【大阪杯】美浦レポート~ゴールドアクター [News] [News]
2018/03/28(水) 15:53

 4月1日(日)に阪神競馬場で行われる第62回大阪杯(GI)に出走を予定しているゴールドアクター(牡7歳、美浦・中川公成厩舎)について、追い切り後の篠島利明調教助手のコメントは以下の通り。

(前走を振り返って)
「休みが長かったのと、仕上がり不足が影響したと思います」

(ここまでの調整は?)
「短期放牧に出て、すぐに乗れる状態で帰ってきました。最近はズブい面もあって、長めからではなく、短めの5ハロンから、ピリッとした速い調教をやるようにしてきました」

(1週前の追い切りは、2頭併せでした)
「時計は速かったのですが、まだ、良い頃に比べると終いのキレがもう一つです」

(直前の追い切りの内容は?)
「先行する馬を、2馬身後ろから追いかけて、直線は抜け出すという内容でした。予定通りの調教は出来ましたが、終い、もう一つ弾けてくれないというか、もう一つギアが上がってくれませんでした」

(良い頃を10とすると)
「体調は良いと思います。毛ヅヤもピカピカですし、ただ、動きがもう一つです。良い頃に比べると、戻り切っていないですね」

(取材:木和田篤)


二本柳壮騎手が引退、調教助手に [News] [News]
2018/03/28(水) 15:44

JRAは、二本柳壮騎手(美浦・フリー)が平成30年3月31日をもって騎手を引退すると発表した。今後は萩原清厩舎で調教助手となる予定。

3月26日時点の通算成績は5599戦251勝。重賞は、2003年にカブトヤマ記念(GIII)をストロングブラッドで制した1勝。

【ドバイ国際競走】(27日)~日本馬の近況(ドバイGシャヒーン、UAEダービー、Gマイル) [News] [News]
2018/03/28(水) 15:24

31日(土)アラブ首長国ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイゴールデンシャヒーン(G1・ダート1200m)、UAEダービー(G2・ダート1900m)、ゴドルフィンマイル(G2・ダート1600m)に出走予定の日本馬の27日(火)の調教状況と関係者のコメントは以下のとおり。

【ドバイゴールデンシャヒーン】
●マテラスカイ
<調教状況>
 高野正貴調教助手が騎乗して、ダートコースをキャンターで1周半、スクーリング
<高野正貴調教助手の話>
 こちらに着いてすぐにハードに調教したので、今日は軽い調教をしました。明日は武豊騎手に乗ってもらってダートコースで追い切る予定です。


【UAEダービー】
●タイキフェルヴール
<調教状況>
 黒川耕平調教助手が騎乗して、ダートコースをキャンターで1周半、スクーリング
<牧浦充徳調教師の話>
 今日は軽めの調教を行いました。海外輸送は初めてなので心配しましたが、問題なく順調にきています。飼葉も食べて、日本でのレース前と同じ様子です。明日はダートコースで追い切る予定です。

●ルッジェーロ
<調教状況>
 水出大介調教助手が騎乗して、ダートコースをキャンターで1周半、スクーリング
<椎名寿雄厩務員の話>
 落ち着きがあって状態は良さそうです。明日はダートコースを単走で追い切る予定です。


【ゴドルフィンマイル】
●アキトクレッセント
<調教状況>
 武豊騎手が騎乗して、ダートコースで追い切り
<清水久詞調教師の話>
 ここまで無事に来ています。競馬まで中3日となる今日、追い切りをしましたが、動きも良かったです。あとは競馬まで無事にいってくれればと思っています。
<武豊騎手の話>
 良い動きでした。久しぶりに乗りましたが、以前より扱いやすいと感じました。今日の追い切りは最後そこそこ動かして良いと言われたのでその通りに乗りました。状態は良いと思います。

●アディラート
<調教状況>
 野見山伸吾調教助手が騎乗して、ダートコースをキャンターで1周半、スクーリング
<野見山伸吾調教助手の話>
 輸送は去年も来ていることもあって大丈夫でした。昨日は曳き運動のみ行い、今日は馬場入りして調整しました。明日追い切りの予定です。

