【馬場情報】中京競馬場 [News] [News]
2018/06/29(金) 13:44

6月29日(金)正午現在の中京競馬場の馬場状態は以下の通り。

天候:曇
馬場状態:(芝)良/(ダート)良

(芝の状態)
第2回中京競馬終了後、スタート地点等について部分的な芝の張替を実施した。また、コース全面の更新作業を実施し、その後も施肥や散水等の管理作業を行うことで芝の生育促進に努めてきた。芝の生育は順調で全体的に良好な状態。

(芝の草丈)
野芝約10~12cm、洋芝約14~18cm。

(使用コース)
Aコース(内柵を最内に設置)

(中間の降水量)
23日(土)18.5mm、29日(金)に2.5mmの雨量を記録。

(中間の作業内容)
●芝コース
25日(月)芝刈りを実施した。
26日(火)~28日(木)芝の生育管理のため散水を実施。

●ダートコース
25日(月)~28日(木)にクッション砂の砂厚を調整(9.0cm)した。


(JRA発表)

【馬場情報】福島競馬場 [News] [News]
2018/06/29(金) 13:33

 29日(金)正午現在の福島競馬場の馬場状態は以下の通り。

●天候:晴
●馬場状態:( 芝 )良 (ダート)良
●芝の状態:第1回福島競馬終了後、野芝の生育を促すための更新作業を行うとともに、3コーナーから4コーナーの内側等で部分的な芝の張替を行った。芝の生育は順調で、概ね良好な状態。
●芝の草丈
 (芝コース)野芝約8から10センチメートル、洋芝約12から16センチメートル
 (障害コース)野芝約8から10センチメートル、洋芝約12から16センチメートル
●使用コース:Aコース(内柵を最内に設置)

<中間情報・6月22日(金)~6月29日(金)正午の情報>
●気象情報(中間の降水量)
 28日(日)に2.0mmの雨量を記録した。
●作業内容
<芝コース>
 25日(月)芝刈りを実施した。
 25日(月)から26日(火)、29日(金曜)芝の生育管理のため散水を実施した。
<ダートコース>
 27日(水)から29日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0センチメートル)した。
<障害コース(たすき部)>
 25日(月)から26日(火)、29日(金)芝の生育管理のため散水を実施した。 26日(火)芝刈りを実施した。

(JRA発表)

【馬場情報】函館競馬場 [News] [News]
2018/06/29(金) 13:23

6月29日(金)正午現在の函館競馬場の馬場状態は以下の通り。

天候:雨
馬場状態:(芝)重/(ダート)不良

(芝の状態)
3コーナーから4コーナーの内側に傷みが出始めたが、その他の箇所は概ね良好な状態。

(芝の草丈)
洋芝約12~16cm。

(使用コース)
Aコース(内柵を最内に設置)

(中間の降水量)
26日(火)に1.0mm、27日(水)に38.5mm、28日(木)9.0mm、29日(金)に19.5mmの雨量を記録した。

(中間の作業内容)
●芝コース
24日(日)~25日(月)芝の生育管理のため散水を実施。
25日(月)芝刈りを実施した。
28日(木)肥料を散布した。

●ダートコース
25日(月)~26日(火)、28日(木)にクッション砂の砂厚を調整(9.0cm)した。

(JRA発表)

【ラジオNIKKEI賞】(福島)枠順~フィエールマンは5枠6番 [News] [News]
2018/06/29(金) 10:53

7月1日(日)に福島競馬場で行われる第67回ラジオNIKKEI賞(GIII)の枠順は以下の通り。

第11競走 第67回ラジオNIKKEI賞(GIII)
サラ系3歳オープン ハンデ 芝1800m 
発走15時45分

1枠 1番 ロードアクシス   54 酒井学
2枠 2番 メイショウテッコン 56 松山弘平
3枠 3番 キューグレーダー  53 田辺裕信
4枠 4番 マイハートビート  54 石川裕紀人
4枠 5番 ケイティクレバー  56 小林徹弥
5枠 6番 フィエールマン   54 石橋脩
5枠 7番 キボウノダイチ   53 戸崎圭太
6枠 8番 エイムアンドエンド 53 大野拓弥
6枠 9番 マルターズルーメン 49 武藤雅
7枠10番 イェッツト     54 蛯名正義
7枠11番 シセイヒテン    52 伊藤工真
8枠12番 ロードライト    51 嶋田純次
8枠13番 グレンガリー    54 津村明秀

(JRA発表)

【ラジオNIKKEI賞】(福島)~出走13頭が決定 [News] [News]
2018/06/28(木) 18:17

7月1日(日)に福島競馬場で行われる第67回ラジオNIKKEI賞(GIII)の出走馬は以下の通り。枠順は明日29日(金)に確定する。

イェッツト     54 蛯名正義
エイムアンドエンド 53 大野拓弥
キボウノダイチ   53 戸崎圭太
キューグレーダー  53 田辺裕信
グレンガリー    54 津村明秀
ケイティクレバー  56 小林徹弥
シセイヒテン    52 伊藤工真
フィエールマン   54 石橋脩
マイハートビート  54 石川裕紀人
マルターズルーメン 49 武藤雅
メイショウテッコン 56 松山弘平
ロードアクシス   54 酒井学
ロードライト    51 嶋田純次

武豊騎手が海外渡航届を提出 [News] [News]
2018/06/28(木) 15:00

 武豊騎手が、メシドール賞(G3)とペピニエール賞騎乗のため、フランスへの海外渡航届を提出した。期間は7月17日(火)~7月25日(水)まで。

(JRA発表による)

