タイキフェルヴールがUAEダービーに選出され受諾 [News] [News]
2018/03/07(水) 18:42

 3月31日(土)にアラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で行われるUAEダービー(G2・ダート1900m)に、タイキフェルヴール(牡3、栗東・牧浦充徳厩舎)が選出され、関係者が招待を受諾した。

(JRA発表)

アキトクレッセント、アディラートがゴドルフィンマイルに選出され受諾 [News] [News]
2018/03/07(水) 18:37

 3月31日(土)にアラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で行われるゴドルフィンマイル(G2)に、以下の2頭が選出され、関係者が招待を受諾した。

★ゴドルフィン・マイル(G2・ダート1600m)
アキトクレッセント(牡6、栗東・清水久詞厩舎)
アディラート(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)

(JRA発表)

【中山牝馬S】栗東レポート~マキシマムドパリ [News] [News]
2018/03/07(水) 17:39

☆10日(土)中山競馬場で行われる第36回中山牝馬ステークス(GIII)に出走を予定しているマキシマムドパリ(牝6、松元茂樹厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎マキシマムドパリについて、松元茂樹調教師

・(前走の愛知杯)は1コーナーから2コーナーにかけて行き場が無くなりまして後方まで下がってしまいました。そこがスムーズだったならもう少し結果は変わってきたかも知れません。

・その後はワンクッションおいてからここを目標に順調に調整を重ねてきました。一週前の追い切りはラストに重点をおいた内容でよかったと思います。今週の追い切りは中山競馬場までの輸送を考慮してラストは軽く仕掛けるぐらいで、だからといって軽すぎないようにという指示でした。思ったより時計が出てラストもしっかり走っていましたから順調だと思います。

・中山は3歳時(菜の花賞)一度経験しましたが、繊細なところもあり長距離の輸送は避けてきたようなところがありました。しかし年を重ねたこともあり今回はここを目標としました。もともと能力の高い馬ですからそれがスムーズに発揮されれば昨年のように重賞を勝つことが出来ます。切れるというよりいい脚を長く使うタイプです。ハンデの56kgは実績から仕方無いでしょう。スムーズなレースでこの馬らしさを出してもらいたいと思っています。

〔取材:檜川彰人〕

【金鯱賞】栗東レポート~サトノダイヤモンド [News] [News]
2018/03/07(水) 17:37

☆11日(日)中京競馬場で行われる第54回金鯱賞(GII)に出走を予定しているサトノダイヤモンド(牡5、池江泰寿厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎サトノダイヤモンドについて、池江泰寿調教師

・フランス遠征は雨が降って馬場が重くなっていました。日本の重馬場はある程度こなしていましたが、さすがにフランスの重馬場は堪えたようです。それに昨年の春の天皇賞以降喉の調子も良くなかったようです。フランスに行ってからも息遣いがあまり良くなく、これら二つが原因かこの馬らしい走りが出来ませんでした。

・その後は立て直す時間が欲しかったので有馬記念をパスして大阪杯を目標としました。そこから逆算して金鯱賞を始動戦に選びました。喉の調子は良くなっていると思いますが先週、先々週と久々もあるのでテンから飛ばして強い調教をしましたが普段遅れる相手ではない相手にも遅れをとったりしてまだこの馬らしい走りは出来ていないなと思いました。今週はテンから軽く入ったらラストはいい伸びを見せたので体制は整ったのかなと思いました。目標はまだ先ですのでそれを見据えた調整です。

・菊花賞の印象がありますがこの馬は本来2000m前後がベストです。3歳時の菊花賞を勝ったとはいえ必ずしもステイヤーとは限りません。阪神大賞典以降この馬らしい面を見せられていませんので、なんとかその原因を取り去ってもとの輝きを取り戻せるよう頑張りますので注目して下さい。

〔取材:檜川彰人〕

【金鯱賞】栗東レポート~スワーヴリチャード [News] [News]
2018/03/07(水) 17:35

☆11日(日)中京競馬場で行われる第54回金鯱賞(GII)に出走を予定しているスワーヴリチャード(牡4、庄野靖志厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎スワーヴリチャードについて、庄野靖志調教師

・(前走の有馬記念は)枠順もありますが外を回されて3コーナーからずっと追いっぱなしになってしまい苦しくなってしまいました。でも3歳のあの時点ではよく頑張ってくれたと思います。

