【クイーン賞】(船橋)~プリンシアコメータが重賞初制覇 [News] [News]
2017/12/06(水) 21:06

船橋競馬場(天候:晴、馬場:良)で行われたダートグレード競走・第63回クイーン賞(JpnIII・ダート1800m)は9頭によって争われ、JRAのプリンシアコメータ(岩田康誠騎手)が優勝した。

1番人気でJRAのプリンシアコメータが好スタートから先手を奪い、他の馬が追い出すなか1頭楽な手応えで4コーナーを迎え、直線も脚色衰えずにそのまま逃げ切った。中団からレースを進めたJRAのアンジュデジールが2着に入り、大井転入2戦目のラインハートが3着。3番人気のアンデスクイーンは6着だった。

プリンシアコメータは、JRA美浦・矢野英一厩舎の4歳牝馬。父スパイキュール、母ベルモントフェリス(母の父アジュディケーティング)という血統で、通算成績は18戦5勝。前走JpnIのJBCレディスクラシックは2着に惜敗したが、今回が初めての重賞制覇となった。

1着 プリンシアコメータ(岩田康誠騎手)
「強い内容でした。返し馬も落ち着いてできて、レースも自分のペースで運べました。最後も余裕がありましたし、ゴールに入った後も元気でしたね。以前乗った時よりもパワーアップしていて、馬体もどっしりしていました。これからもっと良くなるでしょうし、大きい舞台で活躍出来る馬だと思います」

(矢野英一調教師)
「前走は悔しい思いをしましたが、デキも良かったので、自信を持って臨みました。今日は全て上手くいきましたし、課題もありません。地方の小回りコースもこの馬には合っています。賞金的に出られるかどうかですが、次は川崎記念を考えています」

3着 ラインハート(笹川翼騎手)
「頭数が少なくて、流れが落ち着く事はこの馬にはプラスにならなかったですね。それでも最後はよく伸びていましたし、折り合いも大丈夫でした。これなら、次はもう少し出して行っても良さそうです。どこかでチャンスはあるでしょう」

4着 タガノヴェローナ(松若風馬騎手)
「スタートも決まって、いい雰囲気で行けました。力をつけてきていますし、まだまだこれから良くなると思います」

(取材:大関隼)

ベルーガが故障、休養へ [News] [News]
2017/12/06(水) 19:27

JRAは6日、今年のファンタジーステークス(GIII)に優勝したベルーガ(牝2歳、栗東・中内田充正厩舎)が、左第3足根骨板状骨折したと発表した。なお、休養期間は未定。

香港ヴァーズに出走する日本馬の近況(6日) [News] [News]
2017/12/06(水) 19:18

 12月10日(日)に香港のシャティン競馬場で行われる香港ヴァーズ(G1・芝2400m)に出走を予定している日本馬の調教状況、関係者のコメントは以下の通り。

●キセキ(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)
【本日の調教状況】
岸本教彦調教助手が騎乗して、角馬場からオールウェザーコースでキャンターを1周半。
岸本教彦調教助手のコメント
「リラックスしていて状態は良さそうです。明日は芝コースでM.デムーロ騎手が騎乗して追い切る予定です」

●トーセンバジル(牡5歳、栗東・藤原英昭厩舎)
【本日の調教状況】
藤原和男調教助手が騎乗して、角馬場からオールウェザーコースをキャンターで1周半。
藤原和男調教助手のコメント
「気合いをつける程度に乗りました。順調そうです。明日は、J.モレイラ騎手が騎乗して芝コースで追い切る予定です」

(現地情報)

香港スプリントに出走する日本馬の近況(6日) [News] [News]
2017/12/06(水) 19:16

 12月10日(日)に香港のシャティン競馬場で行われる香港スプリント(G1・芝1200m)に出走を予定している日本馬の調教状況、関係者のコメントは以下の通り。

●レッツゴードンキ(牝5歳、栗東・梅田智之厩舎)
【本日の調教状況】
寺田義明調教助手が騎乗して、角馬場からオールウェザーコースをキャンターで1周半して、パドックスクーリング。
寺田義明調教助手のコメント
「適度に気合も乗ってきて順調だと思います。今日の調教後、スマートレイアーと一緒にパドックスクーリングが出来たおかげで、とても落ち着いていました。輸送の影響で少し体重を落としましたが、前走が少し太めだったので、絞れて良い感じだと思います。明日は芝コースで追い切る予定です」

●ワンスインナムーン(牝4歳、美浦・斎藤誠厩舎)
【本日の調教状況】
Z.パートン騎手が騎乗して、角馬場から芝コースを1周軽めのキャンター。
鈴木勝久調教助手のコメント
「輸送自体は何の問題もありませんでした。昨日は角馬場で運動を行い、到着してからもプラン通り進められています。明日は早いところをやる予定です」
Z.パートン騎手のコメント
「馬の状態は良いですし、毛ヅヤも綺麗ですね。今日は芝コースに慣れさせるために馬場入りしました。初めはちょっと何かに驚いたり、物見をしたりしていましたが、運動に入ったら雰囲気も反応も良くなり、指示に従ってくれました。私に対しても打ち解けてくれたと思います。明日はもう少し早いところをやり、日曜に向けてしっかりと準備が出来ればと思います」