野中悠太郎騎手のアイルランドでの騎乗成績(6月27日) [News] [News]
2018/06/28(木) 11:15

 野中悠太郎騎手(美浦・根本康広厩舎)の6月27日のアイルランドでの騎乗成績は以下の通り。

ネース競馬場(アイルランド)
4R 一般レース(芝2000m) マキャヴェッリ 2着(11頭)

(JRA発表)

エポワスが引退、乗馬へ [News] [News]
2018/06/28(木) 10:13

2017年キーンランドカップ(GIII)に優勝したエポワス(せん10歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は、2018年6月27日付で競走馬登録を抹消した。通算成績は32戦7勝(うち重賞1勝)。

今後は、JRA日高育成牧場で乗馬となる予定。

(JRA発表)

【帝王賞】(大井)~ゴールドドリームがケイティブレイブとの追い比べを制す [News] [News]
2018/06/27(水) 21:05

 27日、大井競馬場(晴 良)で行われた第41回帝王賞(JpnI)は、クリストフ・ルメール騎手が騎乗した2番人気ゴールドドリームが1番人気ケイティブレイブとの追い比べを制して勝利。GI(JpnI)4勝目を挙げた。

 テイエムジンソクがやや引き離して逃げ、2番手にオールブラッシュ、ケイティブレイブが3番手。その後ろにリッカルドとアウォーディーが続き、ゴールドドリームは向正面で内からポジションを上げた。サウンドトゥルーは後方待機。
 4コーナーでケイティブレイブが外から2番手に上がり、ゴールドドリームは3番手の内。直線でテイエムジンソクを内と外からかわしたこの2頭が、残り200mで馬体を並べて熾烈な追い比べを演じ、ゴールドドリームがわずかにクビ差競り勝った。勝ちタイム2分4秒2。
 去年の優勝馬ケイティブレイブが2着、1馬身1/2差の3着には4番人気サウンドトゥルーが追い込んだ。上位3頭はJRA勢で、4着にリッカルド(船橋)、5着ヒガシウィルウィン(船橋)。

 ゴールドドリームは父ゴールドアリュール、母モンヴェール(母の父フレンチデピュティ)、牡5歳鹿毛馬。JRA栗東・平田修厩舎の管理馬。GI(JpnI)は去年のフェブラリーSとチャンピオンズC、今年のかしわ記念に続く4勝目。クリストフ・ルメール騎手、平田修調教師ともに帝王賞初勝利。

レース後のコメント

1着 ゴールドドリーム クリストフ・ルメール騎手
「すごく嬉しいです。ゴールドドリームはダートのチャンピオンホースだと思います。レース前は2000mは距離的にギリギリかなと思っていましたが、ロスなくインを回ってよく頑張ってくれました。道中はずっといい感じで、スタートは少し遅かったですが、すぐにハミを取ってポジションを上げられました。最後は福永さんの馬(ケイティブレイブ)も強かったのですが、よく走ってくれました」

平田修調教師
「大井の2000mで、3歳の時からライバルだったケイティブレイブに地方で勝てましたし、今までの課題を克服してくれました。本当に嬉しいです。かしわ記念の後はここ、と決めていましたし順調に来る事ができました。最後は内から伸びていましたが、ケイティブレイブの強さも身に染みて知っていましたからね。この後はチャンピオンズカップに向けて、南部杯かJBCで復帰する事になるかなと思います。これで名実ともに日本のダートのチャンピオンになれたと思いますし、これからもさらに頑張っていきたいですね」

2着 ケイティブレイブ 福永祐一騎手
「4コーナーでゴールドドリームの手応えが良いのが見えていましたが、うまく回れたと思いました。やりたい競馬は出来ました。休み明けでもきっちり仕上がっていましたし、むしろパワーアップした印象でした。今のダート界のチャンピオンホースに肉薄しましたし、力をつけています」

4着 リッカルド 矢野貴之騎手
「いい競馬は出来ました。一瞬おっ、と思いましたが、さすがに相手はGI馬でしたね。でもこの馬も力をつけていますし、この先が楽しみです」

8着 アウォーディー 武豊騎手
「ある程度思い通りのレースは出来ましたが、4コーナーでは手応えがありませんでした。悪くはないのですが、いい時の感じではなかったです」

(取材:大関隼)

【CBC賞】美浦レポート~ペイシャフェリシタ [News] [News]
2018/06/27(水) 16:11

 7月1日(日)に中京競馬場で行われるCBC賞に出走を予定しているペイシャフェリシタについて、高木登調教師のコメントは以下の通り。

「前走の春雷ステークスはリズム良く走って時計も速く、いいレースでした。その後は放牧に出して一息入れて、1カ月前にこちらに戻ってきました。この中間はあまり気を入れると出来すぎてしまうので、その点を注意してきました。今朝の追い切りは坂路で、やれば時計が出てしまうので、リズム重視でやりました。それでもいい時計が出て、かなりいい出来でレースを迎えられると思います。

 トモの緩さが固まり、体に幅が出て逞しくなりました。体にいい張りがあります。1400メートルより1200メートルの方がより切れがいいと思っているので、前走後はこのレースを狙ってきました。ハンデの54キロは手頃だと思います。馬の状態がいいので、ここでいい結果か出るように頑張りたいと思います」

(取材:小林雅巳)

全237件中 21件〜30件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 次の10件 ]