小崎綾也騎手のオーストラリアでの騎乗成績(12月16日) [News] [News]
2017/12/16(土) 17:17

小崎綾也騎手(栗東・フリー)は16日(土)、オーストラリアのケンブラ・グランジ競馬場にて5Rの一般レース(芝1200m)でラストカードジョーに騎乗し、10頭立ての10着だった。

(JRA発表による)

【高山特別】(中京)~マテンロウゴーストが追い比べを僅差で制す [News] [News]
2017/12/16(土) 17:10

中京12Rの高山特別(3歳以上500万下・芝2000m)は2番人気マテンロウゴースト(中井裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒8(良)。ハナ差の2着に3番人気キャリアベスト、さらにハナ差の3着に9番人気リリーモントルーが入った。

マテンロウゴーストは栗東・中内田充厩舎の4歳牡馬で、父Galileo、母Latin Love(母の父Danehill Dancer)。

~レース後のコメント~
1着 マテンロウゴースト(中井裕二騎手)
「長期休み明け後に一度レースを使われて、ガス抜きが出来て万全の状態でした。ある程度のポジションで内をリズム良く走ってくれました。直線で遊ぶような感じで内側から並ばれると、また走る気になったようにまだ子供っぽい馬です。これからまだ良くなると思います」

3着 リリーモントルー(高倉稜騎手)
「この馬が走った内側より外の方が伸びる馬場でしたし、坂のところで馬体を併せるところがなくフワッとした分、届かなかった感じです」

4着 アウステルリッツ(佐藤友則騎手)
「前の馬との差は休み明けの分でしょう。今日はリズム良く走り、長く良い脚を使いました。このクラスを勝つ力は十分ある馬です」

【中京日経賞】(中京)~伏兵サダムリスペクトが接戦から抜け出し連勝 [News] [News]
2017/12/16(土) 17:03

中京11Rの中京日経賞(3歳以上1000万下・芝1200m)は12番人気サダムリスペクト(川須栄彦騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒4(良)。半馬身差の2着に8番人気デスティニーソング、さらにクビ差の3着に16番人気オフクヒメが入った。

サダムリスペクトは栗東・中尾秀正厩舎の5歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母ハナランマン(母の父サクラユタカオー)。通算成績は38戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 サダムリスペクト(川須栄彦騎手)
「今日は流れに乗れたらという話を(陣営と)していて、ポジションを取った後に溜めが利きました。勝ち切れなかった馬が連勝しているのは、何より調子が良いということだと思います」

2着 デスティニーソング(鮫島克駿騎手)
「体重が増えたのは身体が戻ったような感じでした。良いポジションを取れて、最後も併せる形。勝負根性を出せる一番良い形になっていたのですが......。悔しいです」

3着 オフクヒメ(中谷雄太騎手)
「流れは速くなかったです。スタートは出てくれました。道中の手応えは良かったですし、もうちょっとでした」

【つわぶき賞】(中京)~アンコールプリュが鮮やかに差し切りデビュー2連勝 [News] [News]
2017/12/16(土) 16:57

中京10Rのつわぶき賞(2歳500万下・牝馬・芝1400m)は3番人気アンコールプリュ(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒8(良)。1馬身差の2着に7番人気モデレイト、さらに半馬身差の3着に1番人気サウンドキアラが入った。

アンコールプリュは栗東・友道康夫厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母オイスターチケット(母の父ウイニングチケット)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アンコールプリュ(藤岡康太騎手)
「ゲートの出は良くなかったのですが、脚は溜まっていました。期待通りの脚でした。距離についてはテンション次第になるでしょう」

2着 モデレイト(菱田裕二騎手)
「返し馬から良い感触でした。折り合いはバッチリで良いレースでした。勝ち馬が強すぎました」

3着 サウンドキアラ(武豊騎手)
「ずっと左手前のままでした。ゲートもうるさかったです。幼さが出ていました。能力は高いです」

【タンザナイトS】(阪神)~伏兵ミッキーラブソングが差し切り勝ち [News] [News]
2017/12/16(土) 16:49

阪神11Rのタンザナイトステークス(3歳以上オープン・芝1200m)は9番人気ミッキーラブソング(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒8(良)。ハナ差の2着に5番人気ラインスピリット、さらに3/4馬身差の3着に4番人気アクティブミノルが入った。

