【東京スプリント】(大井)~グレイスフルリープが逃げ切り勝ち [News] [News]
2018/04/18(水) 20:52

 大井競馬場(天候:晴、馬場:不良)で行われたダートグレード競走の第29回東京スプリント(JpnIII・ダート1200m)は、16頭によって争われ、好スタートから逃げた6番人気のグレイスフルリープ(JRA)が、1分11秒8で逃げ切り勝ち。中団を進んで直線追い込んだ4番人気のキタサンミカヅキ(船橋)が1馬身1/2差の2着、3番人気のネロ(JRA)が1/2差の3着に入った。1番人気のブルドッグボス(浦和)は5着、2番人気のニシケンモノノフ(JRA)は8着に敗れた。

 グレイスフルリープは、父ゴールドアリュール、母ラビットフット(その父シーキングザゴールド)という血統の牡8歳栗毛馬。JRA栗東・橋口慎介厩舎の管理馬。通算成績は41戦11勝。重賞は昨年12月の兵庫ゴールドトロフィー(JpnIII)に続く4勝目(うち海外1勝)。

<レース後の関係者のコメント>
1着 グレイスフルリープ(武豊騎手)
「すごく嬉しいです。レースの前から状態が良さそうで、先行したいと思っていました。手ごたえも非常によかったです。直線で後続を離したときに勝てると思いました。持ち味を発揮すると強いです。時々気難しいところも出しますが、勝つ時は本当に強いです」

(橋口慎介調教師)
「本当に強いレースをしてくれてうれしいです。内枠を引いたので、スタートがポイントだと思っていました。良いスタートを切れて、テンも速くて、その時点で今日は行けると思っていました。大井は直線が長く、先頭に立ってからが長かったですね。次走ははっきりとは決まっていませんが、さきたま杯を考えています。様子を見て決めたいと思います。この年齢になって坂路のベストタイムを更新するくらい充実しています。韓国でG1を勝ったあたりから充実してきました。今日のレースを見ると1200メートルのほうがいいのかもしれません。今年も韓国で連覇を目指したいです」

2着 キタサンミカヅキ(繁田健一騎手)
「いつもより少し前の位置でした。出して行って、ハミを噛んでしまいました。勝負どころで一度脚がなくなって、直線でもう一度伸びていましたが、いつも通りの形の方が良かったかもしれません」

6着 ラブバレット(山本聡哉騎手)
「ナイターでしたが物見をせずにいつも通りでした。外枠で相手の出方を見ていくつもりでした。外からの差しが利く馬場で、先行勢の後ろにつけられました。馬場もこなしてくれました。こういう競馬でも大丈夫だということが分かって、収穫はありました」

7着 スノードラゴン(大野拓弥騎手)
「行った行ったの競馬になって、展開が向かなかったのもあります。手前を替えきれませんでした。馬場は気にしていませんでしたが、斤量は気にしていたかもしれません」

(取材:山本直)

井上敏樹騎手の不服申立ては棄却 [News] [News]
2018/04/18(水) 20:38

 4月16日付けで井上敏樹騎手から提起された不服申立ては、今日18日棄却された。

 井上敏樹騎手は、4月15日(日)の福島競馬8レースにおける、4月21日(土)から4月29日(祝・日)まで9日間の騎乗停止を軽減し、過怠金相当との裁定を求めたが、今日、裁定委員会が開かれ、その結果、不服申立ては棄却された。

(JRAからのリリースによる)

サンレイデューク競走馬登録抹消、乗馬に [News] [News]
2018/04/18(水) 18:29

 2014年の東京ハイジャンプなど重賞2勝を挙げたサンレイデューク(牡10、栗東・高橋義忠厩舎)は明日4月19日付で競走馬登録を抹消する。今後はJRA馬事公苑で乗馬となる予定。

 通算成績は38戦5勝。重賞勝利は2014年東京ハイジャンプ(J・GII)と2015年阪神スプリングジャンプ(J・GII)の2勝。獲得賞金は2億2048万6000円(付加賞含む)。

(JRA発表)

【福島牝馬S】栗東レポート~カワキタエンカ [News] [News]
2018/04/18(水) 17:13

☆21日(土)福島競馬場で行われる第15回福島牝馬ステークス(GIII)に出走を予定しているカワキタエンカ(牝4、浜田)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎カワキタエンカについて、浜田多実雄調教師

