チャリティーゼッケン販売、握手会 [News] [News]
2018/04/28(土) 17:37

本日、日本騎手クラブ主催のチャリティーゼッケン販売が開門より行われた。また、最終レース終了後にはゼッケンをご購入されたお客様を対象に、ジョッキーとの握手会が開催された。販売金は以下のとおり。

【チャリティーゼッケン販売】
販売枚数500枚×1,000円
総額500,000円

※販売金500,000円は、明日行われるチャリティーゼッケン販売及びチャリティーオークションでの金額と合算のうえ、福島県と熊本県に寄附される。
※握手会参加騎手は、小牧太騎手、太宰啓介騎手、高田潤騎手、藤岡佑介騎手、浜中俊騎手、岩崎翼騎手の6名。

(JRA発表)

【香港チャンピオンズデー】(28日)~日本馬の近況について [News] [News]
2018/04/28(土) 17:35

29日(日・祝)に香港のシャティン競馬場で行われる香港チャンピオンズデーに出走予定の日本馬の、28日(土)の調教状況と関係者のコメントは以下のとおり。


【クイーンエリザベスII世カップ(G1・芝2000m)】
●アルアイン(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)
<調教状況>
シャティン競馬場で角馬場からオールウェザーコースをキャンターで1周半
<池江泰寿調教師の話>
「ごねるところは少し見せましたが、ダンビュライト陣営のおかげもあり、思ったとおりの調整ができました。肉体面はピークに持ってこられましたし、問題なく当日を迎えられそうです」

●ダンビュライト(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)
<調教状況>
シャティン競馬場で角馬場からオールウェザーコースをキャンターで1周
<小林慎一郎調教助手の話>
「変わらず良い状態を維持しています。レース当日が楽しみです」

【チェアマンズスプリントプライズ(G1・芝1200m)】
●ファインニードル(牡5歳、栗東・高橋義忠厩舎)
<調教状況>
シャティン競馬場で角馬場からオールウェザーコースをキャンターで1周
<高橋義忠調教師の話>
「終始リラックスした状態で調教を終えることができました。ここまで何の問題もなくこられています」

(現地情報)

【青葉賞】(東京)~直線で外に出したゴーフォザサミットが差し切る [News] [News]
2018/04/28(土) 17:26

東京11Rの青葉賞(3歳GII・芝2400m)は6番人気ゴーフォザサミット(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分24秒4(良)。2馬身差の2着に7番人気エタリオウ、さらにハナ差の3着に1番人気スーパーフェザーが入った。

ゴーフォザサミットは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母ラグジャリー(母の父Storm Cat)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ゴーフォザサミット(蛯名正義騎手)
「道中、上手に運べました。直線では馬にゆるいところがあって、もたれながらでしたが、よく伸びてくれました」

1着 ゴーフォザサミット(藤沢和雄調教師)
「ゆるい馬なのでスプリングSをあえて使いました。そこから調教でも動きが良くなってきて、東京の長いところも合いそうだと思っていました。今後は厩舎において本番へ向かいます」

2着 エタリオウ(石橋脩騎手)
「最後競り勝つことができて良かったです。3コーナーまで上手に走れて、そこで外から馬が来た時に気持ちがグッと入りました。そこからおさえこまずに馬に任せたところ最後まで伸びてくれました。まだまだ伸びしろがありそうです」

3着 スーパーフェザー(福永祐一騎手)
「2着を取れず残念でした。スタートはゲート練習の効果があって無事に出られて、そこから流れに乗り、最後も伸びていました。まだ成長途上の馬でこれからだと思います」

5着 トラストケンシン(柴田大知騎手)
「ガラッと変わってもおかしくないくらい能力のある馬です。まだこれからです」

6着 サトノソルタス(M・デムーロ騎手)
「ペースが遅くてもう少し前につけたかったけど、東京の外枠は大変です。直線ではバテてはいませんが、ジリジリとした伸びでした」

8着 ダノンマジェスティ(内田博幸騎手)
「中団からレースを進め、有力馬の近くで折り合いもつきました。ただ、3コーナーで手応えがなくなってしまいました。外に出したことも結果的に良くなかったのかもしれません」

