野中悠太郎騎手のアイルランドでの騎乗成績(7月22日) [News] [News]
2018/07/23(月) 11:12

野中悠太郎騎手(美浦・根本康広厩舎)の7月22日のアイルランドでの騎乗成績は以下の通り。

カラ競馬場(アイルランド)
1R 一般レース(芝1200m) トーセンシャウナ 11着(15頭)

(JRA発表)

【ペピニエール賞】(仏メゾンラフィット)~ラルクは8着 [News] [News]
2018/07/23(月) 10:31

 22日(日)、フランスのメゾンラフィット競馬場で行われたペピニエール賞(リステッド・芝2100m)に日本から参戦したラルク(牝5歳、栗東・松永幹夫厩舎)は、10頭立ての8着だった。

★レース後の関係者のコメント
(松永幹夫調教師)
「自分の形には持ち込めた競馬だったと思います。力のいる馬場は初めての経験でしたし、ジェニアルの勝利の後でマークがきつかったです。次につながる形になったと思うので、次走以降で巻き返したいと思います」

(武豊騎手)
「ハナには行けましたがコーナーの馬場が緩く、リズムが乱れました。元々強かったりころっと負けたりムラがあったので、今回は悪い方が出たのかなと思います」

※武豊騎手は22日、メゾンラフィット競馬場で4Rのリステッドレース(芝直線1600m・出走12頭)でスファに騎乗して7着だった。

(JRA発表による)

【メシドール賞】(仏G3)~日本のジェニアルが勝利 [News] [News]
2018/07/23(月) 10:28

 22日(日)にフランスのメゾンラフィット競馬場で行われたメシドール賞(G3・芝直線1600m、出走4頭)は、日本から参戦したジェニアル(牡4歳、栗東・松永幹夫厩舎)が勝利した。

★レース後の関係者のコメント
(松永幹夫調教師)
「頭数が少ないこともあり、うまくスタートが決まったし、騎手が気分良く走らせてくれたと思います。直線の競馬は初めてでしたが、枠順通りラチ沿いを進んで足をうまくためました。騎手がうまかったです」

(武豊騎手)
「前半はリラックスして走れました。このメンバーの中でどのくらいやれるのか、という挑戦でしたが、良い結果になりました」

(JRA発表による)

 ジェニアルは父ディープインパクト、母が2010年のフランスオークス(G1)や2011年のサンクルー大賞(G1)などを制したサラフィナという血統。日本ではこれまでに2勝していたが重賞出走経験はなく、海外で重賞初挑戦初勝利という快挙を達成した。