【佐賀記念】(2月6日、佐賀)~JRA所属出走予定馬及び補欠馬について [News] [News]
2018/01/21(日) 18:17

2月6日(火)、佐賀競馬場で行われる第45回佐賀記念(JpnIII、4歳上、ダート2000m)のJRA所属出走予定馬及び補欠馬は以下の通り。

【出走予定馬:5頭】
クリノスターオー
グレンツェント
マイネルバサラ
ルールソヴァール
ローズプリンスダム

【補欠馬:5頭】(補欠順位順)
コパノチャーリー
トップディーヴォ
メイプルブラザー
ナムラアラシ
モンドアルジェンテ

【シルクロードS】登録馬セイウンコウセイなど22頭 [News] [News]
2018/01/21(日) 18:10

1月28日(日)、京都競馬場で行われるシルクロードステークス(4歳以上GIII、芝1200m)の登録馬は以下の通り。

ニシケンモノノフ
セイウンコウセイ
ファインニードル
ラインミーティア
ダイアナヘイロー

カラクレナイ
ナックビーナス
ミッキーラブソング
キングハート
ロードクエスト

ナリタスターワン
タマモブリリアン
フミノムーン
アットザシーサイド
アレスバローズ

グレイトチャーター
ユキノアイオロス
セカンドテーブル

以下、除外対象馬

スマートカルロス
ディバインコード
アクティブミノル
コスモドーム

【根岸S】登録馬ベストウォーリアなど16頭 [News] [News]
2018/01/21(日) 18:02

1月28日(日)、東京競馬場で行われる根岸ステークス(4歳以上GIII、ダート1400m)の登録馬は以下の通り。

ベストウォーリア
ニシケンモノノフ
ノンコノユメ
キングズガード
カフジテイク

ノボバカラ
モンドクラッセ
サイタスリーレッド
サンライズノヴァ
ブラゾンドゥリス

アキトクレッセント
ヒカリブランデー
イーデンホール
マッチレスヒーロー

地方馬

ブルドッグボス
ラブバレット

なお、このレースに除外対象馬はいない

【蒲郡特別】(中京12R)~シャインサンデーが好位追走から差し切りV [News] [News]
2018/01/21(日) 17:54

中京12Rの蒲郡特別(4歳以上500万下・芝1200m)は2番人気シャインサンデー(菱田裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒7(良)。3/4馬身差の2着に3番人気フナウタ、さらにクビ差の3着に6番人気ブラウンローズが入った。

シャインサンデーは美浦・加藤征弘厩舎の4歳牝馬で、父トワイニング、母マニックサンデー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は9戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 シャインサンデー(菱田裕二騎手)
「リズム良く追走できましたし早めに外へ持ち出していい進路を取ることができました。馬も力をつけていると感じます」

6着 コンピレーション(池添謙一騎手)
「スタートは普通に切れましたし、中団で運べましたが、3コーナーから外へ張って逃げるところがありました。その後は収まりましたし、じわじわと伸びてはいけたのですが」


【AJCC】(中山11R)~ダンビュライトが待望の重賞初V [News] [News]
2018/01/21(日) 17:45

中山11Rのアメリカジョッキークラブカップ(4歳以上GII・芝2200m)は2番人気ダンビュライト(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分13秒3(良)。2馬身差の2着に1番人気ミッキースワロー、さらに半馬身差の3着に8番人気マイネルミラノが入った。

ダンビュライトは栗東・音無秀孝厩舎の4歳牡馬で、父ルーラーシップ、母タンザナイト(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は11戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ダンビュライト(M.デムーロ騎手)
「いい状態でした。マイネルミラノは前に行く馬ですが、この馬もVTRを見ると前にいけることはわかっていましたが、フワッとする面があるという印象を持っていました。今日はスタートが良くてちゃんと2番手で我慢できました。道中は良かったです。最後はいい脚を使ってくれました。いい勝ち方で能力が高いです。期待しています。」

(音無秀孝調教師)
「嬉しいです。レースの前には『好きなように乗ってほしい』と騎手に声をかけました。緩いペースで行ってくれて外から来られても速くなりませんでした。いい感じでいけました。3コーナーを過ぎてから単走になっても息が入っていて最後に脚を残していました。休み明けの前走を勝って力をつけているのかなと思いましたが、さらに強くなっていました。来週にも放牧へ出します。出られるようなら大阪杯が合うかなと思いますが、オーナーと相談します」

