【オーバルスプリント】(浦和)~地元のノブワイルドが逃げ切る [News] [News]
2018/09/24(月) 18:34

 24日、浦和競馬場(曇・やや重)で行われたダートグレード競走・第29回テレ玉杯オーバルスプリント(JpnIII・1400m)は、地元浦和・小久保厩舎所属の2番ノブワイルド(左海誠二騎手)が、先手を取って1分26秒1で逃げ切り勝ちを収めた。
 浦和競馬開場70周年の記念開催で、地元所属馬の優勝となった。地方馬によるこのレースの勝利は、2013年セイントメモリー以来、5年ぶり。
3/4馬身差の2着には2番人気の12番オウケンビリーヴ(JRA)が入り、これに迫った浦和・小久保厩舎の8番トーセンハルカゼが、9番人気ながらハナ差の3着となった。
 1倍台の支持を集めていた5番ウインムート(JRA)は、8着に終わった。

 勝ったノブワイルドは父ヴァーミリアン母コウエイベスト(その父アンバーシャダイ)の牡6歳鹿毛馬、浦和・小久保智厩舎の管理馬。通算成績23戦9勝、重賞初制覇。

~レース後の関係者のコメント~

1着 ノブワイルド(左海誠二騎手)
「強かったですね。自分のペースで行けたほうが力を出せると思っていたので、逃げられるのであれば逃げようかと思っていました。今日はいつもと相手が違うので、3コーナーで馬に気合いを入れて、リードを広げました。今回浦和競馬70周年記念開催で、地元の所属馬で勝つことができて本当に嬉しいです。これからも頑張りますので応援よろしくお願いいたします」

(小久保智調教師)
「3コーナーでリードが広がったとき行けるのではと思いました。体調面では余裕を持ってこられたこともあり、しっかり仕上げることができていました。今後も大事に使いつつ、次走はJBC一本で考えています」

2着 オウケンビリーヴ(北村友一騎手)
「厳しい枠で厳しい流れでしたが、最後までつめてくれました。夏場にコンスタントに使っていましたがそこまで疲労はなく、よく頑張ってくれました」

3着 トーセンハルカゼ(真島大輔騎手)
「休み明け2戦目で状態は良かったです。道中いそがしかったですが、ゆっくり行ったところ最後に良い脚を使ってくれました」

6着 ドライヴナイト(藤岡佑介騎手)
「今日は終始手ごたえが良くなかったので、追走にもう少し余裕が出てきて欲しいです。また、今回初の地方コースだったので、馬場にもこれから慣れてくれればと思います」

8着 ウインムート(内田博幸騎手)
「終わってみれば初コース、小回りがあるのかもしれません。今日はリズム良く走ることができませんでした」

(取材:小屋敷彰吾)

【スプリンターズS】ラッキーバブルズ(香港)、中山競馬場へ移動 [News] [News]
2018/09/24(月) 18:30

 30日(日)中山競馬場で行われる第52回スプリンターズステークス(GI)に出走予定の、ラッキーバブルズ(香港・セン7歳)が、今日24日11時00分に競馬学校国際厩舎を退厩し、11時40分、中山競馬場国際厩舎に到着した。

・ロク マン ラリー・ルイ厩務員のコメント
「輸送を経て入厩直後は、周りを見回したり聞き耳を立てたりしますが、これはこの馬にとっては普通のことで、新しい環境に順応しようとしているだけです。飼い食いも日本到着後数日は残すこともありましたが、馬は元気で馬体重も今朝測った(487kg)ところでは問題ありません。明日の調教も馬場に出たところで周りを見回すしぐさはあるでしょうが、扱いやすい馬です。調教内容については馬場状態などを踏まえて、調教師に確認してから決めます」

(JRAからのリリースによる)

【スプリンターズS】ラッキーバブルズ(香港)、24日の調教状況 [News] [News]
2018/09/24(月) 18:29

 30日(日)中山競馬場で行われる第52回スプリンターズステークス(GI)に出走予定の、ラッキーバブルズ(香港・セン7歳)の、今日24日の競馬学校での調教状況、関係者のコメントは以下の通り。

・調教状況
 チェク ワー・ロー調教助手が騎乗し、追馬場にて右回りで常歩100m、キャンター1100m。ダートコースにて右回りでダク(速歩)200n、キャンター(1ハロン20秒~27秒程度)1200m、左回りで常歩200m

・ロク マン ラリー・ルイ厩務員のコメント
「体調は問題ありません。今日は多少強めの運動をしましたが、動きはスムーズで、良い状態だと思います。1週間経って、だいぶ環境にも慣れ、今は香港にいる時と変わらない様子です」

(現地情報)