【シドニーカップ】(豪G1)~プレストウィック、市川雄介騎手を背に強めの追い切り [News] [News]
2018/04/03(火) 12:23

4月14日(土)にオーストラリアのランドウィック競馬場で行われるシドニーカップ(G1・芝3200m)に出走予定のプレストウィック(牡7、美浦・武藤善則厩舎)の、3日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

【調教状況】
カンタベリー競馬場 芝コース(市川雄介騎手騎乗)
ハッキング 単走で残り5ハロンからペースアップ、強めの追い切り

【市川雄介騎手のコメント】
「初めて騎乗したため状態の比較は出来ませんが、馬場を気にするところもなく、順調にきていると思います。来週の最終追い切りでも再度騎乗する予定ですので、馬の状態を詳しく確認したいと思います」

【阿部洋史調教助手のコメント】
「前回よりやや速い時計で、予定通りの調教を行うことができました。これまで3回の追い切りを行い、順調に調整できています。市川騎手は初めての騎乗でしたが、騎乗者の指示通りに動き、操縦性が高いと評価してくれました。今日の感触などから、騎手と打ち合わせて、調教内容を決めたいと思います」

なお、このレースの馬券発売は行われない。

(JRA発表のリリースによる)

※市川雄介騎手はオーストラリアを拠点に活動しており、2015年には地方競馬の短期騎手免許を取得し、名古屋・笠松で8勝を挙げている。