11着 オブセッション(C・ルメール騎手)
「前走でも気になっていましたが、今日は前走よりも息遣いが良くありませんでした。その影響で今日は厳しかったです」

【天王山S】(京都)~好位から運んだテーオーヘリオスが勝利 [News] [News]
2018/04/28(土) 17:02

京都11Rの天王山ステークス(4歳以上オープン・ダート1200m)は5番人気テーオーヘリオス(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒8(良)。3/4馬身差の2着に1番人気ブルミラコロ、さらに1馬身差の3着に6番人気スマートアヴァロンが入った。

テーオーヘリオスは栗東・梅田智之厩舎の6歳牡馬で父Fusaichi Pegasus、母Reagle Mary(母の父Afternoon Deelites)。通算成績は24戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 テーオーヘリオス(浜中俊騎手)
「少頭数でペースが落ち着いて、良いポジションにはまることができました。直線も狭い所を抜けて強い内容で勝ってくれました」

2着 ブルミラコロ(秋山真一郎騎手)
「頑張ってくれていると思います。どこかでひとタメできれば良い脚は使えるのですが...。それでも崩れない馬です」

3着 スマートアヴァロン(藤岡佑介騎手)
「ペースが落ち着いて、前が止まらなかったです。久々を考えればそれなりに良いレースができたと思います」

4着 ニットウスバル(川田将雅騎手)
「前走に比べると内容は良くなっています。徐々にいい頃の状態に戻ってくれたらいいと思います」

【春日山特別】(新潟)~良血モクレレが勝利 [News] [News]
2018/04/28(土) 17:00

新潟12Rの春日山特別(4歳以上500万下・芝2000m)は2番人気モクレレ(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒2(良)。クビ差の2着に5番人気フォーラウェイ、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気アバルラータが入った。

モクレレは美浦・国枝栄厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母アパパネ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は10戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 モクレレ(丸山元気騎手)
「ペースがゆるくて楽についていけて、自分で3コーナーから動いていって、全てが噛み合ってくれました」

2着 フォーラウェイ(勝浦正樹騎手)
「注文がつかない競馬でしたが、決め手の差でしょうか」

3着 アバルラータ(鮫島克駿騎手)
「内枠でスローペースになり、動きにくいポジションになってしまいました」

【邁進特別】(新潟)~スペチアーレが人気に応える [News] [News]
2018/04/28(土) 16:56

新潟11Rの邁進特別(4歳以上1000万下・芝1000m)は1番人気スペチアーレ(川須栄彦騎手)が勝利した。勝ちタイムは55秒4(良)。3/4馬身差の2着に2番人気レッドラウダ、さらに1馬身1/4差の3着に6番人気ブラックバードが入った。

スペチアーレは美浦・矢野英一厩舎の6歳牝馬で、父ダイワメジャー、母ターキー(母の父Sinndar)。通算成績は32戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 スペチアーレ(川須栄彦騎手)
「今日は外枠、良い枠でしたし、具合が良かったです。狙った位置が取れて、並んでグンとひと伸びしてくれました」

2着 レッドラウダ(丸田恭介騎手)
「好スタートでいい位置が取れました。休み明けでやわらかさもありましたが、休み明けの分...という感じもあり、休み明けの良い部分と、そうでない部分がありました。直線1000mは良いですね」

3着 ブラックバード(西田雄一郎騎手)
「理想的な競馬でした。開幕週でしたし、もう一列前に行きたかったのですが、テンに行かせるよりは溜めると脚を使います。しっかり伸びてくれました」

【ゆきつばき賞】(新潟)~カッパツハッチが逃げ切る [News] [News]
2018/04/28(土) 16:42

新潟10Rのゆきつばき賞(3歳500万下・芝1200m)は6番人気カッパツハッチ(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒7(良)。1馬身1/4差の2着に4番人気シンデレラメイク、さらにハナ差の3着に12番人気ココロストライクが入った。

カッパツハッチは美浦・矢野英一厩舎の3歳牝馬で、父キンシャサノキセキ、母メイショウユウゼン(母の父タイキシャトル)。通算成績は4 戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 カッパツハッチ(丸山元気騎手)
「馬の元気が良かったです。中1週続きでテンションが上がっている中、これだけ走れるのですね。スピードが違いました。直線で物見していましたし、伸びる余地があります」

