【北海道スプリントC】(6月7日、門別)~JRA所属出走予定馬及び補欠馬について [News] [News]
2018/05/20(日) 18:18

6月7日(木)、門別競馬場で行われる第22回北海道スプリントカップ(JpnIII、3歳以上、ダート1200m)のJRA所属出走予定馬及び補欠馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
ウインオスカー  (未定)
スノードラゴン  (未定)
ニシケンモノノフ (横山典弘)
ネロ       (未定)

補欠馬(予定騎手名)
テーオーヘリオス (未定)
コパノマイケル  (未定)
ダノングッド   (未定)
ナンチンノン   (未定)
プレスティージオ (未定)

【安田記念】登録馬~スワーヴリチャードなど19頭 [News] [News]
2018/05/20(日) 18:10

6月3日(日)、東京競馬場で行われる第68回安田記念(GI、3歳以上、芝1600m)の登録馬は以下の通り。

【JRA所属馬:18頭】(フルゲート:18頭)
以下、2頭は優先出走馬
サングレーザー
ムーンクエイク

以下、16頭は出走馬決定賞金順
レッドファルクス
スワーヴリチャード
リアルスティール
ペルシアンナイト
リスグラシュー

アエロリット
ウインガニオン
タワーオブロンドン
ブラックムーン
レーヌミノル

サトノアレス
ダッシングブレイズ
キャンベルジュニア
ヒーズインラブ
スターオブペルシャ

モズアスコット

【外国馬:1頭】
ウエスタンエクスプレス

【目黒記念】登録馬~フェイムゲームなど19頭 [News] [News]
2018/05/20(日) 18:08

5月27日(日)、東京競馬場で行われる第132回目黒記念(GII、4歳以上、ハンデ、芝2500m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:19頭】(フルゲート:18頭)
フェイムゲーム
サウンズオブアース
パフォーマプロミス
チェスナットコート
ゼーヴィント

ホウオウドリーム
ウインテンダネス
コルコバード
ソールインパクト
リッジマン

ロードヴァンドール
ポポカテペトル
ノーブルマーズ
ブライトバローズ
ヴォージュ

ハッピーモーメント
トウシンモンステラ
コウキチョウサン
マコトガラハッド

【葵S】登録馬~アサクサゲンキなど28頭 [News] [News]
2018/05/20(日) 18:01

5月26日(土)、京都競馬場で行われる第1回葵ステークス(新設重賞、3歳、芝1200m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:28頭】(フルゲート:16頭)
アサクサゲンキ
タイセイプライド
アンフィトリテ
マドモアゼル
アンヴァル

ゴールドクイーン
ペイシャルアス
レグルドール
アイアンクロー
ウインジェルベーラ

アルジャーノン
アルモニカ
アーヒラ
イエローマリンバ
ウィズ

エイシンデネブ
オジョーノキセキ
カイザーメランジェ
キングキングキング
セイウンクールガイ

トウカイパシオン
トゥラヴェスーラ
ニシノキントウン
ビリーバー
ミッキーワイルド

メープル
モズスーパーフレア
ラブカンプー

春の新潟競馬リーディングジョッキーは丸山元気騎手 [News] [News]
2018/05/20(日) 17:55

丸山元気騎手(美浦)は、第1回新潟競馬で12勝をあげ挙げ、2010年・2016年以来、3度目となる春の新潟競馬のリーディングジョッキーとなった。

調教師部門は、3勝(2着1回、3着2回)を挙げた矢野英一調教師(美浦)がリーディングトレーナーとなった。

●丸山元気騎手のコメント
「福島開催からいい流れで、この新潟開催もまだまだ勝てるレースもありましたが、いい流れを続けることが出来ました。今回の新潟での好調があったからこそ来週のダービー初騎乗に繋がったと思いますので、この調子を維持できるように頑張ります」

オークスの表彰式・トークショーに登場した土屋太鳳さんのコメント [News] [News]
2018/05/20(日) 17:51

本日、オークスの表彰式に登場、トークショーにゲストとして出演したJRA2018年間プロモーションキャラクターの土屋太鳳さんのコメントは以下の通り。

「東京競馬場は日本ダービーやCMの撮影で何度も伺っていますが、1人で来るのは初めてなので少し緊張しました。ビギナーズセミナーで教えてもらったことを思い出して、今回差し馬に注目していたので、馬券は13番アーモンドアイの単勝を買いました。また、私が2月3日生まれの23歳なので、2番ラッキーライラックと3番マウレアの複勝で勝負しました。結果は見事的中! 来週の日本ダービーは4人で伺うのでとても楽しみです」

「ベストターンドアウト賞」~ラッキーライラックの丸内永舟調教助手が受賞 [News] [News]
2018/05/20(日) 17:43

本日、オークス(GI)のパドックで、世界主要GIレースでも実施されている、"もっとも美しく手入れされた馬を担当する厩舎スタッフ"の努力を称え表彰する「ベストターンドアウト賞」の審査が行われ、ラッキーライラックの丸内永舟調教助手が受賞した。