・前走の中山牝馬ステークスは勝てるとは思っていなかったのですが全てがうまく噛み合って勝つことができ本当に嬉しく思います。前々走で負けてテンションなどいろんな課題が見つかったことでハミを交換するなど、それを修正してレースに臨んだことが功を奏したと思います。

・その後は短期放牧に出して精神面のリフレッシュを図りました。栗東トレーニングセンターに戻してからは3本時計を出しています。前回結果が出ていますから今回も一週前追い切りはメンタル面に主眼を置いて行いました。前回と同じ感じできていますからいい感じだと思います。今朝もメンタル面を重視して最後は脚色を確認してもらう内容でいい調整が出来たと思います。状態も前走のようになっていますから結果もそれにつながるように向かえたらと考えています。

・少しぐらい速いペースで逃げても諦めず最後までしっかり走ってくれる馬です。福島の芝1800mというのは条件的に合うと思いますし、今週からBコースというのも先行馬のこの馬には好材料でしょう。いい結果を期待しています。

〔取材:檜川彰人〕

【フローラS】栗東レポート~サトノワルキューレ [News] [News]
2018/04/18(水) 17:09

☆22日(日)東京競馬場で行われる第53回フローラステークス(GII)に出走を予定しているサトノワルキューレ(牝3、角居)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎サトノワルキューレについて、辻野泰之調教助手

・前々走が最後不利を受けたので、前走のゆきやなぎ賞は最後まで不利が無いレースをして力を出し切ってくれればと思い見ていましたが牡馬相手にあれだけの競馬が出来たので本当に逞しい牝馬だと思いました。

・その後は在厩で調整を行ってきました。ずっと厩舎にいたほうが飼葉食いが安定します。それに頭が良く厩舎にいてもオンとオフをしっかりつけられます。そうして充電をしながら徐々に上げてきてここまで順調に来ています。

・一週前はCウッドチップコースを使った追い切りで3頭併せでした。息遣いが良く、この段階で中身はできていると思います。ですから今週の追い切りは輸送も考慮して坂路でオーバーワークに注意して行いました。気持ちも入って、デビュー当時から比較してしっかり走れるようになっています。いつも通りテンションも高くなく息の戻りもいいのでしっかり調整ができたと思います。今回は重賞になりますが力を出してくれれば対応できるのではないかと考えています。

・(長距離)輸送が初めてなので心配はありますが、頭が良くイレ込むこともないのでこなしてくれるのではないかと思っています。長めのところを使ってきたので折り合い面の心配はありませんが、前走から2ハロンの短縮ということでうまく流れに乗って競馬をして欲しいですね。

・デビュー当初は頼りなさが見られましたが使われながら逞しさを増しています。本番が楽しみになるようなレースを期待しています。

〔取材:檜川彰人〕


【マイラーズC】栗東レポート~モズアスコット [News] [News]
2018/04/18(水) 17:06

☆22日(日)京都競馬場で行われる第49回マイラーズカップ(GII)に出走を予定しているモズアスコット(牡4、矢作)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎モズアスコットについて、矢作芳人調教師

・前走の阪急杯は枠順(の影響)ですよね。枠が決まったときに(17番)イヤだなとは思いました。阪神の芝1400mは内回りですからその点は気になりました。まあ最後は引退される先生(勝馬ダイアナヘイロー、福島信晴調教師)のパワーもあったのでしょうね。調教の段階からいくらかテンションが高くペースもあまり上がらないという、いくつもの要素が重なったことはありました。

・その後は普段どおり短期放牧に出しました。今回は牧場にいる時から落ち着きもあって思うような調整もできたかと思います。一週前追い切りにルメール騎手が乗ったのは折り合い面の確認に主眼を置いたものです。調教が動くのはもちろんですが落ち着きの面が良かったですね。

・今朝も馬の後ろにつけて折り合い面を確認しながら終いを伸ばすというものでした。テンションも落ち着いていましたからしっかりやりました。渋った中、朝一番の(きれいな)馬場でない中での坂路51.2-12.6という時計は非常に評価できるものだと思います。トモの筋肉も盛り上がってきたような気もします。

