【ヤングジョッキーズシリーズ】トライアルラウンドの騎乗予定騎手が変更に [News] [News]
2018/08/08(水) 17:15

「ヤングジョッキーズシリーズ トライアルラウンド」の騎乗予定騎手が、以下の通り変更となった。

●騎乗予定騎手の変更(JRA所属)
8月21日(火曜) 金沢競馬場
『ヤングジョッキーズシリーズ トライアルラウンド金沢』
森裕太朗(JRA・栗東)<2競走騎乗> → 荻野極(JRA・栗東)<2競走騎乗>
変更事由:負傷のため

(NAR発表による)

【関屋記念】栗東レポート~リライアブルエース [News] [News]
2018/08/08(水) 13:42

☆12日(日曜日)新潟競馬場で行われる第53回関屋記念(GIII)に出走を予定しているリライアブルエース(牡5、矢作)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎リライアブルエースについて、安藤貴英調教助手

・(前走の中京記念は)馬場の悪い内枠に入ってしまったので少しのめりながらのレースでした。でも騎手がうまく外に切り替えてくれました。最後は勝ち馬の後ろについて流れに乗ってよく3着に来てくれたという印象です。

・その後は、これだけ暑い日が続いていますので、まずレースのダメージと暑さに負けていないかという確認をしました。一週間して問題ないということが確認できましたので(当初の予定の)関屋記念にいけるという印象を持ちました。

・馬体に張りもありますし内臓面に疲れも見られませんからこの暑い中、順調に調整が出来たと思います。

・一週前にしっかりと負荷をかけましたから今週は輸送も考えて軽く流すという感じではありましたけど折り合いよく最後の1ハロンを伸ばすいいイメージの調教ができたのかなと思います。

・左回りをずっと走っているせいかその点に関して何の不安もありません。新潟の外回りはスローペースになるイメージですが騎手が今の感じなら折り合いもつくのではないかと話してくれたので最後の一脚にかける競馬ができるのではないかと思います。

・2歳時から期待の高かった馬で年齢を重ねるごとにここまでくることが出来ました。2走続けてレコード決着の中、差の無いレースをしてくれています。今回は別定戦ではありますが力を発揮してくれたらいい勝負になるのではないかと思います。

・以前は若い気性面を出すところがありましたが特にこの夏、厩舎にいる時はだいぶ古馬の雰囲気を出すところが出てきました。それが体調の安定に繋がっているのかも知れません。今ちょうど成長の過程を踏んでいることを実感しています。

・この馬の決め脚はオープンでもひけをとりませんから、それを生かす展開になればいいですね。若いうちは力を発揮できずレース内容も物足りないところがありましたがやっと力をつけてきて大きな舞台で戦えるようになってきました。ここでなんとかタイトルを取りたいですね。

〔取材:檜川彰人〕

【関屋記念】栗東レポート~エイシンティンクル [News] [News]
2018/08/08(水) 13:39

☆12日(日曜日)新潟競馬場で行われる第53回関屋記念(GIII)に出走を予定しているエイシンティンクル(牝5、坂口則)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎エイシンティンクルについて、坂口正則調教師

・今迄は中距離路線でしたが距離をちょっと詰めてみて、あのような(差す)競馬が出来たのは収穫でした。

・その後中間は順調に問題なくきています。疲れもありません。(追い切りに関しては)先週今週とそこそこやりまして万全だと思います。

・今週の追い切りに関しては先週が速すぎましたので控えめにやって上がりだけを重点にやりました。

・(今回の舞台)新潟は直線が長いので、そこを克服してくれればいい競馬ができると思います。(距離に関しては)1600メートルが一番いいと思っています。(暑い日が続きますが)牝馬ですし体調は悪くありません。調子は良さそうです。(連勝中ですが)距離を短縮したことが良かったのかも知れません。(以前に比べると)使った事による使い減りをしなくなりました。

・今迄は前に行く一辺倒の馬でしたが距離を詰めて番手から運べるようになりました。それによって最後の脚を生かせる競馬ができるようになりました。新潟の長い直線は逃げ残るのは大変ですから番手で競馬をして、そこから差すような競馬をしてもらいたいですね。前走のような競馬が理想的です。そうなればいい競馬ができると思います。

〔取材:檜川彰人〕

【阿蘇S】栗東レポート~マインシャッツ [News] [News]
2018/08/08(水) 13:36

☆11日(土曜日)小倉競馬場で行われる阿蘇ステークス(オープン特別)に出走を予定しているマインシャッツ(牡5、西浦)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎マインシャッツについて、西浦勝一調教師

