【天皇賞(春)】出走馬17頭、調教後の馬体重 [News] [News]
2018/04/26(木) 17:37

 29日(祝・日)に京都競馬場で行われる第157回天皇賞(春)に出走する17頭の、調教後の馬体重は以下の通り。

 馬番 馬名        馬体重 計量日(曜)場所 前走体重
 1番 ミッキーロケット  488 25日(水)栗東 488
 2番 チェスナットコート 462 25日(水)栗東 458
 3番 シホウ       524 26日(木)栗東 514
 4番 カレンミロティック 464 26日(木)栗東 456
 5番 ヤマカツライデン  548 26日(木)栗東 540
 6番 ガンコ       510 26日(木)栗東 502
 7番 ピンポン      484 26日(木)美浦 478
 8番 クリンチャー    490 26日(木)栗東 486
 9番 ソールインパクト  493 25日(水)美浦 490
10番 サトノクロニクル  466 26日(木)栗東 456
11番 シュヴァルグラン  478 26日(木)栗東 470
12番 レインボーライン  452 26日(木)栗東 454
13番 トウシンモンステラ 484 25日(水)栗東 478
14番 アルバート     478 25日(水)美浦 482
15番 トーセンバジル   488 26日(木)栗東 484
16番 スマートレイアー  480 26日(木)栗東 474
17番 トミケンスラーヴァ 516 25日(水)美浦 506

(JRA発表)

【安田記念】~香港の4頭が予備登録 [News] [News]
2018/04/26(木) 17:36

 6月3日(日)に東京競馬場で行われる安田記念(GI)に以下の外国馬4頭が予備登録を行った。

ビューティーオンリー(セン7、香港・A.クルーズ厩舎)
ウエスタンエクスプレス(セン6、香港・J.サイズ厩舎)
サザンレジェンド(セン6、香港・C.ファウンズ厩舎)
ピンウースパーク(セン6、香港・T.ユン厩舎)

(JRA発表)

エンジェルフェイス引退、繁殖入り [News] [News]
2018/04/26(木) 17:34

 2016年のフラワーカップ(GIII)を優勝したエンジェルフェイス(牝5、栗東・藤原英昭厩舎)は、26日付で競走馬登録を抹消した。
 今後は北海道日高郡新ひだか町のケイアイファームで繁殖馬となる予定。

 通算成績は12戦3勝(重賞1勝)、獲得賞金は68,205,000円。

(JRA発表)

タワーオブロンドンとファストアプローチ、イギリスのG1に登録 [News] [News]
2018/04/26(木) 17:27

 6月19日(火)にイギリス・アスコット競馬場で行われるセントジェームズパレスステークス(G1)と、6月22日(金)にアスコット競馬場で行われるコモンウェルスカップ(G1)に日本馬2頭が登録した。

・セントジェームズパレスステークス(G1、芝1590メートル※)
 タワーオブロンドン(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)
 ファストアプローチ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)

・コモンウェルスカップ(G1、芝1200メートル)
 タワーオブロンドン(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)

※ イギリスの一部G1競走について、先日発行された「ヨーロピアンパターンレース2018」でメートル換算の競走距離が変更された。セントジェームズパレスステークスは従来1600メートルとされていたが、1590メートルに変更された。

(JRA発表)

【香港チャンピオンズデー】(26日)~日本馬の近況について [News] [News]
2018/04/26(木) 16:52

 29日(祝・日)に香港のシャティン競馬場で行われる香港チャンピオンズデーに出走予定の日本馬の、26日(木)の調教状況と関係者のコメントは以下のとおり。

【クイーンエリザベスII世カップ(G1・芝2000m)】
●アルアイン(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)
<調教状況> シャティン競馬場
岩崎祐己調教助手が騎乗して、角馬場→芝コースを速歩で1周
音瀬慎調教助手が騎乗して、芝コースでギャロップを800m
<池江泰寿調教師の話>
「馬場で止まったりするのが初めてだったのでこんなことになるとは思わなかったのですが、香港ジョッキークラブの柔軟な対応によって、直線コースとシュートを使って逆方向に走らせて頂きました。そのお陰で、こちらが考えていたような負荷をかけることができました。ご迷惑おかけしましたが、ひとまずほっとしています。肉体的なコンディションはとても良いと思います。(枠順:6番ゲートについて)頭数は少ないので良い枠だと思います」

