小倉競馬、土曜日夜間発売を取り止め [News] [News]
2018/07/28(土) 17:44

明日7月29日(日)小倉競馬は、台風12号による競馬開催への影響が見込まれるため、インターネット投票による下記のレース及びWIN5の土曜日夜間発売(土曜午後7時30分から日曜午前7時まで)を取りやめることとなった。

7月29日(日)の小倉競馬全レース
7月29日(日)のWIN5

なお明日29日(日)の競馬開催の有無、午前7時以降のWIN5を含む電話・インターネット投票による発売などについては、決定次第JRAのホームページ等で発表される。

(JRA発表)

坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績 [News] [News]
2018/07/28(土) 17:39

坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人厩舎)の7月28日のオーストラリアでの騎乗成績は以下の通り。

モーフェットヴィル競馬場(オーストラリア)
3R 一般レース(芝1600m) アーガス 2着(7頭)
5R 一般レース(芝2018m) イギトゥル 4着(9頭)

(JRA発表による)

幸英明騎手が史上最速でJRA通算19000回騎乗達成 [News] [News]
2018/07/28(土) 17:36

小倉9レースで、5番ティーブラッサムに騎乗した幸英明騎手(栗東・フリー)は史上6人目・現役6人目のJRA通算19000回騎乗を達成した。
デビューから24年4ヵ月24日、42歳6ヵ月17日での19000回騎乗達成は、これまでの武豊騎手の記録(デビューから28年0ヵ月29日、46歳0ヵ月15日)を超えるJRA史上最速・最年少記録。

~幸英明騎手のコメント~
「18000回騎乗から今回の19000回騎乗まで順調に乗り数を積み重ねることができました。これも関係者およびファンの皆様のおかげですので感謝しています。今後も、大きな節目となる20000回騎乗に向けて、一鞍一鞍大事に乗っていきたいです」

(JRA発表による)

新潟2Rの競走中止について [News] [News]
2018/07/28(土) 17:29

新潟2Rで、9番チクリ(杉原誠人騎手)は、下記疾病を発症し、最後の直線コースで競走を中止した。

 馬:右後肢跛行
騎手:異状なし

(JRA発表による)

【薩摩S】(小倉)~向正面で動いたウェスタールンドが差し切る [News] [News]
2018/07/28(土) 17:25

小倉11Rの薩摩ステークス(3歳以上1600万下・ダート1700m)は1番人気ウェスタールンド(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分43秒6(良)。2馬身半差の2着に2番人気タガノディグオ、さらに3/4馬身差の3着に3番人気メイプルブラザーが入った。

ウェスタールンドは栗東・佐々木晶厩舎の6歳セン馬で、父ネオユニヴァース、母ユーアンミー(母の父Marquetry)。通算成績は22戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ウェスタールンド(北村友一騎手)
「馬が強かったです。前走でうまくレースをしてもらって、今日はその時のイメージでレースをしました。力通りのレース、良い時に乗せてもらいました」

2着 タガノディグオ(幸英明騎手)
「逃げさせてもらったのですが、今日は勝ち馬が強かったですね。4コーナーで手応えが違いました。でもかわされてからもよく踏ん張ってくれました」

3着 メイプルブラザー(松山弘平騎手)
「内枠から、良い形で流れに乗ってレースをさせてもらいました。これを使って良くなればと思います」

5着 イーストオブザサン(鮫島克駿騎手)
「勝ち馬が強かったです。2~3着馬も降級馬ですから。強い相手を追いかけた分、後ろの馬に差されてしまいましたが、この馬の走りはできています」

【北海道150年記念】(札幌)~レッドジェノヴァが早め先頭から押し切る [News] [News]
2018/07/28(土) 17:12

札幌12Rの北海道150年記念(3歳以上1000万下・芝2600m)は1番人気レッドジェノヴァ(J・モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分41秒0(良)。2馬身半差の2着に3番人気マスターコード、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気ララエクラテールが入った。

レッドジェノヴァは美浦・小島茂之厩舎の4歳牝馬で、父シンボリクリスエス、母コロンバスサークル(母の父ホワイトマズル)。通算成績は12戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドジェノヴァ(J・モレイラ騎手)
「道中リズム良く運べましたし、動きたいタイミングで動けました。まだ成長する余地があります」

2着 マスターコード(勝浦正樹騎手)
「練習してスタートも悪くありませんでした。馬の雰囲気も良かったのですが、相手が強かったです」

3着 ララエクラテール(岩田康誠騎手)
「スタートで遅れてしまい、もう少し前に行きたかったのですが、3~4コーナーで出して行って勢いもつきましたし、終いはよく伸びてくれました」

【佐渡S】(新潟)~グローリーヴェイズが人気に応えて勝利 [News] [News]
2018/07/28(土) 17:06

新潟11Rの佐渡ステークス(3歳以上1600万下・ハンデ・芝2000m)は1番人気グローリーヴェイズ(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒6(良)。1馬身1/4差の2着に9番人気ベアインマインド、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気アッフィラートが入った。