・(名鉄杯は)久しぶりのレースで間隔も開きましたので思った以上に動けませんでしたね。ただ一度使って息の入りも良くなって動き自体は良くなっています。使いながら段々調子を上げていく馬ですから何とか変わってもらいたいですね。

・中間は久しぶりを使って疲れも出ていましたから、それを取りながら調整をして今は使えるような状態で、良い感じでここまで来ています。

・(今日の追い切りは)併せて馬の走る気を起こさせるような調教でした。そんなに速い時計は出していません。(追い切り後の馬は)息遣いが良く状態も上がってきていますから何とか巻き返しをしたいと思っています。

・昨年はこのレース4着ではありましたがいいレースで馬場も慣れていますし何とか頑張ってくれればと思っています。元々期待の高い馬ですから秋の飛躍に繋がるようなレースをしてもらいたいですね。

〔取材:檜川彰人〕

【エルムS】美浦レポート~ハイランドピーク [News] [News]
2018/08/08(水) 12:40

8月12日(日)に札幌競馬場で行われるエルムステークスに出走を予定しているハイランドピーク(牡4歳、美浦・土田厩舎)について、土田稔調教師のコメントは以下の通り。

(まずは、前走のマリーンSを振り返ってください)
「競った馬がいたのでハイペースになってしまい、4コーナーではたれてしまうかと思いましたが、この馬の底力でなんとか2着を守ってくれました。馬の成長も感じた、今後につながるレースでした」

(ここまで13戦して9連対という成績ですね)
「ダートにかわってここまで堅実に走ってくれるとは思っていなくて、厩舎スタッフも驚いています。一戦ごとに逃げたり追い込んだりと色々なパターンの競馬ができて、この馬の良さが出てきました」

(ということは、必ずしもハナにこだわらないのでしょうか?)
「スタートがそこまで速い馬ではないので、先に行く馬がいれば行かせて、この馬のペースで競馬ができればと思います」

(この馬の良さは?)
「速いペースでも競馬ができますし、中団からでも競馬ができるように、一本調子ではなく色々な競馬ができるところがこの馬の良さですね」

(前走からの様子は?)
「1週間ほど楽をさせ、先週は速めの調教をして、今日函館で追い切っています。良い状態で臨めると思います」

(札幌競馬場については?)
「函館競馬場とそれほど変わらないですし、ハナに行く馬もいるので、函館のイメージで乗ってもらいたいです」

(ファンへ向けて)
「まだ4歳ですので、これから色んなパターンで競馬ができるようにしていきます。応援のほどよろしくお願いいたします」

(取材:小屋敷彰吾)

【関屋記念】美浦レポート~ヤングマンパワー [News] [News]
2018/08/08(水) 12:31

8月12日(日)に新潟競馬場で行われる関屋記念に出走を予定しているヤングマンパワー(牡6歳、美浦・手塚厩舎)について、手塚貴久調教師のコメントは以下の通り。

(前走のマイラーズカップを振り返ってください)
「調教量は栗東に滞在していて充分でしたが、喉の手術をした休養明けということもあったのか、最後息切れして、久しぶりに大敗してしまいました」

(4ヶ月あきましたが、中間の様子は?)
「前走の後しっかりと立て直すため、牧場で英気を養いました。厩舎に戻って来てからも順調に来ているように思います」

(夏場は調子が良いように感じますがいかがでしょう?)
「実際に成績が安定していますし、調教や普段の仕草からも暑さには強そうだなという印象を受けます」

(馬体面、精神面での変化はありますか?)
「6歳ということで少しずつ大人になってきているのかなと思います。馬体面では、代謝が良いことによるのか夏場は体重が増える傾向にあるので、そういったところが夏の好成績につながっているのかもしれません。今回もプラス体重で臨めそうです」

(最終追い切りについて教えてください)
「本数はかなりやってきたので今週も適度な時計を出してもらって、最後仕掛けて伸ばしてもらおうと考えていました。併せたのが調教でかなり動くタイプのセダブリランテスだったので、手ごたえは劣勢に見えましたが、この馬なりに動いているかなと思います。最後もう少し反応して欲しかったですが、この一追いで変わってくると思っているので心配はしていません」

(関屋記念は4年連続の出走ですね)
「お陰さまで4年間無事に走れているというのはありがたいことです。過去3着1着4着ということで掲示板を外していませんし、相性の良いレースということで陣営も前向きに行けるのではないでしょうか。また、この馬自身も新潟競馬場は相性の良いコースだと思ってくれているのではないかなと感じています」