●ダンビュライト(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)
<調教状況> シャティン競馬場
小林慎一郎調教助手が騎乗して、角馬場→芝コース(ギャロップを800m、徐々に加速して直線少し強め)
<小林慎一郎調教助手の話>
「予定通りの調教ができました。体は十分に仕上がっていますし、順調にきています。(枠順:5番ゲートについて)内も外も見ながら競馬ができるので自分のペースを組み立てやすい枠だと思います」

【チェアマンズスプリントプライズ(G1・芝1200m)】
●ファインニードル(牡5歳、栗東・高橋義忠厩舎)
<調教状況> シャティン競馬場
鵜木睦宣調教助手が騎乗して、角馬場での乗り運動約1時間
<鵜木睦宣騎手の話>
「昨日しっかり追い切りましたが、疲れてもなく落ち着いていて、とても順調にきています」
<高橋義忠調教師の話>
「(枠順:4番ゲートについて)9頭立てなのであまり気にしてはいませんでしたが、出来れば真ん中より内枠が良かったので丁度良い枠じゃないかと思います。自分のリズムで競馬が出来ればと思います」
 
(JRA発表)

【チャンピオンズマイル】(香港)~枠順確定 [News] [News]
2018/04/26(木) 15:56

 29日(日)に香港・シャティン競馬場で行われるチャンピオンズマイル(G1、芝1600メートル)の枠順が確定した。全て香港調教馬、ヘレンパラゴンが出走を取消しての8頭立て。発走は日本時間16時20分(現地時間15時20分)の予定。JRAによる勝馬投票券の発売はない。

1番 ビューティージェネレーション(香港) Z.パートン 1ゲート
2番 ヘレンパラゴン 出走取消
3番 シーズンズブルーム(香港) J.モレイラ 5ゲート
4番 ビューティーオンリー(香港) N.カラン 3ゲート
5番 ウエスタンエクスプレス(香港) S.クリッパートン 6ゲート
6番 ブリザード(香港) K.ティータン 2ゲート
7番 サザンレジェンド(香港) K.マカヴォイ 4ゲート
8番 ピンウースパーク(香港) K.リョン 7ゲート
9番 シンガポールスリング(香港) C.スコフィールド 8ゲート

※負担重量は全馬126ポンド(57kg)。

(JRA発表のリリースによる)

【チェアマンズスプリントプライズ】(香港)~枠順確定、ファインニードルは4番ゲート [News] [News]
2018/04/26(木) 15:55

 29日(日)に香港・シャティン競馬場で行われるチェアマンズスプリントプライズ(G1、芝1200メートル)の枠順が確定した。ファインニードルは9頭立ての4番ゲートに決まった。発走は日本時間17時00分(現地時間16時00分)の予定。JRAによる勝馬投票券の発売はない。

1番 ミスタースタニング(香港) S.クリッパートン 3ゲート
2番 ビートザクロック(香港) J.モレイラ 1ゲート
3番 ラッキーバブルズ(香港) B.プレブル 5ゲート
4番 ザウィザードオブオズ(香港) K.ティータン 9ゲート
5番 アメージングキッズ(香港) O.ドゥルーズ 8ゲート
6番 ブルーポイント(香港) W.ビュイック 6ゲート
7番 ファインニードル(日本) T.ベリー 4ゲート
8番 ペニアフォビア(香港) N.カラン 2ゲート
9番 アイヴィクトリー(香港) Z.パートン 7ゲート

※負担重量は全馬126ポンド(57kg)。

(JRA発表のリリースによる)

