ジャックルマロワ賞、日本国内で馬券発売を実施 [News] [News]
2018/07/26(木) 14:40

 JRAは26日、8月12日(日)にフランスのドーヴィル競馬場で行われるジャックルマロワ賞(G1)の勝馬投票券を発売すると発表した。日本からはジェニアル(牡4、栗東・松永幹夫厩舎)が出走を予定している。

 レースに関しては、JRAのホームページで出馬表、オッズ、レース結果、払戻金などの情報を提供する予定。

<発売方法>
・インターネット投票(即PAT・A-PAT会員)限定で、「単勝」「複勝」「馬連」「ワイド」「馬単」「3連複」「3連単」の7式別を発売する。枠連とWIN5は発売しない。
・独立プール方式での発売のため、日本国内独自のオッズとなる。

<払戻率・払戻金への上乗せ>
・払戻率は国内における勝馬投票券と同様で、JRAプラス10(2号給付金)の対象競走となる。

<発売時間>
8月12日(日)の午前7時から発売を開始。発売締切は、発走時刻(日本時間23時50分予定)の4分前。

(JRA発表)

ジョアン・モレイラ騎手に短期免許 [News] [News]
2018/07/26(木) 12:36

JRAは26日、ジョアン・モレイラ騎手に対し、短期騎手免許を交付することを発表した。
免許期間は、7月28日から8月24日まで。

ジョアン・モレイラ騎手は、1983年9月26日生まれでブラジル出身。JRA通算成績は130戦38勝(重賞0勝)。身元引受調教師は堀宣行調教師(美浦)、契約馬主は吉田和子氏。

【ジャックルマロワ賞】(8月12日・仏ドーヴィル)~ジェニアルが登録 [News] [News]
2018/07/26(木) 10:31

 来月12日(日)、フランスのドーヴィル競馬場で行われるジャックルマロワ賞(GI)に、フランス遠征中のジェニアル(牡4歳、栗東・松永幹夫厩舎)が登録した。

(JRA発表)

ついに今年もクライマックスを迎えます。『好きです。札幌』競馬。 [実況アナ!] [実況アナ!]
2018/07/26(木) 10:28

 万馬券を愛する皆さん、毎日暑い日が続いています。暑いのが好きな私ですが、多くの人が熱中症で病院に搬送されたというニュースに心を痛めています。どうぞ熱中症にご注意ください。暑い日にアツい万馬券を求めつつ、6月の万馬券を振り返ります。6月に出た100万円を超える払い戻しとなったレース、WIN5の結果とそれぞれの実況担当者は以下の通りです。

6月 3日(日)東京・4レース   3連単111万3220円 (実況担当・山本直也)
6月 3日(日)東京・由比ヶ浜特別 3連単172万2140円 (実況担当・小林)
6月23日(土)東京・東京JS   3連単142万6360円 (実況担当・山本直)

★6月 3日(日) 安田記念
 東京   9R(3番人気)・10R(10番人気)・11R(9番人気) ...小林アナ
 阪神  10R(1番人気)・11R(4番人気)           ...佐藤アナ
<払戻金> 1149万7740円

★6月10日(日) マーメイドS&エプソムC
 東京   9R(1番人気)・10R(5番人気)・11R(2番人気) ...小塚アナ
 阪神  10R(1番人気)・11R(10番人気)         ...小林アナ
<払戻金> 120万9430円

★6月17日(日) 函館スプリントS&ユニコーンS
 東京 10R(2番人気)・11R(1番人気)          ...山本直也アナ
 阪神 10R(1番人気)・11R(9番人気)          ...山本直アナ
 函館 11R(3番人気)                    ...小林アナ
<払戻金> 106万1040円

★6月24日(日) 宝塚記念
 東京 10R(4番人気)・11R(2番人気)          ...大関アナ
 阪神 10R(1番人気)・11R(7番人気)          ...檜川アナ
 函館 11R(2番人気)                    ...山本直也アナ
<払戻金> 115万6800円

 6月は100万超の大万馬券がわずか3つしか生まれない残念な月でした。WIN5もパッとしたものが出ませんでした。私は今年も函館の開幕週の担当でしたが、あの初日の函館は「冬」でした。まさに冬のような寒さで、歯をガチガチとさせてふるえながら仕事をしました。そんな函館競馬も先週終了しましたが、6月は万馬券愛好家にとっては本当にお寒い月でした。

 このため6月の月間MVPは該当者なしとなりました。3つとも100万円台では選考会での議論も盛り上がりませんでした。東京ジャンプステークスでは記念すべき障害戦2000回騎乗となった林満明騎手が騎乗したアスターサムソンが殿に敗れ、10番人気のサーストンコラルドが勝つという大波乱となりましたが、あのレースが唯一盛り上がったレースと言えるでしょう。

 リーディング争いは首位が変わりました。5月首位の山本直也アナは6月は不調でした。6月3日の6打数2安打ということも響き、打率を7割6分8厘に下げて3位に後退しました。代わってトップに立ったのが山本直アナです。山本直アナは打率をやや下げたものの7割8分4厘とふんばり、4月以来の首位となったのです。そして2位となったのが大関アナです。大関アナは、6月はBS11の出演もあって12のレースしか実況しませんでしたが、そのうちの10のレースが万馬券レースとなったのです。打率を7割7分9厘に上げました。BS11への出演も始まり、海外レースの実況、グリーンチャンネルの番組出演など活躍がめざましい大関アナ。さらに今年はリーディングアナの座も手にしてしまうのでしょうか。今後に注目です。

 一方、殿は変わりません。米田アナが打率を上げたものの6割8分3厘で2月からずっと殿です。しかし、このところジワジワと打率を上げていますので、今年の後半は最後方から脱出することが出来るかもしれません。ブービーは変わりました。檜川アナです。檜川アナは6月に実況した日はすべて6打数4安打で打率を少し下げ、7割1分1厘となってブービーに下がりました。「ナニワの巨砲」はどうもアベレージヒッターではないようです。関西の2人の奮起が期待されます。その後は私小林が7割2分2厘で続いています。私も去年からの不振が続いています。うかうかしているとブービーになりかねません。気をつけたいと思います。

 さぁ、ロシアでのFIFAワールドカップが終わって酷暑の夏本番がやってきました。そして、今週から夏競馬の舞台は新潟、小倉、札幌に移ります。私にとってこれからが1年のハイライト、クライマックスなのです。これからの6週が一般の人にとってのクリスマスから大晦日までの日々にあたるのです。愛しの札幌競馬が終わると年越しです。みなさん、よいお年を!よい万馬券を!!