【関東オークス】(川崎)~ハービンマオがゴール前とらえきって、重賞初勝利 [News] [News]
2018/06/13(水) 21:18

川崎競馬場(天候:晴、馬場:やや重)で行われたダートグレード競走の第54回関東オークス(JpnII・ダート2100m)は、中央から4頭、他地区から4頭を含む13頭によって争われ、中団からレースを進めた6番人気のハービンマオ(JRA)が2分17秒6で差し切り勝ちを収めた。勝利騎手は松岡正海騎手。
4番手からレースを進め、4コーナーで一気に先頭に並びに行った5番人気で、地元川崎のゴールドパテックが3/4馬身差の2着、そこから4馬身あいて3着には逃げた3番人気のクレイジーアクセル(大井)が入った。
2番人気のプリンセスノンコ(JRA)は5着、1番人気のララプリムヴェール(JRA)は6着に敗れた。

ハービンマオは、父ハービンジャー、母ダンシングマオ(その父ゴールドアリュール)という血統の牝3歳の栗毛馬。JRA美浦・中舘英二厩舎の所属。通算成績は6戦2勝。
今回初めての重賞への挑戦で、見事勝利した。

<レース後の関係者のコメント>
1着 ハービンマオ(松岡正海騎手)
「いい競馬が出来て嬉しいです。ずっとチャンスを頂いていたので、何とか結果を出したいと思っていました。ペースは速かったのですが、深追いするとこの馬の持ち味が出ないと考えていました。上手く前の馬に追い付く事が出来て良かったです。レースセンスがあって素直ですし、良い所が沢山あります。これからも頑張っていきたいですね」

(中舘英二調教師)
「嬉しいですし、こんなに走れるのかとビックリしています。結構流れていましたが、(ペースが)急にガクッと落ちて追走できた時に、これは行けるかなと感じました。今日は馬の雰囲気も良かったですし、プラス体重で出られたのも勝因ではないでしょうか。今後は未定ですが、またこの馬の強さを見せられればと思います」

2着 ゴールドパテック(山崎誠士騎手)
「状態も良かったですし、勝ったと思いましたが...。ゲートも出ましたし、いつもよりも前でレースをしました。ただ、逆に流れていた分、前の馬に最後は厳しくなってしまったかも知れません。悔しいですが、このメンバー相手に強いレースをしてくれました」

5着 プリンセスノンコ(C.ルメール騎手)
「ペースが速かったです。向正面でポジションを上げたかったのですが進んで行かず、反応出来ませんでした。余力のない競馬になってしまいましたね。ちょっとこの距離も長いようです」

6着 ララプリムヴェール(和田竜二騎手)
「縦長になりましたが、前半ムキになって走っていました。途中で折り合いはついたのですが、勝負どころの3コーナーで手前を替えたら手応えがなくなってしまって・・・」

(取材:大関隼)

坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績(6月13日) [News] [News]
2018/06/13(水) 16:51

坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人厩舎)の6月13日(水)のオーストラリアでの騎乗成績は以下の通り。

ストラサルビン競馬場(オーストラリア)
2R 一般レース(芝2070m) ピュラデニー 3着(11頭)
5R 一般レース(芝1362m) アーチウェイトゥヘヴン 2着(12頭)
6R 一般レース(芝2070m) オクシデント 9着(11頭)
7R 一般レース(芝1212m) ノーティーラビット 6着(11頭)

(JRA発表)

【ユニコーンS】美浦レポート~ルヴァンスレーヴ [News] [News]
2018/06/13(水) 15:32

 17日(日)に東京競馬場で行われるユニコーンステークス(GIII)に出走するルヴァンスレーヴ(牡3歳、美浦・萩原清厩舎)について、追い切り後の萩原清調教師のコメントは以下の通り。

「前走(伏竜ステークス)は勝った馬が強かったです。結果は残念でしたが、内容的には十分だったと思います。

 (2歳の頃から成長した点は)2歳の頃よりしっかりした感じがあって、動きに安定性が出たのが成長した点ではないでしょうか。この中間は暑くなってきたこともあるので、疲労感を残さないように注意しながら仕上げてきました。

 今朝の追い切りはしっかり体を使えていましたし、予定通りの追い切りが出来たと思います。ダートでのスピードがこの馬の一番の強みでしょう。叩き2戦目で良い結果が出てくれればと思っていますし、ファンの皆様、関係者の皆様の期待に応えられるようなレースが出来るように努めて行きたいです」

(取材:大関隼)

【ユニコーンS】美浦レポート~リョーノテソーロ [News] [News]
2018/06/13(水) 15:27

 17日(日)に東京競馬場で行われるユニコーンステークス(GIII)に出走予定のリョーノテソーロ(牡3歳、美浦・武井亮厩舎)について、追い切り後の武井亮調教師のコメントは以下の通り。

