明日の出走取消(札幌2R) [News] [News]
2018/08/11(土) 17:15

明日(8月12日)の札幌競馬第2Rに出走予定だった5番ゲハイムヴァッフェは、左前肢跛行により出走取消となった。

(JRAの発表による 16時25分発表)

【知床特別】(札幌12R)~バイオレントブローが大逃げ同士の競り合いを制す [News] [News]
2018/08/11(土) 17:07

札幌12Rの知床特別(3歳以上500万下・芝2000m)は4番人気バイオレントブロー(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒1(稍重)。クビ差の2着に2番人気ジャコマル、さらに7馬身差の3着に1番人気チャロネグロが入った。

バイオレントブローは栗東・佐々木晶三厩舎の3歳牡馬で、父バゴ、母バイオレントハート(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は9戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 バイオレントブロー(藤岡佑介騎手)
「スタートが決まったので、中途半端な競馬をするよりも良いと思い、ハナを切って行きました。馬は力むこともなく、3番手以下をあれほど離しているほどの速さは感じませんでした。最後まで頑張り、強い内容だったと思います」

3着 チャロネグロ(C.ルメール騎手)
「馬がズブくてスタートしても進んで行きませんでした。前の2頭に離されてしまい、最後は伸びていたのですが......」

4着 トータルソッカー(黛弘人騎手)
「最後、手前を替えてくれませんでした。次は上積みがあると思います」

【新潟日報賞】(新潟11R)~逃げたアドマイヤリアルが後続の追撃を凌ぎ勝利 [News] [News]
2018/08/11(土) 16:40

新潟11Rの新潟日報賞(3歳以上1600万下・芝1400m)は7番人気アドマイヤリアル(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒5(良)。3/4馬身差の2着に8番人気ショウナンライズ、さらにアタマ差の3着に9番人気ネオスターダムが入った。

アドマイヤリアルは栗東・梅田智之厩舎の5歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母チアフル(母の父Caerleon)。通算成績は11戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤリアル(田辺裕信騎手)
「スタート上手でマイペースで運べ、4コーナーの手応えも良かったのですが、直線、嫌がる仕草を見せて手応え以上に詰められました。良い馬なので悪い癖が解消するといいですね」

2着 ショウナンライズ(三浦皇成騎手)
「外枠でスムーズに競馬ができました。最後は伸びずバテずでしたが、もうひと脚使えれば違ってくるでしょう」

3着 ネオスターダム(戸崎圭太騎手)
「前を捌くのに手間取りましたが、しっかりとした決め手を持っています」

4着 アンブロジオ(菊沢隆徳調教師)
「今日は枠が外で1400mは少し忙しかったです。それでもジワジワ脚を使ってしぶといところを見せていましたし、体もこれから良くなってくると思います」

【阿蘇S】(小倉11R)~逃げたコパノチャーリーがしぶとく粘りきる [News] [News]
2018/08/11(土) 16:24

小倉11Rの阿蘇ステークス(3歳以上OP・ダート1700m)は1番人気コパノチャーリー(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分43秒1(良)。クビ差の2着に5番人気エポック、さらに2馬身差の3着に2番人気ジュンヴァルカンが入った。

コパノチャーリーは栗東・村山明厩舎の6歳牡馬で、父アグネスデジタル、母コパノニキータ(母の父ティンバーカントリー)。通算成績は40戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 コパノチャーリー(浜中俊騎手)
「スッと先手を取ってレースを運べましたが、2着馬が手応え良く来たのでヒヤッとしました。でも直線良く粘ってくれてよかったです。」

2着 エポック(酒井学騎手)
「勝ったと思いました。返し馬から前走に比べて良くなっていることを感じました。陣営からは2番手でのレースという指示で楽にその位置から運べました。向正面で他の馬に来られてもすぐに反応してくれました。もう少し切れる脚があって前に出られたら良かったのですが......。併せる形になったら相手がしぶとかったですね。この馬も力をつけています」

3着 ジュンヴァルカン(和田竜二騎手)
「ゲートは出ましたが、ペースが遅く力んでしまいました。その分、最後あまくなってしまいました。ハミが抜ける展開になればもっと走ると思います」