・下級条件の時とはいえマイルは2戦2勝ですから全く気にしていません。むしろ前2走は阪神の内回り1400mでしたから、今回京都の外回りのマイルになるのは歓迎材料です。開幕週の速い時計の決着は望むところです。まだ賞金も少ないので大きなことは言えませんが安田記念を目標にしています。そのためにも今回はいいレースをしてもらいたいと思っています。

〔取材:檜川彰人〕

【マイラーズC】栗東レポート~ブラックムーン [News] [News]
2018/04/18(水) 17:02

☆22日(日)京都競馬場で行われる第49回マイラーズカップ(GII)に出走を予定しているブラックムーン(牡6、西浦)の関係者のコメントは以下の通り。

◎ブラックムーンについて、西浦昌一調教助手

・前走の京都金杯は騎手がこの馬の持ち味である長くいい脚を使う面を引き出して勝ってくれたいいレースでした。その後は早めに(放牧先から)馬を持ってきて調教をこなして、いい状態でここまで来ています。今は気持ちが入り過ぎなくなり、馬体の面も乗った感じのしっかり感など、いい感じの休養をとって成長が見込まれていますから楽しみです。

・一週前の追い切りはいい負荷をかけられてしっかり動かせたのでよかったと思います。今朝の最終調整は予定より全体的な時計は速くなりましたが、それは馬体の状態の良さということで先週の追い切りを受けていい調整が出来たと思います。申し分の無い動きを見せてくれたので、後はレースまでどう微調整をするかというところです。当日が待ち遠しいですね。

・今回は開幕週ということで時計が速くなることも考えられますが阪神のレコードも持っていますから大丈夫でしょう。騎手もいいイメージを持っているようです。展開に左右される面はありますがこういう舞台でいいレースをしてくれるよう大事にここまで来ましたから、さらに上を目指して頑張ってもらいたいです。

〔取材:檜川彰人〕

【マイラーズC】栗東レポート〜エアスピネル [News] [News]
2018/04/18(水) 16:53

☆22日(日)京都競馬場で行われる第49回マイラーズカップ(GII)に出走を予定しているエアスピネル(牡5、笹田)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎エアスピネルについて、笹田和秀調教師

・前走はムーア騎手が初めて乗って思ったより反応も良くて早く先頭に立ち過ぎたのではないかと言っていましたので、それが結果に出たのではないかと思います。騎手は完璧に乗ってくれましたから納得しています。

・レース後は変わりなく、中山記念から始動しようと思っていましたが骨膜が出来て大事をとってこのレースからの始動になりました。骨膜に関しては今朝の追い切りの後も歩様に乱れが無く痛がる素振りもなかったので完治しているのでは無いかと思います。

・骨膜を発症してからはすぐに放牧に出してケアをしてもらい、その後は一カ月ちょっと前に栗東トレーニングセンターに戻して順調に来ています。今は落ち着きもありますしいい状態だと思います。

・先週武豊騎手に乗ってもらい目一杯追い切りましたので、この馬のパターンとして当該週は終い重点の指示を出し、今朝はその通りの追い切りが出来たと思います。武豊騎手は「久々に乗りますが、流石の動きです」と言ってくれました。その言葉は心強いです。

・いつでも堅実に走る馬ですが京都芝1600メートルのデータを見ると今回の条件は相性がいいようですね。レースは騎手に任せます。ここまで間隔が開く形になったのは久しぶりですが思った以上に調整が順調に出来て、いい状態で挑めると思いますので楽しみにしていただけるといいですね。

〔取材:檜川彰人〕

【フローラS】美浦レポート~ファストライフ(中尾政宏調教助手) [News] [News]
2018/04/18(水) 13:56

22日(日)に東京競馬場で行われるフローラステークス(GII)に出走を予定しているファストライフ(牝3歳、美浦・青木孝文厩舎)について、中尾政宏調教助手のコメントは以下の通り。

(前走フラワーカップを振り返ってください)
「初めての中山と初めての1800mということで不安はありましたが、道中しっかりと折り合いがついて、しまいもしっかり走れました。距離が伸びても折り合いがついたので、思いの外、距離は伸びても大丈夫なのかなという印象を受けました」

