明日の出走取消(新潟8R) [News] [News]
2018/08/04(土) 18:54

明日5日(日)の新潟8Rに出走予定だったカポラヴォーロは、右角膜炎のため出走取消となった。

(9時30分 JRA発表による)

坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績(8月4日) [News] [News]
2018/08/04(土) 18:44

坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人厩舎)の8月4日(土)のオーストラリアでの騎乗成績は以下の通り。

モーフェットヴィル競馬場(オーストラリア)
2R 一般レース(芝1400m) エンビーシーリル 2着(4頭)
3R 一般レース(芝1950m) カルーン 8着(8頭)
4R 一般レース(芝1000m) ブラシア 5着(8頭)
5R 一般レース(芝1000m) レディーサンシャイン 4着(6頭)
6R 一般レース(芝1550m) アーガス 2着(8頭)
7R 一般レース(芝1000m) クールマーベリック 8着(9頭)
8R 一般レース(芝1300m) トゥルーノー 7着(12頭)

(JRA発表による)

B.アヴドゥラ騎手がJRA初勝利 [News] [News]
2018/08/04(土) 18:34

ブレントン・アヴドゥラ騎手は、小倉11Rで6番エントリーチケットに騎乗し1着となり、通算7戦目でJRA初勝利を挙げた。

~B.アヴドゥラ騎手のコメント~
初めて日本で騎乗するということで、どれくらい勝てるか不安がありましたが、初日のメインレースで初勝利を飾ることができて非常に嬉しいです。日本の競馬のレベルの高さを感じているし、もっと活躍できるように頑張りたいです。

(JRA発表による)

M.デムーロ騎手がJRA年間100勝達成 [News] [News]
2018/08/04(土) 18:27

M.デムーロ騎手(栗東・フリー)は、新潟8Rで1番アウィルアウェイに騎乗し1着となり、4年連続4回目のJRA年間100勝を達成した。

~M.デムーロ騎手のコメント~
今年も年間100勝を達成できて気持ち良いです。お客様がとても温かく、嬉しいです。いつも、もっともっと勝ちたいと思っていますし、4年連続で100勝を達成できたのはとてもいいことです。お客様はもちろん、馬主、調教師にも乗せていただいてありがたいです。新潟の人はすごくいい人たちです。いつもありがとうございます。

(JRA発表による)

【HBC賞】(札幌)~カイザーメランジェが好位から抜け出す [News] [News]
2018/08/04(土) 18:18

札幌12RのHBC賞(3歳以上1000万下・芝1200m)は1番人気カイザーメランジェ(J.モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒9(良)。1馬身1/4差の2着に4番人気アリア、さらにクビ差の3着には7番人気シンボリバーグが入った。

カイザーメランジェは美浦・中野栄治厩舎の3歳牡馬で、父サクラオリオン、母サクラジュレップ(母の父サクラプレジデント)。通算成績は14戦3勝。

~レース後のコメント~

1着 カイザーメランジェ(J.モレイラ騎手)
レース前から元気一杯で、スタートしての一歩目は速くないのですが、スタートしてからハミを取って良いポジションに上がっていけました。今日は馬の調子がすごく良かったです。

2着 アリア(藤岡康太騎手)
楽にポジションを取れましたが、外枠ということもあり、脚を溜める形になりました。最後は良い脚を使ってくれるのですが、惜しかったです。

4着 グランドポピー(古川吉洋騎手)
頑張ってくれました。リラックスして走れたので、その分粘ることができました。

【越後S】(新潟)~オールドベイリーが勝利 [News] [News]
2018/08/04(土) 18:06

新潟11Rの越後ステークス(3歳以上1600万下・ダート1200m)は2番人気オールドベイリー(中井裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒9(良)。1馬身半差の2着に1番人気ジープルメリア、さらに1馬身3/4差の3着には8番人気スティンライクビーが入った。

オールドベイリーは栗東・中内田充厩舎の4歳牡馬で、父To Honor and Serve、母Passion Du Coeur(母の父Distorted Humor)。通算成績は11戦5勝。

~レース後のコメント~

1着 オールドベイリー(中井裕二騎手)
馬が成長して落ち着きも出ています。以前は0(ゼロ)から一気に100に入ってしまうようなところがありましたが、上手くギアチェンジができるようになりました。厩舎スタッフの方々が調教メニューを考えてくれていて、馬もそれに応えてくれています。

2着 ジープルメリア(M.デムーロ騎手)
頑張ってくれましたが、あまり集中していませんでした。直線で先頭に立つとフワッとして、物見をしてしまいました。真面目に走れば、もっとやれるでしょう。

4着 ディープミタカ(津村明秀騎手)
いい競馬ができました。もうひと伸びあれば良かったのですが、今日はポジションを取りに行った分でしょうか。

【九州スポーツ杯】(小倉)~エントリーチケットが接戦を制する [News] [News]
2018/08/04(土) 17:55

小倉11Rの九州スポーツ杯(3歳以上1000万下・芝1200m)は5番人気エントリーチケット(B.アヴドゥラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒7(良)。クビ差の2着に6番人気アドマイヤデライト、さらにクビ差の3着には1番人気ジュンヴァルロが入った。

