坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績(7月4日) [News] [News]
2018/07/04(水) 17:18

坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人厩舎)の、7月4日(水)のオーストラリアでの騎乗成績は以下の通り。

マレーブリッジ競馬場(オーストラリア)
2R 一般レース(芝1400m) スローンズ 4着(14頭)
8R 一般レース(芝1600m) ピッポス 8着(13頭)

(JRA発表)

【開成山特別】美浦レポート~オジュウチョウサン [News] [News]
2018/07/04(水) 14:13

7月7日(土)に福島競馬場で行われる開成山特別(3歳以上500万円以下)に出走を予定しているオジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田正一郎厩舎)について、和田正一郎調教師のコメントは以下の通り。

(平地競走に出走することになった経緯は?)
「以前からオーナーサイドより平地競走に出走してみてはどうかと相談されていて、今年4月の中山グランドジャンプの競馬を見て、改めて平地競走でどれくらいやれるのか可能性をみてみたいと話がありました。そして平地競走で大きいレースを目指す方向になりましたが、収得賞金が0のため現時点では重賞競走に出られないので、まずは平地の重賞競走に出走する資格を得るために開成山特別に使うに至りました」

(和田調教師ご自身は平地競走に出走することについてどうお考えでしょうか?)
「障害とはだいぶ条件が違うので、やってみないとわからないというところはあります。ただ、身体能力の高さや競馬に行っての前向きさを考えれば通用してもいいのではないかという可能性を感じています」

(平地競走に出走することを決めてからは平地に向けた調教へ変えたのでしょうか?)
「これまで障害競走に向かうときも特殊な調教をしていませんでしたので、障害練習を行わなかったこと以外は、今回も同じパターンを踏襲してやっています」

(チークピーシーズといった馬具については?)
「これについても今までと同じで競馬に臨みたいと思います」

(オジュウチョウサン自身、変化を感じている部分はありますか?)
「ほとんど同じパターンで調整しているので、今のところは違和感なくこられていると思います」

(依頼した時の武豊騎手の反応はどうでしたか?)
「エージェントを通しての依頼ですので間接的に聞いた話ですが、非常に興味を持って乗っていただけるということでした」

(今朝の最終追い切りの狙いと手応えについて)
「最近のパターンと同様に、先週しっかりと負荷をかけ、今週は気持ちをのせつつも競馬に行ったときに疲れが残らない程度に整えました。前に馬を1頭置いて追いかけさせながら、最後並びかけるという形で追い切りを行いました」

(和田調教師からみてオジュウチョウサンの動きは?)
「調教を積むごとに動きや気持ちの面で良くなっているなという手応えを感じます。この感じでしたら、いい状態で競馬に臨めるなと考えています」

(レースについて、作戦は考えていますか?)
「馬の特徴などは武豊騎手にもお伝えしようと思っていますが、今までとは競馬の内容も全く変わってくると思います。ゲートを出た時の感じや、流れによってあるいは道中の手応えによって武豊騎手に対応してもらおうと思います」

(週末は雨の予報ですが、馬場については?)
「道悪は苦にしませんし、全く問題ないと思います」

(大勢のオジュウチョウサンのファンへ向けて、一言お願いします)
「いつも本当にたくさんの応援をいただき、注目を受けていることをひしひしと感じています。平地競走で大きいところに行けるかどうかをさぐっていくという意味でこの度出走に至りました。今回のレースを見て今後どういった方向へ進んでいくか決めて参りますので、またご注目していただけたらと思います。このまま良い状態で競馬へ向かい、無事に帰ってくるように調教したいと思っていますので、応援よろしくお願いいたします」

(取材:小屋敷彰吾)

【七夕賞】美浦レポート~サーブルオール [News] [News]
2018/07/04(水) 14:12

7月8日(日)福島競馬場で行われる七夕賞に出走を予定しているサーブルオール(牡5歳、美浦・萩原清厩舎)について、萩原清調教師のコメントは以下の通り。

(前走の内容と、その後の中間の様子は?)
「前走のエプソムカップでは、いい内容の競馬ができたと思います。レース後は、中3週でしたがノーザンファーム天栄に出し、戻ってきてから調整をしてきました」

(今朝の最終追い切りについて)
「レース間隔が詰まっているので、前走の状態を維持することを主眼に置いて、ウッドチップコースにて単走で行いました。動きは良かったと思います」

(現在の馬の様子については?)
「ここのところずっと安定しています。前走時と比べても状態に変化はありません」

(福島コースは?)
「どこでも対応がきく馬なので、特に問題ないと思います」

(ハンデ55キロはいかがでしょう?)
「与えられたハンデで勝負するしかないので、頑張るしかないですね」

(最後に意気込みを)
「サーブルオールに関わっている関係者の方やファンの方の期待に応えられるような競馬をしたいと思っていますので、よろしくお願いいたします」

(取材:小屋敷彰吾)