4着 タムロミラクル(松山弘平騎手)
「流れが向かない中、よく最後まで伸びて頑張ってくれました」

5着 メイプルブラザー(B.アヴドゥラ騎手)
「勝ち馬について行って2、3番手のレースをしたかったのですが、この馬もかかるところがあると聞いていたので無理せず行きました。4コーナー手前からずっと外を回っていったのは、馬が自分でハミを取って行ってくれたものです。最後もそのまま行ってくれるかと思ったのですが、展開的に前に有利な流れになりました。勝ち馬も強かったですからね。それでもこの馬には次走へつながるレースになったと思います」

【STV賞】(札幌11R)~ハッピーグリンが異次元の伸び脚を見せて快勝 [News] [News]
2018/08/11(土) 16:21

札幌11RのSTV賞(3歳以上1000万下・芝1500m)は1番人気ハッピーグリン(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分29秒3(稍重)。2馬身半差の2着に6番人気ユアスイスイ、さらに2馬身半差の3着に4番人気ニシノカブケが入った。

ハッピーグリンは地方・田中淳司厩舎の3歳牡馬で、父ローエングリン、母レディセラヴィ(母の父アグネスタキオン)。通算成績は14戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ハッピーグリン(C.ルメール騎手)
「道中はけっこう楽に行けました。真ん中のポジションにつけていいペースでリラックスして走っていました。ラスト400mから良い脚を使いました。能力があります。上のクラスでも走れると思います」

2着 ユアスイスイ(小崎綾也騎手)
「他にも前に行く馬がいましたが、今日はハナを奪えて逃げが叶いました。ダラダラ行くよりはいいと思っていました。距離はマイルまではもつと思います。次もスタート次第だと思います」

4着 スカルバン(松田大作騎手)
「いい感じでした。頑張ってくれていると思います」

【麒麟山特別】(新潟10R)~チュウワウィザードが最内から脚を伸ばしゴール前で差し切る [News] [News]
2018/08/11(土) 16:01

新潟10Rの麒麟山特別(3歳以上1000万下・ダート1800m)は1番人気チュウワウィザード(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒7(良)。クビ差の2着に2番人気アナザートゥルース、さらに半馬身差の3着に3番人気アームズレングスが入った。

チュウワウィザードは栗東・大久保龍志厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母チュウワブロッサム(母の父デュランダル)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 チュウワウィザード(戸崎圭太騎手)
「厳しい競馬になりましたが、あそこから差しきれたのは馬の力でしょう。まだ良くなりそうですし、今後が楽しみです」

2着 アナザートゥルース(田辺裕信騎手)
「勝負どころでズブくなり、終いはダラダラしてしまいました。休み明けのせいもあるのか、小回りコースも器用ではないのかもしれません」

3着 アームズレングス(M.デムーロ騎手)
「ゲートでイライラしてタイミングが合いませんでした。久々で52キロも考えて早めに動いて行きましたが、最後はあまくなりました」

5着 ダイワインパルス(内田博幸騎手)
「よく頑張っていますが、最後伸び切れませんでした。メンバーも強い中で良く頑張っていますし、力もあるので今後が楽しみです」

【宮崎特別】(小倉10R)~ドミナートゥスが抜群の安定感で連勝 [News] [News]
2018/08/11(土) 15:50

小倉10Rの宮崎特別(3歳以上1000万下・芝2000m)は1番人気ドミナートゥス(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒1(良)。半馬身差の2着に6番人気レッドカイザー、さらに1馬身差の3着に4番人気ロードアクシスが入った。

ドミナートゥスは栗東・宮本博厩舎の3歳牡馬で、父ルーラーシップ、母デグラーティア(母の父フジキセキ)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ドミナートゥス(北村友一騎手)
「ゲートをスムーズに出られたのが大きいですね。楽に流れに乗れました。力のある馬で、力通り最後もしっかり脚を使ってくれました。着差以上に強かったと思います」

2着 レッドカイザー(松山弘平騎手)
「小倉の馬場は合いますし、ロスなく運べて良い形で競馬ができました。最後も伸びているのですが、相手が悪かったです」

3着 ロードアクシス(酒井学騎手)
「行きたがるところはありますが、今日は道中リラックスして走れていました。早めにエンジンをかけるイメージで、残り600mからは良い手応えで来てくれました。勝負どころは前走の経験が生きたようです」

