【ドバイ国際競走】~日本馬14頭がドバイへ到着 [News] [News]
2018/03/21(水) 18:55

 3月31日(土)にアラブ首長国連邦ドバイ・メイダン競馬場で行われるドバイワールドカップデーの日本馬14頭が、現地時間20日の20時40分ごろ(日本時間21日1時40分ごろ)にドバイ国際空港へ到着した。

・ドバイワールドカップ(G1)
 アウォーディー(牡8、栗東・松永幹夫)
・ドバイシーマクラシック(G1)
 サトノクラウン(牡6、美浦・堀宣行)
 モズカッチャン(牝4、栗東・鮫島一歩)
 レイデオロ(牡4、美浦・藤沢和雄)
・ドバイターフ(G1)
 ヴィブロス(牝5、栗東・友道康夫)
 クロコスミア(牝5、栗東・西浦勝一)
 ディアドラ(牝4、栗東・橋田満)
 ネオリアリズム(牡7、美浦・堀宣行)
 リアルスティール(牡6、栗東・矢作芳人)
・ドバイゴールデンシャヒーン(G1)
 マテラスカイ(牡4、栗東・森秀行)
・UAEダービー(G2)
 タイキフェルヴール(牡3、栗東・牧浦充徳)
 ルッジェーロ(牡3、美浦・鹿戸雄一)
・ゴドルフィンマイル(G2)
 アキトクレッセント(牡6、栗東・清水久詞)
 アディラート(牡4、栗東・須貝尚介)

(JRA発表)

【毎日杯】栗東レポート~ユーキャンスマイル [News] [News]
2018/03/21(水) 17:15

☆24日(土)阪神競馬場で行なわれる第65回毎日杯(GIII)に出走を予定しているユーキャンスマイル(牡3、友道康夫厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ユーキャンスマイルについて、友道康夫調教師

・この馬は内にモタれる面があるのですが前走のつばき賞はモタれながらもしっかりと差し切ってくれました。そのレースはプラス10kgでしたがやや線が細い面があるのでその点はプラス材料だと思っています。

・調教に関しては先週まで併せ馬でしっかりやって今週は最後の反応を見る程度で今朝の反応も良かったです。調教はモタれることなく真っ直ぐ走るのでそのままレースも真っ直ぐ走ってもらいたいですね。飼葉もしっかり食べて調教もその分動いていい状態できています。

・決して口向きが良くなくてモタれているわけではありません。馬体にゆるい面があって右へ右へ行くのではと思っています。ですから馬具を工夫するということは考えてはいません。しっかり乗り込んでトモの筋肉を鍛えて競馬の面でも徐々に改善はしています。

・レースではこの馬のセールスポイントである長くいい脚を生かして最後の直線で伸びてくれればと期待しています。今回はメンバーも強力になりますからここでどれぐらい戦えるかも楽しみです。

《取材:檜川彰人》

【高松宮記念】栗東レポート~ダイアナヘイロー [News] [News]
2018/03/21(水) 17:11

☆25日(日)中京競馬場で行なわれる第48回高松宮記念(GI)に出走を予定しているダイアナヘイロー(牝5、大根田裕之厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ダイアナヘイローについて、大根田裕之調教師

・私の厩舎に来たときにとにかく環境を変えないようにしました。担当者も同じです。それに入った馬房も以前所属していた厩舎と同じ位置にして今まで通りにすることを第一に調整を続けました。馬体面での変化も無いように感じます。

・牝馬ですからもう少しイレ込みなどがあるのではと思いましたが落ち着いています。担当者がずっと自分で乗っている人なので、こちらとしてはとやかく言いません。先週は松山騎手が初騎乗でしたから感触をつかんでもらう意味で跨ってもらって追い切りました。その追い切りもスムーズに思ったとおりの動きで松山騎手もいい感触をつかんだようです。

・前日から雨が降って馬場も悪くなっていたので今朝は時計のことは気にせず、まっすぐゴールまで駆け上がるよう指示しました。時計も思っていた通りで言うことはありません。当日のイレ込みなどはどうなるかは分かりませんがここまでは馬も落ち着いて順調にきています。

・馬の状態は変わらずいい形で来ています。馬場状態や相手関係など様々な条件はありますが持ち味であるスピードを生かしてどこまで頑張ってくれるのか楽しみにしています。

《取材:檜川彰人》

【高松宮記念】栗東レポート~ファインニードル [News] [News]
2018/03/21(水) 17:06

☆25日(日)中京競馬場で行なわれる第48回高松宮記念(GI)に出走を予定しているファインニードル(牡5、高橋義忠厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ファインニードルについて、高橋義忠調教師

