【全日本2歳優駿】(川崎)~ルヴァンスレーヴがデビューから3連勝で制覇 [News] [News]
2017/12/13(水) 20:54

川崎競馬場(天候:晴、馬場:良)で行われたダートグレード競走・第68回全日本2歳優駿(JpnI・ダート1600m)は13頭(10番ダモンデは競走除外)によって争われ、JRAのルヴァンスレーヴがデビューから無敗の3連勝でJpnIを制覇した。

1番人気でJRAのルヴァンスレーヴはスタートで少し後方からとなったが、4コーナーではあっという間に3番手集団まで追い上げ、直線鮮やかに抜け出した。勝ちタイムは、1分41秒6。道中はルヴァンスレーヴと同様のポジションから追ったJRAのドンフォルティスが2着。そして3着に船橋のハセノパイロが食い込んだ。2番人気でJRAのハヤブサマカオーは10着だった。

ルヴァンスレーヴは、JRA美浦・萩原清厩舎の2歳牡馬。父シンボリクリスエス、母マエストラーレ(母の父ネオユニヴァース)という血統で、通算成績はこれで3戦3勝。今回が初めての重賞挑戦だったが、見事JpnIを勝利した。

<レース後の関係者のコメント>
1着 ルヴァンスレーヴ(M.デムーロ騎手)
「とても嬉しいです。初めて乗った時からびっくりしましたし、凄く良い馬です。いつもと同じでスタートはあまり良くなかったのですが、いい脚を使ってくれました。乗りやすくて賢い馬ですし、直線も余裕がありました」

(萩原清調教師)
「ホッとしました。今日もいいパフォーマンスを見せてくれて良かったです。スタートは少し遅かったのですが、追い上げて行って4コーナーでも凄い脚でしたから、この馬の能力を見せてくれたのかなと思います。直線もしっかり走ってくれました。今後に関しては、オーナーと相談して決めます」

2着 ドンフォルティス(武豊騎手)
「3コーナーでの不利が大きかったです。もったいないレースになってしまいました。ただ、一戦ごとに走りは良くなっていますし、先々が楽しみです」

3着 ハセノパイロ(本田正重騎手)
「上位の2頭は抜けていましたね。それでも乗りやすい馬で、期待通りの走りをしてくれました。まだまだ良くなりそうです」

4着 ダークリパルサー(戸崎圭太騎手)
「気をつけてはいたのですが、前半少し興奮していた感じでした。その辺りが成長してくれば、もっと良くなってくるでしょう」

10着 ハヤブサマカオー(C.ルメール騎手)
「2番手からでも良い感じでしたが、深い馬場で動けませんでした。ベストは1400メートルで1600mは長いかもしれません。最後は反応がありませんでした」


(取材:大関隼)

【朝日杯FS】栗東レポート~フロンティア [News] [News]
2017/12/13(水) 18:39

☆17日(日)阪神競馬場で行われる第69回朝日杯フューチュリティステークス(GI)に出走を予定しているフロンティアについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎フロンティアについて、中内田充正調教師

・前走のデイリー杯2歳ステークスは向正面で故障した馬に馬体をぶつけられてから走りが本来のもので無くなってしまったところがありました。その後疲れも無く順調にここまで持ってくることが出来ましたから今回もいい状態でレースに出すことが出来ると思います。

・一週前追い切りはしっかり負荷をかけて力強い走りを見せてくれました。今朝はそれを受けて調整程度という感触で騎手に跨ってもらいました。感触を確かめてもらう感じでした。この馬は普段からいい走りですが騎乗した岩田騎手もいい雰囲気、いいイメージを持ってくれたようです。

・マイルについては問題ありませんが阪神は初めてです、しかしセンスのいい馬なので対応してくれると思います。この馬はやんちゃではありますが基本真面目な馬なので日曜日はこの馬の走りを見せて欲しいですね。まだ今回が4戦目。どんなレースをしてくれるのか正直楽しみでもあります。前回は不利もあって運も向きませんでしたが今回は運が向くよう応援して下さい

