【中山金杯】出走馬17頭~調教後の馬体重 [News] [News]
2018/01/04(木) 19:20

1月6日(土)に中山競馬場で行われる第67回中山金杯(GIII 芝2000m)に出走する17頭の調教後の馬体重は以下の通り。

(左から馬名、馬体重、計測日、前走馬体重)
アウトライアーズ  498 1月3日(水)   504
ウインブライト   480 1月3日(水) 470
カデナ       484 1月4日(木) 466
ケントオー     472 1月4日(木) 468
ショウナンマルシェ 497 1月4日(木) 478
ジョルジュサンク  540 1月3日(水) 526
ストレンジクォーク 508 1月3日(水) 500
セダブリランテス  524 1月4日(木) 514
タイセイサミット  512 1月3日(水) 506
ダイワキャグニー  496 1月4日(木) 494
デニムアンドルビー 460 1月4日(木) 456
トーセンマタコイヤ 496 1月4日(木) 480
パリカラノテガミ  456 1月3日(水) 454
フェルメッツァ   474 1月4日(木) 472
ブラックバゴ    530 1月3日(水) 516
マイネルミラノ   500 1月4日(木) 488
レアリスタ     479 1月3日(水) 484

※馬体重の数値は「kg」
※開催場以外で計量した競走馬については、計量後に開催場へ「輸送」している。
※馬体重は、「調教」・「輸送」・「飼付」・「排糞」等により、常に大きく変動する。
※上記馬体重は、あくまでも計量時のデータであり、レース当日の馬体重とは異なる。
※レース当日に発表する馬体重は、発走時刻の概ね60分前に計量している。
※前走が海外の競馬であっても馬体重を計量している場合には「前走馬体重」を表記している。

(JRA発表)


平成29年度厩舎関係者表彰受賞者が決定 [News] [News]
2018/01/04(木) 19:09

 JRAは4日、平成29年度の厩舎関係者表彰受賞者を発表した。表彰式は、1月7日(日)、中山競馬場と京都競馬場で、昼休みに行われる予定。
【騎手】

●優秀騎手賞
第1位 C.ルメール
第2位 戸崎圭太
第3位 M.デムーロ
第4位 福永祐一
第5位 和田竜二
※「勝率」「勝利度数」「獲得賞金」「騎乗回数」の4部門における総合得点

●優秀障害騎手賞
第1位 石神深一
第2位 熊沢重文
※「勝率」「勝利度数」「獲得賞金」「騎乗回数」の4部門における総合得点

●障害騎手特別賞
石神深一
※同一年度にJ・GI競走を2勝以上した者

●最多勝利新人騎手賞
該当者なし
※新人騎手で30勝以上かつ最多勝の者

●新人騎手特別賞
該当者なし
※「最多勝利新人騎手賞」受賞者以外の新人騎手で30勝以上の者

●特別模範騎手賞
該当者なし
※優秀騎手賞の基準となる4部門のいずれかが1~5位であって、制裁を受けていない者

●ベストフェアプレー賞
該当者なし
※フェアプレー賞対象者であり、かつ制裁を受けていない者のうちで「勝利度数」の最も多い者

●フェアプレー賞
(関東)
石橋脩
蛯名正義
勝浦正樹
津村明秀
横山典弘
吉田隼人

(関西)
秋山真一郎
坂井瑠星
藤岡康太
古川吉洋
※30勝以上かつ制裁点数10点以下の者

【厩舎】

●優秀厩舎賞
(関東)
第1位 堀宣行厩舎
第2位 斎藤誠厩舎
第3位 藤沢和雄厩舎
第4位 国枝栄厩舎
第5位 高木登厩舎

(関西)
第1位 友道康夫厩舎
第2位 池江泰寿厩舎
第3位 中内田充正厩舎
第4位 矢作芳人厩舎
第5位 角居勝彦厩舎
※「勝率」「1馬房あたりの勝利度数」「1馬房あたりの獲得賞金」「1馬房あたりの出走回数」の4部門における総合得点

●新人騎手育成賞
該当者なし
※30勝以上の新人騎手が所属する厩舎

【京都金杯】出走馬13頭~調教後の馬体重 [News] [News]
2018/01/04(木) 18:43

1月6日(土)に京都競馬場で行われる第56回京都金杯(GIII 芝1600m)に出走する13頭の調教後の馬体重は以下の通り。

(左から馬名、馬体重、計測日、前走馬体重)
アメリカズカップ  460 1月3日(水)  456 
ウインガニオン   504 1月3日(水)  498 
カラクレナイ    504 1月4日(木) 496   
キョウヘイ     448 1月4日(木) 444
クルーガー     546 1月4日(木) 538 
スズカデヴィアス  532 1月3日(水) 522 
ストーミーシー   536 1月3日(水) 532 
ダノンメジャー   506 1月4日(木) 498
ブラックムーン   508 1月4日(木) 506  
マイネルアウラート 476 1月3日(水) 474
マサハヤドリーム  484 1月4日(木) 478
ラビットラン    446 1月4日(木) 446
レッドアンシェル  468 1月4日(木) 456

