福島競馬場100周年アンバサダー武田玲奈さんのコメント [News] [News]
2018/04/07(土) 14:43

本日、福島競馬場のイベントに出演した、女優・モデルで福島競馬場100周年アンバサダーを務める武田玲奈さんのコメントは以下の通り。

「本日はたくさんの方が来てくださって、本当に嬉しいです。ありがとうございました。地元、福島競馬場のアンバサダーとして愛を込めてこれからも努めていきたいと思います」

(JRA発表による)

【3歳500万下】(中山7R)~人気のリードザウインドがゴール前で差し切りV [News] [News]
2018/04/07(土) 14:35

中山7Rの3歳500万下(ダート1200m)は1番人気リードザウインド(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒0(良)。クビ差の2着に10番人気ノボベイビー、さらに半馬身差の3着に6番人気ハーモニーライズが入った。

リードザウインドは美浦・小島茂之厩舎の3歳牝馬で、父キンシャサノキセキ、母ストームティグレス(母の父Storm Cat)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 リードザウインド(三浦皇成騎手)
「今日は能力で勝ってくれました。馬も良くなっていて、冷静に走れるようになっています。今後はもっと距離を延ばしても良いと思います」

2着 ノボベイビー(木幡初也騎手)
「前走はあまりゲートの出が良くなかったのですが、今日はすんなりと先手を取れました。向正面は向かい風が強くてあまり無理はしたくなかったのですが、そこでペースを落とせたことが良かったですね。直線で追い風に変わってよく残っていましたが、もう少しでした」

4着 クリノロマン(江田照男騎手)
「揉まれ弱いと聞いていましたが、良い位置で競馬が出来ましたし、追い出してからも頑張っています。昇級戦としては良い内容だったと思います」

坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績(4月7日) [News] [News]
2018/04/07(土) 14:11

坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人厩舎)の4月7日(土)のオーストラリアでの騎乗成績は以下の通り。

モーフェットヴィル競馬場(オーストラリア)
3R 一般レース(芝1050m) スパローズ 9着(10頭)

(JRA発表による)

中山2Rの競走中止について [News] [News]
2018/04/07(土) 13:55

中山2レースで、13番イクヨロブロイ(田中勝春騎手)は、競走中に異常歩様となったため、最後の直線コースで競走を中止した。

(JRA発表による)

【3歳500万下】(阪神5R、阪神6R)~シヴァージ、アドマイヤアルバが勝利 [News] [News]
2018/04/07(土) 13:42

阪神5Rの3歳500万下(ダート1400m)は1番人気シヴァージ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒5(重)。半馬身差の2着に3番人気タマモカトレア、さらに1馬身半差の3着に4番人気グローリーグローリが入った。

シヴァージは栗東・野中賢二厩舎の3歳牡馬で、父First Samurai、母Indian Bay(母の父Indian Charlie)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 シヴァージ(川田将雅騎手)
「能力的にここでは負けてはいけないと思っていたので、勝てて良かったなと思います」

9着 トラベリング(C.ルメール騎手)
「まだ緩いところがあります。1400mは行けると思いましたが、最後は疲れていました。距離は長いと思います。1200mの方が良いでしょう」


阪神6Rの3歳500万下(芝1600m)は1番人気アドマイヤアルバ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒5(稍重)。クビ差の2着に10番人気バトルマイスター、さらに2馬身半差の3着に3番人気サクステッドが入った。

アドマイヤアルバは栗東・須貝尚介厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母エリドゥバビロン(母の父Bernstein)。通算成績は8戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤアルバ(川田将雅騎手)
「堅実に走れていましたし、今日も着差は僅かでしたが、自分の力の分は走ってくれています」

3着 サクステッド(C.ルメール騎手)
「最初は少し引っ掛かりましたが、直線はよく伸びてくれました。距離は1600mがピッタリだと思います。まだ若いところのある馬です」

【シドニーC】(豪G1)~プレストウィック、単走で若干強めの追い切り [News] [News]
2018/04/07(土) 13:32

4月14日(土)にオーストラリアのランドウィック競馬場で行われるシドニーカップ(G1・芝3200m)に出走予定のプレストウィック(牡7、美浦・武藤善則厩舎)の、7日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

【調教状況】
カンタベリー競馬場 芝コース
ハッキング―単走で残り800mからペースアップ、若干強めの追い切り

【阿部洋史調教助手のコメント】
「体はだいぶ仕上がってきており、今日は直線で馬の反応を確かめましたが、レースが近づきピリッとしたところが出てきました。息遣いも良く、ここまで非常に順調です。来週10日(火)の最終追い切りは、併せ馬を行う方向で調整しています」

(JRA発表による)

全16件中 11件〜16件目を表示 [ 前の10件 1 2 ]