《取材:檜川彰人》

【朝日杯FS】栗東レポート~ヒシコスマー [News] [News]
2017/12/13(水) 18:37

☆17日(日)阪神競馬場で行われる第69回朝日杯フューチュリティステークス(GI)に出走を予定しているヒシコスマーについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ヒシコスマーについて、清水久詞調教師

・デビュー前は2歳馬らしく若さを見せていましたが、そんな中でも競馬に行っては東京への輸送や厳しい重馬場も乗り越えてしっかり結果を出してくれました。

・その後のデイリー杯2歳ステークスは若さが出たというか、この馬の普段の一番の欠点が出てしまったようなレースです。初戦の過酷な条件を使われての疲れなどは全くありませんでした。

・前走の万両賞は前半少し置かれるような感じでおや?という感じでしたがスピードに乗ってからは最後までいい脚でしたし、いい評価を与えてあげてもいいと思います。

・レース後は馬の様子を見て状態如何で無理に朝日杯フューチュリティステークスを使う必要も無いと思っていました。しかしすぐに乗り出しも開始できました。馬体の張りつやも良く特にどこか筋肉が落ちたというところもありませんでした。元気も一杯で出走を決意しました。

・今朝の最終調整はウッドチップコースの三頭併せの一番後ろからゴール前その両馬の間に潜り込んでという指示でした。指示通りの内容で騎乗したジョッキーも良かったと言ってくれました。

・折り合いに心配の無い馬ですからマイルという距離にも不安はありません。先々距離を延ばすことも考えています。今回どこまで食い込めるか期待しています。

《取材:檜川彰人》

【朝日杯FS】栗東レポート~ダブルシャープ [News] [News]
2017/12/13(水) 18:33


☆17日(日)阪神競馬場で行われる第69回朝日杯フューチュリティステークス(GI)に出走を予定しているダブルシャープについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ダブルシャープについて、渡辺薫彦調教師

・地方競馬所属時代は夏場にレースを見ていましたが強いレース、いい脚を使うという印象でした。(勝った)クローバー賞はひたむきに走るという感じを持ちました。また
それだけの馬を任せてもらえたということで光栄に思いました。

・栗東トレーニングセンターに入厩し一週間ぐらいは環境に馴染むのに時間がかかりました。カリカリする面を見せていましたね。その後は落ち着いて、むしろ他の馬よりおとなしいぐらいです。

・普段から乗り手に従順ですが時計を出そうとするとグッと真面目になる感じです。今日の最終調整は「そこそこやっておこう」という指示で、思いのほかいい時計でした。全体の時計も良く終いもしっかり伸びて「走る」という印象を持ちました。

・これまでのレースを見たら長くいい脚を使う印象ですから長い直線の阪神芝1600メートルは合いそうです。騎手の手も合いそうです。

・今回は相手関係も強くなりますが、これまでの調整過程と乗った感じからすると通用する力はあると思っています。

《取材:檜川彰人》


【朝日杯FS】栗東レポート~ダノンプレミアム [News] [News]
2017/12/13(水) 18:31

☆17日(日)阪神競馬場で行われる第69回朝日杯フューチュリティステークス(GI)に出走を予定しているダノンプレミアムについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ダノンプレミアムについて、中内田充正調教師

・デビュー戦は訳も分らず騎手に競馬を教えてもらいながら走って勝ってくれました。2戦目の重賞は内容的には変わりませんでしたが勝ちタイムが良かったことは内容の良さを示しているのではないかと思います。

・その後は一旦放牧に出して一ヶ月前に栗東トレーニングセンターに戻ってきました。この時期の2歳馬なので大きな変化はありませんが、その時点ではこれから調教を積んでレースに向かうという雰囲気でした。ここまで順調にきています。