・先週Cウッドチップコースで併せ馬でしっかりやりましたので、今週は先週の追い切りで騎手がくれた課題点が解消されているかを確認する意味で坂路を使って単走で追い切りました。しっかり動けたのではないかと思います。

・前走に関しましては休み明けということもあり、成長分も当然あったと思いますがそれを差し引いても余裕のある身体でしたから一度使って良くなることを想像できました。ですから良い形でここまでこれたかなと思います。

・前走は488kgでの出走で、今回は470kg台での出走になるとは思いますが、スプリンターとしていい筋肉もついて成長もしていますので体重そのものはそれほど気にはしていません。

・もともと競馬のセンスが高いのですが枠順によってはその力を発揮できないことが多々ありました。これまで使いつつ力を付けているという印象がありましたがここからさらに一段と良くなってくるのではと思っています。

・昨年のGIチャレンジの時は力試しの一面もありましたが今年の場合は違った形でGIを迎えますので真価が問われる年になると感じています。左回りの経験が少ないのですが、それ以上に枠順です。内目でスムーズなスタートが切れればと考えています。馬場に関しても良い方がいいとは思っていますが後は騎手にお任せします。

・馬が頑張ってくれていますから結果をしっかり出して関係者を含め応援してくださっている方に喜んでいただけるよう頑張りたいですね。

《取材:檜川彰人》

【高松宮記念】栗東レポート~ファインニードル [News] [News]
2018/03/21(水) 17:03

☆25日(日)中京競馬場で行なわれる第48回高松宮記念(GI)に出走を予定しているファインニードル(牡5、高橋義忠厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ファインニードルについて、川田将雅騎手

・前走はいい枠が当たりましたしゲートも出てくれました。終始スムーズに競馬ができ直線の反応も良くしっかりとした脚を使ってくれました。何も言うことがなくまだ良くなることを感じさせてくれた中でのレースでした。

・以前に乗った時は1400mでコントロールが難しいと感じましたが、馬も成長して前走は1200mで我慢も効いてリズム良く走れるようになった分結果が出たのだと思います。

・先週中京で乗りましたが馬場も荒れてきている印象があります。昨年と同様あまりいい馬場ではない中のレースになりそうですからそうなった場合はどうでしょうか?あと左回りもあまり経験がありませんからその点もどうかと言うところはあります。

・いい状態でここまで来ることが出来ました。スムーズにこの馬のレースをしてもらいたいですね。それに馬主の名義もゴドルフィンとなって最初のGIですからいい結果が出るように頑張りたいです。

《取材:檜川彰人》

【高松宮記念】栗東レポート~レッツゴードンキ [News] [News]
2018/03/21(水) 17:00

☆25日(日)中京競馬場で行なわれる第48回高松宮記念(GI)に出走を予定しているレッツゴードンキ(牝6、梅田智之厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎レッツゴードンキについて、梅田智之調教師

・一週前追い切りは岩田騎手に乗ってもらってビシッとやってもらいましたから今朝の最終追い切りはテンションを上げないように息を整えることに主眼を置きました。

・中間は間隔がとれて、いつも通り時間をかけながら調整できたので前走のフェブラリーステークスを使っている時より順調にくることができました。前走がダート1600mで今回が芝1200mということですが特に変わったことはしていません。

・暮れの香港では飼葉食いが悪く身体を減らしたところもありました。フェブラリーステークスはその減った身体を戻しながらのレースでした。今回は身体も戻っていますのでふっくらとした身体で出られると思います。

・6歳になりましたが正直悪くはなっていません。調教の時計も動きも変わらずと言うか、いい時と比べて遜色ありませんからね。

・この馬はとにかく丈夫でレースに行って調教通りというか調教以上の結果を出してくれます。この馬は1200mで後ろから行く馬なので相手云々というより自分が折り合ってスムーズに運んで直線いかに馬群を捌くかというところを大切に感じています。雨や重馬場は気にしていません。ゲートはすんなり出て欲しいですね。あとは騎手が考えてくれます。