ミッキーラブソングは栗東・橋口慎介厩舎の6歳牡馬で、父キングカメハメハ、母コイウタ(母の父フジキセキ)。通算成績は33戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 ミッキーラブソング(松山弘平騎手)
「好スタートから好位の良いポジションでレースが出来ました。前が開いてからはしっかりとした良い脚でした。しっかり差し切って強い内容です。状態も良かったです」

2着 ラインスピリット(森一馬騎手)
「2番手でイメージ通りリズム良く運べました。満を持して追い出して、最後は粘れたかと思いましたが、惜しいです。重賞でも入着するなど、確実に来る力があります」

3着 アクティブミノル(酒井学騎手)
「いつも良い枠も引いていますし、自分の競馬をしようと思っていました。番手にいたのが森騎手(ラインスピリット)だったので、思い通り以上の良いペースで行けました。最後はバタっと止まらずに辛抱してくれました。ハンデも背負わされていますからね」

4着 コスモドーム(幸英明騎手)
「最後は良い脚で来てくれました。もう少しペースが流れてくれたら良かったです。しっかりした脚があるので、展開一つだと思います。力はあります」

7着 メイソンジュニア(C.ルメール騎手)
「休み明けでフレッシュでしたが、息が入っていませんでした。最後は段々と疲れていました。次走のほうが良いと思います」

【ターコイズS】(中山)~ミスパンテールが激戦を制し重賞初制覇 [News] [News]
2017/12/16(土) 16:37

中山11Rのターコイズステークス(3歳以上GIII・牝馬・芝1600m)は5番人気ミスパンテール(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒2(良)。クビ差の2着に3番人気フロンテアクイーン、さらにハナ差の3着に7番人気デンコウアンジュが入った。

ミスパンテールは栗東・昆貢厩舎の3歳牝馬で、父ダイワメジャー、母エールドクラージュ(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ミスパンテール(横山典弘騎手)
「パドックからテンションが高かったのですが、返し馬では大丈夫でした。良いところにつけられて、思い通りのレースが出来ました。よく反応して狭いところに入れたし、素晴らしい切れ味を持っています。テンションは課題ですが、少しずつ大人になってくれれば良いですね」

(昆貢調教師)
「チューリップ賞の走りが本物だったということです。普段落ち着いているかが大事で、ローズSの時はイライラしていました。今日はリラックスしていたし、思い通りに来ていました。輸送は問題ではありません。まだ経験が浅くて、テンションが続けて2戦目くらいまでは我慢が利きますが、その先はまだ分かりません。まだ掴みかねているところもありますが、距離は2000mくらいまでは持つと思います。春はヴィクトリアマイルを焦点にして、どういうローテーションにするか、考えたいと思います。今日の結果からもう一つ上でもやれると感じています」

2着 フロンテアクイーン(北村宏司騎手)
「残念でした。良いポジションでレースが出来て、直線も待って待って前が開きました。あれだけ伸びているのに、勝った馬の切れ味はそれ以上でした」

3着 デンコウアンジュ(蛯名正義騎手)
「突き抜けたと思ったのですが、坂を上ってから少し鈍ってしまいました。ある程度流れてくれて、これ以上にない良いレースが出来ました。それだけに勝ちたかったです」

4着 ラビットラン(C.デムーロ騎手)
「道中は中団でリラックスしていましたが、最後は脚が無くなってしまいました。休み明けの分、全体的に気負っているところがありました」

7着 ディープジュエリー(内田博幸騎手)
「粘っているけど厳しかったです。差は無いので、このクラスのレースも慣れていけば良いと思います」

8着 ワンブレスアウェイ(戸崎圭太騎手)
「スタートが悪い馬ではないのですが、今日はゲートの中でチャカチャカしていました。ペースがそれほど上がらなかったことも良くなかったです」

【赤穂特別】(阪神)~キーグラウンドが僅差で押し切り3勝目 [News] [News]
2017/12/16(土) 16:10

阪神10Rの赤穂特別(3歳以上1000万下・ダート1800m)は5番人気キーグラウンド(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒9(良)。ハナ差の2着に1番人気ロードアルペジオ、さらにクビ差の3着に6番人気フォーハンドレッドが入った。

