【清里特別】(東京)~3歳ルッジェーロがゴール寸前捉える [News] [News]
2018/06/24(日) 16:24

東京10Rの清里特別(3歳以上1000万下、ダート1400m)は4番人気ルッジェーロ(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒7(重)。アタマ差2着に10番人気リスペクトアース、さらにクビ差で3着に7番人気ジャスパーウィンが入った。

ルッジェーロは美浦・鹿戸雄一厩舎の3歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母シルヴァーカップ(母の父Almutawakel)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ルッジェーロ(柴田善騎手)
「1400mの距離は忙しいかと思っていましたが、上手に競馬をしてくれました。今日は能力通りで、この上のクラスでも十分足りるだけの力があります」

2着 リスペクトアース(江田照騎手)
「前走ではパドックからあまり雰囲気が良くない感じでしたが、元々これくらい走る力のある馬です」

4着 メイショウサチシオ(田中勝騎手)
「競馬は上手な馬ですが、少しジリっぽいところがあります」

16着 ヤマトワイルド(三浦騎手)
「今日は久々の分でしょう。久々で気持ちが空回りしていました。能力はある馬です」

【UHB杯】(函館)~クリーンファンキーが中団から抜けて完勝 [News] [News]
2018/06/24(日) 16:13

函館11RのUHB杯(3歳以上1000万下ハンデ、芝1200m)は2番人気クリーンファンキー(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒1(良)。1馬身3/4差2着に8番人気クリノスイートピー、さらにクビ差で3着に1番人気ロイヤルメジャーが入った。

クリーンファンキーは美浦・鈴木伸尋厩舎の5歳牝馬で、父タイキシャトル、母マヤノメメント(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は18戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 クリーンファンキー(藤岡佑騎手)
「調教で乗った時に体調の良さを感じていました。ハンデなどすべてがうまく行った形です。強い競馬で完勝でした。いいタイミングで乗せていただきました」

2着 クリノスイートピー(川島騎手)
「ハンデに恵まれた面もありますが、いい脚を使ってくれました」

3着 ロイヤルメジャー(柴山騎手)
「いい感じで前を見ながらレースが出来ました。勝った馬には一気に抜かれてしまいました。ハンデ差もありますが、今日は勝った馬が強かったということでしょう。メンバー次第でチャンスは近いと思います」

4着 ウインハートビート(丹内騎手)
「休み明けでしたが、よく頑張ってくれました。次はもっと良くなると思います」

【奥尻特別】(函館)~プレイヤーサムソンが早め先頭で快勝 [News] [News]
2018/06/24(日) 15:57

函館10Rの奥尻特別(3歳以上500万下、芝1800m)は1番人気プレイヤーサムソン(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒5(良)。1馬身3/4差2着に4番人気トーセンスーリヤ、さらに3/4馬身差で3着に2番人気ステイキングダムが入った。

プレイヤーサムソンは美浦・大和田成厩舎の5歳牡馬で、父メイショウサムソン、母クインズプレイヤー(母の父トウカイテイオー)。通算成績は23戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 プレイヤーサムソン(蛯名騎手)
「外枠から一旦下げる形で後方からレースをしました。ペースが遅かったので途中から動いて行きましたが、力のある馬ですから最後までしっかり走ってくれました」

2着 トーセンスーリヤ(中井騎手)
「初めての騎乗でしたが、小野調教師と打ち合わせをしていた中の一つの形でレースが出来ました。最後は相手に根性で粘り込まれてしまいましたが、自分の競馬はしてくれました」

3着 ステイキングダム(藤岡佑騎手)
「行き脚のつかないタイプなので後ろからのレースになりました。ペースが遅い中でしっかり脚を使ってくれました。展開一つでチャンスはあると思います」

5着 スワーヴノートン(北村友騎手)
「調教の感触が良く、タメを作ってどれだけ最後に伸びるかというレースをしました。3~4コーナーで前の馬をうまく捌けなかったのが残念です。スムースだったら結果も違ったと思います」

阪神5Rの競走中止について [News] [News]
2018/06/24(日) 15:38

阪神5Rで、8番メイショウソウライ(武豊騎手)は、競走中に異常歩様となったため、3コーナーで競走を中止した。

【稲城特別】(東京)~ワールドヘリテージが馬場中央を抜け出す [News] [News]
2018/06/24(日) 15:33

東京9Rの稲城特別(3歳以上500万下、芝1800m)は5番人気ワールドヘリテージ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒2(稍重)。1馬身1/2差2着に1番人気アルミレーナ、さらに1/2馬身差で3着に9番人気ブラックギムレットが入った。

ワールドヘリテージは美浦・金成貴史厩舎の3歳牡馬で、父アドマイヤコジーン、母サクラナスカ(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ワールドヘリテージ(北村宏騎手)
「スタートをうまく出て、前めでスムースに運べました。直線では、手前を替えてからハミを取って伸びてくれました」

2着 アルミレーナ(石川騎手)
「ゲートをしっかり出てくれましたし、道中、ペースの変化があっても折り合いはついていました。ただ、勝った馬が思っていた以上に伸びていました。力は上位だったのですが、申し訳ありません」

