【チューリップ賞】(阪神)~ラッキーライラックが無傷の4連勝 [News] [News]
2018/03/03(土) 18:04

阪神11Rのチューリップ賞(3歳GII・牝馬・芝1600m)は1番人気ラッキーライラック(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒4(良)。2馬身差の2着に3番人気マウレア、さらにクビ差の3着に2番人気リリーノーブルが入った。

ラッキーライラックは栗東・松永幹夫厩舎の3歳牝馬で、父オルフェーヴル、母ライラックスアンドレース(母の父Flower Alley)。通算成績は4戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「レースはゲートを出てから決めようと思っていました。新馬は別として、ここ2回は前を目標にして最後にかわすという形でしたが、今日はこういう展開になったので、自分から先に前に躍り出てどんな感じになるか確認しておきたかったのですが、問題ありませんでした。しっかり走れて、成長も感じていました。上手に仕上げてくれた関係者の皆さんのおかげです」

2着 マウレア(武豊騎手)
「いいレースができましたが、勝ち馬が強かったです。おいつけるような気配がなかったです。乗り味のいい馬で、レベルは高いですよ」

3着 リリーノーブル(川田将雅騎手)
「調教の段階から力むところがあって、そういう競馬になってしまいました。これで落ち着いてくれると思います。本番はよりいい競馬ができるでしょう」

4着 サラキア(池添謙一騎手)
「ゲートで馬が下がった時にスタートを切られて後方になってしまいました。最後はいい脚を使っているだけにスタートが痛かったですね」

5着 レッドランディーニ(浜中俊騎手)
「ゆっくりと出たなりのポジションで、いつもの競馬で、最後も頑張っています。しかし、前3頭は強いです」

6着 シグナライズ(C・ルメール騎手)
「人気の馬の後ろでリラックスしていいレースが出来ましたが、直線では反応出来ませんでした。フラフラするところもありました。前のポジションでレースをした方がいいですね」

7着 スカーレットカラー(岩田康誠騎手)
「スタートがよくなかったですね。脚は使ってくれていますが、位置取りが後ろすぎました」

9着 ウインラナキラ(荻野極騎手)
「力む所はありませんでしたが、切れ味勝負で見劣りしましたね。展開ひとつでガラッと変わってくる馬だと思います」

10着 サヤカチャン(松田大作騎手)
「良い感じですんなりと行けました。しかし、捕まりましたね。距離はもう少し短い方が良いと思います」

小倉9Rの制裁について [News] [News]
2018/03/03(土) 18:00

小倉9レースにおいて、3番グリニッチヴィレジ(藤田菜七子騎手)は、最後の直線コースで外側に斜行したため、15番スターストリーム(岩崎翼騎手)の進路が狭くなった。

この件について、藤田菜七子騎手は、2018年3月10日(土)から3月18日(日)まで9日間の騎乗停止となった。

(JRA発表による)

【唐戸特別】(小倉)~ジョーアラビカが差し切る [News] [News]
2018/03/03(土) 17:54

小倉12Rの唐戸特別(4歳以上500万下・芝1800m)は2番人気ジョーアラビカ(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒1(良)。半馬身差の2着に3番人気ヤマニンリュウセイ、さらに2馬身差の3着に5番人気ウインミレーユが入った。

ジョーアラビカは栗東・沖芳夫厩舎の4歳牡馬で、父ジョーカプチーノ、母アクティブアクト(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は15戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ジョーアラビカ(松若風馬騎手)
「出た感じで位置を決めようと思っていましたが、後ろからになりました。ペースが速く、結果的にいい位置だったと思います。最後は脚が上がりながらもよく頑張ってくれました。成長を感じます」

2着 ヤマニンリュウセイ(丸山元気騎手)
「直線は突き抜ける手応えでしたが、伸び切れませんでした。最後まで手前を替えませんでした。その分でしょうか」

3着 ウインミレーユ(荻野琢真騎手)
「雨が降って下が緩くなっているせいか向正面ではズブさを見せて、手応えもあまり良くありませんでした。それでも直線、エンジンがかかったら素晴らしい伸びで力を見せてくれました。小倉も合っているのでしょうか。乗りやすい真面目な馬です」

4着 メルドオール(中谷雄太騎手)
「前走でいい脚を見せたので、その時のイメージで道中は気分よく走らせて、3コーナーから動きました。この競馬が板についてきました。いい脚を使いますね」