エントリーチケットは栗東・宮徹厩舎の4歳牝馬で、父マツリダゴッホ、母コスモエンドレス(母の父スターオブコジーン)。通算成績は19戦4勝。

~レース後のコメント~

1着 エントリーチケット(B.アヴドゥラ騎手)
1200mが久々で、スタートがどうなるか分からなかったので、スタートが決まって前からのレースと、道中リラックスさせて差す、2通りのプランを考えて臨みました。トレーナーから、どちらのレースもできるとレース直前に聞いて、安心してレースに行くことができました。後半のプランが上手くいった形でしたが、日本の1200mのペースがよく分からなかったので、そこだけが心配でした。上手くいって良かったです。能力の高い馬です。また是非乗りたいと思います。

3着 ジュンヴァルロ(武豊騎手)
前半はじっくりと運んで、どこか前が開かないかと思いましたが、なかなか開かず待たされました。1200mは悪くありません。アンラッキーでした。

4着 シゲルノマオイ(太宰啓介騎手)
終いは確実なのですが、今日は手前を替えず、もったいないレースになってしまいました。替えればもうひと押しが効くのですが......。流れが向けばチャンスはありそうです。

5着 ウォーターラボ(鮫島克駿騎手)
使える脚が一瞬と聞いていたので、内を狙うことは考えていました。自分のイメージ通りのレースで、一瞬勝ったかと思いました。ラスト50mで甘くなってしまいました。悔しいレースです。

【札幌日経OP】(札幌)~4角先頭のヴォージュが完勝 [News] [News]
2018/08/04(土) 17:35

札幌11Rの札幌日経オープン(3歳以上オープン・芝2600m)は5番人気ヴォージュ(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分40秒4(良)。3馬身半差の2着に3番人気アドマイヤエイカン、さらに半馬身差の3着には4番人気カラビナが入った。

ヴォージュは栗東・西村真幸厩舎の5歳牡馬で、父ナカヤマフェスタ、母ギュイエンヌ(母の父タニノギムレット)。通算成績は20戦6勝。

~レース後のコメント~

1着 ヴォージュ(藤岡康太騎手)
スタートが決まり、一頭行かせて番手から手応え良く進められました。洋芝の適性もあるようですし、具合の良さを生かすことができました。

(西村真幸調教師)
一頭行く馬がいて、それを見ながら。という予想通りの展開になりました。休み明けでしたが、牧場から帰ってきたときの感じが良かったですし、追い切りも良かったですからね。この後は丹頂ステークスを考えています。

3着 カラビナ(藤岡佑介騎手)
昇級初戦でしたが良く動けていますし、すぐにチャンスが来ると思います。

【ジャックルマロワ賞】ジェニアルが出走を取りやめ [News] [News]
2018/08/04(土) 17:17

フランスのドーヴィル競馬場で行われるジャックルマロワ賞(GI)に出走を予定していたジェニアルは、同レースへの出走を取りやめることとなった。

~松永幹夫調教師のコメント~
本日、現地の調教場で放馬した際に外傷を負ったため、来週末のジャックルマロワ賞への出走は見合わせることにしました。ジェニアルの挑戦を楽しみにしてくださっていたファンの皆様には申し訳ない気持ちです。一日も早く回復して、ジェニアルの元気な姿を見せられればと思っております。引き続き応援のほどよろしくお願いします。

なお、日本でのジャックルマロワ賞の勝馬投票券の発売は予定通り行われる。

(JRA発表による)

【信濃川特別】(新潟)~グロンディオーズが好位から突き抜けV [News] [News]
2018/08/04(土) 17:13

新潟10Rの信濃川特別(3歳以上1000万下・芝2000m)は2番人気グロンディオーズ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒3(良)。3馬身差の2着に4番人気メルヴィンカズマ、さらに半馬身差の3着には3番人気グレートウォリアーが入った。

グロンディオーズは美浦・田村康仁厩舎の3歳牡馬で、父ルーラーシップ、母シェリール(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~

1着 グロンディオーズ(C.ルメール騎手)
この馬は跳びが大きくてスタミナがあって、良いペースを維持できます。長い距離も問題ないですし、まだまだ良くなるでしょう。

(田村康仁調教師)
オーナーとも相談して、外回りコースは良いのではということで、外回りの2000mに使いました。少し出負けしましたが良い位置を取って突き抜けてくれましたし、自信になりました。今後はこれからオーナーと相談しますが、距離は長ければ長いほど良いですし、どこに使うかを考えようと思います。まだ緩さがありますが、エンジンと体幹は凄いものを持っている馬です。

3着 グレートウォリアー(福永祐一騎手)
この前もそうでしたが、ゲートで上手く立てなくて、良いスタートを切れませんでした。結果的にそれが痛かったです。よく伸び続けていましたが、もう少し距離は欲しいです。

全21件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 次の10件 ]