【プロキオンS】栗東レポート~サクセスエナジー [News] [News]
2018/07/04(水) 14:12

7月8日(日)に中京競馬場で行われる第23回プロキオンステークス(GIII)に登録しているサクセスエナジー(牡4、栗東・北出成人厩舎)について、鞍上の松山弘平騎手のコメントは以下の通り。

(交流重賞2連勝を振り返って)
「2連勝して、本当に充実しているなという感じです。馬もしっかり走ってくれていますし、本当に強い競馬ができているなという印象です。
 少し幼い面があるのですが、その辺は相手なりと言いますか、並ばれてから本当に渋太いなと思います。
 あまり早く抜け出すとソラを使う面があるので、できればしっかり併せて行けた方が良いのかなとは思います。
 乗るごとに成長しているなという感覚がありますし、今日の追い切りも動きが良かったので、その辺も成長しているのかなと思います」

(調教過程を振り返って)
「終い重点という形でした。終いまでしっかりと動けていて、反応も良かったです。順調に来ているなという印象です。
 競馬も調教もあまり真剣に走らないようなところがあるので、それで競馬では併せた方が良い感じになります。調教でもそういうところはありますが、今日に関しては割と集中して走っている印象でした。その辺も成長しているなと感じます」

(今回のレースに向けて)
「中京でも良い勝ち方をしていたなと思っています。左回りも経験していますし、問題ないかなと思っています。
 やってみないと分かりませんが、58キロを背負っても良い結果を出せるように頑張りたいです。
 できれば普通の馬場でやりたいです。少し速い馬場になった時に対応できるかというのは、これからの試練と言いますか、超えて行かなければいけないと思います。
 先行勢が多くて、厳しい形になるかなと思っています。強い馬もたくさん出るのですが、この馬も重賞2連勝しています。自分の馬が一番強いと思って頑張りたいです。
 ここを勝って、次のステップに進めたら良いと思っています。
 3連勝を目指して、頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

【七夕賞】美浦レポート~マイネルミラノ [News] [News]
2018/07/04(水) 14:11

7月8日(日)福島競馬場で行われる七夕賞に出走を予定しているマイネルミラノ(牡8歳、美浦・相沢郁厩舎)について、相沢郁調教師のコメントは以下の通り。

(前走、エプソムカップ11着を振り返って)
「東京コースですし、58キロを背負ってハナに行けなかったことに加えて、馬場も悪くて厳しい競馬になりました」

(中3週、中間の様子を教えてください)
「一回使ったことで馬が締まりましたし、気合も入ってきたので、具合としては今回の方が良いと思います。前走久々を使った反動も全然ありません」

(今朝の追い切りの狙いと手応え)
「先週びっしりやって、今週は調整程度で行いました」

(ハンデについて)
「ハンデが58キロでは厳しかったですが、57キロであれば、自分の競馬ができると思います」

(戦法について、前に行ったほうがこの馬の良さがでるのでしょうか?)
「ハナに行けるのであればハナに行って押し切る競馬がベストですね」

(初めてコンビを組む田辺騎手とは話をしている?)
「この間会ったときに、レースが楽しみだという話をしました。かつてヴェルデグリーンで重賞を勝ったように、田辺騎手とは相性が良いと感じています」

(福島芝2000mという舞台は?)
「福島で勝っていますし、東京のような広いコースより小回りのコースのほうが合っていそうなので、チャンスはあると思います」

(週末雨の予報ですが・・・)
「馬場がぐちゃぐちゃになるくらい雨が降ってしまうと良くないかもしれませんが、そうなると他の馬にとっても良くないと思うので、そこまで気にしていません」

(最後に意気込みをお願いします)
「今回はハンデが57キロになったので、良い競馬を楽しみにしています」

(取材:小屋敷彰吾)

【七夕賞】美浦レポート~マイネルフロスト [News] [News]
2018/07/04(水) 14:10

7月8日(日)福島競馬場で行われる七夕賞に出走を予定しているマイネルフロスト(牡7歳、美浦・高木登厩舎)について、高木登調教師のコメントは以下の通り。

(前走エプソムカップを振り返ってください)
「9ヶ月ぶりの割には状態は良かったです。着順は悪かったのですが、果敢に先行して終いまでしっかりハミをくわえて走っていたので、次に繋がるレースかなと思っていました」

(中3週、中間の様子は?)
「久々のレースでも特に反動などの心配もなく、順調に調教を積んでいます」

(7歳ではありますが、馬体面や精神面での変化はありますか?)
「若い頃は気難しい面を見せていましたが、ブリンカーをつけるようになってからはそういったところは出さなくなり、安定していると思います」

