【根岸S】美浦レポート~ブラゾンドゥリス [News] [News]
2018/01/24(水) 18:07

1月28日(日)に東京競馬場で行われる第32回根岸ステークス(GIII)に登録しているブラゾンドゥリス(牡6、美浦・尾形和幸厩舎)について、尾形和幸調教師のコメントは以下の通り。

(前走を振り返ってください)
「この馬は砂を被ることをいやがる傾向があり、道中は苦しい思いをしたと思います。それでも直線バラけてからはよく伸びてくれて力のあるところをみせてくれました」

(中間の様子は?)
「お正月だけ短期放牧に出して、すぐトレセンに戻りました。冬はとても良い状態をキープできる馬なので、そこから週2回ずつ順調に追い切りを消化しています」

(今日の最終追い切りについて)
「雪の影響で馬場状態がどうかと思いましたが、問題なくいつも通りの追い切りができました」

(今回のレースへ向けて)
「実績のある東京コースで、強気に先行して自分で競馬するぐらいのつもりのレースを期待してます」

(取材:小屋敷彰吾)

【根岸S】美浦レポート~ノンコノユメ [News] [News]
2018/01/24(水) 18:06

1月28日(日)に東京競馬場で行われる第32回根岸ステークス(GIII)に登録しているノンコノユメ(せん6、美浦・加藤征弘厩舎)について、加藤征弘調教師のコメントは以下の通り。

(チャンピオンズカップを振り返ってください)
「ペースが速くなくて展開がこの馬に向かなかったことに加えて、直線で外に出せず砂を被ったことで気難しさを出してしまいました」

(それから中間の様子は?)
「中7週あったので、一度山元トレセンに出し、4週ぐらい前に戻ってきました。それからウッドチップでの動きが良くなかったこともあり、先週は北馬場のCコース(ダート)で調教を行いました。そこでしっかりと時計を出すことができて、良い状態になっていると思います」

(内田騎手が騎乗しての最終追い切りでした。どういう指示を出しましたか?)
「併せたりすると気難しさを出す馬なので、前の3頭のペースをみながら1頭で走り、馬とのコンタクトをつかんでもらいました。内田騎手は、とてものりやすくて反応も良かったと話していました」

(追い切りの動きと状態は?)
「2週前があまり良くなかったのですが、先週、そして今週と良い動きでした。良い状態をキープしています」

(馬体面、精神面で何か変わったところはありますか?)
「去勢して細くなりかけましたが、ここにきて肉づきもよくなってきているので良い方向に向かっていると思います」

(今回のレースについて)
「1400mは少し短いような気もしますが、大好きな東京コースなので最後はしっかり脚を使ってくれると思います」

(ファンへ向けて)
「2走前の武蔵野ステークスのような脚を使って、今回もしっかりと皆さんの期待に応えられるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」

(取材:小屋敷彰吾)

【シルクロードS】美浦レポート~ラインミーティア(西田雄一郎騎手) [News] [News]
2018/01/24(水) 18:05

1月28日(日)に京都競馬場で行われる第23回シルクロードステークス(GIII)に登録しているラインミーティア(牡8、美浦・水野貴広厩舎)について、西田雄一郎騎手のコメントは以下の通り。

(前走スプリンターズS13着について)
「スタートは抜群に出ましたが、出すぎた分2歩目でトモを滑らせてしまい思っていた位置取りは取れませんでした。その後も流れに乗れませんでした」

(一週前に乗ったときの馬の感触はどうでしたか?)
「今のウッドチップコースは重いところがあるので自分の想像していた動きよりは少しまだ重さがありましたが、順調に追い切りは消化できているなという感じでした」

(西田騎手からみて、この馬の特徴は?)
「切れ味があって、素直な馬です。うまく流れに乗れれば大きいところでも良い競馬をしてくれる馬です」

(今回のレースについて水野先生と何か話はされましたか?)
「特に事前に作戦を言われることはなくて、乗り方は自分に任せられているので乗りやすいです」

(ファンへ向けて)
「この馬の切れ味を出せるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」

(取材:小屋敷彰吾)

【シルクロードS】美浦レポート~ラインミーティア(水野貴広調教師) [News] [News]
2018/01/24(水) 18:04

1月28日(日)に京都競馬場で行われる第23回シルクロードステークス(GIII)に登録しているラインミーティア(牡8、美浦・水野貴広厩舎)について、水野貴広調教師のコメントは以下の通り。