3着 ブラックギムレット(荻野極騎手)
「今日は思い切ったレースをしようと考えていて、道中は気分良く行けました。直線でも脚を使えていますし、最後も残っています。このクラスでメドが立ったなという感じです」

5着 ダークナイトムーン(三浦騎手)
「流れに乗ることは出来ましたが、最後は伸び切れませんでした。まだ体全体を使えていないので、トモが成長してくると良いと思います」

【皆生特別】(阪神)~ブライティアレディが差し切りV [News] [News]
2018/06/24(日) 15:16

阪神9Rの皆生特別(3歳以上1000万下ハンデ、芝1200m)は9番人気ブライティアレディ(岩崎翼騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒4(稍重)。アタマ差2着に2番人気イエローマリンバ、さらにクビ差で3着に4番人気トンボイが入った。

ブライティアレディは栗東・武幸四郎厩舎の5歳牝馬で、父エンパイアメーカー、母ブライティアパルス(母の父ダイタクリーヴァ)。通算成績は19戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ブライティアレディ(岩崎騎手)
「前走と同じ枠でしたから、同じような競馬をしようと思っていました。小柄な馬ですからプラス体重はいい傾向だと思います。道中我慢させて、外に出してしっかり伸びてくれました。厩舎がうまく仕上げてくれましたし、ここを狙っていると聞いていましたから、楽しみにしていました。結果を出せて良かったです」

2着 イエローマリンバ(松若騎手)
「スピードのある馬で、出遅れを二の脚でカバーしてくれました。勝った馬の決め手に最後はやられてしまいました」

3着 トンボイ(酒井騎手)
「直線、ジワッと追い出して、最後までしぶとく頑張ってくれました。バタッと止まらないあたりは力をつけています」

4着 エイシンデネブ(戸崎騎手)
「今日はゲートで出負けしたかなという感じでしたが、1200mのいいスピードを持っている感じで、競馬はしやすい馬です」

藤岡佑介騎手、JRA通算700勝達成 [News] [News]
2018/06/24(日) 14:57

藤岡佑介騎手は、函館6Rで10番アスタービーナスに騎乗し1着となり、史上61人目・現役28人目となるJRA通算700勝を達成した。

~藤岡佑介騎手のコメント~
「1番人気の馬だったので、勝つことが出来てまずはホッとしています。昨日リーチが掛かったのは分かっており、人気馬にもたくさん乗っていたので、早く決めたいと思っていました。たくさん乗せていただかなければ達成出来ない数字なので感謝しています。すごく良いリズムで乗れていますし、勝つことによって色々な人を幸せに出来る仕事なので、1人でも多くの人に幸せを届けられるよう、まだまだここから頑張ります。函館には祖母もいて準地元なので、函館で区切りの勝利が初めて挙げられて良かったと思います。来週からも函館開催が続くので、函館リーディングを目指して頑張ります。秋には大きなレースも始まりますし、いかにいい夏を過ごすかだと思うので、他の騎手に負けないように頑張ります」

【出石特別】(阪神)~モーヴサファイアが追い比べ制す [News] [News]
2018/06/24(日) 14:45

阪神8Rの出石特別(3歳以上500万下、芝1800m)は2番人気モーヴサファイア(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒0(稍重)。アタマ差2着に3番人気ミスディレクション、さらに1馬身3/4差で3着に4番人気ユウチェンジが入った。

モーヴサファイアは栗東・池添学厩舎の4歳牝馬で、父ハービンジャー、母モルガナイト(母の父アグネスデジタル)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 モーヴサファイア(福永騎手)
「順当勝ちだと思います。やはり力が上でした。これからも楽しみです」

2着 ミスディレクション(太宰騎手)
「以前に比べて落ち着きが出ています。直線では差し返せると思ったのですが...。ハナを切るとしぶとい脚を使ってくれます」

4着 シャドウブリランテ(ルメール騎手)
「スタートが遅かったです。少しだけ脚を使ってくれましたが、届きませんでした。少し緩い馬場も合わなかったです」

アスターサムソンの故障について [News] [News]
2018/06/24(日) 14:31

2018年東京ジャンプステークス(J・GIII)に出走したアスターサムソン(セン5歳、栗東・中竹和也厩舎)は、右後繋靭帯不全断裂(競走能力喪失)が判明した。

坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績(6月23日) [News] [News]
2018/06/24(日) 14:26

坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人厩舎)の6月23日(土)のオーストラリアでの騎乗成績は以下の通り。

モーフェットヴィル競馬場(オーストラリア)
3R 一般レース(芝1000m) ザガートスター 3着(11頭)
4R 一般レース(芝1250m) マグナスナイト 7着(9頭)
5R 一般レース(芝1000m) キャッシュド 6着(9頭)
6R 一般レース(芝1250m) エンビーシーリル 1着(12頭)
8R 一般レース(芝1400m) コペルニクス 9着(12頭)

(JRA発表による)

全237件中 51件〜60件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件 ]