(現地からの情報)

【ドバイ国際競走】(27日)~日本馬の近況(ドバイターフ) [News] [News]
2018/03/28(水) 15:20

31日(土)アラブ首長国ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイターフ(G1・芝1800m)に出走予定の日本馬の27日(火)の調教状況と関係者のコメントは以下のとおり。

●ヴィブロス
<調教状況>
 安田晋司調教助手が騎乗して、ダートコースでハッキング1周、キャンター1周
<安田晋司調教助手の話>
 状態は良好で、昨年並に順調に来ています。2回目のドバイ遠征なので、馬も人も慣れていてやり易いです。明日は芝コースで追い切る予定です。

●クロコスミア
<調教状況>
 西浦昌一調教助手が騎乗し、角馬場で運動
<西浦昌一調教助手の話>
 テンションが上がりすぎないよう今日は角馬場で調整しました。明日はさらっとリズム中心の追い切りをダートコースでする予定です。

●ディアドラ
<調教状況>
 込山雄太調教助手が騎乗して、ダートコースをキャンターで1周半
<込山雄太調教助手の話>
 今日の調教では最初物見して、驚いたりしていましたが、最後の一周は他馬もいたこともあって少し気合が入って良い調教となりました。明日はヴィブロスと一緒に芝コースで追い切る予定です。

●ネオリアリズム
<調教状況>
 佐々木幸二調教助手が騎乗して、芝コースで追い切り
<堀宣行調教師の話>=サトノクラウン、ネオリアリズムと共通
 一昨日、昨日と芝コースで調教しましたが、ここ数日の芝・ダートの馬場状態を見て、今日芝コースで追い切ることを決めました。日本での重馬場と同等の負荷がかかる芝の状態において、時計も含め予定通りの追い切りができました。

●リアルスティール
<調教状況>
 坂井瑠星騎手が騎乗して、ダートコースをキャンターで1周、スクーリング
<矢作芳人調教師の話>
 順調にきています。日々良くなっています。落ち着いていますが、良い意味の緊張感を保たせるようにコントロールしてやっていきたいと思います。今日の調教は普通のところをやりました。スクーリングでは、鞍を付けながら行いました。明日も坂井騎手に乗ってもらう予定です。明日の調教は馬場の状態を見て、芝コースでやるのかダートコースでやるのか直前に判断する予定です。(レースで騎乗の)M.バルザローナ騎手はゴドルフィンの騎手なのでコースもよく知っていると思います。


(現地からの情報)

【ドバイ国際競走】(27日)~日本馬の近況(ドバイWC、ドバイシーマC) [News] [News]
2018/03/28(水) 15:13

31日(土)アラブ首長国ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイワールドカップ(G1・ダート2000m)とドバイシーマクラシック(G1・芝2410m)に出走予定の日本馬の27日(火)の調教状況と関係者のコメントは以下のとおり。

【ドバイワールドカップ】

●アウォーディー
<調教状況>
 横山将調教助手が騎乗し、ダートコースをキャンターで2周
<横山将調教助手の話>
 飼い食いが良く、輸送の疲れを感じさせない状態で順調です。明日の追い切りは武豊騎手に乗ってもらい、ダートコースで行う予定です。


【ドバイシーマクラシック】

●サトノクラウン
<調教状況>
 高橋智大調教助手が騎乗して、芝コースで追い切り
<堀宣行調教師の話>=サトノクラウン、ネオリアリズムと共通
 一昨日、昨日と芝コースで調教しましたが、ここ数日の芝・ダートの馬場状態を見て、今日芝コースで追い切ることを決めました。日本での重馬場と同等の負荷がかかる芝の状態において、時計も含め予定どおりの追い切りができました。

●モズカッチャン
<調教状況>
 古川秀太調教助手が騎乗して、ダートコースをキャンターで1周、スクーリング
<椰木(なぎ)孝幸調教助手の話>
 集中力が出てきて、しっかりした足取りでした。環境に慣れて飼葉も食べています。輸送も苦にしませんし、大変落ち着いています。明日は芝コースで追い切る予定です。