(前走スプリンターズS13着について)
「ゲートを出てトモを滑らせてしまい、位置取りが悪くなってしまいました」

(そこから4ヶ月の様子は?)
「GIを使った疲れを取るために1度放牧へ出し、12月の下旬に戻ってきてそこから順調にきています。1週前に気合いを馬につけてもらうために、西田騎手に乗ってもらいました。その時点ではまだ余裕があったので、1週前に目いっぱい追ってもらい気合が入ってきました」

(今日の最終追い切りの狙いと手応えは?)
「あらかた先週の時点で気合も乗っていて輸送もあるので、今週は馬なりでさらっとリズムを守るという感じでした」

(今回のレースについて)
「全国どこの競馬場でもレースができるので、久々の京都コースも問題ないです。春は高松宮記念を目標に行こうと思っています。叩き良化型なのでこれを使ってさらに良くなると思いますが、休み明けでもこの馬の走りをしてくれると思います」

(取材:小屋敷彰吾)

【シルクロードS】美浦レポート~ロードクエスト [News] [News]
2018/01/24(水) 18:03

1月28日(日)に京都競馬場で行われる第23回シルクロードステークス(GIII)に登録しているロードクエスト(牡5、美浦・小島茂之厩舎)について、土明充生調教助手のコメントは以下の通り。

(前走は初めての1200mで3着でした)
「スタートが得意ではない点を気にしていましたが、思っていた以上にスタートを出てくれて、1200mのペースにも対応してくれたので、かなり収穫は大きかったです。元から気持ちが勝っている馬なので1200mの適性は高いと思います」

(中2週の様子は?)
「前走は1200mのペースに慣らすためにジョッキーが馬を怒らせて走らせていたので、レース後はテンションがどういう感じかを気にしながら乗りました。それほどテンションは問題なかったので、あとは気分よく大きいフットワークで走れるよう調整してきました」

(最終追い切りについて)
「坂路で、前2頭を目標にしながら追い切りました。遅れはしましたが、元々坂路ではあまり動かないタイプですので、いつも以上には動けたと思います。序盤は馬の後ろにつけましたが折り合いはつき、道中の手応えも良かったです。自信をもっていけます」

(今回のレースについて)
「前回使ってからさらに良くなり、トモのボリュームも大きくなった感じがします。前走で1200mのペースを経験できましたし、使った上積みもあるので、今回は楽しみの方が大きいです」

(ここへきて精神面で変わったところは?)
「4歳のころはマイルのレースに慣らすための調教をしてきて、おとなしすぎたところがありました。ここにきて体のハリが出てくるにしたがって、気持ちも入ってきました。また1200mのレースを使ったことで、この馬の本来の良さが出てきた感じです」

(ハンデ57キロはどうでしょうか?)
「少し重たいかなという気もしますが、前走も57キロですしこの馬にとっては背負ってきている斤量なので、そこまで気にしていません」

(最後にファンへ向けて)
「今まではマイルにこだわってきましたが、前回から1200mを使い出して、新しい面が出てきました。ここで、良いロードクエストを復活させたいと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:小屋敷彰吾)

【シルクロードS】美浦レポート~セイウンコウセイ [News] [News]
2018/01/24(水) 18:02

1月28日(日)に京都競馬場で行われる第23回シルクロードステークス(GIII)に登録しているセイウンコウセイ(牡5、美浦・上原博之厩舎)について、上原博之調教師のコメントは以下の通り。

(前走の京阪杯を振り返って)
「7着とはいえ差はありませんし、積極的に前にいくという、この馬らしいレースができました。馬が良い頃を思い出してきてるなという感じです」

(中間の様子は?)
「西山牧場にリフレッシュ放牧に出しました。そこからシルクロードステークスに向けて入厩して調整をしました」

(今朝の最終追い切りは?)
「先週、先々週としっかりやっていることと輸送を考慮して、しまいだけびっしり追うという調教をしました。寒い時期に調子が良い馬で、先週より良くなりレースに向けて仕上がりました。追い切りをしっかりやっても馬体重はそれほど減らず510キロくらいで、輸送があることを考えれば丁度よいです」