・その後は年が明けてからノーザンファームしがらきに放牧に出しておよそ1カ月をかけて疲れを取り除きました。栗東トレーニングセンターに戻って最初は緩いかなと思うところもありましたが一追い毎に良くなって今は馬は元気で良い感じです。

・先週は騎手が乗ってしっかり追ってもらいました。ですから今週も騎手が乗りましたがあまり時計が出過ぎないよう気分良く走らせることに主眼を置きました。昨年(休み明けで)アルゼンチン共和国杯を使った時と同じぐらいの出来にはあると思います。馬はリフレッシュされていい仕上がり状態です。

・4歳になってオンとオフがしっかりしてどっしりと古馬らしくなってきました。今回は初の中京競馬場で当日輸送も久しぶりになるのでそのあたりがどうかというところがありますがそれほど苦にはしないでしょう。それに(東京と同じ)左回りということでコースは問題無いでしょう。

・こちらが思っている以上に馬も成長しています。次につながるいい競馬ができたらいいですね。

〔取材:檜川彰人〕

【フィリーズR】栗東レポート~デルニエオール [News] [News]
2018/03/07(水) 17:33

☆11日(日)阪神競馬場で行われる第52回フィリーズレビュー(GII)に出走を予定しているデルニエオール(池江泰寿厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎デルニエオールについて、池江泰寿調教師

・前走は距離(芝1400m)が合っていたということもあったと思いますが状態も良かったし、この血統を良く知る池添騎手が乗ってくれたこともよかったと思います。能力そのものの高さなら3歳牝馬ではトップクラスだと思います。ただまだ課題もあり能力だけで勝っている感じです。

・追い切りに関しては中2週ということで岩田騎手が乗って半マイル、馬なりでやったのですが相変わらずテンションが高いなか、折り合いもついていい状態で出走できそうです。

〔取材:檜川彰人〕

【フィリーズR】栗東レポート~アンヴァル [News] [News]
2018/03/07(水) 17:30

☆11日(日)阪神競馬場で行われる第52回フィリーズレビュー(GII)に出走を予定しているアンヴァル(藤岡健一厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎アンヴァルについて、藤岡健一調教師

・ずっと1200mを使ってきて未勝利500万と強い内容でした。その後の福島2歳ステークスはレース間隔は詰まっていましたが完勝で賞金も加算でき桜花賞へ向かえることになったいいレースでした。

・レース後はさすがに福島輸送とレースということで疲れは見られましたが、その後の放牧で疲れはしっかり取れました。成長を促す意味もあっていい休暇になったと思います。肉体的にも成長しているようです。精神的にはもともと落ち着いた馬で安定しています。

・一カ月前に栗東トレーニングセンターに戻しまして予定通り調教メニューをこなしています。先週先々週と坂路でいい時計を出しています。しかし間隔も開いているのでしっかり追い切りをやろうと思い今朝は併せ馬で一頭前に置いて最後までしっかり追いました。いい調教ができたと思います。ほぼ仕上がっているとは思いますがトライアルということで余裕を残すつもりでの調整でした。九分どおり仕上がっていると思います。

・1400mは初めてで血統的に1200mを使っていたのでその点がどうかというところはありますが控えて最後に伸びるといういい競馬内容が続いていたので距離延長に関しては心配していません。ここまで3連勝できていますから勝って本番に駒を進めたいと思っています。

〔取材:檜川彰人〕


【フィリーズR】栗東レポート~アマルフィコースト [News] [News]
2018/03/07(水) 17:28

☆11日(日)阪神競馬場で行われる第52回フィリーズレビュー(GII)に出走を予定しているアマルフィコースト(牧田和弥厩舎)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎アマルフィコーストについて、牧田和弥調教師

・前走のファンタジーステークスは道中折り合いを欠きましたが最後あそこ(3着)にくるあたり能力を感じました。その後は放牧に出して気持ちの成長を待ちました。肉体面で大きく増えたということはありませんがメリハリのついたいい身体になりました。

・一週前はCウッドチップコースで長めから併せ馬をしましたがコントロールが効いてラストも強めの調整でいい雰囲気でした。今朝は馬の後ろで我慢が出来るかということに主眼を置いてラスト1ハロンで並んでフィニッシュという感じでした。馬は精神的に落ち着いていい感じで、抜け出すときの反応も良いものでした。

