.ルメール騎手)
「2番手で良い感じに進められました。2000mという距離も合っていましたし、ゴールまで長く良い脚を使ってくれました」

2着 レオンドーロ(柴田大知騎手)
「のめってはいませんでしたが、良馬場のほうが合っていそうです。勝った馬はこういう馬場でもグングンと進んでいたので、適性の差があったのかもしれません。また、落鉄もしていたので、それも影響したのかもしれません」

3着 サトノエルドール(北村宏司騎手)
「スタートしてからの二の脚が、初戦よりも良くなっていて成長を感じました。広いコースに変わればさらに良くなりそうです」

4着 ホウオウビクトリー(吉田隼人騎手)
「頭を上げながら走っていたりと、まだ課題はありますが、最後に良い脚を使ってくれました」

5着 ポルーニン(J.モレイラ騎手)
「スタートを出て、ポジションも取れて、気持ちよく走ることができました。ただ勝負どころでペースアップしたときに付いていけなくなりました。経験を積んで、精神的に成長してくればと思います」

6着 クラサーヴィツァ(三浦皇成騎手)
「まだ体に余裕がある感じで、使ってから良くなりそうです。今日の馬場もこの馬には厳しかったです」

野中悠太郎騎手のアイルランドでの騎乗成績(9月29日) [News] [News]
2018/09/30(日) 13:17

野中悠太郎騎手(美浦・根本康広厩舎)の29日(土)の騎乗成績は以下の通り。

ナヴァン競馬場(アイルランド)
5R 一般レース(芝1600m) ナイトドライヴ 13着/18頭

(JRA発表による)