(昨年のこの頃と比べると)
「去年はレースを勝ってだんだんと状態が上がってきている感じでした。そこからは強いメンバーと戦ってきているのでなかなか結果は出ませんでしたが、また今年もこの時期から頑張って欲しいです」

(馬体面、精神面の変化は)
「だいぶ馬はしっかりしています。あとは年齢が増えてズブいところが出ないように調教しています」

(今回のレースについて)
「ハンデ58キロと今までより重い斤量ですが、京都は得意なコースなので頑張ってもらいたいです。次のステップへ向けて前走のように良い走りをしてくれたらと思います」

(ファンへ向けて)
「去年はシルクロードステークス2着から高松宮記念を勝ち、今年も同じローテーションで出走しようと思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:小屋敷彰吾)

【TCK女王盃】(大井)~ダート3戦目のミッシングリンクが重賞初制覇 [News] [News]
2018/01/24(水) 16:53

 24日(水)、大井競馬場(晴・不良)で第21回TCK女王盃(JpnIII、ダート1800m)が行われ、2番人気ミッシングリンク(JRA)が好位置から抜け出し、ダート重賞初挑戦で初制覇を果たした。

 好スタートからオールポッシブル(JRA)が主導権を握り、ララベル(大井)が2番手、エミノマユアク(船橋)とミッシングリンクが3番手グループを追走。プリンシアコメータ(JRA)は6番手、向正面でブランシェクール(JRA)がポジションを上げて勝負どころへ。4コーナーでララベルが早めに先頭に立つが、一緒にミッシングリンクとブランシェクールもスパートを見せ、ララベルを手応え十分にかわしたミッシングリンクが抜け出し、後続を突き放して完勝した。勝ちタイムは1分53秒9、勝利騎手は戸崎圭太(JRA)。

 4番人気ブランシェクールが2着、中団後ろから追い上げた6番人気ラインハート(大井)が3着。去年のJBCレディスクラシックを勝った3番人気ララベルは4着、1番人気プリンシアコメータは直線内をついたものの6着。なおマテリアメディカ(船橋)は競走除外となった。

 ミッシングリンクは父ヴィクトワールピサ、母エーソングフォー(母の父More Than Ready)の牝4歳栗毛馬。JRA美浦・斎藤誠厩舎の所属。2走前にダート戦に初めて出走して3着、前走中山のダート1800mで1000万条件を勝ち上がり、このレースに臨んでいた。通算成績は15戦4勝、重賞は初勝利。戸崎圭太騎手は昨年のワンミリオンスに続きこのレースを連覇した。

~レース後のコメント~
1着 ミッシングリンク(戸崎圭太騎手)
「ダートでは初騎乗でしたが、強いところを見せられました。スタートセンスのある馬で、スピードもありますが、今日は調教師と話して、他馬を行かせる形にしようということになりました。リズムよく、スイスイと手応え十分でした。直線も反応がありましたし、凌いでくれるかなと思いました。センスがありますし、ダートで強い勝ち方をしていますから楽しみです。まだまだ成長してくれると思います」

(斎藤誠調教師)
「戸崎騎手がうまく乗ってくれました。(雪の影響もあり)レースを開催できたことが皆様のおかげですし、(勝利を挙げられて)嬉しく思います。大井向きだと思って連れてきましたが、今日は想定より馬場が軽くなりました。それでも勝ってくれて、力をつけてると思いました。(戦前に)戸崎騎手と戦法を話して、今日は内が伸びない印象があったので、本来の逃げにこだわらず、戸崎騎手に任せました。思ったよりも強かったです。最後は見ていて力が入りましたし、みんなで声を上げてしまいました。馬が大人になって、状態面がしっかりしてきました。この後についてはこれからゆっくり考えます。ダートに転向したのが2走前で、視野を広げたいと思っていました。賞金を加算できて、今後は地方交流重賞でも頑張りたいと思います」

2着 ブランシェクール(三浦皇成騎手)
「外枠が良くて、流れに乗れました。スタートは五分で、リズム重視で乗りました。早めに動いて、強い馬相手に食い下がりました。ここでも通用すると思っていましたが、収穫の多い一戦でした」

3着 ラインハート(笹川翼騎手)
「忙しかったです。なし崩しに脚を使う形になりました。もっとためてもいいと思います。どこかでひとつ(タイトルを)獲らせてあげたいです。調子が良いです」