グローリーヴェイズは美浦・尾関知人厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母メジロツボネ(母の父スウェプトオーヴァーボード)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 グローリーヴェイズ(M・デムーロ騎手)
「強かったですね。思った通りに成長してくれています。以前はゲートでイライラするところがありましたが、今日はゲートを出てくれて、直線もしっかり伸びました」

1着 グローリーヴェイズ(尾関知人調教師)
「暑さが得意というタイプではないのですが、結果を出してくれました。ジョッキーもこの馬のことを分かっていて良い競馬をしてくれましたし、勝ちつつ後に引きずらないようなレースをしてくれました。反動が怖いので、しっかり時間は取りたいと思います。この後は馬の状態を見て、次の目標を決めようと思います」

2着 ベアインマインド(大野拓弥騎手)
「ペースは速かったのですが、楽に追走できたのが大きかったです。最後もしぶとく頑張っていました」

3着 アッフィラート(戸崎圭太騎手)
「スタートも上手に出ましたし、いつもより良い位置が取れました。多少気分良く行っていましたが我慢はきいていましたし、最後も来ています。今日のようなレースができるなら、もう少し距離を短くしてもいいかもしれません。決め手が活きそうです」

【月岡温泉特別】(新潟)~ヴゼットジョリーが最後まで抜かせず勝利 [News] [News]
2018/07/28(土) 16:54

新潟10Rの月岡温泉特別(3歳以上1000万下・芝1600m)は4番人気ヴゼットジョリー(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒3(良)。アタマ差の2着に1番人気ダイアトニック、さらに半馬身差の3着に3番人気エルビッシュが入った。

ヴゼットジョリーは栗東・中内田充厩舎の4歳牝馬で、父ローエングリン、母フレンチビキニ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ヴゼットジョリー(石橋脩騎手)
「この馬のことを厩務員さんが教えてくれて、抜群のスタートを切れました。新潟で重賞を勝っていますが、極限のキレ勝負は嫌だなと考えていました。自分のタイミングで構えて行けましたし、レースはうまくいきました。やはり力があります。今日は力で勝ちきってくれましたし、今後も期待できます」

2着 ダイアトニック(福永祐一騎手)
「上手に立ち回って、良いレースをしてくれました。勝った馬は元々オープン馬ですから、今日は相手も強かったです」

3着 エルビッシュ(戸崎圭太騎手)
「外枠だったので行けず、後ろからになりましたが、最後は凄い脚で差を詰めてくれました。力のある馬です」

【閃光特別】(新潟)~好枠を引いたジュリーハーツが勝利 [News] [News]
2018/07/28(土) 16:37

新潟9Rの閃光特別(3歳以上500万下・芝1000m)は4番人気ジュリーハーツ(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは54秒9(良)。クビ差の2着に1番人気モアナブルー、さらに1馬身差の3着に8番人気ココロストライクが入った。

ジュリーハーツは美浦・池上昌和厩舎の3歳牝馬で、父ハーツクライ、母ラブジュリエット(母の父フサイチコンコルド)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ジュリーハーツ(津村明秀騎手)
「今日は良い枠を引けましたし、行ければ行こうと思っていました。前へ行けましたし、最後も頑張って粘ってくれました」

2着 モアナブルー(三浦皇成騎手)
「枠も良かったですし、リズム良く行けました。自分のタイミングで追い出せましたし、良いレースができたと思います」

3着 ココロストライク(丹内祐次騎手)
「1200mでもかかるくらいの馬ですからね。直線1000mは合っていると思います」

【TVh賞】(札幌)~スティッフェリオが2番手から押し切る [News] [News]
2018/07/28(土) 16:32

札幌11RのTVh賞(3歳以上1600万下・ハンデ・芝1800m)は2番人気スティッフェリオ(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒2(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気プロフェット、さらに半馬身差の3着に11番人気ギブアンドテイクが入った。

スティッフェリオは栗東・音無秀孝厩舎の4歳牡馬で、父ステイゴールド、母シリアスアティテュード(母の父Mtoto)。通算成績は16戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 スティッフェリオ(丸山元気騎手)
「枠は外でしたが、すぐに内に入れましたし、うまく運ぶことができました。今、馬が充実しています」

2着 プロフェット(J・モレイラ騎手)
「ゲートの中でガタガタして、スタートのタイミングが合いませんでした。そのため、位置が後ろになって早目に動かざるをえなくなりました。スタートが大きかったです」

4着 ワールドレーヴ(柴山雄一騎手)
「休み明け2戦目で馬が良くなっていました。馬体が絞れたのも良かったです。最後までしっかり伸びてくれました」

5着 ハナズレジェンド(小崎綾也騎手)
「気合乗りが良く、調子も良さそうでした。1コーナーまでの位置が全てで、もったいない競馬でした」

全274件中 31件〜40件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次の10件 ]