【宝塚記念】(阪神)外国馬情報~ワーザー、馬場に入り体をほぐす [News] [News]
2018/06/15(金) 14:38

24日(日)阪神競馬場で行われる宝塚記念(GI)に出走予定のワーザー(せん7、香港)の、15日の調教状況及び関係者のコメントは以下の通り。

(三木ホースランドパーク 天候:小雨)

調教状況
ロマン・クラブルール調教助手が騎乗し、ダートコースを右回りでダク(速歩)1周、キャンター(1ハロン20秒~22秒程度)1周半、左回りで常歩半周

フィフィ・ムーア調教助手のコメント
「食欲もあり、馬の状態には満足しています。今日は馬場入り初日ということで、体をほぐす程度の運動でした。基本的に香港にいるときと同じように調教を行っています」

(現地情報)

【馬場情報】函館競馬場 [News] [News]
2018/06/15(金) 14:27

6月15日(金)正午現在の函館競馬場の馬場情報は以下の通り。

天候:晴
馬場状態:(芝)良/(ダート)やや重

(芝の状態)
Aコース(内柵を最内に設置)を使用。2017年の開催終了後、1コーナー、向正面、3コーナーから4コーナーおよび正面の内側(内柵から最大で7m幅)を中心に約5500平方メートルの芝張替を行った。併せて更新作業を実施するとともに、散水や肥料散布等の生育管理に努めた結果、芝の生育は概ね順調で全体的に良好な状態。

(芝の草丈)
洋芝約12~16cm

(6月8日~6月15日の中間の降水量)
8日(金)に6.5mm、9日(土)に0.5mm、11日(月)に3.0mm、12日(火)39.0mm、13日(水)2.0mmの雨量を観測。

(中間の作業内容)
・芝コース
10日(日)に芝刈りを実施。
14日(木)に芝の生育管理のため散水を実施。
・ダートコース
11日(月)、13日(水)~15日(金)にクッション砂の砂厚を9.0cmに調整。

(JRA発表)

【馬場情報】阪神競馬場 [News] [News]
2018/06/15(金) 14:26

6月15日(金)正午現在の阪神競馬場の馬場情報は以下の通り。

天候:曇
馬場状態:(芝)やや重/(ダート)やや重

(芝の状態)
今週からBコース(Aコースから直線部3m、曲線部4m外側に内柵を設置)を使用する。コースの変更に伴い、傷んだ箇所は概ねカバーされ、全体的に良好な状態。

(芝の草丈)
・芝コース
野芝約10~12cm、洋芝約14~18cm
・障害コース
野芝約10~12cm

(6月8日~6月15日の中間の降水量)
8日(金)14.5mm、9日(土)0.5mm、10日(日)2.0mm、11日(月)3.5mm、12日(火)0.5mm、15日(金)は正午までに2.5mmの降水量を観測。

(中間の作業内容)
・芝コース
11日(月)に芝刈りを実施。
14日(木)に芝の生育管理のため散水を実施。
・ダートコース
12日(火)~15日(金)にクッション砂の砂厚を9.0cmに調整。
・障害コース
12日(火)に芝刈りを実施。
13日(水)に殺菌剤を散布。
14日(木)に芝の生育管理のため散水を実施。

(JRA発表)

【馬場情報】東京競馬場 [News] [News]
2018/06/15(金) 14:25

6月15日(金)正午現在の東京競馬場の馬場情報は以下の通り。

天候:雨
馬場状態:(芝)良/(ダート)良

(芝の状態)
今週からDコース(Aコースから9m外に内柵を設置)を使用する。柵の移動により大きく傷んだ箇所は概ねカバーされましたが、内柵沿いに若干の傷みが見られる。

(芝の草丈)
・芝コース
野芝約10~12cm、洋芝約12~16cm
・障害コース
野芝約8~10cm、洋芝約8~12cm

(6月8日~6月15日の中間の降水量)
8日(金)1.0mm、9日(土)2.5mm、10日(日)17.0mm、11日(月)22.5mm、12日(火)0.5mm、15日(金)は正午までに1.0mmの雨量を観測。

(中間の作業内容)
・芝コース
12日(火)に芝刈りを実施。
・ダートコース
12日(火)~14日(木)にクッション砂の砂厚を9.0cmに調整。
・障害コース
13日(水)に芝刈りを実施。

(JRA発表)

【宝塚記念】(阪神)~香港のワーザーが三木ホースランドパークに到着(14日) [News] [News]
2018/06/15(金) 12:29

24日(日)阪神競馬場で行われる宝塚記念(GI)に出走予定のワーザー(せん7、香港)が輸入検疫のため、14日に関西空港経由で三木ホースランドパーク国際厩舎に到着した。自国の厩舎から10時間程度の輸送だった。

フィフィ・ムーア調教助手のコメントは以下の通り。
「到着後も食欲もあり、調子は良いと思います。調教内容は毎朝の馬の様子を見ながら決めていきます。三木で強めの調教を行う予定はありません」

(JRA発表)

野中悠太郎騎手がアイルランド初騎乗で2着(6月14日) [News] [News]
2018/06/15(金) 10:54

 野中悠太郎騎手(美浦・根本康弘厩舎)が、6月14日(木)レパーズタウン競馬場(アイルランド)の5R一般レース(芝2000m)でニアケタリングに騎乗し、2着(11頭立て)となった。
騎乗を終えての野中騎手のコメントは以下の通り。
「アイルランドに来てから今日の初騎乗まで3ヶ月かかりましたが、普段面倒を見てくださるジョン・ムルタ調教師をはじめ、この環境を与えてくださった多くの方々に感謝しています。レース前は久しぶりの騎乗ということで緊張しましたが、馬に乗ると落ち着くことができ、調教師の指示通りにレースを運べたので良かったと思います。ただ、レースに出るからには良い騎乗というだけではなく結果が欲しいので、多くのレースで騎乗ができるよう、与えられる騎乗機会を大事にしてアピールしていきたいと思います」

(JRA発表)

ワールドベストレースホースランキング、ウィンクスが首位守る [News] [News]
2018/06/15(金) 10:51

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表された。今回の発表は、2018年1月1日から6月10日までに施行された世界の主要レースが対象で、120ポンド以上の27頭が掲載された。

 ランキングの上位は前回から変わっておらず、ウィンクスが130ポンドで首位を守った。2位はガンランナーで129ポンド、3位はクラックスマンで125ポンドだった。以下は4位タイがジャスティファイとウエストコーストの2頭で124ポンド、6位タイ(123ポンド)がベンバトル、ハッピークラッパー、サンダースノー、トラピーズアーティストの4頭で、上位9頭が全て前回と同じ順位・レーティングだった。

 日本調教馬は、大阪杯を勝ったスワーヴリチャードが121ポンドで13位タイとなっている。

(JRAからのリリースによる)