(最終追い切りの狙いと手応えについて)
「単走の方が気持ちよく走る馬なので、単走で行いました。当該週ということで、サラッと速くなりすぎないことを重点に行いました」

(仕上がり具合はいかがでしょうか?)
「前回の良い状態をキープしているかなという感じです」

(このレースは昨年2着でしたが、改めて条件はいかがですか?)
「福島コースは得意にしていると思います。ただ、極端に悪くなると良くないので、週末の天気が気になります」

(前走は2番手からの競馬でしたが、戦法については?)
「福島競馬場ということもあるので、今回も先行したほうが良いかなと思います」

(トップハンデ57キロとなりますが)
「背負い慣れた斤量ですので、何も心配していません」

(では、最後にファンに向けて一言)
「休み明けに一度使ってさらに良くなっていると思います。良い競馬ができるよう頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」

(取材:小屋敷彰吾)

【プロキオンS】栗東レポート~キングズガード [News] [News]
2018/07/04(水) 14:10

7月8日(日)に中京競馬場で行われる第23回プロキオンステークス(GIII)に登録しているキングズガード(牡7、栗東・寺島良厩舎)について、追い切り後の寺島良調教師のコメントは以下の通り。

(交流重賞で連続2着)
「今年に入って予定通りのローテーションで来られました。GIもしっかり走ってくれていると思いますし、交流レースは狭い競馬場で惜しい結果でしたが馬の力はしっかり出し切れているのかなと思います。あとはタイミング一つで勝ち負けはあるのかなという感じです。
 (前走は)地方の狭い競馬場ですが、あのような競馬を今回はしようということで藤岡佑介騎手とも話して、じっくり行ってもらって、3コーナーぐらいから押し上げるというこちらが考えた通りの競馬をしてくれました。直線の短い競馬場ですが、馬もその辺に対応できての競馬だったので、結果は2着ですが、勝ち馬は次も重賞を勝っていましたし、それなりの力があった馬です。仕方がないかなと思って、あれぐらいの結果かなと思っています」

(前走後の調整について)
「プロキオンステークスを使うということも、今年のローテーションに決まっていたというか、予定通りという感じです。一度短期放牧に出して、いつも通りの感じで戻してきました。2週前から坂路に入れて、先週、今週とコース追いでしっかり仕上げられたかなと思います」

(調教過程を振り返って)
「先週は後ろから行きましたが、少し気合いが入っている感じがあって、まだ体が追いついていないところがありました。今朝は先行させてリラックスした感じで行って、終いもしっかり追うという感じでした。休み明けの分、最後までしっかり追う感じで予定通りの調整ができたかなと思います。
少し間隔は開きましたが、馬は分かってくれています。この2本でしっかりと仕上がったかなという感じです」

(今回のレースに向けて)
「左回りが少し苦手というところはあるのですが、中京に関してはすごく堅実に走ってくれています。一度1800mのGI・チャンピオンズカップでも8着ですが、結構差のない競馬をしてくれています。相性が良いコースなのかなと思います。
 どうしても後ろから行く馬なので、前目に付けられないのは仕方がないとは思いますが、その分前がやり合ってくれれば、捌きやすくなると思います。その辺はプラスマイナスゼロぐらいに考えてもらえれば良いですね。
 (前が)牽制しながらになるといやらしいですが、前がやり合ってくれるのが理想ではあります。
 58キロでもしっかりと走れていますし、体はダート馬にしては小さいので57キロになるのはプラスだと思います。
 7歳馬ですが、ここまで大事に使ってきた分、馬がすごく若くてフレッシュな感じがあります。まだまだ楽しめると思います。
 去年の勝ち馬として恥ずかしくないレースをしたいと思いますので、応援の方よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

【七夕賞】美浦レポート~マイネルサージュ [News] [News]
2018/07/04(水) 14:09

7月8日(日)福島競馬場で行われる七夕賞に出走を予定しているマイネルサージュ(牡6歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)について、鹿戸雄一調教師のコメントは以下の通り。

(前走、福島民報杯について振り返ってください)
「流れが速いこともありましたが、しまいを生かす競馬に徹して良い脚を使ってくれたので良かったと思います」

(3ヶ月ぶりのレースとなりますが、中間の様子は?)
「レース後は一旦休養させて、1ヶ月前に厩舎に戻しそこから順調に稽古をこなしています」

(今朝の最終追い切りはどのような指示で行いましたか?)
「70-40ぐらいのペースで、気持ちよく走らせるように指示しました。馬場の悪い時間でしたが、動きについては良い感じで走れていたと思います」

