シャイニングレイの競走馬登録抹消について [News] [News]
2018/04/08(日) 14:36

2014年ホープフルステークス(GII)などに優勝したシャイニングレイ(牡6歳、栗東・高野友和厩舎)は、4月7日(土)付で競走馬登録を抹消した。

なお、同馬は乗馬となる予定。

高柳大輔調教師、JRA初勝利 [News] [News]
2018/04/08(日) 14:33

阪神3Rで、9番アドバンスマルスが1着となり、同馬を管理する高柳大輔調教師(栗東)は、JRA初勝利を挙げた。

~高柳大輔調教師のコメント~
「初勝利を挙げられてまずは素直に嬉しいです。開業してからは、勝ちに急ぐより厩舎運営をしっかり安定させるようにしようと力を注いできましたが、思いのほかそれが早く実を結んでくれました。馬を預けてくれたオーナーと運営に協力してくれているスタッフ、そして応援してくれている皆様のおかげです。今回はまだまだ試行錯誤しながら頑張っている中での初勝利でしたが、今後は厩舎運営結果としての勝利をさらに実感として感じられるように厩舎運営に取り組んでいきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」

【3歳500万下】(中山6R)~マイネルサリューエが勝利 [News] [News]
2018/04/08(日) 14:27

中山6Rの3歳500万下(ダート1800m)は9番人気マイネルサリューエ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒0(良)。1/2馬身差2着に8番人気マイネルアンファン、さらに1馬身1/2差で3着に3番人気シャイニーロケットが入った。

マイネルサリューエは美浦・上原博之厩舎の3歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母エーピーサルート(母の父エーピーダンサー)。通算成績は9戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルサリューエ(松岡騎手)
「気難しいところのある馬で、前回はスタート直後に他の馬にぶつけられて走る気をなくしてしまいました。今回のように1頭で動いて行けると力を出すことが出来ます。内枠を引いて揉まれた時どうするかが今後の課題でしょう」

2着 マイネルアンファン(柴田大騎手)
「力のある馬ですが、周りの馬を気にしてビビッてしまう面があります。今日は流れが向いて最後に追い込んでくれましたが、色々難しい馬です」

5着 スウィングビート(内田博騎手)
「指示もあり、前半はゆっくりレースを進めました。エンジンの掛かりが遅く、最後もジワジワ差を詰める形でした。どちらかと言えば東京のような広いコースが合っていると思います」

ウッドバイン競馬場との交換競走の実施について [News] [News]
2018/04/08(日) 14:19

北米最大級の芝コース(1周2412m)を誇り、カナディアンインターナショナルステークスやウッドバインマイルなどの国際競走が実施されるウッドバイン競馬場と東京競馬場との交換競走を以下のとおり実施することとなった。

【実施日】
6月24日(日)第11レース

【レース名】
ウッドバイン競馬場賞パラダイスステークス

※ウッドバイン競馬場では、9月15日(土)に行われるカナディアンステークス(G2)をJRAとの交換競走として実施予定。


●ジョナサン・サミット競馬運営担当副場長のコメント
「ウッドバイン競馬場はJRAを競馬産業界の国際的なリーダーとして高く評価しており、長期にわたり、より強固な関係を築けることを切望しております」

●後藤正幸JRA理事長のコメント
「ウッドバイン競馬場はカナダの競馬の中心であり、国際的にも名高い同競馬場と今回交換競走を実施することとなったのは非常に光栄なことです。今後、これを契機に我々とウッドバイン競馬場との関係がさらに深まることを期待しております」

【3歳未勝利】(中山4R)~初出走のクイーングラスが勝利 [News] [News]
2018/04/08(日) 13:58

中山4Rの3歳未勝利戦(牝馬限定、芝2000m)は1番人気クイーングラス(武藤雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒5(良)。1/2馬身差2着に4番人気レッドラフェスタ、さらに1馬身1/4差で3着に7番人気エバーミランダが入った。

クイーングラスは美浦・和田雄二厩舎の3歳牝馬で、父ルーラーシップ、母パイクスピーク(母の父アグネスタキオン)。

~レース後のコメント~
1着 クイーングラス(武藤雅騎手)
「いい馬ですね。調教から凄くいい動きをしていましたし、折り合いもうまくつきました。最後は抜け出すとフワッとするところがあったので、次はもう少し余裕を持って乗れればと思います。まだまだ良くなると思いますし、今後が楽しみです」

【3歳500万下】(阪神5R)~マイネルオスカルが勝利 [News] [News]
2018/04/08(日) 13:49

阪神5Rの3歳500万下(ダート1800m)は8番人気マイネルオスカル(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒3(重)。アタマ差2着に2番人気エンパイアミライ、さらに3/4馬身差で3着に4番人気ケールダンセールが入った。

マイネルオスカルは栗東・中村均厩舎の3歳牡馬で、父エスポワールシチー、母バラベルサイユ(母の父アグネスデジタル)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルオスカル(戸崎騎手)
「今回、1400mから1800mと距離が延びましたが、上手にレースをしてくれました。しぶといタイプなので、これくらい距離があってもいいと思います」

2着 エンパイアミライ(田辺騎手)
「3戦目でまだ掴みきれていないところがありますが、昇級初戦で久々の中、よく頑張っています。前半スピードに乗りづらいところがありましたが、経験とともに変わってくると思います」

4着 サクラアリュール(福永騎手)
「差は詰めていますし、それほど離されてはいません。まだこれから良くなると思います」

全26件中 21件〜26件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 ]