【オーシャンS】(中山)~キングハートが重賞初制覇 [News] [News]
2018/03/03(土) 17:22

中山11Rのオーシャンステークス(4歳以上GIII・芝1200m)は10番人気キングハート(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒3(良)。アタマ差の2着に2番人気ナックビーナス、さらに半馬身差の3着に1番人気ダイメイフジが入った。

キングハートは美浦・星野忍厩舎の5歳牡馬で、父オレハマッテルゼ、母ラブハート(母の父マイネルラヴ)。通算成績は24戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 キングハート(北村宏司騎手)
「相手なりに走る馬なので今日の相手でも期待していました。スタートが決まって道中の追走も楽でした。ズルい(気を抜く)所のある馬なので併せ馬の形でレースをしました。このあと高松宮記念まで無事に行ってくれればと思います」

1着 キングハート(星野忍調教師)
「ようやく重賞を勝たせてもらいました。オープンは勝てても重賞にはなかなか届かなかったので、これでやっと本当のオープン馬になれた感じです。今後はオーナーと相談して、大切に使っていきます」

3着 ダイメイフジ(M・デムーロ騎手)
「ゴチャゴチャとしたレースになってしまいこの馬にはかわいそうでした。勝てる力はあっただけに残念です」

4着 ネロ(F・ミナリク騎手)
「人生で乗った馬の中で、一番スタートしてから速い馬でした。先頭に立てて流れは良かったのですが、最後差されてしまいました。とても良い馬です」

5着 ビップライブリー(戸崎圭太騎手)
「良い形で運べて、直線来られそうで、なかなか来られませんでした。堅実にしっかり走ってくれる馬です」

13着 ラインミーティア(西田雄一郎騎手)
「前走より確実に調子は上がっています。暖かくなればこの馬の切れ味が出てくると思います」

15着 エポワス(田辺裕信騎手)
「1200mは忙しいです。ペースが落ち着いてくれないとこの馬のリズムで行けません」

【上総S】(中山)~ハイランドピークがマイペースで逃げ切る [News] [News]
2018/03/03(土) 17:15

中山10Rの上総ステークス(4歳以上1600万下・ハンデ・ダート1800m)は1番人気ハイランドピーク(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒3(稍重)。5馬身差の2着に2番人気ネイビーブルー、さらにクビ差の3着に3番人気ロードシャリオが入った。

ハイランドピークは美浦・土田稔厩舎の4歳牡馬で、父トーセンブライト、母ハイランドダンス(母の父ゼンノロブロイ)。通算成績は10戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ハイランドピーク(土田稔調教師)
「昇級戦でトップハンデでしたが強いレースでした。ここに来ていい感じに成長しているようです。今日の勝ち方を見ると、今後のレースについていろいろ考えてしまいます。重賞のマーチステークスも選択肢にあります」

2着 ネイビーブルー(M・デムーロ騎手)
「ここのところ2100mのレースを使ってきたせいか、あまりスタートは良くありませんでした。早めに動いて行って、そのタイミングも良かったのですが、今日は相手が強すぎました。よく頑張りました」

4着 ヨシオ(F・ミナリク騎手)
「スタートが良く、いいポジションでレースができました。4コーナーではあまり手応えが良くありませんでしたが、よく最後まで頑張ってくれました」

5着 イーストオブザサン(和田竜二騎手)
「いいスタートが切れて思ったより前の位置でレースができました。これはイケるかという感じだったのですが、上位馬が強かったです」

堀宣行調教師、JRA通算500勝達成 [News] [News]
2018/03/03(土) 16:55

中山8Rで、1番ルフォールが1着となり、同馬を管理する堀宣行調教師(美浦)は、現役27人目となるJRA通算500勝を達成した。

(JRA発表による)

【呼子特別】(小倉)~伏兵シャインブライトが勝利 [News] [News]
2018/03/03(土) 16:53

小倉10Rの呼子特別(4歳以上500万下・芝2600m)は8番人気シャインブライト(木幡巧也騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分38秒8(良)。半馬身差の2着に6番人気ブライトクォーツ、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気プリンスオブペスカが入った。