(現在の馬の様子はいかがでしょうか?)
「ここ最近暑くなってきていますが、元気いっぱいで送リ出せそうです」

(福島芝2000mという舞台は?)
「比較的、福島は成績が良いということもあり、ここを目標にしました。良い状態で出せるので楽しみです」

(今週末、天気が心配ですが...)
「あまりに馬場が良すぎると前残りの競馬になってしまうので、少し渋ってくれたほうがこの馬にとっては良いかもしれません」

(ハンデ55キロについては)
「前走54キロで勝っていて55キロぐらいは想定していたので、特に心配していません」

(最後に意気込みをお願いします)
「ようやく重賞に出てもチャンスになる競馬ができるかなと、楽しみにしているので、なんとか頑張っていきたいと思います」

(取材:小屋敷彰吾)

【プロキオンS】栗東レポート~インカンテーション [News] [News]
2018/07/04(水) 14:08

7月8日(日)に中京競馬場で行われる第23回プロキオンステークス(GIII)に登録しているインカンテーション(牡8、栗東・羽月友彦厩舎)について、追い切り後の羽月友彦調教師のコメントは以下の通り。

(前走のかしわ記念3着を振り返って)
「着順は3着でしたが、4コーナーから直線にかけて勝つのではないかというような感じで来ていました。よく走ったのではないかと思います」

(前走後の調整について)
「一回放牧に出しまして、栗東には6月7日に戻ってきています。その後坂路とCウッドチップコースを併用して週1本ずつ速い時計を出しています。とても順調です。
 (放牧から戻って)そんなに緩んだ印象はなかったですので、すごくスムーズにこちらでの調教を再開することができました」

(今回のレースに向けて)
「必ず(馬の)歳は聞かれるのですが、まだ衰えた感じは全くないです。
 この馬は3歳の頃から夏はよく走っていましたし、勝ち鞍も多いですので、特に心配はしていません。
 強みは賢いところだと思います。なので今回は初距離ではありますが、うまく対応してくれると期待しています。
 この馬はどのようにでも対応できるので、もうジョッキーにお任せして、流れのままに競馬をしてくれると思っています。
 新しい距離でまた違った面が出せれば良いと思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

【プロキオンS】栗東レポート~ウインムート [News] [News]
2018/07/04(水) 14:07

7月8日(日)に中京競馬場で行われる第23回プロキオンステークス(GIII)に登録しているウインムート(牡5、栗東・加用正厩舎)について、追い切り後の加用正調教師のコメントは以下の通り。

(前走の天保山S1着を振り返って)
「その前の勝ったレースは放牧明けでそれほど期待はしていませんでした。今回は叩いて2回目ですが、斤量が58キロというのが少し馬には負担がかかるのではないかなと感じていました。最初から激しい競馬でしたが、最後までしっかりと伸びてくれて勝ったということで、この馬のダートに対する適性を改めて感じました」

(前走後の調整について)
「さすがに使った後は馬が疲れているようなそぶりをしていました。2、3日軽めに調整したら元の状態に戻ってくれました。先週日曜日にも15ー15の調教をやって、今日は和田騎手に乗ってもらいました。間隔が詰まっているので、53秒ぐらいで12秒2の時計でしたが、終い重点にやってほしいという指示通りに動いてくれました。和田騎手も良い感触だったと言ってくれましたので、あとは重賞で相手関係も強くなりますが、この馬の能力を思う存分発揮できれば良い競馬ができるのではないかと期待しています。
 良い内容の追い切りでしたし、単走でしたが最後までしっかりと動いていました。状態に関しては良い感じで出走できるのではないかと感じています 」

(今回のレースに向けて)
「中京は去年初めて準オープンのダートで、人気で勝っています。今回は前走より負担重量が2キロ減って出走できます。あとは6番枠か8番枠ぐらいが当たったら良いかなと期待しています。
 血統的にもお兄さんのドリームバレンチノもそうでしたが、短距離の方がこの馬には向いているのではないかと感じています。そして、たまたま去年ダートに路線変更する時に準オープンの1400mダートが中京であったので、そこで強い内容で勝たせていただきました。それからずっと1400mを目標に競馬を使っています。
 今年の初戦の京都も凄い馬場でしたし、それでも結果が出ているので、別に後ろから行く馬ではないので雨が降れば前の方に行った方が有利ではないかと感じています。雨は全然気にはしていません。
 ドリームバレンチノと一緒でこの馬にはダートの適性があったので、こういう結果を出してくれていると感じています。まだ5歳ですし、これから大事に使っていけばもっと大きいレースでも活躍できるのではないかと期待しています。
 ハナに行かなくても2回続けて2番手、3番手で勝利に結び付いています。そういう競馬を今後もさせていって、馬が年齢を重ねるごとに馬体も精神的な面もパワーもさらに向上してくれたら良いパフォーマンスができるのではないかとすごく期待しています。
 初めての重賞で胸を借りるつもりです。ムートも良い状態を維持しているので、皆さん当日は競馬場にいらして、ウインムートへの声援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

全13件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]