【清洲特別】(中京)~中団から伸びたプリュスがゴール前捉える [News] [News]
2018/07/08(日) 15:28

中京9Rの清洲特別(3歳以上500万下、芝1400m)は4番人気プリュス(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒1(稍重)。ハナ差2着に7番人気ステイオンザトップ、さらに3/4馬身差で3着に3番人気トウカイオルデンが入った。

プリュスは栗東・松永幹夫厩舎の3歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母サラフィナ(母の父Refuse To Bend)。通算成績は7戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 プリュス(武豊騎手)
「中京1400mは合います。外枠だったので道中行きたがるところがありましたが、我慢が利きました。内有利の馬場も克服してくれました」

2着 ステイオンザトップ(川田騎手)
「こういう(渋った)馬場もしっかり走ってくれました。直線も自分の脚を使っています。全力で走っています。着差が着差なだけに...。本当に頑張ってくれました」

3着 トウカイオルデン(福永騎手)
「うまく立ち回って頑張ってくれました」

4着 ヤマニンペダラーダ(岡田騎手)
「もう少し前(の位置)が良かったですね。でも内ラチ沿いからうまく競馬を組み立てることが出来ました。直線、もう少しスペースがあったら良かったのですが...。いい競馬は出来ました」

【彦星賞】(福島)~ツヅクが内から抜けてハナ差凌ぐ [News] [News]
2018/07/08(日) 15:22

福島9Rの彦星賞(3歳以上500万下、芝1200m)は6番人気ツヅク(江田照男騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒5(良)。ハナ差2着に2番人気ヴェルスパー、さらに1馬身3/4差で3着に12番人気カワキタピリカが入った。

ツヅクは美浦・伊藤大士厩舎の4歳牝馬で、父マツリダゴッホ、母ザッツザウェイ(母の父フサイチコンコルド)。通算成績は12戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ツヅク(江田照騎手)
「(今回馬体重がプラス18キロということで)体に幅が出て良くなっていました。久々にこの馬に乗りましたが、抑える競馬も覚えていて脚を使えるようになっていました」

2着 ヴェルスパー(戸崎騎手)
「ゲートの中で萎縮してしまい、出負けする形になりました。その後は内々にもぐり込んで、直線はいい脚で伸びていました」

4着 アイアムヒメ(田中勝騎手)
「この条件だとペースが合わないかもしれません。それでも終いは伸びていますし、内容は悪くありません」

5着 コンピレーション(石橋脩騎手)
「いい馬ですし、このクラスで十分に戦える実力はあります。今日は道中スムースではない部分があったので、スムースに進められればもっと上位に来られたと思います」

川田将雅騎手、JRA通算1200勝達成 [News] [News]
2018/07/08(日) 15:01

川田将雅騎手は、中京8Rで2番ヴァントシルムに騎乗し1着となり、史上24人目・現役12人目となるJRA通算1200勝を達成した。

~川田将雅騎手のコメント~
「本当に毎週末たくさんの良い馬に乗せて頂いていますので、こういう区切りをまた迎えられてありがたく思います。1つ1つ勝ちに行く競馬を、と思って乗って、ここで勝たしていただけましたし、たくさんの関係者とたくさんの馬に感謝したいと思います。また、もっと期待に応えられるようにやっていきたいと思います。個人的には、しばらくイギリスの方に行きますが、日本の競馬もジョッキー皆頑張っていますので、色んな競馬場に足を運んでいただいて、生の競馬を見ていただけたらと思います」

野中悠太郎騎手のアイルランドでの騎乗成績(7月7日) [News] [News]
2018/07/08(日) 14:28

野中悠太郎騎手(美浦・根本康広厩舎)の7月7日のアイルランドでの騎乗成績は以下の通り。

ネース競馬場(アイルランド)
3R 一般レース(芝1200m) ロードラプスカリオン 2着(12頭)

(JRA発表)