4着 ヴェルテアシャフト(B.アヴドゥラ騎手)
「少し距離が長いのかもしれません。トップギアに入るまでに少し時間がかかります。1800mで少しペースが速くなって、中団から差す競馬が良いのではないでしょうか」

【コスモス賞】(札幌10R)~地方馬ナイママがJRA勢を退ける [News] [News]
2018/08/11(土) 15:38

札幌10Rのコスモス賞(2歳オープン・芝1800m)は3番人気ナイママ(五十嵐冬樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒2(稍重)。1馬身1/4差の2着に1番人気アガラス、さらに1馬身半差の3着に4番人気ハギノアップロードが入った。

ナイママは地方・田部和則厩舎の2歳牡馬で、父ダノンバラード、母ニシノマドカ(母の父ジャングルポケット)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ナイママ(五十嵐冬樹騎手)
「早め早めの競馬を心掛けました。芝の走りの方が良いです。思ったよりも伸びてくれました。切れはしませんが、ダートの伸びとは違う脚でした。今日のところは良く走ってくれました。コスモバルクに近づけるように頑張りたいです」

2着 アガラス(C.ルメール騎手)
「2ヶ月ぶりで少し体が太かったです。勝ち馬に早めに来られましたし、今日のような軟らかい馬場も苦手のようです」

3着 ハギノアップロード(藤岡康太騎手)
「上手に競馬をしていました。もっと馬場が良いほうがいいと思います。良く頑張ってくれたと思います」

5着 サージュ(石川倭騎手)
「スタートして2、3完歩目で脚をとられて後ろからになりました。芝は合うと思います。まだ成長途上の馬でこれからです。能力はあります」

【三面川特別】(新潟9R)~ディメンシオンがハナ差の接戦を制し2連勝 [News] [News]
2018/08/11(土) 14:57

新潟9Rの三面川特別(3歳以上1000万下・牝・芝1800m)は2番人気ディメンシオン(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒1(良)。ハナ差の2着に3番人気ウラヌスチャーム、さらに3/4馬身差の3着に9番人気ペイドメルヴェイユが入った。

ディメンシオンは栗東・藤原英昭厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母ミスペンバリー(母の父Montjeu)。通算成績は8戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ディメンシオン(福永祐一騎手)
「1800mも上手にこなしてくれました。最後少しあまくなりましたが、この距離をこなしてくれたことは大きいですね」

2着 ウラヌスチャーム(戸崎圭太騎手)
「大人しくじっとしていれば、しっかりと良い脚を使ってくれます」

3着 ペイドメルヴェイユ(杉原誠人騎手)
「最後いいところを抜けてきて、一瞬勝ったかと思うくらいでした。良く走ってくれました」

12着 ハナレイムーン(M.デムーロ騎手)
「今日は何もできませんでした。小さい馬で馬体の増減はありますが、それは関係ないです」

【フェニックス賞】(小倉8R)~シングルアップが断然人気に応えて完勝 [News] [News]
2018/08/11(土) 14:38

小倉8Rのフェニックス賞(2歳オープン・芝1200m)は1番人気シングルアップ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒4(良)。1馬身半差の2着に3番人気チュウワフライヤー、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気アーデントリーが入った。

シングルアップは栗東・寺島良厩舎の2歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母ラフアップ(母の父クロフネ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 シングルアップ(松山弘平騎手)
「スタートをしっかり出てくれて、頭数も少なかったのでハナに行く形になりました。まだ余裕がある感じですが、最後は突き放してくれました。使って上積みがありそうです」

2着 チュウワフライヤー(北村友一騎手)
「一歩目でスッとスピードに乗れないところがあります。勝負どころでも少しもたつく所がありました。それでもこの時計で良く頑張ってくれています」

3着 アーデントリー(鮫島克駿騎手)
「スムーズにレースができたのですが、勝った馬が強かったです」

4着 ハクサンウェーブ(幸英明騎手)
「スタートが良く、好位で運べました。4コーナーで外に張ってついていけなくなりかけましたが、直線でもうひと頑張りしてくれました。自己条件に戻ればやれそうです」

全20件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]