梅田智之調教師、JRA通算200勝達成 [News] [News]
2018/05/13(日) 16:07

新潟9Rで、9番サイモンミラベルが1着となり、同馬を管理する梅田智之調教師(栗東)は、現役104人目となるJRA通算200勝を達成した。

~梅田智之調教師のコメント~
「200勝を挙げられたのも、オーナー・スタッフ等、馬、そしてファンの皆様のおかげです。これからも馬の気持ちを一番に考えて日々精進していきます」

(JRA発表による)

【青竜S】(東京)~グリムが激しい叩き合いを制す [News] [News]
2018/05/13(日) 15:54

東京10Rの青竜ステークス(3歳オープン・ダート1600m)は5番人気グリム(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒9(稍重)。アタマ差の2着に1番人気スマハマ、さらに1馬身差の3着に2番人気オメガパフュームが入った。

グリムは栗東・野中賢二厩舎の3歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母ブランシュネージュ(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 グリム(川田将雅騎手)
「1600mでもすんなり行くことができました。最後も差し返してくれて良い内容でした」

2着 スマハマ(藤岡佑介騎手)
「スタートで立ち遅れたので、砂を被らせながらのレースとなりました。一度先頭に立ったのですが、ステッキを入れたらよれてしまいました。57キロの影響もあったのかもしれません。一度使ったことで良くなると思います」

3着 オメガパフューム(M・デムーロ騎手)
「入れ込んでいて、直線では手前が替えられませんでした。1600mはこの馬にとって短いかもしれません。まだ3戦目なので今後さらに良くなると思います」

5着 メイショウミライ(和田竜二騎手)
「スタートしてから折り合うまではジッとしていました。最後きてはいますが、今日は上位が強かったです。反応が良すぎるので、短い距離の方が良さそうです」

【胎内川特別】(新潟)~シャリオヴァルトが接戦を制す [News] [News]
2018/05/13(日) 15:38

新潟10Rの胎内川特別(4歳以上500万下・芝2200m)は3番人気シャリオヴァルト(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分16秒4(良)。アタマ差の2着に4番人気ハギノカエラ、さらにハナ差の3着に5番人気ブルースカイハーツが入った。

シャリオヴァルトは美浦・尾関知人厩舎の5歳セン馬で、父マンハッタンカフェ、母エミナ(母の父Danehill)。通算成績は19戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 シャリオヴァルト(鮫島克駿騎手)
「返し馬で跳びが大きかったので、馬のリズムを考えて乗った方がいいと思いました。外枠も良かったと思います。(雨が)中盤のレースから強くなって、内が悪くなっていたのも良かったと思います」

2着 ハギノカエラ(菱田裕二騎手)
「狙い通りにできました。勝ち馬を見ながらのレースでした。馬体の小さい馬で、Cコーナーを回って振られるロスがありましたが、よく頑張ってくれました」

3着 ブルースカイハーツ(嶋田純次騎手)
「楽に行かせてもらえて、道中も良い感じでした。追ってからも頑張っていましたが、離れた外から差されてしまいました。並べていればまた違ったかもしれません」

【白川特別】(京都)~グローブシアターが逃げ切る [News] [News]
2018/05/13(日) 15:24

京都9Rの白川特別(4歳以上1000万下・芝2400m)は3番人気グローブシアター(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分36秒9(不良)。3馬身差の2着に8番人気ヴィッセン、さらに2馬身差の3着に10番人気ローデルバーンが入った。

グローブシアターは栗東・角居勝彦厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母シーザリオ(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 グローブシアター(浜中俊騎手)
「行けるなら行きたいな、と思っていましたが、スタートも決まって逃げられました。ふわふわしながら走っていましたがスタミナがありますし、今日のような馬場もこなしてくれました」

2着 ヴィッセン(古川吉洋騎手)
「展開も良かったですし、この馬場も上手にこなしてくれました。長い距離も合っているようです」

5着 シャインブライト(国分優作騎手)
「ずっと脚を取られてしまっていました。それでもよく食らいついて走ってくれましたし、頑張ってくれています」

【テレ玉杯】(東京)~ルネイションが最内から差し切る [News] [News]
2018/05/13(日) 15:17

東京9Rのテレ玉杯(4歳以上1000万下・牝馬・芝2000m)は2番人気ルネイション(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒8(良)。クビ差の2着に3番人気スマートルビー、さらに3/4馬身差の3着に5番人気フロムマイハートが入った。

ルネイションは美浦・栗田徹厩舎の5歳牝馬で、父アドマイヤムーン、母パラフレーズ(母の父Pivotal)。通算成績は13戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ルネイション(田辺裕信騎手)
「もともと1600mはこの馬には忙しく、2000mは延びたというより距離が戻ったと言えると思います。道中はタメがきいて良かったです。切れ味を持っている馬です」

2着 スマートルビー(戸崎圭太騎手)
「良い位置で競馬ができて道中も良い感じでした。以前乗った時より馬が良くなっていました」

3着 フロムマイハート(柴田大知騎手)
「楽に良い感じで行かせてもらえて、あれで差されるとは思いませんでした。相手が悪かったです。しかし、力はあるのでどこかで勝てると思います」

【3歳未勝利】(京都3R)~2008年VM勝ち馬エイジアンウインズの子、メジェールスーが勝利 [News] [News]
2018/05/13(日) 14:28

京都3Rの3歳未勝利(牝馬・芝1400m)は2番人気メジェールスー(岡田祥嗣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒3(稍重)。半馬身差の2着に13番人気メイショウタオヤカ、さらに2馬身半差の3着に3番人気プリメラビスタが入った。

メジェールスーは栗東・藤原英昭厩舎の3歳牝馬で、父ロードカナロア、母エイジアンウインズ(母の父フジキセキ)。通算成績は5戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 メジェールスー(岡田祥嗣騎手)
「スタートが決まって良い流れの中、追い出しまで良い感じで行けました。ズブイ面も見せましたが、最後はよくかわしてくれました」

蛯名正義騎手、JRA通算2500勝達成 [News] [News]
2018/05/13(日) 14:18

蛯名正義騎手(美浦)は、東京4Rで8番ジェイケイマッチョに騎乗し1着となり、JRA通算2500勝を達成した。

これは、中央競馬史上4人目、現役では武豊騎手、横山典弘騎手に続き3人目。

~蛯名正義騎手のコメント~
「この記録に近づいているのはわかっていましたがなかなか達成できず、昨日は記録達成を期待する空気も感じましたが、何とか今日達成できて良かったです。僕なりにはよくここまで頑張って続けてこられたと思いますし、たくさんの方々に応援していただいたと思っています。今後も自分に与えられた仕事を一つ一つ良い結果に結び付けられるようにと思っています。若い人たちに少しでも見本になるような仕事の仕方が伝わっていけばいいなと思います。長いことお待たせしました。たくさんの応援が励みになっています。これからも応援よろしくお願いします」

(JRA発表による)

全17件中 11件〜17件目を表示 [ 前の10件 1 2 ]