【メイクデビュー】(福島6R)~スティルネスが勝利 [News] [News]
2018/07/08(日) 14:21

福島6Rのメイクデビュー福島(牝馬限定、芝1200m)は3番人気スティルネス(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒0(良)。2馬身1/2差2着に2番人気ミヤコローズ、さらに1馬身1/4差で3着に4番人気ルーナセレナータが入った。

スティルネスは美浦・小島茂之厩舎の2歳牝馬で、父ゴールドヘイロー、母マツリダワルツ(母の父チーフベアハート)。

~レース後のコメント~
1着 スティルネス(田辺騎手)
「調教の感じも良かったですし、センスがありますね。この次は1200m戦には使わないと聞いていたので、次に向けて逃げない競馬で勝てればと思っていましたが、理想通りでした。まだ華奢な面がありますが、奥がありそうです」

2着 ミヤコローズ(田中勝騎手)
「ゲートは出ましたが、出てから躊躇しながら走っていました。慣れてきてくれればいいと思います」

3着 ルーナセレナータ(宮崎騎手)
「頑張ってくれましたが、馬場が緩いのは苦手なようです。(コースが)新潟に変わればいいのではないでしょうか」

【メイクデビュー】(福島5R)~クリスタルバローズが勝利 [News] [News]
2018/07/08(日) 14:11

福島5Rのメイクデビュー福島(芝1800m)は3番人気クリスタルバローズ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒2(良)。1馬身3/4差2着に1番人気グロリアーナ、さらに3/4馬身差で3着に2番人気チェサピークベイが入った。

クリスタルバローズは美浦・奥村武厩舎の2歳牡馬で、父ヴィクトワールピサ、母クロスバラード(母の父タイキシャトル)。

~レース後のコメント~
1着 クリスタルバローズ(北村宏騎手)
「荒々しい走りをしますが、スムースに流れに乗れました。追ってモタつくところもありましたが、よく伸びて頑張ってくれました」

2着 グロリアーナ(石橋脩騎手)
「よく調教されていて、気になるところはありません。ペースが上がったところからついて行って、2着に凌いでくれました。伸びしろがまだまだありますし、良くなってくると思います」

3着 チェサピークベイ(田辺騎手)
「ペースが遅くて積極的に行きましたが、前が楽な展開でしたから...」

5着 ダイチヴィーゼ(津村騎手)
「気持ちが勝っている馬で、前へ行きました。まだ緩いところがあるので、徐々に良くなってくると思います。そんな中、よく頑張ってくれました」

【2歳未勝利】(福島1R、2R)~ニシノコトダマ、エンパイアシュアーが勝利 [News] [News]
2018/07/08(日) 14:03

福島1Rの2歳未勝利戦(ダート1150m)は1番人気ニシノコトダマ(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒0(重)。ハナ差2着に2番人気アンビル、さらに1/2馬身差で3着に4番人気グレートデーが入った。

ニシノコトダマは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母ニシノミラクル(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ニシノコトダマ(石川騎手)
「馬を前に置く形がいいようです。最後まで頑張ってくれました。直線で先頭に立つとフワッとして差し返されましたが、根性で抜き返してくれました」

2着 アンビル(戸崎騎手)
「ハナに行けましたし、いい感じで競馬が出来ました」

3着 グレートデー(津村騎手)
「ダートで良さが出ました。いい競馬が出来ましたが、力のいる馬場の方がいいと思います」


福島2Rの2歳未勝利戦(芝1200m)は6番人気エンパイアシュアー(丸田恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒7(稍重)。クビ差2着に5番人気マーマレードガール、さらに3/4馬身差で3着に4番人気ウインレフィナードが入った。

エンパイアシュアーは美浦・和田雄二厩舎の2歳牡馬で、父トビーズコーナー、母チェリーシェル(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 エンパイアシュアー(丸田騎手)
「追い切りでの動きが良かったですね。前走でスタートが速くなくて、今日もおそらくこのようなレースになるだろうと思っていました。前走は1400mでしたが、今日は距離が1200mになったのが良かったと思います。この馬としてはスムースに行けて上手な競馬が出来ました」