(大野騎手とは初コンビとなります)
「癖のあるという程ではないですし、追わせるタイプの馬なので、大野騎手と合うのではないでしょうか」

(ファンへ向けて)
「6歳になりましたが、ヤングマンパワーということで名前はずっと若いままですし、4年連続関屋記念に使わせてもらえるという光栄なこともあるので、少しでも良い着順で今年も終えられるよう頑張ります。応援よろしくお願いいたします」

(取材:小屋敷彰吾)

【関屋記念】美浦レポート~プリモシーン [News] [News]
2018/08/08(水) 12:22

8月12日(日)に新潟競馬場で行われる関屋記念に出走を予定しているプリモシーン(牝3歳、美浦・木村厩舎)について、木村哲也調教師のコメントは以下の通り。

(中間の様子を教えてください)
「福島県のノーザンファームへ移動して管理してもらい、厩舎に戻しました。戻って来た時の様子は、少し落ち着きがない印象を受けました。そこからなんとか良い方向へと思って、できる限りの調整をしてきています」

(この馬の良さはどのあたりでしょうか?)
「いっぱいありますが、一つあげるとしたら一生懸命に走ってくれるところです」

(今朝の最終追い切りの狙いと手応えは?)
「狙いは、騎手の言うことを聞いて良いフットワークで走れればと考えていました。追い切りは北村宏司騎手に乗ってもらいましたが、非常に乗りやすいと話していました。私からみても問題はなかったと思います」

(新潟競馬場という舞台について)
「どこの競馬場だから走れないというようなことはないので、気にしていません」

(休み明けについては?)
「結果が出るように最善を尽くします」

(ファンへ向けて)
「春にGⅠを2回使わせていただきましたが期待していた方をがっかりさせてしまうような結果でしたので、この先につながる形になるようにしたいと思っています」

(取材:小屋敷彰吾)

【関屋記念】美浦レポート~ショウナンアンセム [News] [News]
2018/08/08(水) 12:15

8月12日(日)に新潟競馬場で行われる関屋記念に出走を予定しているショウナンアンセム(牡5歳、美浦・田中剛厩舎)について、田中剛調教師のコメントは以下の通り。

(ここ5戦で3勝2着2回ですが、好成績の要因は?)
「スタートをしっかり出るようになり、馬の気分に合わせた競馬ができるようになったことが大きいです。元々背中と腰が強くなかったのですが、競馬を使いながら力をつけてきて、坂路調教の回数を増やすなど試行錯誤したところ、うまくスタートを切れるようになりました」

(精神面でも変わってきましたか?)
「これまではスタートで出負けして、そこから前の馬を追いかけて行きたいのに行けないというチグハグな競馬になっていましたが、うまくスタートを出られるようになったことで、そういった部分もなくなりました」

(中6週の様子は?)
「前走後に心身ともにリフレッシュをかねて放牧させました。この馬自身、オンとオフをだいぶつけられるようになってきたかなと感じます」

(一週前追い切りには田中調教師が騎乗されたということですね)
「4コーナーで左手前にスイッチできるかという点がポイントでしたが、しっかり手前を替えてくれて、そのあとの馬のレスポンスも良かったです」

(今朝は田辺騎手が騎乗しましたが、今日もそのような指示だったのでしょうか?)
「ジョッキーには、キャンターで走り始める時の感触を確かめ、4コーナーで手前を替える、そしてしまいも追って欲しいと伝えていました。ジョッキーからは、その通りに全く不安なくできて良かったです、という言葉をいただけました。非常に良い感じできていますね」

(初めての重賞ですが、相手関係はいかがでしょう?)
「胸を借りる形になりますが、ショウナンアンセムは気が強い馬なので、強い相手でもはね返してくれるのではないかと期待しています」

(新潟芝1600mという舞台について)
「東京とそこまで変わりないですし、直線に坂がない分、東京コースより競馬がしやすいのではと考えています」

(現時点でレースのイメージはありますか?)
「うまくスタートを決めることがまずポイントですが、ここのところだいぶ安定してきています。また、田辺騎手にも乗ってもらってこの馬の感触を掴んでもらえたので、あとはこの馬の気持ちで走らせて欲しいと思います」

(ファンへ向けて)
「ショウナンアンセムは初めての重賞挑戦ですが厩舎一丸となって頑張っていますので、応援よろしくお願いいたします」

(取材:小屋敷彰吾)