坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績(6月2日) [News] [News]
2018/06/02(土) 17:16

坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人調教師)の6月2日(土)のオーストラリアでの騎乗成績は以下の通り。

モーフェットヴィル競馬場(オーストラリア)
7R 一般レース(芝1550m) バルフズチョイス 7着(8頭)
8R 一般レース(芝1250m) ジェットエクスプレス 10着(12頭)

(JRA発表)

【麦秋S】(東京)~人気のユラノトが馬群の間を縫って差し切る [News] [News]
2018/06/02(土) 16:41

東京11Rの麦秋ステークス(3歳以上1600万下・ダート1400m)は1番人気ユラノト(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒9(良)。2馬身差の2着に4番人気スピーディクール、さらに半馬身差の3着に2番人気ハットラブが入った。

ユラノトは栗東・松田国英厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母コイウタ(母の父フジキセキ)。通算成績は11戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ユラノト(北村宏司騎手)
「スタートが決まり、良いポジションが取れました。1400mは忙しいかなと思いましたが、上手く対応してくれて力通り伸びてくれました」

2着 スピーディクール(横山和生騎手)
「前からでも後ろからでも競馬が出来る馬で、ゲートを出てくれたので、馬の気持ちを大切に乗りました。最後は勝ち馬の切れ味に負けましたが、その他の馬は封じ込んでいます。今回は急仕上げ気味だったので、一度使った次が楽しみです」

3着 ハットラブ(菊沢隆徳調教師)
「レースの内容は良かったです。このクラスならマイルでも走れるかもしれません」

12着 トラスト(柴田大知騎手)
「道中の手応えは良かったのですが、直線で急に手応えが無くなりました。これという明確な敗因が分からず、今回だけでダートの適性が無いとは言い切れません」

【鳴尾記念】(阪神)~ストロングタイタンが内から差し切りレコードV [News] [News]
2018/06/02(土) 16:30

阪神11Rの鳴尾記念(3歳以上GIII・芝2000m)は4番人気ストロングタイタン(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒2(良)のレコード。半馬身差の2着に1番人気トリオンフ、さらに2馬身半差の3着に2番人気トリコロールブルーが入った。

ストロングタイタンは栗東・池江泰寿厩舎の5歳牡馬で、父Regal Ransom、母Titan Queen(母の父Tiznow)。通算成績は16戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ストロングタイタン(M.デムーロ騎手)
「思った通りのレースが出来ました。スタート良くいいポジションを取れました。直線でスペースがありませんでしたが、逃げた馬が少しもたれたところでスペースが出来ました。去年から乗っていますが、今日のメンバーで勝てたのですから、これから楽しみです」

2着 トリオンフ(C.ルメール騎手)
「ほとんど完璧なレースでした。直線で良く伸びたのですが、時計がこの馬には速すぎた分、最後に疲れて止まりました」

3着 トリコロールブルー(岩田康誠騎手)
「うまいレースをしてくれました。とても乗りやすい馬です。前の2頭との差は時計が速かったのもあるかもしれません」

4着 マルターズアポジー(武豊騎手)
「自分のレースは出来ています。道中力む所と右手前で走る時に内にササる所が余計でした」

5着 サトノノブレス(川田将雅騎手)
「外枠でしたが、前の馬が速かった分、内のいい位置につけられました。最後に逃げた馬に並ぶところまで行けましたし、8歳という年齢を考えればよく頑張っています」

6着 モンドインテロ(石川裕紀人騎手)
「ゲートは出ていて、好位で競馬がしたかったのですが、ポジション争いが激しくなって、後手に回ってしまいました。ペースが淀みなく流れてはまるかなと思いましたが、届きませんでした」

9着 テイエムイナズマ(古川吉洋騎手)
「伸びそうで伸びませんでした。それでもこの馬なりに少しずつ復調してきている方だと思います」

10着 タツゴウゲキ(秋山真一郎騎手)
「4コーナーまでは良かったのですが、さすがに最後は息切れしてしまいました。ゲートの中で駐立が良くなかったですし、間も空いていました」

11着 ストレンジクォーク(浜中俊騎手)
「最初から引っ掛かってしまいました。前に壁があった方がいいと思います。力みながら走っていたので、止まってしまいました」

【稲村ヶ崎特別】(東京)~サトノグランが中団から差し切り勝ち [News] [News]
2018/06/02(土) 16:00

東京10Rの稲村ヶ崎特別(3歳以上1000万下・芝2000m)は4番人気サトノグラン(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒9(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気ダノンキングダム、さらに3/4馬身差の3着に1番人気レッドローゼスが入った。

サトノグランは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牡馬で、父ハーツクライ、母スネガエクスプレス(母の父ウォーエンブレム)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノグラン(戸崎圭太騎手)
「矢作調教師から長く良い脚を使う馬だと言われました。道中は流れてペースも良く、良い感じで行けました。強かったです。初めて乗りましたが、馬が良くなっていたようです」

2着 ダノンキングダム(津村明秀騎手)
「道中は良い位置取りでレースをして、良い感じで追い出すことが出来ました。勝った馬の決め手が上でしたが、この強いメンバーの中でよく頑張ったと思います」

8着 リカビトス(田辺裕信騎手)
「ゲートを出てからトモを落として予定していた位置より少し下がってしまいました。今日は終始手応えもありませんでした」

【三木特別】(阪神)~ブラックスビーチが二の脚を使って逃げ切り勝ち [News] [News]
2018/06/02(土) 15:33

阪神10Rの三木特別(3歳以上1000万下・芝1800m)は2番人気ブラックスビーチ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒7(良)。2馬身半差の2着に1番人気インへリットデール、さらに半馬身差の3着に5番人気ロードスターが入った。