シャインブライトは美浦・畠山吉宏厩舎の5歳牡馬で、父ジャングルポケット、母ラルーチェ(母の父クロフネ)。通算成績は18戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 シャインブライト(木幡巧也騎手)
「前に行きたかったのですが、周りが速かったので無理をしませんでした。道中は落ち着いて乗れましたし、この馬の特性を活かせたと思います」

2着 ブライトクォーツ(城戸義政騎手)
「バテない馬だと聞いていたので向正面から強気に行きました。最後も振り切れるかと思いましたが、勝ち馬が強かったです」

3着 プリンスオブペスカ(富田暁騎手)
「前走強い勝ち方だったので、そのイメージで乗ろうと思いましたが、テンで動かし切ることができませんでした」

4着 ピエナアラシ(幸英明騎手)
「思ったよりハミがかりが良すぎて、良いリズムで運べませんでした。ラストは来ているだけに、ちょっともったいなかったです」

【早鞆特別】(小倉)~タガノグルナが逃げ切る [News] [News]
2018/03/03(土) 16:41

小倉11Rの早鞆特別(4歳以上1000万下・ハンデ・ダート1700m)は7番人気タガノグルナ(菱田裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒9(良)。3馬身差の2着に2番人気カフジキング、さらにクビ差の3着に4番人気キングズアフェアーが入った。

タガノグルナは栗東・大根田裕厩舎の4歳牡馬で、父ルーラーシップ、母ラヴソレイユ(母の父フジキセキ)。通算成績は12戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 タガノグルナ(菱田裕二騎手)
「引っぱっても良くないので、気分よく行かせました。雨が降って、馬場もこの馬に良かったと思います」

2着 カフジキング(藤岡康太騎手)
「脚は使っていますが、勝ち馬にうまく行かれてしまいました。このクラスでも上位の力は見せられたと思います」

3着 キングズアフェアー(D・バルジュー騎手)
「良いスタートを切って、良い位置につけられました。直線はジリジリと伸びて頑張っています」

4着 クルークハイト(藤田菜七子騎手)
「スタートをポンと出で、楽に良い位置につけられました。道中も自分からハミをとっていきました。今日はハンデ戦でしたが、このクラスでもっとやれると思います」

【潮来特別】(中山)~伏兵エスティームが差し切る [News] [News]
2018/03/03(土) 16:12

中山9Rの潮来特別(4歳以上1000万下・芝2500m)は9番人気エスティーム(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分36秒2(良)。クビ馬身差の2着に3番人気クレッシェンドラヴ、さらに3/4馬身差の3着に2番人気ウインヴォラーレが入った。

エスティームは美浦・金成貴史厩舎の4歳牡馬で、父ロージズインメイ、母フラワーハット(母の父ハーツクライ)。通算成績は18戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 エスティーム(大野拓弥騎手)
「インで脚をためることができて、早めに動いて行く展開もはまりました。昇級初戦でこれだけやれたのは大きな収穫です」

6着 コスモピクシス(柴田大知騎手)
「もう少し際どくなるかと思っていましたが、差を詰められませんでした。思い切った戦法がはまるかと考えましたが、残念でした」

8着 バラダガール(戸崎圭太騎手)
「スタートはしっかり出て、良い形で行けましたが踏ん張れませんでした。敗因はあまり分かりません」

9着 サンデームーティエ(勝浦正樹騎手)
「あまりにも楽に逃げたことがあだになってしまいました。結果から振り返れば、もっと思い切ったペースで行くべきだったのでしょう」

【3歳未勝利】(阪神1R)~グアンが勝利し、武幸四郎調教師が初陣を勝利で飾る [News] [News]
2018/03/03(土) 15:57

阪神1Rの3歳未勝利(ダート1800m)は1番人気グアン(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒8(良)。2馬身半差の2着に5番人気サンマルリトリート、さらに5馬身差の3着に6番人気リリープリンセスが入った。

グアンは栗東・武幸四郎厩舎の3歳牝馬で、父オルフェーヴル、母マルヴァーンスプリング(母の父Silver Deputy)。通算成績は4戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 グアン(武豊騎手)
「こんな1レースは初めてです。今日はチャンスがあると思っていました。池江先生の計らいで転厩が決まって、このレースで勝利を決められたらうれしいと思っていました。(パドックで騎乗する際に)脚を上げてもらうのですが...、まだまだですね。調教師になるための努力を見ていましたから、これからも頑張ってほしいです」

全25件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 次の10件 ]