●レイデオロ
<調教状況>
 津曲大祐調教助手が騎乗して、芝コースをキャンターで1周
<津曲大祐調教助手の話>
 こちらに到着して少し緊張した素振りもありましたが、すぐに慣れて特に変わりなく運動出来ています。元々手がかからないし、リラックスして調教できています。飼葉も結構食べています。明日はルメール騎手が騎乗して芝コースで追い切る予定です。

(現地からの情報)

【大阪杯】栗東レポート~サトノノブレス(池江調教師) [News] [News]
2018/03/28(水) 15:13

4月1日(日)に阪神競馬場で行われる第62回大阪杯(GI)に登録しているサトノノブレス(牡8、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の池江泰寿調教師のコメントは以下の通り。

(最終追い切りを振り返って)
「良い動きで、年齢の割りには頑張っているなという感じがします」

(前走の金鯱賞2着を振り返って)
「近走、少しゲートの出が悪く、二の脚がつかないのですが、幸騎手が促して先手を取ってくれて、上手くマイペースを落としてくれました。勝った馬は強かったですし、若く見えてもさすがに8歳なので、2年前だったらしっかり押し切れたのではないかという内容でした」

(今回のレースに向けて)
「(阪神2000mは)ベストに近いと思います。
 メジロ牧場最後の世代ということで、2歳の時から応援してくれるファンがかなり多いので、ここでもメジロの牧場の名に恥じないように、しっかり結果を出したいと思います」

(取材:米田元気)

【大阪杯】栗東レポート~ペルシアンナイト(池江調教師) [News] [News]
2018/03/28(水) 15:11

4月1日(日)に阪神競馬場で行われる第62回大阪杯(GI)に登録しているペルシアンナイト(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の池江泰寿調教師のコメントは以下の通り。

(調教過程を振り返って)
「先週に本追い切りを済ませているので、今週は半マイルだけの馬なりの微調整でした。指示としては、3頭併せで、直線では真ん中で、後は馬なりで軽く流すというものでした」

(前走の中山記念5着を振り返って)
「状態はかなり良かったのですが、中山記念というのは開幕週で前が良いペースで飛ばしてもなかなか止まらないという競馬になります。ペルシアンはゲートが遅いので、どうしても追い込みの脚質なので、厳しいレースでしたが、それでも最後は5着と格好をつけてくれました」

(今回のレースに向けて)
「皐月賞では2着に来ているので、走れない距離ではないと思います。2000mは走れると思います。
 マイルのGIを勝っているので、ぜひとも中距離、特に2000mのGIを勝たせて種牡馬価値を上げていきたいと思います。応援よろしくお願いいたします」

(取材:米田元気)

【大阪杯】栗東レポート~アルアイン(池江調教師) [News] [News]
2018/03/28(水) 15:10

4月1日(日)に阪神競馬場で行われる第62回大阪杯(GI)に登録しているアルアイン(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の池江泰寿調教師のコメントは以下の通り。

(最終追い切りを振り返って)
「向正面から入って、半マイルだけのサッとした調整でした。間隔があいていたので、先週、先々週に本追い切りを終わらせていますので、今週は微調整でした。3頭併せでしたが、最後方から行きまして、直線は内に潜り込み、ラスト1ハロンで並びかけて、後は馬なりという指示でした」

(前走の京都記念2着を振り返って)
「苦手な重馬場だったので、少し可哀想な状況でしたが、休み明けもありましたし、その中ではよく頑張ってくれました」

(今回のレースに向けて)
「すごく調子が良いので、ここを勝って中距離のトップホースだということを証明したいと思います」

(取材:米田元気)

【大阪杯】栗東レポート~シュヴァルグラン(三浦騎手) [News] [News]
2018/03/28(水) 15:08

4月1日(日)に阪神競馬場で行われる第62回大阪杯(GI)に登録しているシュヴァルグラン(牡6、栗東・友道康夫厩舎)について、鞍上の三浦皇成騎手のコメントは以下の通り。

