ドバイワールドカップデーに合わせ、騎手5人が海外渡航届を提出 [News] [News]
2018/03/16(金) 14:48

JRAは、以下の騎手から海外渡航届の提出があったと発表した。渡航先はいずれもドバイ。

岩田康誠騎手
 2018年3月27日(火)~4月1日(日) ドバイワールドカップデー騎乗のため
武豊騎手
 2018年3月25日(日)~4月2日(月) ドバイワールドカップデー騎乗のため
 ※3月25日は日本で騎乗後ドバイへ渡航予定
クリストフ・ルメール騎手
 2018年3月26日(月)~4月2日(月) ドバイワールドカップデー騎乗のため
黒岩悠騎手
 2018年3月21日(水)~4月2日(月) 海外遠征馬調教等のため
坂井瑠星騎手
 2018年3月25日(日)~4月2日(月) 海外遠征馬調教等のため
 ※現在渡航中のオーストラリアから同期間ドバイへ渡航

(JRA発表)

【馬場情報】中京競馬場 [News] [News]
2018/03/16(金) 13:12

3月16日(金)正午現在の中京競馬場の馬場状態は以下の通り。

(天候)雨
(馬場状態)芝:稍重 ダート:稍重

(芝の状態)
Aコース(内柵を最内に設置)を使用。3コーナーから4コーナーの内側に傷みが出始めたが、その他の箇所は概ね良好な状態。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約6~8cm、洋芝約12~16cm

(中間の降水量)
9日(金)に18.5ミリ、16日(金)は正午までに6.5ミリの雨量を記録した。

(中間の作業内容)
・芝コース
13日(火)芝刈り、芝の生育管理のための散水を実施。14日(水)殺菌剤を散布。

・ダートコース
13日(火)~15日(木)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。

(JRA発表)

【馬場情報】阪神競馬場 [News] [News]
2018/03/16(金) 13:11

3月16日(金)正午現在の阪神競馬場の馬場状態は以下の通り。

(天候)小雨

(馬場状態)芝:稍重 ダート:稍重

(芝の状態)
Aコース(内柵を最内に設置)を使用。内・外回り3コーナーに局所的な傷みが出始めたが、全体としては引き続き概ね良好な状態。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約6~8cm、洋芝約12~16cm

(中間の降水量)
9日(金)に3ミリ、16日(金)は正午までに6ミリの雨量を記録した。

(中間の作業内容)
・芝コース
12日(月)芝刈りを実施。12日(月)~14日(水)芝の生育管理のため散水を実施。

・ダートコース
13日(火)~16日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。

(JRA発表)

【馬場情報】中山競馬場 [News] [News]
2018/03/16(金) 13:10

3月16日(金)正午現在の中山競馬場の馬場状態は以下の通り。

(天候)曇

(馬場状態)芝:良 ダート:良

(芝の状態)
Aコース(内柵を最内に設置)を使用。3コーナーから4コーナー及び正面にかけて、コース内側に傷みがある。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm

(中間の降水量)
9日(金)に46ミリ、10日(土)に5ミリの雨量を記録した。

(中間の作業内容)
・芝コース
13日(火)芝刈りを実施。14日(水)~15日(木)芝の生育管理のための散水、肥料散布、殺菌剤散布を実施。

・ダートコース
13日(火)~16日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。

(JRA発表)

【高松宮記念】外国馬情報(16日)~ブリザードがゲート試験に合格 [News] [News]
2018/03/16(金) 12:08

25日(日)中京競馬場で行われる高松宮記念(GI)に出走を予定しているブリザード(香港、せん7歳)の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

(競馬学校 天候:小雨 馬場状態:良)

・調教状況
 ホーイン・ウォン調教助手が騎乗し、右回りでダク(速歩)300m、キャンター900m、ダク300m、左回りで常歩100m

・ホーイン・ウォン調教助手のコメント
「コンディションは非常に良い状態をキープしています。ゲート試験では良い飛び出しをしてくれたと思います。ゲートでの振舞いも昨年より良かったです。明日も軽めの調教を行う予定です」

なおブリザードは今日、ゲート試験に合格している。

(現地情報)

ワールドベストレースホースランキング、ガンランナーとウィンクスがトップ [News] [News]
2018/03/16(金) 11:15

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表された。今回は2018年1月1日から3月11日までに施行された世界の主要レースを対象としている。対象期間が短いため、118ポンド以上の26頭が掲載された。

 ランキングトップはガンランナー(米)とウィンクス(豪)の2頭で129ポンド。昨年のエクリプス賞年度代表馬となったガンランナーはペガサスワールドカップを完勝し、前年から続くG1競走の連勝を5としたが、このレースで現役を引退し種牡馬となった。また、昨年のランキング2位(芝及び牝馬ではトップ)だったウィンクスは、チッピングノートンステークスを7馬身差で圧勝し、このレース3連覇を達成した。同時に、G1競走の勝利数を16に、連勝を23にしている。
 第3位はペガサスワールドカップ2着のウエストコースト(米)で124ポンド、第4位タイはカンタベリーステークスを勝ったハッピークラッパー(豪)とニューマーケットハンデを勝ったレッドカークウォリアー(豪)の2頭で121ポンド、第6位は香港ゴールドカップを勝ったタイムワープ(香)で120ポンドとなっている。

 日本調教馬は2頭が掲載され、京都記念2着のアルアインと同3着のレイデオロが118ポンドで第12位タイとなっている。

(JRAのリリースによる)

明日の出走取消(阪神8R) [News] [News]
2018/03/16(金) 11:01

明日(3月17日)の阪神競馬8レースに出走予定だった14番ナムラエルサは、左後肢フレグモーネのため出走取消となった。

(JRA 16日10時40分発表)