3着 ウインレフィナード(津村騎手)
「1200mの距離は少し忙しいです。それでも道中タメが利いて、最後はよく伸びました。出来れば1400mくらいがいいです」

5着 ヴォイスオブジョイ(柴田大騎手)
「今日はテンションが上がりすぎていました」

【メイクデビュー】(中京5R)~カテドラルが勝利 [News] [News]
2018/07/08(日) 13:46

中京5Rのメイクデビュー中京(芝2000m)は4番人気カテドラル(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分06秒1(重)。2馬身1/2差2着に3番人気トーセンカンビーナ、さらに1/2馬身差で3着に2番人気ブラヴァスが入った。

カテドラルは栗東・池添学厩舎の2歳牡馬で、父ハーツクライ、母アビラ(母の父Rock of Gibraltar)。

~レース後のコメント~
1着 カテドラル(福永騎手)
「いい勝ち方が出来ました。仕上がりが良く、気性も前向きで、今日の馬場でもやれましたし、追ってからもしっかりしていました。いいところまで行くかもしれません。楽しみです」

2着 トーセンカンビーナ(M.デムーロ騎手)
「何も問題はなく、この馬も頑張りましたが、相手が強かったです」

3着 ブラヴァス(武豊騎手)
「まだまだ後ろ脚に力がなく、前脚で走っている感じです。それでこれだけ走れているのですから、将来性があります」

4着 ダノンチェイサー(川田騎手)
「こういう馬場が得意なタイプではありませんし、距離ももう少し短い方が良い印象があります。これから良くなってくればと思います」

5着 ブルベアベージュ(松山騎手)
「スタートが良く、行く形になり、物見をするところがありましたが、終いまでよく頑張ってくれています」

6着 オールイズウェル(三浦騎手)
「まだ緩さがあり、これからですが、いい馬です。その中でこれだけ動けていますし、これから成長すればと思います」

【2歳未勝利】(中京1R)~マイネルフラップが勝利 [News] [News]
2018/07/08(日) 13:39

中京1Rの2歳未勝利戦(芝1600m)は4番人気マイネルフラップ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒8(重)。1馬身1/4差2着に2番人気ダノンシティ、さらに1馬身1/2差で3着に1番人気ブールバールが入った。

マイネルフラップは栗東・梅田智之厩舎の2歳牡馬で、父ヴィクトワールピサ、母マイネエレーナ(母の父ロージズインメイ)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルフラップ(和田騎手)
「他の馬が道悪で止まって、自然に先頭に立った感じです。走りますが、気性的に危ういところがあります」

2着 ダノンシティ(武豊騎手)
「馬は前走より良くなっていました。今日はラストまでしっかり伸びてくれました」

3着 ブールバール(福永騎手)
「馬場入りからイライラして平常心ではありませんでした。緩い馬場も気にしていましたが、精神面で今日は力を出せませんでした」

4着 ウォーターエデン(幸騎手)
「もう少しリラックスして走れれば良かったです」

【メイクデビュー】(函館5R)~ラブミーファインが勝利 [News] [News]
2018/07/08(日) 13:31

函館5Rのメイクデビュー函館(芝1800m)は3番人気ラブミーファイン(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒4(稍重)。1馬身1/2差2着に2番人気ニシノデイジー、さらに1/2馬身差で3着に1番人気コントラチェックが入った。

ラブミーファインは栗東・田所秀孝厩舎の2歳牝馬で、父ジャスタウェイ、母ヤマノラヴ(母の父アグネスデジタル)。

~レース後のコメント~
1着 ラブミーファイン(池添騎手)
「1週前に調教に乗って動きの良さを感じていました。道中はいい形でレースを進められて、4コーナーで先頭に立ちましたが、調教通りの反応で伸びました。この感じならこの先も楽しみです」

3着 コントラチェック(ルメール騎手)
「レース中は物見をしたり、滑ったりしていました。それでも直線では反応して、残り50mで脚を使いました。これから良くなる馬ですし、いい経験になったと思います」

全21件中 11件〜20件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 次の10件 ]