「前走(NHKマイルカップ)は一生懸命走ってくれましたが、芝の一線級は強かったという印象ですね。レース後はこれまでのレースの中で一番走りきったなという感じでしたが、オンとオフの切り替えがしっかりしていて、1週間くらい経ったらすぐに回復しました。

 まだ馬としては完成していないですし、この中間は体力面の向上を含めてルーティーンの調教をして、追い切りも長めからしっかりとやって来ました。(今朝の追い切りは)一生懸命走る集中力が長く続かないところがあるので、中間もそれを意識してキャンター、追い切りをして今朝もそこを意識するようにしましたが、集中して走れていたと思います。

 将来的にはこの馬にとってベストの条件はダートの短距離になって行くのでは、と考えています。ダートに戻るのは良いでしょうし、マイルも大丈夫でしょう。上手く対応して欲しいですね。前の馬を見据えて、ゴーサインを出してからの瞬発力は凄いものがあるので、中団あたりに構えて、前の馬を目標にするようなレースが出来れば、一番良いパフォーマンスが出来るのではないかなと思います。

 未勝利戦から3連勝した段階でも、良くなるのはまだまだ先だろうと思っていましたし、それは今も変わらないです。将来的に活躍できるような馬になってくれればと願っています。馬体を見るとこんなにトモが立派な馬がいるのか......と思うくらいの馬です。ぜひ競馬場で見て応援してください」

(取材:大関隼)

【ユニコーンS】美浦レポート~イダペガサス [News] [News]
2018/06/13(水) 15:23

 17日(日)に東京競馬場で行われるユニコーンステークス(GIII)に登録しているイダペガサス(牡3歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)について、追い切り後高柳瑞樹調教師のコメントは以下の通り。

※イダペガサスは賞金900万円で抽選対象

「前走(昇竜ステークス4着)ではルメール騎手が『コーナーで加速したい時に前が詰まって、スムーズに加速できなかった。それで前と離れてしまったけれどもっとやれる馬』と話していました。距離を延ばしてスムーズなら、もっと前進できると思います。

 前走後は疲れが出て、オープンを使う予定でしたが態勢が整わなくて、ちょっとレース間隔があきました。ここまで3戦しましたが、馬が若いですし、体調的にも絶好調という所ではありませんでした。ただ、今回は完成度も前回より上がってきていますし、まだまだこれからの馬ですが、前走よりも良いと思います。

 先週しっかり追い切れたので、今日は体調を整えて、反応を見る程度にしましたが良い動きでした。まだ緩さは残っていますが、その中で段々としっかりして来ているという印象ですね。スムーズな競馬が出来ればと思っていますが、今回は強い馬もいますから、チャレンジャーの気持ちで臨みたいです」

(取材:大関隼)

【函館スプリントS】栗東レポート~ダイアナヘイロー [News] [News]
2018/06/13(水) 14:10

☆17日(日)、函館競馬場で行われる第25回函館スプリントステークス(GIII)に出走を予定しているダイアナヘイローについて、レースに向けての関係者のコメントは以下の通り。

◎ダイアナヘイローについて、大根田裕之調教師

・(前走の高松宮記念の時は)その前の阪急杯の出来を維持しようと考えていましたが、いくらか疲れがきていたかというところで(レースを)迎えました。また当初から思っていた通り、馬場もあまり緩いのはこの馬には向かないと思っていましたから着順は仕方ありません。その後は馬の立て直しに努めてきました。

・この馬は取り立てて凄い馬体という感じではなく、普通の馬体です。ただ気持ちは前向きで、気で走っているという印象です。

・前走後は放牧先でプールに入れたりして疲れを早く取ることに努めました。(栗東トレーニングセンターに)帰ってきてからは、前の体調に戻すため1回~2回と追い切ったら気持ちも乗ってきました。(函館輸送前の最後の)追い切りで52.0-12.0という時計が出てこのレースへのゴーサインを出しました。

・2週前から函館に行って環境には慣れていると思いますので、後は北海道の洋芝にどれだけ対応してくれるかという点ですね。楽しみもありますし不安もあります。ただ、どうしてもこれまで小倉競馬場のようなパンパンの良馬場で活躍していた馬ですから、やってみないと分かりませんが、あまり緩い馬場になってもらいたくありませんね。

・この夏をどのような体調、どのような成績で過ごすかということに現在は専念していますから、まだ秋のことは考えていません。とにかく今回は強い馬も多くいますから、どんな展開になるか分かりませんがスピードを生かして頑張ってもらいたいですね。

