【皐月賞】~ダノンプレミアムなど17頭が登録 [News] [News]
2018/04/01(日) 17:31

4月15日(日)に中山競馬場で行われる皐月賞の登録馬は以下の通り。なお、このレースに除外対象馬はいない。

【フルゲート18頭】

優先出走馬

アイトーン
エポカドーロ
ジャンダルム
ステルヴィオ
ダノンプレミアム

ダブルシャープ
マイネルファンロン
ワグネリアン

賞金上位馬

タイムフライヤー
オウケンムーン
ジェネラーレウーノ
グレイル
キタノコマンドール
ケイティクレバー

サンリヴァル
ジュンヴァルロ
スリーヘリオス

【阪神牝馬S】~ソウルスターリングなど14頭が登録 [News] [News]
2018/04/01(日) 17:28

4月7日(土)に阪神競馬場で行われる阪神牝馬ステークスの登録馬は以下の通り。なお、このレースに除外対象馬はいない。

ソウルスターリング
レッツゴードンキ
リスグラシュー
アドマイヤリード
ミスパンテール

エテルナミノル
ラビットラン
デンコウアンジュ
クインズミラーグロ
ミリッサ

ミエノサクシード
ワントゥワン
レッドアヴァンセ
ジュールポレール

【NZT】~カシアスなど19頭が登録 [News] [News]
2018/04/01(日) 17:25

4月7日(土)に中山競馬場で行われるニュージーランドトロフィーの登録馬は以下の通り。

【フルゲート16頭】

カシアス
リョーノテソーロ
コスモイグナーツ
ペイシャルアス
カツジ

トーセンブレス
ファストアプローチ
アイスフィヨルド
アンブロジオ
イサチルルンルン

カイザーメランジェ
ケイアイノーテック
ラムセスバローズ

以下、抽選対象馬(3/6)

アドマイヤアルバ
アンブロジオ
ゴールドギア
デルタバローズ
バトルマイスター

リュクスポケット

大阪杯(GI)プレゼンター・間寛平さん、和牛さんのコメント [News] [News]
2018/04/01(日) 17:21

お笑い芸人の間寛平さん、および、和牛さんが大阪杯(GI)のプレゼンターを務めた。コメントは以下のとおり。

間寛平さん
「阪神競馬場は家が近くなので、昔からちょくちょく走って来ています。昔と比べるとすごくきれいになっていて家族連れでも楽しめる場所になりましたね」

和牛・水田信二さん
「馬の毛並がとてもキレイで、見ているだけで元気をもらえました。毎週でも足を運びたい場所ですね」

和牛・川西賢志郎さん
「満開に咲く桜のピンクと、芝の緑の間を走る生の競走馬がかっこよくて大興奮でした」

(JRA発表による)

【鳴門S】(阪神)~ファッショニスタが人気に応える [News] [News]
2018/04/01(日) 17:14

阪神12Rの鳴門ステークス(4歳以上1600万下・ダート1400m)は1番人気ファッショニスタ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒3(良)。半馬身差の2着に3番人気テイエムグッドマン、さらに1馬身1/4差の3着に11番人気トウケイワラウカドが入った。

ファッショニスタは栗東・安田隆行厩舎の4歳牝馬で、父ストリートセンス、母アクアリスト(母の父Coronado’s Quest)。通算成績は8戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ファッショニスタ(川田将雅騎手)
「スムーズにこの馬らしい競馬が出来ました。あとは精神的に成長してくれば、なお良いですね」

1着 ファッショニスタ(安田隆行調教師)
「まだ、フワフワしていますが、以前より落ち着きも出ています。ここはしっかりクリアしてくれました。今後は馬の状態を見ながら決めたいと思います」

【大阪杯】(阪神)~向正面で動いたスワーヴリチャードが勝利 [News] [News]
2018/04/01(日) 17:03

阪神11Rの大阪杯(4歳以上GI・芝2000m)は1番人気スワーヴリチャード(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒2(良)。3/4馬身差の2着に6番人気ペルシアンナイト、さらに半馬身差の3着に2番人気アルアインが入った。

スワーヴリチャードは栗東・庄野靖志厩舎の4歳牡馬で、父ハーツクライ、母ピラミマ(母の父Unbridled’s Song)。通算成績は10戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 スワーヴリチャード(M・デムーロ騎手)
「良い手応えでしたし、本当に良い脚を使ってくれました。有馬記念はペースが遅くてもたれていましたが、今回も遅ければ早めに外に出そうと思っていました。直線も良い手応えで、有馬記念では替えなかった手前を替えて伸びてくれました。思った通り良い馬です。次も楽しみです」

2着 ペルシアンナイト(福永祐一騎手)
「よく頑張ってくれました。内で我慢して、狭い所から良い形で抜け出すことが出来ました。イメージした形でレースをして、2000mも問題はありませんでした。最後まで差をつめてくれましたが、1頭強い馬がいました」

3着 アルアイン(川田将雅騎手)
「全体的に見れば自分の競馬は出来たと思います。最後につかまえられる雰囲気はあったのですが、追いつけず苦しくなりました。精一杯馬は頑張ってくれました」

6着 ダンビュライト(浜中俊騎手)
「よく頑張ってくれています。ヤマカツライデンの後ろで、良い形で運べました。勝ち馬が上がって行ったときに離されてしまいましたが、大きくはバテませんでした」