※馬体重の数値は「kg」。
※開催場以外で計量した競走馬については、計量後に開催場へ「輸送」している。
※馬体重は、「調教」・「輸送」・「飼付」・「排糞」等により、常に大きく変動する。
※上記馬体重は、あくまでも計量時のデータであり、レース当日の馬体重とは異なる。
※レース当日に発表する馬体重は、発走時刻の概ね60分前に計量している。
※前走が海外の競馬であっても馬体重を計量している場合には、「前走馬体重」を表記している。

(JRA発表)

【シンザン記念】美浦レポート~ファストアプローチ [News] [News]
2018/01/04(木) 18:38

 8日(祝・月)京都競馬場で行われる第52回シンザン記念に出走するファストアプローチについて、藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。

「朝日杯フューチュリティステークスは、大きな馬、そして気のいい馬で、調教も十分に積んでいましたが、やはりGIとなると、終い100mくらいで、少しふらついてしまいました。久々の影響もあったのかなと思います。

 前走を使った後も元気良く、競馬を続けて使いたいと思っていたなか、順調に元気に、年を越すことができました。今朝の追い切りは、時計はそれほど速くありませんが、やはり久々を使った分、動きは良かったと思います。

 今回、強い馬が何頭かいますが、前走が、やはり一線級の強い馬たちとの競馬で、それほど負けていませんから、何とか頑張ってもらいたいと思います。

 馬場に関しては、本当は少し渋った方がいいのですが、前走も速い馬場でしたし、こなしてくれると思います。このくらいの距離は守備範囲だと思いますので、頑張ってもらいたいと思います」

(取材:中野雷太)

【シンザン記念】美浦レポート~アーモンドアイ [News] [News]
2018/01/04(木) 18:36

 8日(祝・月)京都競馬場で行われる第52回シンザン記念に出走するアーモンドアイについて、国枝栄調教師のコメントは以下の通り。

「(前走について」初戦を勝てなかったので残念でしたが、1回使って、状態もさらに良くなっていましたし、東京ですから、ゆっくり騎乗するのではと思っていたところ、その通り、いい競馬をしてくれて、良かったと思います。

 昨日の追い切りは、終いの反応も良かったです。輸送や牡馬相手など色々ありますが、状態は良いですから、うまくクリアできれば、十分戦えると思っています。

 (舞台の京都1600mについて)右回りになっても、器用だと思いますし、余裕を持って直線を迎えられれば、落ち着いた競馬をしてくれれば、いいと思います。

 この後、桜花賞もありますから、早めに出られる状態を整えたいと思います」

(取材:中野雷太)

【フェアリーS】美浦レポート~テトラドラクマ [News] [News]
2018/01/04(木) 18:34

 7日(日)中山競馬場で行われる第34回フェアリーステークスに出走するテトラドラクマについて、小西一男調教師のコメントは以下の通り。

「前走は、レース内容も良く、時計を見てビックリしました。思った以上のパフォーマンスでしたし、スピードもあり、力もありそうな走りでした。

 牧場から戻ってきても、順調に調教を消化してくれていますので、いい状態で出せると思います。昨日の追い切りも、予定通りの調教ができたと思っています。

 東京より中山の方が合っているかなという脚質ですから、レースを楽しみにしています。今のこの時期に、これだけのポテンシャルのある馬は中々いないと思いますので、期待したいと思います」

(取材:中野雷太)

【ジュニアカップ】美浦レポート~テンクウ [News] [News]
2018/01/04(木) 18:33

 6日(土)中山競馬場で行われるジュニアカップに出走するテンクウについて、奥村武調教師のコメントは以下の通り。

「当初、この馬に1600mは少し長いかと思っていましたが、こなしてほしいと希望を持って、これまで1600mに挑んできました。こちらが心配する事もなく、全然大丈夫、距離をこなしてくれました。中々、良い結果にはなりませんでしたが、強い馬を相手に、よく頑張ってくれていたなと思います。

 新馬から3戦、厳しい競馬が続いたので、一息入れさせてもらいました。体は一回り大きくなったように見えますし、いいところに筋肉がついてきたと感じています。

 追い切りは、やはり短距離馬らしい馬で、すごくよく動くので、オーバーワークにならないよう気をつけてやってきました。仕上がりは十分です。

 これまで、特に右回りを避けてきた訳ではありません。いいレースが、たまたま左回りだったというだけです。すごく器用な馬ですから、右回りは全然気にしていません。

 サウジアラビアロイヤルカップを負けた時は、すごく悔しいなと思いましたが、後のGI(朝日杯フューチュリティステークス)の結果を見て、やはり強い相手だったのだなと再認識し、同時に、やはりこの馬も走るのだと、もう一度思えましたから、ここでは負けてほしくありません。春の大きなレースに向けて、賞金を加算したいところです」