〔取材:檜川彰人〕

【ユニコーンS】栗東レポート~グレートタイム [News] [News]
2018/06/13(水) 14:08

☆17日(日)東京競馬場で行われる第23回ユニコーンステークス(GIII)に出走を予定しているグレートタイムについて、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎グレートタイムについて、藤原英昭調教師

・前走はペースが遅くて騎手も怪我で乗り替わり。それが堪えたかも知れません。ただしっかり能力は見せてくれました。前々走は連闘で今回のレースを見据えてのレースでしたが、マイナス体重になりました。前走はそれを回復してのレースでした。

・お母さん(ミラクルレジェンド)はうち(の厩舎)で走っていましたし、お父さんはキングカメハメハですから能力は高いと思っています。

・今回は臨戦体制がいいですし、ルメール騎手でいい結果を求めて作っています。ある程度(今日までで)馬は出来ているので、今日は最後まで併せて併入という感じで最後はルメール騎手の判断に任せました。いい動きだったと思います。

・お母さん(ミラクルレジェンド)も若干成長が遅くて、待ちながら成績を上げた馬でした。その分この馬に関してもしっかり手の内に入っていると思います。将来を期待して今しっかり馬を作っているところです。

・この馬は心肺機能がしっかりしていますし、絶対能力もあります。気性的にも負けず嫌いで前進気勢もあり、総合的にレベルが高い馬です。

・まだ3歳ですから、伸びしろはありますが現状トップとは遜色ないと思っています。しっかり結果を残して今後に繋げたいですね。

〔取材:檜川彰人〕

【ユニコーンS】栗東レポート~グリム [News] [News]
2018/06/13(水) 14:06

☆17日(日)東京競馬場で行われる第23回ユニコーンステークス(GIII)に出走を予定しているグリムについて、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎グリムについて、野中賢二調教師

・(前走の青竜Sは)内容的には好位から直線一度交わされながらも差し返すという味な競馬で強かったなと思います。(中京の左回りで負けたのは)レースそのものがこの馬に厳しく包まれてしまって馬が緩い分、緩急のあるレースがまだ少し不得手のところがあり追い出しを待たされて敗因がしっかりしていました。ですから前走は左回りの不安はありませんでした。それよりも二週間使い出しを伸ばすローテーションの変更と1600mの方が不安材料でした。

・レース後は順調にここ(ユニコーンS)に照準を定めてしっかり乗り込めていますから、青竜Sの時の調整過程より順調にきています。

・今回はメンバーも強くなってきますから、一週前追い切りは今週に向けて、しっかりと負荷をかけてCウッドチップコースで6ハロンからしっかり動かしました。この馬はやれば動く馬です。今朝は先週である程度馬が出来ていることから坂路でラスト1ハロンに重点を置いて時計も想定どおりのいい調教ができたと思います。

・前走が期待より不安の方が大きい中でのレースでしたが、今回はレース後の順調で調教過程もしっかり予定通り来ていますから前回よりはいい状態できているのかなと考えています。前回で輸送と今回と同じ舞台を経験させていますし、期待も大きくなっています。

・とにかくレースセンスのいい馬でスタートもセンスがいいですし、折り合いを欠く点もありませんから大崩れは無いと思っています。この馬のパフォーマンスはしっかり出してくれると思います。

〔取材:檜川彰人〕

【天保山S】栗東レポート~ドライヴナイト [News] [News]
2018/06/13(水) 14:05

☆16日(土)に阪神競馬場で行われる天保山ステークス(オープン)に出走を予定しているドライヴナイトについて、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ドライヴナイトについて、奥村豊調教師

・デビューしたてのころは逃げて競馬をしたこともありましたが、前走のすばるステークスは騎手の好判断もあって(久々に)先手を取って押し切る形になりました。非常に強い内容だったと思います。現時点では周りの流れを見ながら競馬が出来るということが、この馬にとっての強みだと思います。

・前走後も一走挟む予定でしたが、そこは外傷で回避して治療に当てて来ました。その後、乗り出してからは順調に、ここまで来ています。

・今回は騎手も変わるということを踏まえて、一週前追い切りは騎手に乗ってもらいました。530キロと大きな馬なのでしっかり負荷をかけてもらいました。その日は雨も降って馬場も悪かったので目立った動きでは無かったかも知れませんが、感触を確かめてもらうためには十分だったと思います。

・今週も、もう少し負荷をかけた方がいいと思い5ハロンからでしたが最後に重点を置いて追い切りました。一週前、騎手が乗っての追い切りでも反動が出ることなく今週も追い切ることができ、良い調整ができたと思います。

・関西圏の阪神、京都はともにいい実績がありますから期待をしています。少し間隔が開いて休み明けになるのですが、この先々もう少し大きな舞台で戦っていく上では、今回もしっかり成績を残して欲しいと思っています。

〔取材:檜川彰人〕