4着 ララベル(真島大輔騎手)
「感じは悪くなかったですが、馬場もありましたし、57kgもあったと思います」

6着 プリンシアコメータ(横山典弘騎手)
「レース前の感じや仕上げはよく感じましたが......」

(取材:山本直)

ショウナンアポロン登録抹消、乗馬に [News] [News]
2018/01/24(水) 14:42

 2016年のマーチステークス(GIII)に優勝したショウナンアポロン(牡8歳、美浦・古賀史生厩舎)は、今日24日付で競走馬登録を抹消した。今後はJRA競馬学校で乗馬となる予定。
 通算成績は56戦6勝、重賞はマーチステークスの1勝。

(JRA発表)

【シルクロードS】栗東レポート~ファインニードル [News] [News]
2018/01/24(水) 14:23

1月28日(日)に京都競馬場で行われる第23回シルクロードステークス(GIII)に登録しているファインニードル(牡5、栗東・高橋義忠厩舎)について、高橋義忠調教師のコメントは以下の通り。

(前走のスプリンターズS12着を振り返って)
「ゲートを後手に出ましたし、外を回らされる形になってしまいましたので、流れ的にはこの馬には向かなかったかなというところです。夏から状態を上げてきていましたので、状態面ではすこぶる良かったと思います。」

(前走後の調整について)
「その後はすぐに放牧に出して、成長を促しました。一段とスプリンターの体つきになってきましたし、良い休養期間だったのではないかと思います」

(調教過程を振り返って)
「予定の川田騎手に跨ってもらいまして、坂路で追い切りをしました。若干、最後の1ハロンで体が重たかったようで、少しもたれる部分があったということです。この一週間でその微調整をやってきました。
 先週もジョッキーに跨ってもらいましたので、それを踏まえて、今週は馬場で最終追い切りをしました。先週に乗った時よりは素軽くなっているということでした。指示としても、先週の内容を踏まえて状態を見て欲しいというものでした。単走でしたが、良い最終調整ができたのではないかと思います。
 普段からすごく良い動きをする馬ですので、変わりなく良い動きをしていたと思います」

(今回のレースに向けて)
「距離に関しては、若馬の頃からいろいろ適性を探って挑戦してきました。やはり行き着くところは1200mの芝が一番合っていそうということで、舞台としては京都は良いと思います。
 ここまでグッと良くなってくれるとは私自身も正直思っていなかったものですから、馬自身の成長にはすごく感心させられるところではあります。一戦一戦この馬なりに、力を付けていますので、今年が勝負の年かなと思います。上を目指していくにあたって、今年初戦となりますので、良い形で次に繋がるような競馬になればと思います。
 競馬のセンスはすごくある方かなと思いますので、そういうところを生かしたいです。この馬なりにはどんどんと力を付けていると思います。それが噛み合って、大きな舞台でも結果が残せるようになってくれれば良いと思います。
 ハンデに関しては、あまり心配していません。大丈夫だと思います。
 今年初戦になりますが、今年は何とかもう少し大きな舞台で、常に上位争いができる馬にしていきたいです。応援のほどよろしくお願いいたします」

(取材:米田元気)

【シルクロードS】栗東レポート~カラクレナイ [News] [News]
2018/01/24(水) 14:20

1月28日(日)に京都競馬場で行われる第23回シルクロードステークス(GIII)に登録しているカラクレナイ(牝4、栗東・松下武士厩舎)について、松下武士調教師のコメントは以下の通り。

(前走の京都金杯6着を振り返って)
「久しぶりに、直線に向いておっと思うところがありましたし、見せ場もあったと思います。内容自体は良かったかと思います」

(前走後の調整について)
「一叩きしたことで、ガスが抜けた感じがしますし、上積みもあります。良い状態で迎えられると思います」

(調教過程を振り返って)
「今週はCコースで終いだけという感じでした。一叩きして、馬の状態は整っていますし、オーバーワークだけが心配だったので、良い調教ができたと思います」

(今回のレースに向けて)
「体形的にもスプリントは合っていると思いますし、ここのところスタートも安定してきているので、良いレースをしてくれると思います。
 トモの肉が付いて、体にボリュームが出てきました。良い状態に繋がっていると思います。
 このレースで良い結果を出してくれれば、今後の選択肢も拡がりますので、応援のほどよろしくお願いいたします」

(取材:米田元気)

全19件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]