・一週前追い切りはしっかり負荷をかけて動けていました。今朝はそれを受けて調整程度という感触で騎手に跨ってもらいました。普段からいい動きをする馬でそれに見あったいい動きでした。

・コース、距離についてはまだ分りません、この馬自身まだまだ課題もあると思います。現時点の強みはレースセンスの良さでしょうか?ゲート(枠順)もまだ決まっていませんが今回も中団から好位につけて直線抜け出すようなレースを期待しています。

・この馬は2歳らしくやんちゃなところがありながら人間としっかりコミュニケーションをとるいい馬です。今回は3戦目ですがレースでいいところを見せてくれればと思います。

《取材:檜川彰人》

【朝日杯FS】栗東レポート~カシアス [News] [News]
2017/12/13(水) 18:28

☆17日(日)阪神競馬場で行われる第69回朝日杯フューチュリティステークス(GI)に出走を予定しているカシアスについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎カシアスについて、清水久詞調教師

・前走の京王杯2歳ステークスは久々ながら本当に良く頑張ってくれました。使われての上積みは目立ったものはありませんが一週前追い切りに乗った浜中騎手が、京王杯2歳ステークスの時より良かったと言っていました。北海道にいた夏に比べて馬は精神的な落ち着きが出て厩舎などでの無駄な動きが無くなりました。

・前走後の間隔も函館の時から決めていました。短期放牧に出して今回のレースから逆算して調整をしていい状態でここまで来ています。今朝の最終調整は前半の3ハロンは折り合いを重視、ラスト1ハロンを気分良く走らせてという指示でした。いい状態で送り出せると思います。

・今回は初の1600メートルですが、それに対応するために長めを乗ったり他の馬を前に置いてむきにならないようにするというトレーニングも積んできました。対応してくれると思います。どこまで食い込めるか楽しみにしています。

《取材:檜川彰人》

サトノラーゼンが競走馬登録を抹消、オーストラリアへ移籍  [News] [News]
2017/12/13(水) 15:34

2015年の京都新聞杯(GII)に優勝したサトノラーゼン(牡5歳 栗東・池江泰寿厩舎)は、2017年12月13日付けで競走馬登録を抹消した。今後はオーストラリアへ移籍する予定。
JRAの通算成績は21戦3勝。獲得賞金は、2億976万1000円。

(JRA発表)

【朝日杯FS】美浦レポート~ファストアプローチ [News] [News]
2017/12/13(水) 15:12

 17日(日)に阪神競馬場で行われる朝日杯フューチュリティステークス(GI)に出走予定のファストアプローチ(牡2、美浦・藤沢和雄厩舎)について、追い切り後の藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。

―前走を振り返って
「少頭数で流れが速くならなさそうなので、距離は持ってくれないかな、と思って使わせてもらいました。競馬は上手に立ち回ったのですが、ちょっと伸びがなくて、距離はあまり長くない方がいいのかな、と思いました」

―ベストの距離は
「デビュー戦が1400m、勝ち上がったのが1500mだったんですけれど、血統的に見ても1600mくらいがベストかな、と思って使わせてもらいます。(父のドーンアプローチは)ヨーロッパのチャンピオンマイラーということで、頑張ってもらいたいと思います」

―中間の調整は
「牧場で1ヶ月くらい疲れを取って、その後、厩舎に戻ってきましたが、順調に来ています。大きな馬ですが、気がいいので、順調に調整して、今週何とか使えるような状態になっていると思います」

―今日の最終追い切りは
「先週も(シュミノー騎手に)乗ってもらっているので、ゴール前だけ併せるように言ったのですが、先週よりは気も乗ってきましたし、本人も感触が良かったようで喜んでいました」