・とにかく前走後の放牧を挟んで精神的に落ち着きが出ています。コースとしては勝っている舞台ですからあとは落ち着き次第です。気が強い馬でこれが競馬に向かえば凄い走りを見せてくれると思います。

〔取材:檜川彰人〕

【金鯱賞】美浦レポート~メートルダール [News] [News]
2018/03/07(水) 16:59

11日(日)に中京競馬場で行われる金鯱賞(GII)に出走予定のメートルダール(牡5歳、美浦・戸田博文厩舎)について斎藤吉則調教助手のコメントは以下のとおり。

(前走の中日新聞杯で重賞初勝利となりました)
「中団から外に持ち出して、鋭く伸びてくれて最後も突き放す内容で強かったです。馬体も実が入ってきて充実している感じです」

(ここまでの3ヶ月は?)
「前走後は放牧に出され、ここを目標に牧場でも乗り込み、入厩してからも順調に調教できています。大きく変わったところはなく、良い状態をそのまま維持しています」

(最終追い切りは二頭併せで行われました)
「1週前(の調教)でしっかり負荷をかけていたので、今週は輸送も考慮して、しまいの反応を確かめる程度でした。反応は良く順調です」

(仕上がり具合は?)
「目一杯仕上げているわけでなくて少し余裕を残していますが、そんななかでは丁度良い状態で競馬に行くことができそうです。精神的に幼いところもまだありますが、少しずつ解消されてきました」

(去年からフォームを矯正する、ネックストレッチをつけていますね)
「元々頭の高かった馬なので使ってみて、劇的にフォームは変わっていませんが、それでも良い伸びをしているので、この馬の走りなのかなと思います。腰の筋肉や背中の筋肉など、体の使い方はよくなっています」

(今回も前走と同じ条件ですね)
「前走勝ったからというだけではなく、相性は良いと思います。前走と比べてかなりメンバーが強くなるので、どれだけの競馬ができるか楽しみです」

(最後にファンへ向けて)
「充実していますが、まだまだ伸びしろはあると思うので、応援よろしくお願いします」

(取材:小屋敷彰吾)

【アネモネS】美浦レポート~レッドレグナント [News] [News]
2018/03/07(水) 16:55

11日(日)に中山競馬場で行われるアネモネステークスに出走を予定しているレッドレグナント(牝3歳、美浦・大竹正博厩舎)について、岩藤和裕調教助手のコメントは以下のとおり。

(見事2連勝となりました)
「ジョッキーの判断で逃げましたが、しまいまでしっかりしていて強い勝ち方だったと思います」

(中間の様子は?)
「阪神ジュベナイルフィリーズを目指して調整していたところ右膝に骨折がみつかり、それで休養しました。休ませたことで痛みも治まり現在は落ち着いています。戻ってからはテンションがあがってきていたので、落ち着かせて走るよう意識させました」

(今朝の最終追い切りに騎乗した戸崎騎手にはどのような指示をしましたか?)
「とにかくテンションを上げないようにすることと、初めて今回騎乗するのでアクセルとブレーキの確認をしてもらいました。戸崎騎手からは操縦性が良く、センスがありそうですねと言ってもらいました」

(調教をご覧になった感想は?)
「しまいもすっと反応できて動き自体は良かったです。休んでいた期間もあるので息づかいに重さがあり、まだ良化途上かなという感じでした。仕上がりは万全とは行かないかもしれませんが、今日の追い切りでさらに上向くと思います。1勝馬がほとんどなので、このメンバーならこのくらいの出来でもある程度の競馬ができないと上のクラスでは厳しいかと思います」

(変わったところはありますか?)
「体に幅が出てきました。まだ多少余裕がありますが、以前より一回り大きくなった感じです」

(前走に続いて中山1600mという舞台については?)
「前走を見ても、このコース形態は合っているかなと思います。札幌で未勝利戦を勝った時をみても競馬センスがありますし、すっと良い位置を取ることができます。乗り手の指示に瞬時に反応できるこの馬にとっては、力を出しやすい舞台かと思います」

(最後に意気込みを)
「賞金的にも権利をとらないと桜花賞に出走できないので、良化途上ながらも今後に向けて展望が開けるようなレースを期待しています。本番に向けて良い競馬ができたらと思いますので応援よろしくお願いします」

(取材:小屋敷彰吾)

全15件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]