【濃尾特別】(中京10R)~プロスパラスデイズがしぶとく脚を伸ばし3勝目 [News] [News]
2018/07/07(土) 16:17

中京10Rの濃尾特別(3歳以上1000万下・ダート1800m)は9番人気プロスパラスデイズ(太宰啓介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒7(重)。2馬身半差の2着に2番人気エンパイアブルー、さらに半馬身差の3着に6番人気ダンツゴウユウが入った。

プロスパラスデイズは栗東・昆貢厩舎の3歳牡馬で、父ハードスパン、母チャリティークエスト(母の父Coronado’s Quest)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 プロスパラスデイズ(太宰啓介騎手)
「スタートはもう一つで、思ったよりポジションが後ろになりました。内枠なのでロスなく回ろうと思っていました。3コーナーのハミのかかりは良かったです。加速はすごかったです。まだ緩い所はありますが、かなり能力は高いと思います」

2着 エンパイアブルー(福永祐一騎手)
「勝てる競馬だと思いましたが、相手が強かったです」

3着 ダンツゴウユウ(酒井学騎手)
「スタートはポンッと出ましたが、自分の形で行こうと思っていました。1800mもしっかりこなしてくれました。道中はハミを噛むこともなくスムーズに押し上げて行きました。4コーナーではふみ遅れました。エンジンが掛かるのが遅い馬ですが、しっかり来ていました。次も期待したいです」

11着 ビッグアイランド(高倉稜騎手)
「周りが行きたがっていたので、出して行ってあのポジションになりました。しかし追っ付け追っ付けで集中できていません。脆さや荒削りなところがまだあります。広い競馬場の方が良いと思います」

【五稜郭S】(函館11R)~マイスタイルが得意の形で逃げ切りV [News] [News]
2018/07/07(土) 16:05

函館11Rの五稜郭ステークス(3歳以上1600万下・芝2000m)は1番人気マイスタイル(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒5(稍重)。3馬身差の2着に2番人気スティッフェリオ、さらに3馬身半差の3着に4番人気ドレッドノータスが入った。

マイスタイルは栗東・昆貢厩舎の4歳牡馬で、父ハーツクライ、母ファーストナイナー(母の父フォーティナイナー)。通算成績は13戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 マイスタイル(田中勝春騎手)
「道中、ハミを噛んで走っていたのに最後まであの走りですから、力が上でした。余力のある走りでしたしオープンに戻っても楽しみです」

2着 スティッフェリオ(北村友一騎手)
「自分の競馬ができて、この馬も脚を使っています。今日は相手が強かったです」

3着 ドレッドノータス(藤岡康太騎手)
「精神的に成長して折り合いに心配が無くなりました。最後も良く伸びてくれました」

7着 アクート(C.ルメール騎手)
「馬場が合いませんでした。今日は反応が遅い感じでした」

【松島特別】(福島10R)~アウトライアーズが力の違いを見せつけ圧勝 [News] [News]
2018/07/07(土) 15:58

福島10Rの松島特別(3歳以上1000万下・芝2000m)は2番人気(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒0(稍重)。2馬身差の2着に7番人気ヤマニンリュウセイ、さらに3/4馬身差の3着に4番人気スクエアフォールドが入った。

アウトライアーズは美浦・小島茂之厩舎の4歳牡馬で、父ヴィクトワールピサ、母ウィストラム(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は11戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アウトライアーズ(田辺裕信騎手)
「馬場が気になりましたが、やはりスピードの乗りがこの馬らしくありませんでした。それでも2段階降級ですから力で勝ってくれました」

2着 ヤマニンリュウセイ(津村明秀騎手)
「4コーナーで少し前が詰まったのがもったいなかったです。乗りやすい馬で上手に走っていますし、馬場も大丈夫でした」

4着 フロムマイハート(柴田大知騎手)
「この馬場にのめっていて直線も良く伸び切れませんでしたが、そんな中、良く頑張っています」

5着 レイエスプランドル(戸崎圭太騎手)
「馬場の掘れたところに脚を取られてしまいました」

【八雲特別】(函館10R)~ゴールドギアが人気通りの強さで完勝 [News] [News]
2018/07/07(土) 15:48

函館10Rの八雲特別(3歳以上500万下・芝1800m)は1番人気ゴールドギア(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒7(稍重)。2馬身差の2着に3番人気トーセンスーリヤ、さらに1馬身3/4差の3着に5番人気ホウオウジャンプが入った。

ゴールドギアは美浦・伊藤圭三厩舎の3歳牡馬で、父ロードカナロア、母ギンザボナンザ(母の父ゼンノロブロイ)。通算成績は9戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ゴールドギア(C.ルメール騎手)
「強いレースでした。ひとり勝ちでしたね。いつも通りスタートは遅かったですが、長く脚を使いました。もっと上のクラスにいける馬です」

