M.デムーロ騎手、JRA通算800勝達成 [News] [News]
2018/03/04(日) 14:47

M.デムーロ騎手(栗東)は、阪神3Rで7番ナムラムツゴローに騎乗し1着となり、史上48人目・現役23人目となるJRA通算800勝を達成した。

~M.デムーロ騎手のコメント~
「今日は妹夫妻も来ていたので、目の前で800勝を達成出来てとても嬉しいです。今後も安全に気をつけて、落馬もせず、騎乗停止にもならずにリーディングを狙いたいです」

粕谷昌央調教師、JRA通算100勝達成 [News] [News]
2018/03/04(日) 14:42

中山2Rで、14番ブラウローゼットが1着となり、同馬を管理する粕谷昌央調教師(美浦)は、現役145人目となるJRA通算100勝を達成した。

~粕谷昌央調教師のコメント~
「1つの区切りとして、まずはホッとしています。これからも初心を忘れずに頑張りたいと思います」

【3歳500万下】(阪神6R)~オメガパフュームがデビュー2連勝 [News] [News]
2018/03/04(日) 14:35

阪神6Rの3歳500万下(ダート1800m)は1番人気オメガパフューム(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒7(良)。6馬身差2着に3番人気ストーミーバローズ、さらに1/2馬身差で3着に6番人気ダイシンカローリが入った。

オメガパフュームは栗東・安田翔伍厩舎の3歳牡馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母オメガフレグランス(母の父ゴールドアリュール)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 オメガパフューム(安田翔伍調教師)
「1度使ったことで前向きさが出ていて、それが悪い方に出なければと思っていました。環境の変化にも対応してくれましたし、レースでも調教通りの走りを見せてくれました。(今後に関して)今日のレース内容を分析して、オーナーと相談したいです。まだ緩い面があるので、馬のコンディションを見ながら進めようと思います」

4着 オノリス(小牧騎手)
「休み明けの分ですね。今日はうまくゲートを出ましたが、次もまた出るかどうか、だと思います」

【メイクデビュー】(阪神4R)~グッドワードが勝利 [News] [News]
2018/03/04(日) 14:18

阪神4Rのメイクデビュー阪神(ダート1400m)は6番人気グッドワード(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒1(良)。クビ差2着に5番人気エイシンネメシス、さらにアタマ差で3着に11番人気ジョイズエターナルが入った。

グッドワードは栗東・高橋義忠厩舎の3歳牝馬で、父クロフネ、母ブライダルブーケ(母の父ゴールドアリュール)。

~レース後のコメント~
1着 グッドワード(池添騎手)
「まだハミ受けに難しいところがあって、左にモタれていました。直線はまっすぐ走っていましたが、まだ若いです。体を余してるところがあって、使って良くなりそうです。スタートを出て、何歩目かで躓くほど緩いです。これからだと思います」

2着 エイシンネメシス(浜中騎手)
「他の馬を気にしています。怖がりで若さを見せています。その中では頑張っていると思います」

3着 ジョイズエターナル(三津谷騎手)
「怖がりで恐る恐るの一歩目でしたが、追っての反応が抜群でした。坂を上がってもうひと伸びしてくれました」

4着 マリエット(バルジュー騎手)
「初戦なので新馬らしい部分もありました。この経験が生きてくると思います」

【3歳500万下】(中山6R)~ラムセスバローズが人気に応える [News] [News]
2018/03/04(日) 14:07

中山6Rの3歳500万下(芝1600m)は1番人気ラムセスバローズ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒3(良)。3/4馬身差2着に2番人気エントシャイデン、さらに1馬身1/4差で3着に4番人気ゴールドギアが入った。

ラムセスバローズは美浦・木村哲也厩舎の3歳牡馬で、父Curlin、母Devious Intent(母の父Dixie Union)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ラムセスバローズ(ルメール騎手)
「スタートしてから芝にビックリしてエンジンが掛かるまで時間がありました。切れる脚はありませんが、4コーナーから長くいい脚を使えました。芝もダートも走れる馬です」

2着 エントシャイデン(藤岡佑騎手)
「好位から正攻法でレースが出来ました。交わされても食らいつく力があります。安定感はありますが、あともうひと押しという感じですね」

3着 ゴールドギア(武藤雅騎手)
「前につけられませんでしたが、後方で脚をためられて徐々に上がって行けました。直線もうまく外に出せてよく伸びています。もう少し前につけられるようになるとさらにいいですね」

4着 シナモンフレイバー(大野騎手)
「予想していたより後ろからでしたが、冷静にレースをすることが出来ました」

【メイクデビュー】(中山3R)~レオアルティメットが勝利 [News] [News]
2018/03/04(日) 13:59

中山3Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は11番人気レオアルティメット(江田照男騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒3(良)。1馬身3/4差2着に6番人気ロブラリア、さらに1/2馬身差で3着に3番人気サンベンドが入った。

レオアルティメットは美浦・牧光二厩舎の3歳牡馬で、父サウスヴィグラス、母ユキノチャンプ(母の父タバスコキャット)。

~レース後のコメント~
1着 レオアルティメット(江田照騎手)
「風の強い中、物見をしながら走っていました。他の馬も来ませんでしたから、楽に行くことが出来ました。これから先、変わってくればどんな競馬でも出来ると思いますし、ムキになるところもありませんから、距離をこなしてくれています」

2着 ロブラリア(藤岡佑騎手)
「しっかり乗り込んでいたようで、反応も良さそうでしたから、動いて行きました。風の強い中、あれだけ外を回って長く脚を使っていますから、すぐにチャンスは来ると思います」

5着 ミンデンユウカ(大野騎手)
「上手に競馬をしています。緩さがありますから、使いながらしっかりしていけばと思います」

10着 クラシーヴァ(福永騎手)
「スローペースの中、2番手で上手に競馬をしてくれました。ペースアップした時に反応出来ませんでした」

全26件中 21件〜26件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 ]