・2着3着が多く勝ちきれない馬ではありますが桜花賞馬の名に恥じないような調整は出来ました。何とか結果を出してGIタイトルを取りたいですね。

《取材:檜川彰人》

【高松宮記念】栗東レポート~レッツゴードンキ [News] [News]
2018/03/21(水) 16:58

☆25日(日)中京競馬場で行なわれる第48回高松宮記念(GI)に出走を予定しているレッツゴードンキ(牝6、梅田智之厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎レッツゴードンキについて、岩田康誠騎手

・昨年に続きすごく順調です。状態もいいので昨年以上のレースができると思います。
昨年の高松宮記念ではこの馬の脚は使ってくれました。重馬場の中、良く走ってくれました。

・一週前の追い切りに乗って思ったのは昨年以上に追い切りで動くようになったということです。

・6才になっても衰えは感じません。素直過ぎるぐらい素直で毎レース一生懸命走ってくれます。出来れば速い流れになってくれればこの馬自身レースがしやすいと思います。

・スタートを決めて流れに乗って、うまく足を溜めて伸びてくれればいいと思います。

・馬場が渋っても苦にしません。枠順はどこでもいいのでスムーズにレースをするだけです。前走ダートを走りましたが気にするところはありません。

・何とかあと一つビックタイトルが欲しいですね。そう言う気持ちでレースに臨みます。

《取材:檜川彰人》

【高松宮記念】美浦レポート~レッドファルクス [News] [News]
2018/03/21(水) 14:25

 25日(日)に中京競馬場で行われる高松宮記念(GI)に出走予定のレッドファルクス(牡7)について、管理する尾関知人調教師の追い切り後のコメントは以下の通り。

―前走(阪急杯)を振り返って
「高松宮記念が目標という中で、(高松宮記念と)相性の良いこのレースからスタートしたんですけれども、内容としては枠が内だったこともあって外に出すのに下げざるを得なくて、後ろからの競馬になりました。しっかり脚を使って、もうちょっとでしたが、勝てなかった以外はここに向けていい内容だったと思います」

―中間の調整は
「レースを走ったのでそれなりに疲れは当然あったのですが、疲れが取れて、徐々に上げていくという感じでした」

―1週前の追い切りは
「直前は競馬に直結する追い切りをしたい、と思っていたので、1週前はそれとは別に心肺機能を高めるような長めの追い切りという感じでした。入りから長く負荷を掛けたかったのですが、最初が少しゆっくりになってしまった感じはありました。それでもしっかり動けていましたし、馬は順調だったので、ある程度は予定通りの調教だったかなと思います」

―今日の追い切りは
「先行馬を追走して、直線で外に併せて終いは強めにという感じで、先行馬にはある程度序盤からしっかり先行して(前週でゆっくりになってしまった部分を)しっかりいけるようにという話をしました。先行馬(1000万条件)も能力が高い馬で、その馬を追いかけて、内容のある追い切りが出来たと思います」

―最終追い切りのコース選びは
「先週の時点で、Dコースで追い切ろうと思っていたのですが、昨日の雨もありましたし、一番で追い切っている馬の音を聞いて(馬場が)硬いと思ったことと、最後の追い切りは長くしなくてもいいかなということもあって、ウッドチップにしました」

―中京コースは相性がいいようですが
「最後があのレース(去年の高松宮記念で3着)ですが、それまでのことを考えると、名古屋に行くと馬が元気になるくらいのイメージでいます」

―馬場状態の希望は
「去年も急に雨が降ってきましたし何とも言えませんが、いろんな馬場を走ってくれてますし、与えられた条件はみんな一緒ですから、その中で頑張ってくれればと思います」

―レースの作戦は
「レース自体が生き物ですから、この馬を一番ジョッキーが分かってくれてると思いますし、全権委任というイメージです」

―枠順は
「言って違うところになっても嫌ですからね(笑)」

―勝てばJRAのスプリントGI完全制覇になりますが
「去年のJRA賞で最優秀短距離馬にしていただいて、もちろん、このレースを目標にしていくのは当然です。また、準オープンやオープンの駆け出しだった頃に、この馬でGIに臨めるなら高松宮記念じゃないかな、というのが念頭にあって、そのスタートが(初重賞制覇になった)CBC賞だったんです。去年(の高松宮記念)は人気にしていただいて期待に応えられませんでしたが、去年の轍を踏まずにチャレンジしていくので、勝ってもらいたいと思っています」

―ファンの皆さんへ
「去年の最優秀短距離馬というタイトルに負けないようなレースをお見せしたいとスタッフ一同思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