2着 トーセンスーリヤ(四位洋文騎手)
「馬なりでレースができたのですが、3コーナーあたりで馬場を気にするような感じでした。それもこの馬にはいい経験になったでしょう。一旦レースを止めかけてまたひと伸びしてくれました」

4着 ショウナンサニー(池添謙一騎手)
「いいポジションでレースができました。ただこのクラスだともうひと伸びが欲しい感じです」

5着 ダンシングチコ(藤岡康太騎手)
「前の位置である程度折り合ってレースができました。ただ外から早めに他馬に来られてきつくなりました。距離も少し長いかもしれません」

【茶臼山高原特別】(中京9R)~メルヴィンカズマが外から脚を伸ばし勝利 [News] [News]
2018/07/07(土) 15:11

中京9Rの茶臼山高原特別(3歳以上500万下・芝2000m)は3番人気メルヴィンカズマ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒7(重)。半馬身差の2着に1番人気アシュリン、さらに3/4馬身差の3着に2番人気ミスディレクションが入った。

メルヴィンカズマは栗東・西浦勝一厩舎の4歳牡馬で、父ヴィクトワールピサ、母ブランピュール(母の父アンバーシヤダイ)。通算成績は17戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 メルヴィンカズマ(M.デムーロ騎手)
「直線では他の馬が外へ行ってだいぶ外になってしまい心配しました。また元に戻ってからは強かったです」

3着 ミスディレクション(太宰啓介騎手)
「のめるところはありましたが、それはみんな一緒ですからね。自分の競馬はできているので、もう少し粘れるかなと思いましたが......」

4着 ドラゴンマジック(高倉稜騎手)
「ペースが遅かったです。最初の追い出しで置いていかれる所がありますからね......」

5着 アンフィニスター(酒井学騎手)
「思いのほか馬がスッと行ってくれました。この馬場も苦にするところがありません」

6着 マナローラ(松山弘平騎手)
「手応えが良くて来そうだなと思いましたが、最後はジリっぽくなってしまいました。こういう競馬は合うので道中の追走は楽でしたが、最後は離される形になりました」

【メイクデビュー】(中京5、6R)~アヴァンティスト、タガノカルラが勝利 [News] [News]
2018/07/07(土) 14:44

中京5Rのメイクデビュー中京(芝1400m)は4番人気アヴァンティスト(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒6(重)。1馬身1/4差の2着に5番人気パープルヌーン、さらに2馬身差の3着に2番人気アスカリが入った。

アヴァンティストは栗東・西浦勝一厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母ゴンチャローワ(母の父Gone West)。

~レース後のコメント~
1着 アヴァンティスト(幸英明騎手)
「終いはしっかりしていました。調教では気を抜くようなところがありましたが、実戦に行ってよかったです。競馬のセンスもあって次も楽しみです」

2着 パープルヌーン(松山弘平騎手)
「いい馬です。ただ今日は道中、馬場に脚をとられました。その分、ペースを上げていけませんでした。それでも終いは良い脚を使っています」

3着 アスカリ(松田大作騎手)
「プレッシャーをかけられる展開でした。でも悲観する内容ではありませんでした。絡まれながら本当によく頑張ってくれました」

4着 ミスビートリックス(福永祐一騎手)
「ゲートをうまく出てくれませんでしたが、終いは良い伸びを見せてくれました。次は楽しみですね」

5着 ロイヤルヨット(松若風馬騎手)
「いい位置で流れに乗ってのレースでした。直線はグンと反応してくれましたが、外の馬の気配を感じると力むような面を見せました。今回は初めてのレースですからね。慣れてくれば走ります」


中京6Rのメイクデビュー中京(ダート1400m)は10番人気タガノカルラ(太宰啓介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒7(重)。3/4馬身差の2着に4番人気ニードルズアイ、さらにクビ差の3着に1番人気デターミネーションが入った。

タガノカルラは栗東・本田優厩舎の2歳牡馬で、父ワークフォース、母タガノガルーダ(母の父ネオユニヴァース)。

~レース後のコメント~
1着 タガノカルラ(太宰啓介騎手)
「全体的に緩さはありますが、ゲートを上手に出て大外を回ってもしっかり伸びてくれました」

2着 ニードルズアイ(松若風馬騎手)
「乗りやすくて操縦性も高く、真面目に走ってくれました」

4着 マイネルエイブ(和田竜二騎手)
「相手のペースとなりこの馬には厳しいペースとなりましたが、最後まで頑張ってくれました」

8着 クレッセントムーン(M.デムーロ騎手)
「全然競馬をわかっていませんでした。次は変わります」

【メイクデビュー】(函館5、6R)~スズカカナロア、ヒストリコが勝利 [News] [News]
2018/07/07(土) 14:28

函館5Rのメイクデビュー函館(芝1200m)は2番人気スズカカナロア(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒1(稍重)。3/4馬身差の2着に1番人気メジャーハリケーン、さらに1馬身3/4差の3着に5番人気ショウブが入った。