―シュミノー騎手とはどんな話をされましたか
「彼もビデオを見ていて、競馬が上手な馬なので、距離も問題ないと思うので、上手に立ち回ってくれると思います」

―現在の状態は
「休み明けにはなりますが、競馬も使わせてもらってますし、順調に調整できてますので、問題ないと思っています」

―デビューから馬体面・精神面での変化は
「大きな馬ですが気が良く、身体がしっかりしてきていますし、持て余すこともないので、期待しています」

―阪神芝1600mについては
「大きな競馬場はいいと思っていたので、向いていると思います」

―関西圏への長距離輸送は初めてですが
「そういう点は全く問題ないと思います」

―期待の程を
「大型馬ですが早くからデビューできて、厩舎では朝日杯を期待していた馬ですので、何とか強い馬がたくさんいますが、頑張ってくれると思いますので、応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

【朝日杯FS】美浦レポート~タワーオブロンドン [News] [News]
2017/12/13(水) 15:12

 17日(日)に阪神競馬場で行われる朝日杯フューチュリティステークス(GI)に出走予定のタワーオブロンドン(牡2、美浦・藤沢和雄厩舎)について、追い切り後の藤沢和雄調教師のコメントは以下の通り。

―前走を振り返って
「東京競馬場で流れは遅かったですけれども、上手に折り合って、終いは速かったですけれども良く来てくれたと思います。(1400m戦だった2戦ともに)前半は行かないで、我慢して終いの競馬でしたが良かったと思います」

―中間の調整は
「1度、牧場に帰って、1週間ほど調整して、帰ってきてからは今週に向けてペースアップしてきたのですが、良かったと思います」

―美浦での調整のテーマは
「大きな馬なので、ほとんど坂路コースと、先週はウッドチップで遅い時計でしたが追い切りをしました」

―今日の追い切りは
「速い馬がいるので、ゴール前だけ併せるように、気がいいので上手に走ってくれたと思います。先週はウッドチップがそれほど速くなかったでしたが、悪くはなかったですけれども、今週は(追った距離が)短かった分、時計が速くなりましたが、息遣いは良かったと思います」

―仕上がり具合は
「順調に来ていたので、いい状態で競馬にいけると思います」

―デビューから4戦、馬体面・精神面で変わったところは
「初戦は行きたがっていましたが、ここ2戦は折り合っていましたので、初めての1600mでも上手に走ってもらいたいと思っています」

―血統面からも距離はこなせそうですか
「そうですね、問題ないと思っています」

―阪神芝1600mというコースについては
「(最近は)1400mを走らせてもらってますし、大丈夫だと思っています」

―この馬の強みは
「スピードがあるというのが一番で、デビュー戦もそうやって(逃げ切って)勝たせてもらいましたが、その後は上手に折り合って、ゴールを良く分かっているので、伸びてくるので、このまま育ってもらいたいと思っています」

―意気込みを
「いつも応援してもらっているんですけれども、前走は勝たせてもらったし、今回も上手に走ってもらえるよう調整してたので、頑張ってくれたらいいと思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

【朝日杯FS】美浦レポート~ムスコローソ [News] [News]
2017/12/13(水) 15:10

 17日(日)に阪神競馬場で行われる朝日杯フューチュリティステークス(GI)に出走予定のムスコローソ(牡2、美浦・手塚貴久厩舎)について、追い切り後の大村泰広調教助手のコメントは以下の通り。

―前走を振り返って
「とても強い内容だったと思います。1400mでしたがうまく流れに乗って、着差以上に強かったと思います」

―今日の追い切りは
「古馬2頭に挟んでもらって、最後まで気を抜かないように、という指示で、思い通り調教できたと思います。それほど切れる馬ではないのですが、気を抜かず走ったと思います」

―関西遠征になりますが
「特にそのあたりは心配してません。物怖じしない性格なので、輸送も問題ないと思っています」

―意気込みは
「1600mで負けてますけれども、そのあたりは問題なくて、阪神コースも気にしていないので、特に問題ないと思います」

(取材:山本直)

全13件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]