(最終追い切りを振り返って)
「今日は坂路でやりました。前の馬を2馬身ほど追いかけて、残り2ハロンぐらいから仕掛けて、最後はしっかり動かしてほしいということでした。その通りに追い切りができましたし、私が思っていた以上に動きは良かったので、良い追い切りだったと思います。
 以前に栗東に来た時に、追い切りではありませんでしたが、坂路で乗せてもらっていたので、今日で3回目になります。
 (初めて乗った時は)乗りやすかったですし、こちらの指示にしっかり対応してくれて、本当に扱いやすい馬だなという印象があります。
 跨がった時から、先週以上に気持ちが乗っていましたし、実際、追い切りの動きでは走り方が先週よりまた一つ良くなったなという感じがありました。
 今日はしっかり動けていましたし、余力十分であそこまで動けていたので、前回と比較はできませんが、状態は良いと思います。何の心配もなく競馬に向かえるのではないでしょうか」

(乗る前の馬の印象は?)
「乗りやすいのだろうなと見ていましたし、長く良い脚を使える馬だなというイメージはずっと持っていました。まだ調教だけですが、乗った中でも印象通りの馬でした」

(今回のレースに向けて)
「東京のジャパンカップのように、この馬の武器は長く良い脚を使うことだと思うので、今回の2000mの条件というのは、ベストかと言われると、過去の競馬を見るとベストではないと思います。ただ、能力は、今のライバル馬たちを見ると、やはり上だと思うので、そこはもうこの条件で乗せてもらう以上、ベストかどうかは関係ありません。任せられているのは勝つことだと思っているので、しっかり自信を持って、乗りたいです。
 どのレースでも、GIを勝ちたいという思いは強いです。ただ、今回に関しては、今のトップクラスの馬を任せていただいて、今までで一番勝ちを意識しているレースなので、その期待にも応えなければいけません。しっかり責任感を持って、手綱を取りたいと思っています。
 こういう緊張感などは、(怪我で)1年間離れていたので、今はそれを楽しんでいるといったら変ですが、味わいながら、騎手として頑張りたいです。
 (ドバイにいる佐々木オーナーに)良い報告ができるように頑張ります。
 今回は初めてシュヴァルグランの手綱を取らせていただきますが、しっかり自信を持って乗りたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

【大阪杯】栗東レポート~サトノダイヤモンド(戸崎騎手) [News] [News]
2018/03/28(水) 15:06

4月1日(日)に阪神競馬場で行われる第62回大阪杯(GI)に登録しているサトノダイヤモンド(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)について、戸崎圭太騎手のコメントは以下の通り。

(追い切りで初めて乗った印象は?)
「第一印象は、とても乗りやすい馬だなというのは感じました。
 初めて乗せていただくので、癖やフットワーク、どういう反応をするかなど、レースをイメージしながら乗せていただきました。
 基本的に乗りやすいだろうなと思っていましたが、これほどまでに乗りやすいのかというのは感じました。
 普通に(闘争心は)あったと思います。ちゃんと自分からも行っていましたし、最後に少し強めに追うところでも反応してくれていたので、十分良い状態なのかなと感じました。
 動かしているので、息遣いは少し荒いのかなというところはありました。
 調教師とは直接会っていませんが、助手の方から"直線に向く時にはトップスピードに上げられるように反応をうかがっておいてほしい"ということは言われました。(乗る前から)素晴らしい馬だな、強い馬だなというのは感じていました」

(今回のレースに向けて)
「ルメール騎手とも話ができまして、"少しエンジンのかかりが遅いところがあるみたいなので、そこだけは気を付けた方がいいよ"と言われました。内回りですし、そういうところに気を付けて乗りたいです。
 強い馬たちが揃えば、レースが盛り上がりますし、楽しみになると思います。
 サトノダイヤモンドには数多くのファンがいると思います。この馬に乗せていただけることを光栄に思いますし、また責任のあるレースだと思いますので、しっかり騎乗して良い結果で終われたら良いなと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

全316件中 41件〜50件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次の10件 ]