キーグラウンドは栗東・宮徹厩舎の3歳牡馬で、父アサクサキングス、母キーツヨイ(母の父タバスコキャット)。通算成績は14戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 キーグラウンド(岩田康誠騎手)
「ゲートも出ましたし、スムーズに運べました。抜け出すのが早いかなとも思いましたが、何とかしのいでくれました」

2着 ロードアルペジオ(C.ルメール騎手)
「スタートで躓いてしまい、位置が後ろになりすぎました。それでもよく伸びています」

3着 フォーハンドレッド(福永祐一騎手)
「良い形でレースが出来ましたし、一旦は先頭に立っていましたが、突き放せずにいるうちに差し返されてしまいました。ただ、久々の右回りや1800mは全く問題ありませんでした」

6着 クレマンダルザス(H.ボウマン騎手)
「乗り味の良い馬で、手応え良く運べて4コーナーを回った時には勝った、と思うくらいでした。ただ、直線で抜け出して来られる脚がありませんでした。中1週が影響したのかもしれません」

ディープインパクト産駒がJRA通算勝利数単独第5位 [News] [News]
2017/12/16(土) 15:36

 中京10レースで、16番アンコールプリュ(藤岡康太騎手)が1着となり、ディープインパクト産駒のJRA通算勝利数が1522勝となった。
 これは、産駒のJRA通算勝利数でフジキセキの1521勝を上回り、単独第5位となる記録である。

(JRA発表による)

【仲冬S】(中山)~スピーディクールが向正面先頭から押し切り3連勝 [News] [News]
2017/12/16(土) 15:30

中山10Rの仲冬ステークス(3歳以上1600万下・ダート1800m)は3番人気スピーディクール(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒0(良)。半馬身差の2着に5番人気エネスク、さらに半馬身差の3着に4番人気クロフネビームスが入った。

スピーディクールは美浦・石栗龍彦厩舎の3歳牡馬で、父サウスヴィグラス、母ローズアライヴァル(母の父フジキセキ)。通算成績は12戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 スピーディクール(石栗龍彦調教師)
「向正面で先頭に上がったことには驚きましたが、ジョッキーの判断が良かったと思います。プラス12キロでしたが、成長分かなと思います。3連勝ですし、1800mもこなしてくれたので先々が楽しみです」

2着 エネスク(柴田大知騎手)
「前に出そうとずっとうながしていたのですが、なかなか行ってくれませんでした。ただ今日のレースが次に生かされれば良いです」

3着 クロフネビームス(田辺裕信騎手)
「ペースが遅く、流れが向きませんでした。それが全てです」

5着 マイネルトゥラン(津村明秀騎手)
「番手に押し上げてこの馬らしい走りでした。4コーナーでも手応え十分で久々に良い競馬が出来ました」

【さざんか賞】(阪神)~人気のアンフィトリテが接戦を制しデビュー2連勝 [News] [News]
2017/12/16(土) 15:17

阪神9Rのさざんか賞(2歳500万下・芝1200m)は1番人気アンフィトリテ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒0(良)。クビ差の2着に2番人気バーニングペスカ、さらにクビ差の3着に4番人気タイセイソニックが入った。

アンフィトリテは美浦・宗像義忠厩舎の2歳牝馬で、父ロードカナロア、母アドマイヤフッキー(母の父フジキセキ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アンフィトリテ(C.ルメール騎手)
「馬群の間から来てくれたので、今日はすごく良い経験になりました。物見をしていましたが、ラスト100mでは良い瞬発力で、手前が替わってから加速しました。距離は長くても1400mぐらいでしょうか。まだ若いです」

3着 タイセイソニック(幸英明騎手)
「スタートで後手を踏んでいましたが、ゆっくりと行くつもりでした。外を回った分、抜けかけて脚が鈍りました。力はあると思いますし、力負けではないと思います」

5着 トンボイ(酒井学騎手)
「ここ3走の中では一番テンションが高く、ゲートの中でイライラしていました。いつもよりゲートはポンと出ませんでした。良いペースで、直線では後続を待っていて、おっと思いました。しかし、最後は上体が浮いてしまいました。バタっと止まってはいませんし、よく辛抱していました」

全15件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]