【クイーンS】(札幌)~ディアドラが3馬身差で貫禄V [News] [News]
2018/07/29(日) 17:05

札幌11Rの第66回クイーンステークス(GIII、3歳以上牝馬、芝1800m)は1番人気ディアドラ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒2(良)。3馬身差2着に4番人気フロンテアクイーン、さらにクビ差で3着に2番人気ソウルスターリングが入った。

ディアドラは栗東・橋田満厩舎の4歳牝馬で、父ハービンジャー、母ライツェント(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は18戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ディアドラ(ルメール騎手)
「ドバイでもすごくいい競馬をしていましたから、今日は自信がありました。1週前の調教に乗った時も問題ありませんでした。状態は100%ではなかったと思いますが、このメンバーでは一番強かったです。すぐに反応出来ましたし、切れました。去年、北海道で勝っていますし、彼女は北海道が好きなのだと思います」

(橋田満調教師)
「鞍上も落ち着いて乗っていましたし、馬のことをよく知ってくれています。今日の内容が良かったので、馬の状態を見て、札幌記念も視野に入れて次を決めたいと思います」

2着 フロンテアクイーン(蛯名騎手)
「具合が良さそうで、ある程度やれると思っていました。最後まで伸びていますし、よく頑張って走ってくれています」

3着 ソウルスターリング(北村宏騎手)
「パドックから先出しで、思ったより落ち着いていました。前2頭を行かせての3番手、自分のリズムで走っていました。早め先頭の形は踏ん張りづらかったですが、歯を食いしばって頑張ってくれました」

5着 アンドリエッテ(国分恭騎手)
「手応えが悪くなり、一か八か空いたところを狙おうとしましたが、結果的に、待ってディアドラの後ろから行った方が良かったかもしれません」

9着 ツヅミモン(吉田隼騎手)
「1頭行かせた後、息を入れられましたが、早めに来られて持ちませんでした。展開的に前へ行く馬には厳しかったです」

【苗場特別】(新潟)~アスタースウィングが4角先頭で快勝 [News] [News]
2018/07/29(日) 16:36

新潟10Rの苗場特別(3歳以上1000万下、ダート1200m)は5番人気アスタースウィング(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒4(良)。1馬身1/2差2着に2番人気アルーアキャロル、さらにクビ差で3着に9番人気ストロボフラッシュが入った。

アスタースウィングは栗東・中竹和也厩舎の4歳牡馬で、父Haynesfield、母Swinging(母の父Wild Again)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アスタースウィング(石橋脩騎手)
「初めて乗りましたが、返し馬の時から調子が良くていい馬だなと感じていました。スタートして外の馬が速かったのですが、下げずにある程度前に行かせました。周りに馬がいたことで多少力んでいましたが、何とかなだめました。3コーナーからは馬の気分に任せて走らせました。最後は一杯一杯ながらも強い競馬でしたね」

3着 ストロボフラッシュ(大野騎手)
「いいところで競馬が出来て、脚もたまっていました。最後はしっかり伸びて、上々の内容だったと思います」

5着 ミッキーグッドネス(福永騎手)
「前にいた馬が下がった影響もあり、ポジションが悪くなりました。最後伸びているだけにそのロスがもったいなかったです。1200mにも対応していました」

【不知火特別】(小倉)~タイセイアプローズが後方から差し切って久々の勝利 [News] [News]
2018/07/29(日) 16:26

小倉10Rの不知火特別(3歳以上1000万下ハンデ、芝1800m)は7番人気タイセイアプローズ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒3(良)。1馬身差2着に10番人気レッドアルティスタ、さらにクビ差で3着に3番人気チカノワールが入った。

タイセイアプローズは栗東・宮本博厩舎の6歳牡馬で、父ハーツクライ、母スターフェスタ(母の父エリシオ)。通算成績は35戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 タイセイアプローズ(松山騎手)
「あまりポジションを気にせず、馬のリズムを重視しました。小倉の相性は良いですし、しっかり終いまでいい脚を使って、強い競馬でした。こういう馬場で2着に来たことがあるので大丈夫だと思っていました。しっかりこなしてくれましたし、立て直した効果も出ていました」

2着 レッドアルティスタ(松若騎手)
「ペースが流れていたので、うまく対応出来ませんでした。しかし、外から被されてもしっかり走っていました。被されるといつもはダメなのですが、こういう競馬が出来たのは収穫です。小倉は3勝していますし、コース相性もあったと思います」

3着 チカノワール(武豊騎手)
「反応は良かったですし、昇級戦にしてはいいレースが出来ました」

4着 ヤマニンエルフィン(田中健騎手)
「好位で進めて、終いは伸びてくれたのですが...」

11着 エアシーラン(藤懸騎手)
「好位を取る作戦で3番手につけました。ペースが流れる中でもう一段ギアが上がる展開になってしまいました。1600mがベストの馬で、出来るだけ息を入れる展開が理想です。それでも4コーナーくらいまでは頑張ってくれました」 

【ポプラ特別】(札幌)~メイショウタチマチが6馬身差で圧勝 [News] [News]
2018/07/29(日) 16:12

札幌10Rのポプラ特別(3歳以上1000万下、牝馬限定、ダート1700m)は2番人気メイショウタチマチ(J.モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒2(良)。6馬身差2着に4番人気タガノヴェローナ、さらに1馬身1/4差で3着に6番人気オージャイトが入った。