(中間の様子を教えてください)
「フラワーカップを含めて3回レースを使ったので、立て直すために厩舎調整ということで少し楽をさせました。そこからはフローラSを目標に順調にきています」

(特に気をつけて調整したことは?)
「レースが近くなると馬自身が自分で体を作ることができるので、あとはそれを邪魔しないようにすることだけ注意して調整してきました」

(どういった性格の馬でしょうか?)
「素直で、手のかかるような馬ではないので特に困ることはありません。競馬も一生懸命走りますし、注文をつけるところは一つもないですね」

(今朝の最終追い切りには大野騎手が騎乗しましたね)
「先週水曜日と週末で2本の追い切りを自分が跨ってビッシリやったので、今日は調整程度でかまわないということを大野騎手に伝えていました。注文がなく、動きも良かったとのことでした」

(仕上がり状態)
「中4週にはなりますが、冬毛がすっかり抜けて見栄えが良くなりましたし、状態に関しては間違いなく前走よりは上向いていると思います」

(東京芝2000mという条件について)
「血統的な背景もあり、初の2000mは少し不安ですが、東京競馬場は未勝利を勝っている舞台ですし、相手なりにやれるのではないかなと思っています。前走のフラワーカップで道中の折り合いは問題ないことがわかったので、うまく立ち回ってくれればチャンスはあるのではないでしょうか」

(スタートは苦手でしょうか?)
「二の脚はありますが出がそこまでいいわけではないので後方からの競馬が続いています。ただ大野騎手もこの馬の癖をつかんできているので前走くらいのスタートが切れればと考えています」

(厩舎待望の重賞初制覇に向けて意気込みを)
「チャンスある馬だと思いますので、距離の壁をうまく超えて頑張ってもらえれば良いなと思います」

(取材:小屋敷彰吾)

【フローラS】美浦レポート~レッドベルローズ(鹿戸雄一調教師) [News] [News]
2018/04/18(水) 13:35

22日(日)に東京競馬場で行われるフローラステークス(GII)に出走を予定しているレッドベルローズ(牝3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)について、鹿戸雄一調教師のコメントは以下の通り。

(前走のミモザ賞は好位から抜け出しての勝利でしたね)
「ずいぶん体調が良くレースも覚えてきたようで、先行できて良い競馬でした。中間スタート練習をしたこともあり、レースでも良いスタートを切ることができました」

(中3週の様子は?)
「天栄に出して調整をして、そこから厩舎に戻しました。入れ込みやすいタイプなので厩舎に戻してからは落ち着かせるよう調整してきました。またゲート練習については、きっちりやりすぎると興奮してしまうので、さらっと通す程度で行いました」

(最終追い切りには三浦騎手が騎乗して2頭併せで行われましたね)
「三浦騎手は普段から調教に乗っていて癖を知っているので、最後だけきっちり併せるようお願いしました。併せた相手が調教では動くタイプで、それについていけたらという話をしていました。稽古では予想通りついていってくれて、併せるとやはりピリッとするのでいい稽古だったと思います」

(状態面、仕上がり具合について)
「十分に天栄のほうでもケアしてもらっていて体調面も良いので、いい状態で臨めると思います」

(精神面での変化は?)
「普段はすごく大人しくて良い子ですが、どうしてもレースになると興奮して燃えてしまうところがあります。ただ、前回あたりから装鞍所まで落ち着いて行けるようになってきているので、少しずつ成長しているのではと思います」

(馬体面で変わってきたところはありますか?)
「体重は前回同様で、特に変化なく来ています」

(東京芝2000mについて)
「東京コースは走っているので問題ないでしょう。2000mという距離については前々で競馬して流れに乗れれば力は出せると思います」

(今回のポイントは?)
「当日のテンションとスタートがやはり鍵になるかと思います」

(三浦騎手とは初コンビですね)
「前回のルメール騎手のように良いレースを期待しています」

(ファンへ向けて)
「レースでは興奮していてテンションが高いのであまりよくみえないかもしれませんが、普段は本当にいい子で一生懸命に走ってくれる馬です。次につながるレースをしようと思いますので応援よろしくお願いします」

(取材:小屋敷彰吾)

全12件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]