さらば夏競馬。秋に弾みをつける3本のホームランだ~! [実況アナ!] [実況アナ!]
2018/09/04(火) 11:43

 万馬券を愛する皆さん、カレンダーを見るともう9月になっています。暑く楽しい夏を満喫していたら、いつの間にか夏競馬が終わっていました。猛暑、酷暑と言われた今年の夏を皆さんは楽しまれましたか?私はワールドオールスタージョッキーズが行われた札幌で燃え尽きました。真っ白に...。今更ながら7月の万馬券を振り返ります。7月に出た100万円を超える払い戻しとなったレース、WIN5の結果とそれぞれの実況担当者は以下の通りです。

7月 8日(日)函館・立待岬特別 3連単148万9880円 (実況担当・佐藤)
7月 8日(日)福島・七夕賞   3連単256万3330円 (実況担当・小林)
7月21日(土)福島・白川特別  3連単128万5590円 (実況担当・中野)
7月22日(日)函館・9レース  3連単306万7390円 (実況担当・山本直也)
7月28日(土)小倉・4レース  3連単105万5110円 (実況担当・米田)

★7月 1日(日) CBC賞&ラジオNIKKEI賞
 福島 10R(8番人気)・11R(2番人気)          ...中野アナ
 中京 10R(1番人気)・11R(4番人気)          ...檜川アナ
 函館 11R(5番人気)                    ...小塚アナ
<払戻金> 305万9140円

★7月 8日(日) プロキオンS&七夕賞
 福島 10R(1番人気)・11R(11番人気)         ...小林アナ
 中京 10R(1番人気)・11R(5番人気)          ...中野アナ
 函館 11R(1番人気)                    ...佐藤アナ
<払戻金> 149万6510円

★7月15日(日) 函館記念
 福島 10R(2番人気)・11R(3番人気)         ...小林アナ
 中京 11R(3番人気)                   ...檜川アナ
 函館 10R(3番人気)・11R(5番人気)         ...小塚アナ
<払戻金> 222万2150円

★7月22日(日) 函館2歳S&中京記念
 福島 10R(4番人気)・11R(4番人気)          ...佐藤アナ
 中京 10R(2番人気)・11R(1番人気)          ...小塚アナ
 函館 11R(2番人気)                    ...山本直也アナ
<払戻金> 84万5440円

★7月29日(日) クイーンS&アイビスSD
 新潟 10R(5番人気)・11R(1番人気)          ...大関アナ
 小倉 10R(7番人気)・11R(4番人気)          ...檜川アナ
 札幌 11R(1番人気)                    ...山本直也アナ
<払戻金> 84万5440円

 まず、7月の月間MVPです。候補になったのは山本直也アナと私小林でした。そして、選考委員会での議論で山本直也アナが月間MVPに選ばれました。私小林は七夕賞史上最高配当となったレースを実況しましたが、やはり200万円台ではインパクトがないと多くの選考委員が言い、対して山本直也アナは、300万オーバーという1つの基準をクリアし、さらにこの函館のレースでは馬連と3連複の函館競馬史上最高配当(馬連・15万8440円、3連複・82万6730円)も生み出していたのです。この点が評価されてMVPとなりました。

 さて、リーディングです。リーディングのトップは、6月と変わらず山本直アナです。打率を少し下げたものの7割7分3厘でトップの座を維持しました。2位は変わって小塚アナとなりました。小塚アナは打率を上げて7割6分6厘となり、トップの山本直アナとの差を詰めています。この秋には逆転があるのでしょうか。3位は変わらず7割6分ちょうどの山本直也アナです。そして4位が6月には2位だった大関アナとなっています。大関アナは7割7分9厘から7割5分4厘まで打率を下げてしまいました。この夏、大関アナはジャックルマロワ賞をはじめ毎週のように重賞レースを実況し、またグリーンチャンネルのせりの番組に出演するなど大活躍でした。しかし、7月は7日、8日、14日、15日の4日連続で6打数3安打だったのが響きました。はたして大関アナの盛り返しはあるのか注目です。

 一方、殿は米田アナで、こちらも変わりありません。打率は6割9分1厘です。米田アナはなんとか早く7割台にもっていきたいところでしょう。そしてブービーも変わらず檜川アナです。打率は6月とほぼ同じ7割1分となっています。関西の2人は季節が変わって、秋は浮上出来るのか注目して見てみたいところです。2人に続くのが私小林で7割2分1厘です。うかうかしていられません。私も今ひとつコンスタントに万馬券レースを実況することが出来ません。去年から続くスランプに苦しんでいます。ただ、ご存知のように先週の新潟、夏競馬最終日の2日には3本のホームラン(9レース・104万910円、10レース・171万3570円、12レース・130万6160円)をかっ飛ばすことが出来ました。万馬券愛好家として、いい形で夏を締めくくったと思っています。これをきっかけに秋は多くの万馬券レースを実況したいと考えています。

 思えば今年は1000万を越える大万馬券は1つしか誕生していません。4月の下旬に東京で1002万8900円が出て以来、もう4カ月以上1000万オーバーを見ていません。しかし、ソロソロかもしれません。季節が変わって、どこかで大爆発があることを期待したいものです。万馬券を愛する皆さん、夏の疲れなんかぶっ飛ばしてしまうような万馬券をゲットしようではありませんか!頑張りましょう。