【ブリーダーズゴールドC】(8月16日、門別)~JRA所属の出走予定馬および補欠馬について [News] [News]
2018/07/29(日) 18:27

8月16日(木)、門別競馬場で行われる第30回ブリーダーズゴールドカップ(JpnIII、3歳以上牝馬、ダート2000m)に出走予定のJRA所属馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
クイーンマンボ  (C.ルメール)
ハービンマオ   (松岡正海)
フォンターナリーリ(J.モレイラ)
プリンシアコメータ(未定)
ラビットラン   (M.デムーロ)

補欠馬(予定騎手名)
ビスカリア    (未定)
フィールザプリティ(未定)
エオリア     (未定)
スズカアーチスト (未定)
アルスフェルト  (未定)

【クラスターC】(8月15日、盛岡)~JRA所属の出走予定馬および補欠馬について [News] [News]
2018/07/29(日) 18:16

8月15日(水)、盛岡競馬場で行われる第28回クラスターカップ(JpnIII、3歳以上、ダート1200m)に出走を予定しているJRA所属馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
コパノマイケル  (未定)
ディオスコリダー (未定)
ネロ       (吉原寛人)
ブライトライン  (未定)
マテラスカイ   (未定)

補欠馬(予定騎手名)
オウケンビリーヴ (未定)
サイタスリーレッド(池添謙一)

【サマーチャンピオン】(8月14日、佐賀)~JRA所属の出走予定馬および補欠馬について [News] [News]
2018/07/29(日) 18:11

8月14日(火)、佐賀競馬場で行われる第18回サマーチャンピオン(JpnIII、3歳以上、ダート1400m)に出走を予定しているJRA所属馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
タイセイエクレール(未定)
タイセイプライド (未定)
ブルミラコロ   (未定)
ヨシオ      (戸崎圭太)
ルグランフリソン (未定)

補欠馬(予定騎手名)
ベック      (未定)
エポック     (未定)
タムロミラクル  (未定)
キャプテンシップ (未定)
バクハツ     (未定)

【小倉記念】登録馬~トリオンフなど12頭 [News] [News]
2018/07/29(日) 18:05

8月5日(日)、小倉競馬場で行われる第54回小倉記念(GIII、3歳以上、ハンデ、芝2000m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:12頭】(フルゲート:18頭)
トリオンフ
キンショーユキヒメ
サンマルティン
サトノクロニクル
マイネルサージュ

ストロングタイタン
メドウラーク
レイホーロマンス
ストーンウェア
キョウヘイ

マウントゴールド
エーティーサンダー

【レパードS】登録馬~ドンフォルティスなど22頭 [News] [News]
2018/07/29(日) 18:02

8月5日(日)、新潟競馬場で行われる第10回レパードステークス(GIII、3歳、ダート1800m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:22頭】(フルゲート:15頭)
ドンフォルティス
グリム
グレートタイム
アルクトス
プロスパラスデイズ

ビッグスモーキー
アドマイヤビクター
イダペガサス
エングローサー
オノリス

クレディブル
コマビショウ
ショーム
スズカアーチスト
ダイシンカローリ

チュウワウィザード
テイエムディラン
バクハツ
ヒラボクラターシュ
フロリアヌス

マイネルユキツバキ
ミックベンハー

サマーシリーズポイントランキング [News] [News]
2018/07/29(日) 17:57

●サマースプリントシリーズ(第3戦アイビスサマーダッシュ終了時点)
1位 ダイメイプリンセス 11P
2位 アレスバローズ   10P
2位 セイウンコウセイ  10P
4位 ナガラフラワー    5P
4位 ヒルノデイバロー   5P
4位 ラブカンプー     5P

●サマージョッキーズシリーズ(第6戦アイビスサマーダッシュ終了時点)
1位 田辺裕信  16P
2位 秋山真一郎 11P
2位 池添謙一  11P
2位 戸崎圭太  11P
2位 丸田恭介  11P

アイビスサマーダッシュ表彰式プレゼンター、本郷奏多さんのコメント [News] [News]
2018/07/29(日) 17:49

本日、新潟競馬場のイベントに登場し、11Rアイビスサマーダッシュの表彰式プレゼンターを務めた、俳優・本郷奏多さんのコメントは以下の通り。

「初めて新潟競馬場に来ましたが、天候にも恵まれ楽しむことが出来ました。名物の千直コースを直接見ることが出来、その存在感に驚きました。また、アイビスサマーダッシュの表彰式プレゼンターも務めさせていただき、新潟競馬場を満喫することが出来ました。ぜひ、皆さんにもお越しいただきたいです」

【道新スポーツ賞】(札幌)~テラノヴァが好位から抜けて4勝目 [News] [News]
2018/07/29(日) 17:41

札幌12Rの道新スポーツ賞(3歳以上1000万下、芝1500m)は2番人気テラノヴァ(J.モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分28秒3(良)。1馬身差2着に1番人気フローレスマジック、さらに2馬身差で3着に5番人気プレトリアが入った。