3着 マイネルミラノ(柴田大知騎手)
「よく頑張っています。偉いです。今後もこういうレースができればチャンスがありそうです。まだ力は衰えていないですね。距離は長いほうが良いでしょう」

4着 ディサイファ(蛯名正義騎手)
「外に押し込まれてしまい切り替えた分、遅れてしまいました。スムーズならもっと上位にいけたと思います」

5着 トーセンビクトリー(田辺裕信騎手)
「先行することも考えていましたが、馬の気持ちを優先して走らせました。折り合いがついて最後も後ろからの馬には交わされていないので、よく頑張っています」

6着 ショウナンバッハ(戸崎圭太騎手)
「スタートして今日は行きっぷりがよくグングンといってしまいました。今日の感じだと距離は詰めたほうが良いかもしれません」

11着 ゴールドアクター(武豊騎手)
「初めて乗りましたが、返し馬の時から良い走りではありませんでした。レースもこの馬らしくない内容で前脚と後脚のバランスが良くなかったです」


【東海S】(中京11R)~テイエムジンソクが圧倒的人気に応え重賞2勝目 [News] [News]
2018/01/21(日) 17:23

中京11Rの東海ステークス(4歳以上GII・ダート1800m)は1番人気テイエムジンソク(古川吉洋騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒8(良)。3/4馬身差の2着に13番人気コスモカナディアン、さらに6馬身差の3着に6番人気モルトベーネが入った。

テイエムジンソクは栗東・木原一良厩舎の6歳牡馬で、父クロフネ、母マイディスカバリー(母の父フォーティナイナー)。通算成績は25戦9勝。

~レース後のコメント~
1着 テイエムジンソク(古川吉洋騎手)
「強かったですね。少し力んでいましたがこんなものでしょう。最後は追ってくる馬が一瞬見えましたが止まる感じもなかったので心配していませんでした。これからもっともっと頑張ってくれると思うので、楽しみにしています」

2着 コスモカナディアン(丹内祐次騎手)
「よく頑張ってくれました。賞金加算できたことが大きいです。自分の競馬に徹して最後もいけるかと思うほどでした」

3着 モルトベーネ(秋山真一郎騎手)
「1コーナーのポジション争いが激しくなったところで馬がファイトしてしまい、3~4コーナーで一瞬反応が渋くなりました。それでも最後はよく来てくれました」

4着 サンマルデューク(岡田祥嗣騎手)
「先生から『思い切ったレースを』と言われていました。内目の枠でもあり、ある程度仕掛けていった位置で組み立てを考えていました。取った位置をキープすることもできましたし最後まで頑張ってくれました」

6着 ゴールデンバローズ(松山弘平騎手)
「じわじわ中断から押し上げていって、終いグッと来られそうな感じはあったのですが、最後はジリっぽくなってしまいました。力のある馬なので、きっかけを掴めればと思うのですが......」

8着 アスカノロマン(太宰啓介騎手)
「いい頃と比べると物足りないところはありますが、4コーナーではいい形になりました。これがいいきっかけになってくれると良いですね」

9着 ディアデルレイ(勝浦正樹騎手)
「相手のペースに付き合ってしまい所々リズムを崩してしまいました。力負けとは思っていませんし、これがいい経験になれば良いですね」

【石清水S】(京都11R)~ニシノラッシュが逃げ切り5勝目 [News] [News]
2018/01/21(日) 16:58

京都11Rの石清水ステークス(4歳以上1600万下・芝1400m)は4番人気ニシノラッシュ(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒0(良)。1馬身1/4差の2着に8番人気エスティタート、さらに1馬身1/4差の3着に9番人気グレイスミノルが入った。

ニシノラッシュは栗東・宮本博厩舎の6歳牡馬で、父サクラバクシンオー、母キャッスルブラウン(母の父Silver Hawk)。通算成績は19戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ニシノラッシュ(幸英明騎手)
「ゲートをポンと出て、楽に行かせてもらいました。ごちゃつくよりはスタート次第で逃げることも考えていました。最後までしっかり頑張ってくれました」