【クイーンエリザベス2世C】(香港)~枠順確定、アルアインは6番・ダンビュライトは5番ゲート [News] [News]
2018/04/26(木) 15:53

 29日(祝・日)、香港のシャティン競馬場で行われるクイーンエリザベス2世カップ(G1 芝2000m)の枠順が確定した。出走馬8頭、日本から参戦するアルアインは6番ゲート(馬番2)、ダンビュライトは5番ゲート(馬番4)からの発走。発走予定時刻は当日、日本時間17時40分の予定。

馬番 馬名(調教国)     斤量 騎手      ゲート番
1番 タイムワープ(香港)  57 Z.パートン  7番
2番 アルアイン(日本)   57 C.デムーロ  6番
3番 パキスタンスター(香港)57 K.マカヴォイ 1番
4番 ダンビュライト(日本) 57 T.ベリー   5番
5番 ピンハイスター(香港) 57 J.モレイラ  3番
6番 イーグルウェイ(香港) 57 B.プレブル  2番
7番 ゴールドマウント(香港)57 A.サナ    8番
8番 ディノーゾ(香港)   57 K.ティータン 4番

(JRA発表)

【天皇賞(春)】枠順確定~シュヴァルグランは6枠11番 [News] [News]
2018/04/26(木) 14:54

 29日(日)に京都競馬場で行われる第157回天皇賞(春)の枠順が以下の通りに確定した。

第11競走 第157回天皇賞(春)(GI)
サラ系4歳以上オープン 定量 芝・3200m 
発走 15時40分

1枠 1番 ミッキーロケット  58 和田竜二
1枠 2番 チェスナットコート 58 蛯名正義
2枠 3番 シホウ       58 浜中俊
2枠 4番 カレンミロティック 58 池添謙一
3枠 5番 ヤマカツライデン  58 松山弘平
3枠 6番 ガンコ       58 藤岡佑介
4枠 7番 ピンポン      58 宮崎北斗
4枠 8番 クリンチャー    58 三浦皇成
5枠 9番 ソールインパクト  58 福永祐一
5枠10番 サトノクロニクル  58 川田将雅
6枠11番 シュヴァルグラン  58 H.ボウマン
6枠12番 レインボーライン  58 岩田康誠
7枠13番 トウシンモンステラ 58 国分恭介
7枠14番 アルバート     58 C.ルメール
8枠15番 トーセンバジル   58 M.デムーロ
8枠16番 スマートレイアー  56 四位洋文
8枠17番 トミケンスラーヴァ 58 秋山真一郎

(JRA発表)

名前が「アルバート」にならないかなぁ。 [実況アナ!] [実況アナ!]
2018/04/26(木) 11:17

 万馬券を愛する皆さん、春競馬はいかがですか?なかなかの高配当が出て、万馬券という名の花があちらこちらで咲き乱れています。その花を手にすることが出来そうで出来ないもどかしさ...ああ、無情。3月に出た100万円を超える払い戻しとなったレース、WIN5の結果とそれぞれの実況担当者は以下の通りです。

3月 4日(日)阪神・ 4レース 3連単127万290円 (実況担当・小塚)
3月17日(土)中京・ 4レース 3連単131万9780円(実況担当・大関)
3月17日(土)阪神・ 若葉S  3連単491万630円 (実況担当・檜川)
3月18日(日)中京・ 3レース 3連単556万4480円(実況担当・山本直)
3月18日(日)中京・ 3レース  馬単108万7490円(実況担当・山本直)
3月18日(日)中山・ 千葉S  3連単136万8150円(実況担当・中野)
3月24日(土)中山・ 春風S  3連複105万7570円(実況担当・小塚)

★3月 4日(日) 弥生賞
 中山 10R(1番人気)・11R(1番人気)           ...中野アナ
 阪神 10R(2番人気)・11R(4番人気)           ...山本直アナ
 小倉 11R(6番人気)                    ...山本直也アナ
<払戻金> 32万1200円

★3月11日(日) 金鯱賞&フィリーズR
 中山 10R(7番人気)・11R(1番人気)           ...佐藤アナ
 阪神 10R(1番人気)・11R(8番人気)           ...小塚アナ
 中京 11R(1番人気)                    ...檜川アナ
<払戻金> 298万940円