【受賞者】
ラッキーライラック 丸内永舟調教助手(松永幹夫厩舎)

【審査委員】
松山康久氏(元JRA調教師)
鈴木淑子氏

【審査基準】
「馬がよく躾けられ、美しく手入れされ、かつ人馬の一体感を感じさせる引き馬(リード)が行われているか」

●丸内永舟調教助手のコメント
「パドックでよく見てもらうために普段から努力してきましたので、そのことが評価されて非常に嬉しいです」


(JRA発表による)

【丹沢S】(東京)~リヴェルディが外から一気に突き抜ける [News] [News]
2018/05/20(日) 17:37

東京12Rの丹沢ステークス(4歳以上1600万下ハンデ、ダート2100m)は4番人気リヴェルディ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒2(良)。2馬身1/2差2着に6番人気トウカイエントリー、さらに1馬身差で3着に2番人気レッドサバスが入った。

リヴェルディは美浦・中川公成厩舎の4歳牡馬で、父スマートファルコン、母オートキュイジーヌ(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は11戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 リヴェルディ(和田騎手)
「ゲートが今ひとつだったので後ろから。プレッシャーもなく、砂を被っても嫌がりませんでした。叩き2戦目で良くなっていましたし、東京コースも合いますね」

2着 トウカイエントリー(大野騎手)
「状態も良さそうでしたし、しっかり走ってくれています。走りのリズムも合っていますし、この条件が合っている印象です」

4着 ビスカリア(松若騎手)
「前半ついて行けませんでしたが、脚を使ってくれていますし、悪くない内容でした。昇級戦でこれだけの脚を見せてくれましたし、メドが立ったと思います」

【オークス】(東京)~アーモンドアイが2冠達成 [News] [News]
2018/05/20(日) 17:28

東京11Rの第79回オークス(GI、3歳牝馬、芝2400m)は1番人気アーモンドアイ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分23秒8(良)。2馬身差2着に4番人気リリーノーブル、さらに1馬身3/4差で3着に2番人気ラッキーライラックが入った。

アーモンドアイは美浦・国枝栄厩舎の3歳牝馬で、父ロードカナロア、母フサイチパンドラ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は5戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アーモンドアイ(ルメール騎手)
「勝つ自信がありました。完璧なレースでしたね。今日はテンションが高かったので、スタートして良いポジションを取りました。それからはリラックスして走って、直線に向いてから加速してくれました。2400mも問題なかったです。秋は3冠がかかりますが、2000mでも大丈夫そうです。海外遠征の可能性については、ポテンシャルが高く、特別な馬なので海外でもいけると思います。(お誕生日おめでとうございます、言われて、メルシーと嬉しそうでした)」

(国枝栄調教師)
「最初にあの位置取りを見た時にはビックリしましたし、心配にもなりましたが、すぐに安心しました。レースは落ち着いて安心して見ていられましたが、とにかくホッとしました。この後は、秋に秋華賞で3冠を目指します。調教を積む中でこれはモノが違うと思いました。いい形でここまで来ていますから、この後も順調にいけるよう、やっていきたいと思います」

2着 リリーノーブル(川田騎手)
「レース前から話していた通り、今日は本当に馬の状態が良かったです。レースでは枠を生かしてスムースな競馬が出来ました。最後までよく伸びていますが、勝った馬が強かったです」

3着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「スタートはいつも通りに出てくれたので、道中は折り合いだけ専念してうまく運べました。4コーナーで後ろを見た時にすぐ後ろに(勝ち馬アーモンドアイの)シャドーロールが見えたので、もうそこにいるのかという感じでした。直線では馬場のいいところに持っていってよく頑張りましたが、勝ち馬には敵いませんでした」

5着 マウレア(武豊騎手)
「前にアーモンドアイを見ながら、食らいついて行こうと思っていましたが、届きませんでした。最後まで頑張っていますが、距離が長いかもしれません」

6着 サトノワルキューレ(角居勝彦調教師)
「これまで強い相手と戦ってこなかったことが敗因かもしれません。時計が敗因ではないと思います。次走は休みを挟んでから考えます。凱旋門賞は使いません」

9着 オールフォーラヴ(和田騎手)
「初めての輸送ということもあり、イレ込んでいました。ある程度ポジションを取りに行きたかったのですが、取れませんでした。最後まで止まっていないので、距離は大丈夫だと思います」

13着 カンタービレ(田辺騎手)
「初めての大舞台でもテンションはそこまで上がらず、折り合いがついてリズム良く行けました。いい感じでは行けましたが、止まってしまったのは距離の影響かもしれません」

藤岡佑介騎手、騎乗停止へ [News] [News]
2018/05/20(日) 17:03

京都6Rで、1番ラセットに騎乗した藤岡佑介騎手は、最後の直線コースで蛇行したことにより、2018年5月26日(土)から5月27日(日)まで2日間の騎乗停止となった。

なお、この件で降着はない。

また、1番ラセットは平地調教注意となった。

全22件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 次の10件 ]