ブラックスビーチは栗東・角居勝彦厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母ビジュアルショック(母の父Kingmambo)。通算成績は11戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ブラックスビーチ(福永祐一騎手)
「スタートを良く出て、他の馬が行かなかったので前へ行く形になりました。楽な感じで行けましたし、全体の時計も上がりも速く、余力のあるレースでした」

3着 ロードスター(藤岡佑介騎手)
「ゆったりした流れに乗って最後まで良く伸びてくれました。昇級戦でしたが、力のあるところを見せてくれました」

4着 レッドイグニス(C.ルメール騎手)
「もう少し距離が欲しいですね。今日はバテはしませんでしたが、グッと伸びる感じがありませんでした」

【国分寺特別】(東京)~キャンディケインが突き抜けデビュー2連勝 [News] [News]
2018/06/02(土) 15:27

東京9Rの国分寺特別(3歳以上500万下・芝1400m)は2番人気キャンディケイン(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒4(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気キングリッド、さらに半馬身差の3着に3番人気アドマイヤシナイが入った。

キャンディケインは美浦・鹿戸雄一厩舎の3歳牝馬で、父ハーツクライ、母スナッチド(母の父Cat Thief)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 キャンディケイン(戸崎圭太騎手)
「出は良くありませんが、そこからすぐに先団に取り付いてくれました。直線に向いてからの手応えも楽で、期待通りの走りでした。乗りやすくて良い馬です」

2着 キングリッド(松岡正海騎手)
「以前より折り合いがついて良い感じで行けました。進路を選べる内枠の方が良かったのですが、今日は外枠でのロスがありました」

3着 アドマイヤシナイ(田辺裕信騎手)
「東京1400mは短距離馬が出てくるので、忙しかったです。ただ今回5ヶ月ぶりでしたがよく頑張っています。使いながらさらに良くなると思います」

4着 ライズスクリュー(横山和生騎手)
「荒れた馬場が得意なので、時計が速い今日のような馬場はベストではありませんでした。それでも以前より落ち着いてきていて、成長を感じます」

★★明日の出走取消(阪神5R)★★ [News] [News]
2018/06/02(土) 15:08

明日の阪神5レースに出走予定だった11番リネンリボンは左後肢跛行のため、出走取消となった。

(6月2日 14:40 JRA発表)

【戎橋特別】(阪神)~トンボイが2番手から押し切る [News] [News]
2018/06/02(土) 14:57

阪神9Rの戎橋特別(3歳以上500万下・芝1200m)は5番人気トンボイ(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒5(良)。1馬身半差の2着に2番人気タイセイブレーク、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気デザートストームが入った。

トンボイは栗東・西園正都厩舎の3歳牝馬で、父アドマイヤマックス、母ショウナンアオバ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は7戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 トンボイ(酒井学騎手)
「岩崎騎手と菊沢騎手の馬が行くだろうと思っていました。それでも持つのは1000mぐらいだろうと思っていたので、深追いはしませんでした。前が離して逃げていたので、自分がハナに立っているような感じでした。1回使っていたので、ガスが抜けて落ち着いていました」

3着 デザートストーム(藤岡康太騎手)
「道中力むところがありましたが、許容範囲でしたし、流れに乗っていました。直線での反応は休み明けの分を感じさせました。ここを使ってさらに良くなると思います」

【メイクデビュー】(東京5R)~ジョディーが鮮やかに逃げ切る [News] [News]
2018/06/02(土) 14:01

東京5Rのメイクデビュー東京(芝1600m)は2番人気ジョディー(武藤雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒9(良)。2馬身差の2着に1番人気ウインゼノビア、さらに3馬身差の3着に3番人気クイーンズテイストが入った。

ジョディーは美浦・戸田博文厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー、母ミスティーク2(母の父Monsun)。

~レース後のコメント~
1着 ジョディー(武藤雅騎手)
「何かの後ろにつけられればと思っていましたが、行く形になり、それでも集中して走れていました。追ってからどれぐらい伸びるかと思いましたが、来られたらまた伸びていましたし、色々な競馬が出来るかと思います」

2着 ウインゼノビア(松岡正海騎手)
「最後に脚が鈍りましたが、ここを使った上積みは相当あると思います。センスも良く、こういう競馬を続けていけばと思います」

3着 クイーンズテイスト(菊沢隆徳調教師)
「最後に脚を使って、まっすぐ走っての3着ですから、次につながると思います」

4着 ナーゲルリング(柴田大知騎手)
「スタート良く、素直で乗りやすく、言うことがありません。追い出して反応できないところはありましたが、内容は良かったですし、使って良くなればと思います」

【メイクデビュー】(阪神5R)~ジャミールフエルテが人気に応えて差し切り勝ち [News] [News]
2018/06/02(土) 13:51

阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1600m)は1番人気ジャミールフエルテ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒9(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気スマートユニバンス、さらに3/4馬身差の3着に7番人気リゲインが入った。

ジャミールフエルテは栗東・大久保龍厩舎の2歳牡馬で、父オルフェーヴル、母プリティカリーナ(母の父Seeking the Gold)。

~レース後のコメント~
1着 ジャミールフエルテ(C.ルメール騎手)
「スタートが遅れて1・2歩目は速くありませんでした。徐々にハミを取って、直線は馬の間に入って良い脚を使ってくれました。走りそうです」

2着 スマートユニバンス(福永祐一騎手)
「実戦行っての方が良かったと思います。よく最後までしっかり伸びてくれましたし、上手に立ち回ってくれました」

4着 ファビュラスギフト(藤岡佑介騎手)
「追い切る度に良くなって、今日が今までで一番良い感じでした。今日は前に行ってのレースでしたが、控えても良し、距離の融通も利きそうです。今日は切れる馬に敗れましたが、使ってさらに良さそうな感じです」

全11件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]