2着 エスティタート(藤岡佑介騎手)
「内枠でスローペースでしたが、上手に立ち回ってくれました。最後も差を詰めています」

4着 レインボーフラッグ(川田将雅騎手)
「流れが遅く思ったよりも前目の位置で少し力んでいました。その分、最後に苦しくなりました。流れる中で競馬ができればよかったです」

【山科S】(京都10R)~ヤマニンアンプリメが差し切り勝利 [News] [News]
2018/01/21(日) 16:42

京都10Rの山科ステークス(4歳以上1600万下・ダート1200m)は3番人気ヤマニンアンプリメ(鮫島良太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒3(稍重)。3/4馬身差の2着に10番人気ラズールリッキー、さらに1馬身半差の3着に6番人気タガノヴィッターが入った。

ヤマニンアンプリメは栗東・中村均厩舎の4歳牝馬で、父シニスターミニスター、母ヤマニンエリプス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は12戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ヤマニンアンプリメ(鮫島良太騎手)
「ゲートで立ち遅れてしまって、砂をかぶると良くないと聞いていたのですが、道中はひるむことなく大丈夫でしたね。4コーナーではどこに出そうかなと思うくらいの手応えでした。前残りの展開でしたが、一頭だけ違う脚を使ってくれました。この競馬ができればこれからが楽しみです」

2着 ラズールリッキー(松田大作騎手)
「初めてのダートでしたがスピードがあり楽に先手を奪えました。今日はプラス12キロの馬体でしたし、絞れればもっとよくなると思います」

3着 タガノヴィッター(岩崎翼騎手)
「久々に乗せてもらいましたが、以前より馬がしっかりしていました。後ろからの競馬になりましたが、めどが立つ競馬でした。これからが楽しみです」

6着 オウケンビリーヴ(福永祐一騎手)
「スペースがなくてスムーズさを欠いてしまいました。それが全てですね。力を出し切っていないと思います」

【恋路ケ浜特別】(中京10R)~メイショウフェイクが早め先頭から押し切りV [News] [News]
2018/01/21(日) 16:13

中京10Rの恋路ケ浜特別(4歳以上1000万下・芝2000m)は7番人気メイショウフェイク(菱田裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒1(良)。1馬身3/4差の2着に10番人気アインザッツ、さらにクビ差の3着に8番人気テリトーリアルが入った。

メイショウフェイクは美浦・奥平雅士厩舎の6歳牡馬で、父メイショウサムソン、母ペルヴィアンリリー(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は24戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウフェイク(菱田裕二騎手)
「返し馬から状態の良さを感じました。この状態で来られたことに感謝です。最後も状態の良さで踏ん張ってくれました」

2着 アインザッツ(中谷雄太騎手)
「安定して走れるようになってきました。タフな流れのほうがいいタイプですが、スローペースの中よく頑張ってくれました」

4着 マテンロウゴースト(中井裕二騎手)
「ポジションは想定内で、うまく対応してくれました。競馬の幅が広がりました。馬は前走よりもどんどん良くなっています」

【頌春賞】(中山10R)~マテラスカイが後続の追撃をしのぎ逃げ切り勝ち [News] [News]
2018/01/21(日) 16:02

中山10Rの頌春賞(4歳以上1000万下・ダート1200m)は6番人気マテラスカイ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒9(稍重)。1馬身1/4差の2着に9番人気マンカストラップ、さらに3/4馬身差の3着に4番人気キタサンガンバが入った。

マテラスカイは栗東・森秀行厩舎の4歳牡馬で、父Speightstown、母Mostaqeleh(母の父Rahy)。通算成績は15戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 マテラスカイ(武豊騎手)
「けっこうペースが速かったのですが、途中からハナを切りました。そこからは楽でしたね。ペース自体は厳しい中で、よく踏ん張っています」

2着 マンカストラップ(大野拓弥騎手)
「外枠だったので、スムーズに運べました。力を出し切ることができれば十分このクラスでも通用します」

3着 キタサンガンバ(吉田隼人騎手)
「流れていたのでこの馬に向くかと思ったのですが、あまり伸びませんでした。休み明けだったことが影響したかもしれません。使ったことでよくなるでしょう」

4着 シルバーストーン(内田博幸騎手)
「時計が速くてついていけませんでした。繊細な馬なので、今日は大事に乗って4着に来ているのでこのクラスに慣れていけばよいと思います」

全19件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]