和田竜二騎手、JRA通算1万6000回騎乗達成 [News] [News]
2018/03/11(日) 14:50

和田竜二騎手(栗東)は、阪神2Rで8番メイショウミライに騎乗し、JRA史上10人目・現役8人目となるJRA通算1万6000回騎乗を達成した。

~和田竜二騎手のコメント~
「お世話になっている松本会長の馬で勝って達成出来たので、会長ならびに厩舎関係者の皆さんに感謝しています。この記録も、昨年も1000回以上騎乗させていただくなど多くの騎乗依頼をいただけているおかげですので、関係者の皆さんに感謝しています。これからも騎乗数に見合った勝利数、勝率を挙げられるよう精進してまいりたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします」

【3歳500万下】(阪神5R、6R)~ロードエース、ケイアイノーテックが勝利 [News] [News]
2018/03/11(日) 14:36

阪神5Rの3歳500万下(ダート1200m)は3番人気ロードエース(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒2(稍重)。3馬身差2着に6番人気タガノアム、さらに1/2馬身差で3着に2番人気タガノプレトリアが入った。

ロードエースは栗東・松下武士厩舎の3歳牡馬で、父エーシンフォワード、母エーシンパナギア(母の父エイシンサンディ)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ロードエース(和田騎手)
「ゲートの出には気をつけていましたが、いいスタートを切って流れに乗って運べました。今日のような競馬が出来れば強いですね」

2着 タガノアム(鮫島克駿騎手)
「ここ2戦、終いを生かすレースをしていましたし、今日も先行馬が多かったので同じようなレースを考えていました。カラ馬が少し邪魔になるところはありましたが、終いはしっかり脚を使っていますし、力をつけてきていると感じられました」

3着 タガノプレトリア(藤岡康騎手)
「安定して走ってくれますが、前回のようにもう少し脚をためる方がいいのかもしれません。前を射程に入れて運んだのですが...」


阪神6Rの3歳500万下(芝1600m)は1番人気ケイアイノーテック(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒2(良)。4馬身差2着に3番人気ナリタハーデス、さらに1/2馬身差で3着に7番人気プリンセスケイトが入った。

ケイアイノーテックは栗東・平田修厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母ケイアイガーベラ(母の父Smarty Jones)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ケイアイノーテック(平田修調教師)
「4コーナー手前ではまだ後ろでしたが、捲くって来るだろうと思っていました。直線に向いての最後の脚は違いました。距離が延びても良いのかもしれません」

2着 ナリタハーデス(松山騎手)
「2番手で競馬が出来て、終いまでしっかり伸びました。馬は日に日に良くなっています」

3着 プリンセスケイト(横山典騎手)
「終いはよく来ていました。悪くないと思います。これからですね」

7着 ロードダヴィンチ(北村友騎手)
「スリムになって欲しいです。能力はあると思うので、使いつつ良くなってくると思います」

【3歳500万下】(中山6R)~コスモインザハートが勝利 [News] [News]
2018/03/11(日) 14:25

中山6Rの3歳500万下(芝2000m)は3番人気コスモインザハート(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒3(稍重)。クビ差2着に2番人気ネプチュナイト、さらに1/2馬身差で3着に1番人気ヴェロニカグレースが入った。

コスモインザハートは栗東・西園正都厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母マーゼリン(母の父Barathea)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 コスモインザハート(柴田大騎手)
「距離はこのくらいあった方が良さそうです。道中、気を使いながら走っていましたが、最後はしぶとく頑張っています。2歳の時よりしっかりしてきて、馬場に脚を取られることもありませんでした。これからさらに良くなりそうです」

2着 ネプチュナイト(石橋脩騎手)
「思っていた以上にいい競馬が出来ました。荒削りだった前走と比べると、今日は型にはまったしっかりとしたレースが出来ました。ただ、かえってそのことが良くなかったのか、ギアが入り切らず僅かに及びませんでした」

3着 ヴェロニカグレース(戸崎騎手)
「道中、真面目すぎる感じでしたが、未勝利の時はそれで勝っているので問題はないと思います。勝てると思いましたが、最後は甘くなってしまいました」

4着 ヴォウジラール(内田博騎手)
「スタート直後、促してもついて行けませんでしたが、うまく立ち回って最後も内から伸びてくれました。能力はありますし、今日の経験が今後に生きてくると思います」

【メイクデビュー】(中山4R)~シールートが勝利 [News] [News]
2018/03/11(日) 14:14

中山4Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は1番人気シールート(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒3(稍重)。3馬身1/2差2着に3番人気ネオバスティーユ、さらにハナ差で3着に14番人気ヤマニンウリエルが入った。

シールートは美浦・古賀慎明厩舎の3歳牡馬で、父ハードスパン、母オーシャンウェイ(母の父Street Cry)。

~レース後のコメント~
1着 シールート(内田博騎手)
「恐ろしいくらい強い馬です。力を持て余して、馬場に出てから3回くらいラチにぶつかりそうになって走ってしまいました。レースを2回走った感じです。レースでは砂を被る位置でなだめましたが、外から他馬に来られると引っ張り切れない感じで進んで行きました。レースで力をセーブ出来るようになればいいのですが...それが課題でしょう」

(古賀慎明調教師)
「見ての通り荒削りなところのある馬ですが、能力は高いですね。砂を被ると嫌がっていましたが、それもいい経験になったと思います」

2着 ネオバスティーユ(戸崎騎手)
「入れ替わり立ち替わり他の馬に来られるゴチャついた流れでしたが、最後までしっかり脚を使ってくれました」

3着 ヤマニンウリエル(黛騎手)
「まだ全体に体が緩く非力な感じで、気性も難しい馬です。それでもレースでは自分で進んで行くようなところもあり、いい競馬をしてくれました」

全24件中 21件〜24件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 ]