7着 サトノダイヤモンド(戸崎圭太騎手)
「内枠でスローペースになり、3~4コーナーではゴチャついていて、展開が向きませんでした」

13着 シュヴァルグラン(三浦皇成騎手)
「意外なペースの競馬となり、自分のリズムを取りたいと思った時、他が動いてこの馬のリズムで行けませんでした。3コーナーでは手応えがあやしくなりました。流れもこの馬に向きませんでした」

14着 マサハヤドリーム(北村友一騎手)
「上手に折り合いをつけられましたし、よく伸びてくれていますが、相手が強かったですね」

【東京スプリント】(大井)~JRA所属の出走予定馬 [News] [News]
2018/04/01(日) 16:37

4月18日(水)に行われるダートグレード競走の第29回東京スプリントに出走を予定しているJRA所属馬および騎乗予定騎手は以下の通り。

<馬名 性齢 騎乗予定騎手>
ウインオスカー   牡5 菱田裕二
グレイスフルリープ 牡8 武豊
スノードラゴン   牡10 大野拓弥
ニシケンモノノフ  牡7 横山典弘
ネロ        牡7 未定

補欠馬
ベストマッチョ   セ5 未定
キングズガード   牡7 未定
エポック      牡5 未定
キタサンサジン   牡6 未定
スマートアヴァロン 牡6 未定

(JRA発表)

【御堂筋S】(阪神)~ホウオウドリームが決め手を発揮し差し切る [News] [News]
2018/04/01(日) 16:27

阪神10Rの御堂筋ステークス(4歳以上1600万下・ハンデ・芝2400m)は2番人気ホウオウドリーム(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分27秒4(良)。クビ差の2着に1番人気テーオーフォルテ、さらにクビ差の3着に4番人気アドマイヤエイカンが入った。

ホウオウドリームは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牡馬で、父ルーラーシップ、母メジロドーベル(母の父メジロライアン)。通算成績は11戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ホウオウドリーム(M・デムーロ騎手)
「ビックリしました。こんなに長く良い脚を使う馬はなかなかいないですよ。上のクラスでも楽しみですね」

2着 テーオーフォルテ(藤岡佑介騎手)
「長距離仕様になっていますが、折り合いもつくようになっていますし、良い形で運ぶことができました。早めに動いて行って、思ったほど突き放すことができませんでしたが、よく頑張ってくれています。高い次元で状態はキープしています。今日は勝ち馬の決め手が一枚上でした。次はもっと良くなりますよ」

3着 アドマイヤエイカン(田辺裕信騎手)
「距離が課題でしたが、うまくレースができました。直線も伸びてはいますが、勝ち馬が切れ味で勝っていましたね」

4着 イチダイ(戸崎圭太騎手)
「格上でも楽に運べていましたし、ジリジリとでしたけど最後もよく伸びてくれました」

【船橋S】(中山)~好スタートのライトフェアリーが押し切る [News] [News]
2018/04/01(日) 16:19

中山11Rの船橋ステークス(4歳以上1600万下・芝1200m)は8番人気ライトフェアリー(柴山雄一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒3(良)。3/4馬身差の2着に4番人気アッラサルーテ、さらにクビ差の3着に1番人気ワンアフターが入った。

ライトフェアリーは美浦・石毛善彦厩舎の6歳牝馬で、父サムライハート、母フラワーフェアリー(母の父アルカセット)。通算成績は20戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ライトフェアリー(柴山雄一騎手)
「外枠がプラスに働き、他に行く馬もいなかったのでスムーズに逃げられました。道中ムキになるところもありましたが、最後よくしのいでくれました」

2着 アッラサルーテ(石橋脩騎手)
「この馬の競馬をしようと思っていて、ある程度良い形で進められました。ただ、勝ち馬が想像以上に強かったです」

3着 ワンアフター(内田博幸騎手)
「枠なりの競馬をしようと思っていて、良い位置を取れましたが、前が止まりませんでした。ただ、乗りやすい馬なので、またチャンスはあると思います」

4着 ナンヨーアミーコ(丸田恭介騎手)
「ゲートがゆっくりだったことは想定内でした。内を進んで直線も進路を取れました。もう少し速い流れになってほしかったですね」

【伏竜S】(中山)~ドンフォルティスが前走のリベンジを果たす [News] [News]
2018/04/01(日) 16:10

中山10Rの伏竜ステークス(3歳オープン・ダート1800m)は3番人気ドンフォルティス(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒7(良)。1馬身半差の2着に1番人気ルヴァンスレーヴ、さらにクビ差の3着に2番人気コマビショウが入った。

ドンフォルティスは栗東・牧浦充徳厩舎の3歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母グロッタアズーラ(母の父フジキセキ)。通算成績は6戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ドンフォルティス(石橋脩騎手)
「競馬を上手に教えてもらっているので、リズムよく折り合いもつきました。ただ、返し馬から物見をするところがあって、早く抜け出したくなかったのですが、抜けてからもよく我慢していました。とても良い馬ですし、前走を見ても逆転できると思っていました」

2着 ルヴァンスレーヴ(内田博幸騎手)
「プラス10キロは成長分です。右回りが初めてで、久々というのもあったかもしれません。これを使ってガラッと変わってくると思います。これからの馬です」

3着 コマビショウ(和田竜二騎手)
「道中折り合って上手に走っています。勝負所で押し出されるような形になりましたが、うまく運ぶことができました。これから良くなってくると思います」

5着 ワークアンドラブ(柴田大知騎手)
「難しいところがあって、勝負所では突っ張るように走っていました」

全19件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]