(取材:中野雷太)

【中山金杯】美浦レポート~セダブリランテス [News] [News]
2018/01/04(木) 18:32

 6日(土)中山競馬場で行われる第67回中山金杯に出走するセダブリランテスについて、手塚貴久調教師のコメントは以下の通り。

「前走のアルゼンチン共和国杯は、古馬との初対戦、距離も初めての2500m、一息入った状態から立て直した中での一戦など、色々厳しい条件が重なった中、3着という結果。合格点は与えてもいいかなという感じです。

 今回は、牧場でもしっかり乗り込めましたし、気になるところもありませんでした。厩舎に戻ってからも、順調に追い切りを重ねて、手加減せずに調教できていますから、雰囲気としては前走以上かなと思います。

 昨日の追い切りは、時計のかかる時間でしたから、上がりは少し要しましたが、全体の時計と、通った場所を考えたら、十分動けています。元々、調教は走る馬ですから、あれぐらい走って当然ですが、それにしても、いい動きだったと思います。

 中山の2000mは、ちょうど良いかと思っています。正直、2500mより2000m、距離は1800m~2000mがいいかと以前から思っていますので、舞台としては、言う事無いと思います。

 ハンデ(55kg)に関しては、他の明け4歳の有力馬が1kg重いので、若干ありがたいというところです。1kg軽いところをうまく生かして、競馬をしてもらいたいですね。

 今年の手塚厩舎の屋台骨と言いますか、先頭で引っ張ってもらいたい馬ですから、金杯というレースで好発進して、1年頑張ってもらいたいと思っています」

(取材:中野雷太)

【中山金杯】美浦レポート~ダイワキャグニー [News] [News]
2018/01/04(木) 18:31

 6日(土)中山競馬場で行われる第67回中山金杯に出走するダイワキャグニーについて、菊沢隆徳調教師のコメントは以下の通り。

「秋2戦、まず毎日王冠に関しては、メンバーが強い中、得意な、走り慣れたコースでどれだけやれるか、力試しという感じで、いい競馬をしたと思っています。キャピタルステークスに関しては、重賞ではありませんでしたが、いいメンバーが揃った中で、非常にいい内容、いい勝ち方をしてくれましたから、これが今年に繋がっていけばと思います。

 実質的な追い切りは先月31日、ウッドで行いました。外を回って、結構ハードに追っていますので、昨日の追い切りは整える程度にと思っていました。状態に関しては、申し分ないと思っています。

 (中山2000mに関して)皆さん、一番心配しているのは、そこだと思います。管理している私も心配はありますが、使う以上は、克服できるように、色々工夫してきたつもりですので、大丈夫であってほしいと願っています。

 正直、ハンデ(56kg)には驚きました。自分の予想より重かったです。去年の秋の競馬を評価されて、それだけ力を認めてくれた上でのハンデだったのかなとは思いますが、明け4歳の重賞を勝っている馬と同等、それ以上ですからね。

 ここで結果を出せば、幅が広がると思います。可能性を含め、この馬には期待するものがありますので、どういったレースをするかが楽しみです」

(取材:中野雷太)

2017年度JRA賞、調教師・騎手部門の受賞者決まる [News] [News]
2018/01/04(木) 17:26

 2017年度JRA賞の調教師・騎手部門の受賞者がJRAの内規により決定し、以下のように発表された。なお、競走馬部門は、1月9日(火)に行われる受賞馬選考委員会の後に発表される。

★調教師部門
最多勝利調教師     池江泰寿(栗東)  63勝
最高勝率調教師     中内田充正(栗東) 21.4%
最多賞金獲得調教師   池江泰寿(栗東)  18億4848万8900円
優秀技術調教師     堀宣行(美浦)   ※勝率、1馬房あたりの勝利度数・獲得賞金・出走回数の得点で決定

★騎手部門
JRA最多勝利騎手   クリストフ・ルメール
JRA最高勝率騎手   ミルコ・デムーロ
JRA最多賞金獲得騎手 クリストフ・ルメール
MVJ         クリストフ・ルメール
最優秀障害騎手     石神深一
最多勝利新人騎手    該当者なし

※MVJ...JRAと地方・海外の指定レースを合わせた成績を「勝利度数」「勝率」「獲得賞金」「年間騎乗回数」の項目ごとに順位付けした上で、その得点の総合で最上位となった騎手。

(JRA発表による)

全12件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]