メイショウタチマチは栗東・河内洋厩舎の5歳牝馬で、父スペシャルウィーク、母サーリセルカ(母の父ウォーエンブレム)。通算成績は21戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウタチマチ(モレイラ騎手)
「今日はダート2戦目ということですが、すごく向いていると思います。直線に向いての反応も良く、余裕を持った強い勝ち方が出来ました」

2着 タガノヴェローナ(国分恭騎手)
「後ろからこの馬の競馬をしました。惰性をつけて回って来た感じで、この馬も脚は使っていますし、止まってはいません」

3着 オージャイト(ルメール騎手)
「メイショウタチマチをマークしたかったのですが、忙しくて出来ませんでした。反応が遅く、徐々に加速しました。頑張りました」

8着 パレスハングリー(吉田隼騎手)
「調教から一生懸命走ってしまうところがあります。今日は逃げたのでいいかなと思ったのですが、もう少し普段からリラックス出来ればと思います。それに勝った馬が強すぎました」

【村上特別】(新潟)~アドマイヤシナイが2番手から押し切る [News] [News]
2018/07/29(日) 16:04

新潟9Rの村上特別(3歳以上500万下、芝1600m)は2番人気アドマイヤシナイ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒7(良)。クビ差2着に3番人気スズカゼ、さらに1/2馬身差で3着に1番人気レジーナドーロが入った。

アドマイヤシナイは美浦・上原博之厩舎の4歳牡馬で、父ローエングリン、母プリンセスドルチェ(母の父アドマイヤベガ)。通算成績は14戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤシナイ(田辺騎手)
「スタートが上手でいいポジションを取れました。上がり32秒台の脚を使うわけではないので、開幕週の高速馬場というのが不安でした。展開を含めて今日はいろいろとこの馬に向いたと思います」

2着 スズカゼ(村田騎手)
「今日は逃げられるだろうと思っていました。折り合い面が心配でしたが、逃げられたので良かったです。速い馬場をこなせましたし、馬が良くなっています。しかし、勝ち馬にはピッタリと来られました」

3着 レジーナドーロ(M.デムーロ騎手)
「よく頑張っていましたが、前に行った馬に残られました」

【響灘特別】(小倉)~テルペリオンが人気に応える [News] [News]
2018/07/29(日) 15:56

小倉9Rの響灘特別(3歳以上1000万下、ダート1700m)は1番人気テルペリオン(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒6(稍重)。2馬身差2着に3番人気フィールドセンス、さらに1馬身差で3着に8番人気ホーリーブレイズが入った。

テルペリオンは栗東・寺島良厩舎の4歳牡馬で、父フリオーソ、母エルベレス(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は14戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 テルペリオン(松若騎手)
「自分のリズムで競馬が出来ました。他馬に早めに来られましたが、一息入れることが出来ましたし、外に出してからもしっかり反応してくれました。このクラスを勝っている馬ですから、力通りの結果だったと思います」

4着 ナンヨープルートー(太宰騎手)
「行ければ前へ行って、行けなければ早めに動く形を考えていました。早めに動いて行けたのですが、前の馬がしぶとかった印象です。流れが向けばチャンスがあると思います」

【北辰特別】(札幌)~ローリングタワーが逃げ切りV [News] [News]
2018/07/29(日) 15:49

札幌9Rの北辰特別(3歳以上500万下、芝1800m)は7番人気ローリングタワー(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒7(良)。1馬身1/2差2着に2番人気トーセンスーリヤ、さらに2馬身1/2差で3着に8番人気ブリシンガメンが入った。

ローリングタワーは美浦・伊藤伸一厩舎の4歳牡馬で、父ハービンジャー、母メイユーブルーム(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は22戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ローリングタワー(松岡騎手)
「マイペースで楽に行けました。気分屋なところがありますから、気分良く行けるのが一番いいと思っていました。うまく行きました」

3着 ブリシンガメン(藤岡佑騎手)
「馬の状態は以前より良く感じました。それが好走の要因だと思います」

4着 メイショウテンシャ(池添騎手)
「いい形で運べましたが、休み明けが影響したと思います」

5着 エアマスカーニ(モレイラ騎手)
「最後の200mで馬が疲れてしまいました。次回、もう少し距離を短くしてもいいかもしれません」

坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績(7月29日) [News] [News]
2018/07/29(日) 15:40

坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人厩舎)の7月29日のオーストラリアでの騎乗成績は以下の通り。

ゴーラー競馬場(オーストラリア)
4R 一般レース(芝1700m) ロストアーク (1着/10頭)
5R 一般レース(芝1100m) ウォキット (5着/9頭)

(JRA発表による)

野中悠太郎騎手のアイルランドでの騎乗成績(7月28日) [News] [News]
2018/07/29(日) 15:36

野中悠太郎騎手(美浦・根本康広厩舎)の7月28日のアイルランドでの騎乗成績は以下の通り。

ゴーランパーク競馬場(アイルランド)
1R 一般レース(芝1400m) トーセンシャウナ (3着/11頭)

(JRAの発表による)

川田将雅騎手のイギリスでの騎乗成績(7月28日) [News] [News]
2018/07/29(日) 15:32

川田将雅騎手(栗東)の7月28日のイギリスでの騎乗成績は以下の通り。

ニューマーケット競馬場(イギリス)
1R 一般レース(芝1400m) ゴールデンヴァラー (9着/11頭)

(JRAの発表による)

全274件中 11件〜20件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 次の10件 ]