テラノヴァは栗東・須貝尚介厩舎の5歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母エアトゥーレ(母の父トニービン)。通算成績は27戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 テラノヴァ(モレイラ騎手)
「能力は間違いなくありますが、自分のしたいようにする気の強い面があります。今日はうまくコントロールして能力を出しましたが、うまくしないと馬が自分のしたいように走って終わってしまうかもしれません」

2着 フローレスマジック(ルメール騎手)
「エンジンの掛かりが遅く、4コーナーで忙しくなってしまいました」

4着 ニシノカブケ(勝浦騎手)
「ここ何戦かを考えると、脚は使えましたし、1回休ませて状態も良かったと思います」

5着 キャンディバローズ(北村友騎手)
「スタートが速かったです。前走は馬場が悪く粘れませんでしたが、今日は馬場が良く、距離は延びても最後まで一生懸命走ってくれました」

【アイビスサマーダッシュ】(新潟)~ダイメイプリンセスが得意の舞台で重賞初制覇 [News] [News]
2018/07/29(日) 17:32

新潟11Rの第18回アイビスサマーダッシュ(GIII、3歳以上、芝・直線1000m)は1番人気ダイメイプリンセス(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは0分53秒8(良)。1馬身1/4差2着に2番人気ラブカンプー、さらに1馬身1/4差で3着に8番人気ナインテイルズが入った。

ダイメイプリンセスは栗東・森田直行厩舎の5歳牝馬で、父キングヘイロー、母ダイメイダーク(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は21戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ダイメイプリンセス(秋山騎手)
「スタートして手応え良く、抜け出すタイミングだけ意識していました。進路が空いてからの反応が良く、とにかく直線1000mが合う馬です。コーナーのあるレースとは手応えが違います。これからはコーナーのある1200mのレースも克服していきたいと思います。森田厩舎のワンツーフィニッシュでしたが、自分の馬が勝って良かったです。いい馬に乗せてもらい、感謝しています」

2着 ラブカンプー(M.デムーロ騎手)
「残念でした。惜しかったですが、勝った馬が強かったですね。一生懸命に走っていました」

3着 ナインテイルズ(戸崎騎手)
「スタートが速くて、いいスピードを持っていますね。追い出しをギリギリまで我慢したのですが、今日は勝った馬が強かったです」

4着 レジーナフォルテ(杉原騎手)
「馬の状態が良くて、道中、楽について行けました。直線1000mだけの馬ではないので、今後1200mなどコーナーのあるレースでも頑張ります」

5着 ラインスピリット(森一馬騎手)
「内枠であることに加えて、メンバー中、もっとも重い57キロという斤量でもよく走っています。レースを使ってきたことで目に見えない疲れがあったのかもしれませんが、よく頑張っています」

11着 ペイシャフェリシタ(三浦騎手)
「今日に限ってゲートをポンと出てしまったことが、かえって良くなかったかもしれません。1000mの流れに対応してしまい、息が入りづらくなりました。最後はその分かと思います」

16着 ブロワ(西田騎手)
「ハナを切れるくらいのスピードを持っていますが、今日は相手が強かったので無理に行かせませんでした。相手を考えればよく頑張っていますし、自己条件に戻ればいい競馬が出来ると思います」

17着 ベストマッチョ(大野騎手)
「初めての芝ということもあり、スタートで若干滑りました。加えて、時計が速かったですね」

【佐世保S】(小倉)~オールポッシブルが先手を奪って押し切る [News] [News]
2018/07/29(日) 17:16

小倉11Rの佐世保ステークス(3歳以上1600万下、芝1200m)は4番人気オールポッシブル(荻野極騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒6(稍重)。3/4馬身差2着に3番人気ブラッククローバー、さらにハナ差で3着に6番人気スマートグレイスが入った。

オールポッシブルは栗東・高橋亮厩舎の4歳牝馬で、父ダイワメジャー、母シーズインポッシブル(母の父Yankee Victor)。通算成績は16戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 オールポッシブル(荻野極騎手)
「うまくペースをコントロールして走らせることが出来ました。直線ではいい脚を使って後続を離しましたし、強い競馬をしてくれたと思います」

2着 ブラッククローバー(松山騎手)
「スタート良く、いい形でレースが出来ました。外の馬が速く、その後ろでレースをすることになりましたが、そんな形でもしっかり走ってくれました」

4着 パーリオミノル(鮫島克駿騎手)
「切れる脚を使う馬ですから、それを生かすレースをしました。馬場が少し軟らかくなった分、切れ味がそがれた感じです。良馬場なら差し切っていたと思います。もう少し早めに動いても良かったかもしれません」

5着 ゲンキチハヤブサ(鮫島良太騎手)
「いい位置が取れました。思ったよりペースが落ち着きましたが、よく頑張ってくれました」

全30件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 次の10件 ]