【コリアカップ】(韓国G1)~ロンドンタウンが連覇達成 [News] [News]
2018/09/10(月) 08:13

9月9日(日)に韓国のソウル競馬場で行われたコリアカップ(韓国G1・ダート1800m・14頭)で、日本から遠征したロンドンタウン(栗東・牧田和弥厩舎)が優勝し、見事に連覇を達成した。

~レース後の関係者のコメント~

1着 ロンドンタウン(牧田和弥調教師)
「調整は去年同様うまくいきました。向正面あたりからは引き離す一方だったので、安心して見ていることができました。来年もまた呼んでもらえることがあれば嬉しいです」

(岩田康誠騎手)
「ハナを切るつもりでしたが、外から先に行きたがる馬がいたので、先頭は譲りました。去年に比べ、馬はリラックスできていましたし、力をつけてきたのが今日の結果に繋がったと思います。馬を褒めてあげたいです」

(JRAのリリースによる)

【コリアスプリント】(韓国G1)~モーニンが優勝 [News] [News]
2018/09/10(月) 08:11

9月9日(日)に韓国のソウル競馬場で行われたコリアスプリント(韓国G1・ダート1200m・13頭)で、日本から遠征したモーニン(栗東・石坂正厩舎)が優勝した。

~レース後の関係者のコメント~

1着 モーニン(石坂正調教師)
「馬はこちらの環境にも馴染めていたようで、状態も良かったです。ダート1200mが初めてで、距離的な不安はありましたが、今日はこの馬の底力を見せてくれました」

(藤井勘一郎騎手)
「スタートから早め早めに前へつけようと思っていましたが、他の馬も速く、外側からずっと寄せられ、非常に厳しい展開になりました。最後までまったく気を抜けませんでしたが、良い結果が出て本当に良かったです」

(JRAのリリースによる)