スズカカナロアは栗東・橋田満厩舎の2歳牡馬で、父ロードカナロア、母エカルラート(母の父ハーツクライ)。

~レース後のコメント~
1着 スズカカナロア(岩田康誠騎手)
「素直な馬で、攻め馬の通りでした。まだフワフワしているところがあるので、もっと良くなると思います」

3着 ショウブ(菊沢一樹騎手)
「センスが良いです。まだ幼い面があります。使ってからが楽しみです」

5着 シェルメール(北村友一騎手)
「もう少し軽い馬場のほうが良いです」

6着 フライトゥヘヴン(C.ルメール騎手)
「進んで行きませんでした。乗りやすくて真面目なのですが力がありません」


函館6Rのメイクデビュー函館(ダート1000m)は2番人気ヒストリコ(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分00秒5(稍重)。3馬身半差の2着に5番人気キモンボーイ、さらに5馬身差の3着に1番人気テロワールが入った。

ヒストリコは美浦・土田稔厩舎の2歳牝馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母エーピーモモ(母の父ダンスインザダーク)。

~レース後のコメント~
1着 ヒストリコ(横山武史騎手)
「楽に勝つことができました。追ってからもいい反応でした。まだ仕上がりとしては七分ぐらいの感じで、これから良くなるという体で今日のレースですから次も楽しみです。芝も大丈夫でしょう」

3着 テロワール(C.ルメール騎手)
「真面目な馬で最後まで良く走っていますが、前の馬が速すぎました。今日は流れに乗れませんでした」

4着 ドナアンブロージア(菱田裕二騎手)
「仕上がりはあと一息という感じでしたが、二の脚が速くある程度手応え良くレースができました」


【2歳未勝利】(中京1R)~セプタリアンが断然人気に応え完勝 [News] [News]
2018/07/07(土) 14:13

中京1Rの2歳未勝利(芝1200m)は1番人気セプタリアン(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒3(重)。3馬身半差の2着に2番人気アドマイヤデルタ、さらに1馬身1/4差の3着に6番人気ロックスピリットが入った。

セプタリアンは栗東・池添学厩舎の2歳牡馬で、父キングヘイロー、母リビングプルーフ(母の父ファルブラヴ)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 セプタリアン(福永祐一騎手)
「逃げたくはなかったのですが、周りの馬も速くなかったのでリズムを崩さないように(逃げる)レースをしました。良い馬ですね。初戦では控えるレースも(できるところを)見せていますからね」

2着 アドマイヤデルタ(川田将雅騎手)
「勝った馬が強かったです。この馬も精一杯のレースをしています。口向きの難しい面を3~4コーナーで見せて外に逃げるような面を見せました。その点が修正すべき課題ですね」

3着 ロックスピリット(柴田未崎騎手)
「使っても体重が変わっていませんでした。ゲートはあまり出てくれませんでしたが最後はよく来てくれました。こういった渋った馬場がよかったのかもしれません」

4着 エイシンオリヒメ(松山弘平騎手)
「馬を気にして外々に行く面を見せていました。そのためペースが上がっていきませんでした」

【2歳未勝利】(函館1R)~ショウナンアリアナがゴール前の接戦を制す [News] [News]
2018/07/07(土) 13:35

函館1Rの2歳未勝利(芝1200m)は4番人気ショウナンアリアナ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒2(稍重)。ハナ差の2着に6番人気ペプチドルーカス、さらに3/4馬身差の3着に1番人気マノラムが入った。

ショウナンアリアナは栗東・高野友和厩舎の2歳牝馬で、父Frankel、母Restiadargent(母の父Kendargent)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ショウナンアリアナ(池添謙一騎手)
「一度使ったことで気合いが乗りすぎるくらいでした。外から来られる形になってハミを取っていました。しっかり脚を使っています。まだ身体が小さいのでこれからの馬だと思います」

3着 マノラム(横山武史騎手)
「これまでの2戦と走り方が違っていました。滞在競馬とはいってもレースを使っていますから疲れもあったかもしれません」

4着 ファイアーボーラー(C.ルメール騎手)
「まだ子供っぽいです。ダートの方が良いと思います」

6着 ボヘミアラプソディ(丸山元気騎手)
「悪くないです。短い距離の馬ではないと思います。大事に使っていけば良いと思います」

全19件中 11件〜19件目を表示 [ 前の10件 1 2 ]