★3月18日(日) 阪神大賞典&スプリングS
 中山 10R(10番人気)・11R(1番人気)          ...中野アナ
 阪神 10R(1番人気)・11R(3番人気)           ...小林アナ
 中京 11R(8番人気)                    ...大関アナ
<払戻金> 482万190円

★3月25日(日) マーチS&高松宮記念
 中山 10R(2番人気)・11R(2番人気)          ...佐藤アナ
 阪神 11R(1番人気)                    ...檜川アナ
 中京 10R(1番人気)・11R(2番人気)          ...山本直也アナ
<払戻金> 11万1520円

 まず、月間MVPの発表です。選考委員会では檜川アナの名前も出ましたが、それは極少数の意見でした。やはりMVPは山本直アナです。3月の最高配当とともにそのレースの馬単が、JRAの馬単歴代2位となる108万7490円!檜川アナも491万馬券となったレースを実況したのですから、いつもなら十分MVPの資格あり、ということになるのですが、残念ながら運がなかったとしか言いようがありません。恐るべきは山本直アナで、彼は2月に続いてその月の最高配当が出たレースを実況しています。そして4月も15日に阪神で489万馬券のレースを実況しています。「3ヶ月連続」濃厚です。彼が実況するレースは要注意です。「さすがにこの馬はないだろう...」と思うことは危険です。500万円もの大万馬券を手にするためには常識に囚われてはいけません。

 次にリーディングです。3月はどのアナウンサーも打率を落としました。その中で、打率を下げたもののただ一人8割台をキープした山本直アナが首位の座をキープしています。打率は8割8厘です。2位も変わらず小塚アナなのですが、彼はなんと1割近くも打率を下げてしまい、7割5分6厘となってしまいました。首位との差がかなり開いてしまいました。3位は順位を1つ上げた山本直也アナです。小塚アナと差がない7割5分2厘です。その後は中野アナが7割5分ちょうどでこれまた差のない4位となっています。

 殿は米田アナとなりました。2月終了時点では檜川アナと6割7分7厘4毛で並んでいたのですが、打率を下げて6割2分3厘で単独の殿となりました。どうも米田アナは6つのレースを実況しても万馬券レースは3つか4つ止まりなのです。彼が実況するレースはコンスタントに荒れないようです。檜川アナは打率を7割1分8厘まで上げたもののブービーとなっています。若葉ステークスがそうだったように1発の破壊力は相変わらずなのですが、檜川アナもまたコンスタントに万馬券レースを実況することがありません。そして、私小林が檜川アナと差のない7割2分ちょうどとなっています。私は去年からの長いスランプからどうしても抜け出すことが出来ません。6つのレースを実況してもなかなか5つ以上が万馬券レースとならないのです。これではなかなか打率が上がりません。何か浮上するためのきっかけが欲しいところです。

 さて、今週は天皇賞(春)が行われます。このタイミングで日本時間の23日にイギリスのウィリアム王子の妻キャサリン妃が、ロンドン市内のセント・メアリー病院で第3子となる男児を出産しました。実におめでたいニュースです。そして、競馬を愛する皆さんなら、私がここで言いたいことがお分かりだと思います。その男の子の名前が、イギリスのブックメーカーでは「アーサー」が一番人気となっているほか、「ジェームズ」や「アルバート」といった名前も人気を集めているのだそうです。

 このコラムを書いている26日午前11時15分の時点で、まだ発表はありません。もしも、もしも「アルバート」なら、天皇賞ですからこれ以上のヒントはないでしょう。こんな偶然があるでしょうか。これはもう、神の啓示です。天皇家もロイヤルファミリーです。イギリス王室のロイヤルファミリーに新たに加わった人の名前が「アルバート」なら、もうアルバートは天皇賞(春)では1番人気になってしまうかもしれません。えっ、でも第3子だから3着じゃないか、ですって?う~ん、そういう狙いもあるかなぁ...。それに「アルバート」以外の名前になるかもしれないしなぁ...。