3着 ココロストライク(木幡巧也騎手)
「頑張って走っています。あそこまでいったら差してほしかったです。よく粘っています。メンバー次第でチャンスがあると思います」

【春光S】(東京)~向正面で動いたマイネルクラースが勝利 [News] [News]
2018/04/28(土) 16:36

東京10Rの春光ステークス(4歳以上1600万下・ダート2100m)は4番人気マイネルクラース(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒3(良)。1馬身差の2着に7番人気トウカイエントリー、さらにクビ差の3着に10番人気バイタルフォースが入った。

マイネルクラースは美浦・高木登厩舎の4歳牡馬で、父ステイゴールド、母マイネヌーヴェル(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は15戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルクラース(高木登調教師)
「向正面でペースが落ち着き、少し強引に押し上げていきましたが、しぶとくよく頑張ってくれました。ゆったり流れるこの距離は合っていますし、今日のような馬場もいいようです」

2着 トウカイエントリー(大野拓弥騎手)
「流れに乗れましたし、しぶとく頑張っています。長めの距離は合っています」

3着 バイタルフォース(岩田康誠騎手)
「バテず伸びずという感じですが、しぶとく脚を使います。併せる形だったら、もうひと伸びできたと思います」

4着 レッドサバス(田辺裕信騎手)
「このクラスでも堅実に走りますが、もうひと押しがほしいです」

【烏丸S】(京都)~トップハンデのポポカテペトルが押し切る [News] [News]
2018/04/28(土) 16:24

京都10Rの烏丸ステークス(4歳以上1600万下・ハンデ・芝2400m)は1番人気ポポカテペトル(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分25秒6(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気アドマイヤエイカン、さらに3/4馬身差の3着に8番人気ペンタトニックが入った。

ポポカテペトルは栗東・友道康夫厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母ミスパスカリ(母の父Mr. Greeley)。通算成績は13戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ポポカテペトル(川田将雅騎手)
「落馬した馬の影響で思った通りの競馬になりませんでしたが、すぐに切りかえてレースをしました。トップハンデでこの勝ち方ですからよく頑張っていると思います」

2着 アドマイヤエイカン(池添謙一騎手)
「レースの流れには乗れたかと思います。終いは良い脚を使ってくれて、このクラスでも上位の力を持っている馬だと思います」

4着 マウントゴールド(酒井学騎手)
「スタートして落馬した馬に前をカットされるところがありましたが、スムーズに行けました。しかし、まくって行った馬がいて、出入りの激しいレースになりました。それでも一緒に動いて行くことはせず、3コーナーで外に早めに出しました。直線ではジリジリとした脚を使いました」

【矢車賞】(京都)~早め先頭のトーホウアルテミスが押し切る [News] [News]
2018/04/28(土) 15:56

京都9Rの矢車賞(3歳500万下・牝馬・芝2200m)は8番人気トーホウアルテミス(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分15秒0(良)。1馬身半差の2着に1番人気センテリュオ、さらにクビ差の3着に2番人気リュヌルージュが入った。

トーホウアルテミスは栗東・谷潔厩舎の3歳牝馬で、父ハーツクライ、母トーホウガイア(母の父Unbridled’s Song)。通算成績は8戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 トーホウアルテミス(松若風馬騎手)
「ゆるい流れが合いました。距離はこれぐらいあっても大丈夫です。成長していて良い競馬をしてくれています」

2着 センテリュオ(川田将雅騎手)
「入線後に下馬しました。3コーナー過ぎから、その影響がでていたように思います。直線も外へモタれていましたので...」

3着 リュヌルージュ(四位洋文騎手)
「スローの流れであの位置(中団)だったのですが、そういう流れでもラストは良い脚を使ってくれています。まだ幼い部分があるので、これからの馬だと思います」

4着 シスターフラッグ(藤岡佑介騎手)
「先行する形になり、理想は勝ち馬と一緒に動いていきたかったのですが、一瞬置かれてしまいました。将来性を感じますので、これからが楽しみです」

全13件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]