【高松宮記念】美浦レポート~セイウンコウセイ [News] [News]
2018/03/21(水) 14:24

 25日(日)に中京競馬場で行われる高松宮記念(GI)に出走予定のセイウンコウセイ(牡5)について、管理する上原博之調教師の追い切り後のコメントは以下の通り。

―前走(シルクロードS)を振り返って
「去年と同じく高松宮記念の前哨戦ということで、だいぶ前からレースを選んで、思い切った競馬をしてもらって、次に繋がるいいレースだったと思います」

―中間の調整は
「去年と全く同じような調整過程です。前走のあとは西山牧場で放牧してリフレッシュしてもらい、ひと月前に美浦へ戻って調整してきました」

―1週前の追い切りは
「松田騎手にセイウンコウセイの感触を掴んでもらうことと、最終追い切りに繋がるような状態にしてもらう、ということで、予定通りの追い切りができました」

―今週の追い切りは
「いつも通り、最後は目いっぱい追って、今週は競馬だということを分かってもらうように追いました。入厩して1ヶ月、ずっと予定通りやってきましたので、最終追い切りも予定通りのいい追い切りが出来ました」

―お天気は
「馬場状態は気にしていません。去年はああいう馬場でも苦にせず走っていました。馬場が悪くなって欲しいという気持ちはないですが、道悪になるのは悪い材料ではないと思います」

―今回の作戦は
「まだ5歳ですがレース経験がそれほどあるわけではなく、揉まれたり馬込みに入ると気分を壊すところがあるので、現時点では思い切った競馬をする方が、この馬にとってはレースがしやすいと思います」

―枠順は
「先行したい馬なので、真ん中前後が理想かな、とは思います」

―このレースの連覇がかかりますが
「去年勝たせてもらって、この馬だけ連覇のチャンスがありますので、去年と同じ結果が出るようにスタッフでやってきました」

―ファンの皆さんへ
「去年GIを勝たせてもらった後、ふがいないレースが続きましたが、1年経ってここを目標にいい状態で来ていますので、応援してもらえたら嬉しいです」

(取材:山本直)

【高松宮記念】美浦レポート~キングハート [News] [News]
2018/03/21(水) 14:21

 25日(日)に中京競馬場で行われる高松宮記念(GI)に出走予定のキングハート(牡5)について、管理する星野忍調教師、騎乗予定の北村宏司騎手の追い切り後のコメントは以下の通り。

●星野忍調教師

―前走(オーシャンS)を振り返って
「ゲートを上手く出て好位につけて、理想の競馬が出来たと思います」

―中間の調整は
「日にちもそれほどないので、この状態をうまく維持できることを考えて、先週も強めにやらずに、今週も気合をつける程度でいいだろう、と騎手が言っていて、うまく調教してくれたと思います」

―左回り、中京コースはいかがでしょうか
「たまたま右回りに多く出走しているもので、左回りもそれほど苦にならないのではないかと思っています」

―この馬の長所は
「普段はおとなしいですが、やる時は大きい暴れ方をする、メリハリがあっていい馬だと思います」

―レースでの作戦は
「いつもと同じような感じで、ゲートを出て行ってくれれば、ジョッキーが分かっていることですから、任せています」

―枠順は
「運ですね。気にしないです」

―調教師としての初GI制覇の可能性が出てきましたが
「何でも走ってくれれば嬉しいですけど、特にGIでいい競馬をしてくれれば嬉しいです」

―ファンの皆さんへ
「GIIIを勝ってくれて、ようやくオープン馬、という感じになったのですが、まだ5歳ですので、これから活躍してくれることを祈っています。皆さんも応援してください。よろしくお願いします」

●北村宏司騎手

―前走(オーシャンS)を振り返って
「駐立が良くうまくスタートを切ってくれました。スムーズに運べたので、直線も手応えがあって、最後も接戦でしたがよく凌いでくれました」

―久々の騎乗でしたが成長は
「逞しくなっていましたし、気持ちもコントロールしやすくなっているのかな、と思いました」

―今週の追い切りは
「調教師から特に何をしてくれ、ということはなかったのですが、感触を掴んできてほしいということでした。(感触としては)健康そうでした。今のところはよかったですね」

―左回りはいかがでしょうか
「大丈夫かな、と思っています」

―レースでの作戦は
「これから考えます」

―枠順の希望は
「そのあたりも出てから、よく考えたいと思います」

―ファンの皆さんへ
「順調に来ていますので、スムーズに走らせていい結果を出せるように頑張ります」

(取材:山本直)

全11件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]