【馬場情報】福島競馬場 [News] [News]
2018/04/13(金) 13:17

4月13日(金)正午現在の福島競馬場の馬場状態は以下の通り。

(天候)曇
(馬場状態)芝:良 ダート:良

(芝の状態)
Aコース(内柵を最内に設置)を使用。3コーナーの内柵沿いに傷みが出始めたが、全体的には良好な状態。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約6~8cm、洋芝約12~16cm
障害コース:野芝約6~8cm、洋芝約12~16cm

(中間の降水量)
6日(金)に1.5ミリ、7日(土)に1ミリの雨量を記録した。

(中間の作業内容)
・芝コース
9日(月)芝刈りを実施。11日(水)肥料を散布。9日(月)~12日(木)芝の生育管理のため散水を実施。

・ダートコース
10日(火)~13日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。

・障害コース(たすき部)
9日(月)芝刈りを実施。11日(水)肥料を散布。9日(月)~12日(木)芝の生育管理のため散水を実施。

(JRA発表)

【馬場情報】阪神競馬場 [News] [News]
2018/04/13(金) 13:16

4月13日(金)正午現在の阪神競馬場の馬場状態は以下の通り。

(天候)晴
(馬場状態)芝:良 ダート:良

(芝の状態)
Bコース(Aコースから直線部3m、曲線部4m外側に内柵を設置)を使用。先週に引き続き、向正面と正面の内側に傷みがあるが、その他の箇所については概ね良好な状態。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約6~8cm、洋芝約14~18cm

(中間の降水量)
6日(金)に19ミリ、7日(土)に0.5ミリ、12日(木)に1.5ミリの雨量を記録した。

(中間の作業内容)
・芝コース
9日(月)芝刈りを実施。9日(月)~10日(火)、12日(木)芝の生育管理のため散水を実施。

・ダートコース
10日(火)~13日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。

(JRA発表)

【馬場情報】中山競馬場 [News] [News]
2018/04/13(金) 13:15

4月13日(金)正午現在の中山競馬場の馬場状態は以下の通り。

(天候)晴
(馬場状態)芝:良 ダート:良

(芝の状態)
Bコース(Aコースから3m外に内柵を設置)を使用。3コーナーから4コーナーの内側及び正面を中心に傷みが見られる。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約6~8cm、洋芝約12~16cm
障害コース:野芝約6~8cm、洋芝約12~16cm

(中間の降水量)
6日(金)に0.5ミリ、7日(土)に1.5ミリの雨量を記録した。

(中間の作業内容)
・芝コース
8日(日)、10日(火)、12日(木)芝の生育管理のため散水を実施。10日(火)芝刈りを実施。

・ダートコース
10日(火)~13日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。

・障害コース
10日(火)芝の生育管理のため散水を実施。

(JRA発表)

ワールドベストレースホースランキング、ガンランナーとウィンクスがトップ [News] [News]
2018/04/13(金) 12:37

「ロンジンワールドベストレースホースランキング」(LWBRR)がIFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表された。今回の発表は、ドバイワールドカップデーの諸競走、オーストラリアのドンカスターマイルなど2018年1月1日から4月8日までに施行された世界の主要レースを対象としている。

 ランキング上位に変動はなく、トップはガンランナーとウィンクスの2頭で129ポンドだった。ウィンクスはジョージライダーステークスで勝利し連勝を24としたがレーティングは変わっていない。なおG1競走の勝利数は17となり、平地G1競走の勝利数で歴代単独最多となった。第3位も引き続きウエストコーストで124ポンドだった。ウエストコーストはドバイワールドカップで2着だったがレーティングに変更はない。第4位タイは、ベンバトル、ハッピークラッパー、サンダースノー、トラピーズアーティストの4頭で123ポンド。ハッピークラッパーはドンカスターマイルを勝って前回の中間の発表からレーティングを上げたが順位は変わっていない。また、ベンバトルはドバイターフを、サンダースノーはドバイワールドカップを、トラピーズアーティストはTJスミスステークスをそれぞれ勝って新たにランキング入りした。
 日本調教馬では、大阪杯を勝ったスワーヴリチャードが121ポンドで第10位タイに、大阪杯2着のペルシアンナイトが119ポンドで第15位タイになった。

(JRA発表)

【シドニーC】(豪州)~プレストウィック「精神的にも良い状態」 [News] [News]
2018/04/13(金) 12:26

 14日(土)にオーストラリアのランドウィック競馬場で行われるシドニーカップ(G1、芝3200m)に出走するプレストウィック(牡7、美浦・武藤善則厩舎)の、13日の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

<調教状況>
 カンタベリー競馬場の芝コースでハッキング~800mからペースアップ、直線軽く仕掛ける

<武藤善則調教師のコメント>
「雨が全く降らなかったのは想定外でしたが、その他はここまで予定通りに来ることができました。馬の動きに力みもなく、3200mを走るには精神的にも良い状態です。モレイラ騎手と道中の位置取りなどを打ち合わせて、レースに臨みます」

※このレースのJRAでの発売はない。

(JRA発表)

コマノジャスパの出走取消理由について [News] [News]
2018/04/13(金) 10:52

14日(土)の阪神競馬5レースに出走予定だったコマノジャスパ(牡3、栗東・藤沢則雄厩舎)は、きょう13日(金)午前7時30分頃、栗東トレーニングセンターで調教を行った際に放馬し、Dコース(1周約2000m)をギャロップ~キャンターのスピードで約17周走行した。

藤沢則雄調教師がコマノジャスパの状態を確認して「今週の競走に出走させることは適切ではない」と判断し、出走取消を願い出て、裁決委員により許可された。

(JRA発表)