(現地情報)

香港マイルに出走する日本馬の近況(6日) [News] [News]
2017/12/06(水) 19:14

 12月10日(日)に香港のシャティン競馬場で行われる香港マイル(G1・芝1600m)に出走を予定している日本馬の調教状況、関係者のコメントは以下の通り。

●サトノアラジン(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)
【本日の調教状況】
岩崎祐己調教助手が騎乗して、角馬場からオールウェザーコースをキャンターで1周半。
池江泰寿調教師のコメント
「状態は良さそうです。香港遠征は3回目なので、環境にもすぐに慣れましたし、日本にいるときと変わらない調教が出来ています。ここ2走は、自分で競馬を止めてしまうようなところがあったので、明日の追い切りで、メンタル面を含めて上げていければいいと思っています」

(現地情報)

香港カップに出走する日本馬の近況(6日) [News] [News]
2017/12/06(水) 18:48

 12月10日(日)に香港のシャティン競馬場で行われる香港カップ(G1・芝2000m)に出走を予定している日本馬の調教状況、関係者のコメントは以下の通り。

●ステファノス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)
【本日の調教状況】
藤原和男調教助手が騎乗して、角馬場からオールウェザーコースをキャンターで1周半。
藤原和男調教助手のコメント
「気合いを乗せる程度で1周半のキャンターをしました。問題なく順調です。明日は、H.ボウマン騎手が騎乗して芝コースで追い切る予定です」

●スマートレイアー(牝7歳、栗東・大久保龍志厩舎)
【本日の調教状況】
加藤公太調教助手が騎乗して、角馬場からオールウェザーコースをキャンターで1周半、そしてパドックスクーリング。
加藤公太調教助手のコメント
「走る気満々で、いきいきしていました。レッツゴードンキと一緒にスクーリングをしましたが、香港遠征2回目という事もあり、とても落ち着いていました。明日は予定通り、武豊騎手が騎乗して芝コースで追い切る予定です。レースまでに万全の状態に持っていけるようにしたいと思います」

●ネオリアリズム(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)
【本日の調教状況】
金子晋二郎調教助手が騎乗して、角馬場からオールウェザーコースをハッキングおよびキャンターで1周。
堀宣行調教師のコメント
「今回の大きなポイントは、やはり3度目の香港遠征において、馬が落ち着いているという事です。今日は角馬場で常歩、ダクを行ってから、環境に慣れさせながら、ハッキングからキャンターを行いました。追い切りについては木曜日か金曜日に馬の状態、馬場の状態、天候を見て判断したいと思います。J.モレイラ騎手が騎乗して追い切りを行う予定です」

(現地情報)

【阪神JF】美浦レポート~マウレア [News] [News]
2017/12/06(水) 16:48

 10日(日)に阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズに出走を予定しているマウレア(牝2歳、美浦・手塚貴久厩舎)について矢嶋大樹調教助手のコメントは以下の通り。

「ここまでこちらの期待に応えるレースをしてくれています。前走の赤松賞は馬群に入って他の馬にぶつけられる厳しい競馬でしたが、最後に抜け出す収穫のあるレースでした。その後は疲れもなく順調です。まだ2歳ですから無理のないように調整をしてきました。

 今朝は2頭併せの追い切りでした。輸送があり、また中2週ということもあり、馬を前に置いて気を抜かせない程度の追い切りでした。今朝の馬場は悪く、速い時計は出ませんでしたが、いい動きをしていました。緩いところもなく臨戦態勢は整いました。

 今回は阪神で右回りが初めてになりますが、調教で右回りがダメということもないので特に心配はしていません。長距離輸送もやったことがないので分かりませんが、馬運車の中で暴れるということもないので問題ないと思います。

 この馬は桜花賞を制したアユサンの妹ですが、お姉さんは大型でソエが出たりしましたが、今のマウレアは問題なく、この時期の完成度という点ではマウレアの方が上だと思います。」

(取材:小林雅巳)

【阪神JF】美浦レポート~マドモアゼル [News] [News]
2017/12/06(水) 16:46

 10日(日)に阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズに出走を予定しているマドモアゼル(牝2歳、美浦・斉藤誠厩舎)について相田一善調教助手のコメントは以下の通り。

「前走のりんどう賞はレースの内容、折り合い面も良く、いい結果が出ました。その後は放牧に出して早めに戻し、中間は騎手が乗ってしっかりと時計を出して、予定通りここまできました。調教に乗った松田騎手も本番が楽しみと言っていました。

 今朝の追い切りは輸送もあるのでサラッと息を整える程度で、乗った者の感触も良かったようでした。馬体もフックラして息づかいも良く、いい状態で臨めると思います。

 今回は初めての1600メートルになりますが、1ハロンの延長でもしっかりと対応してちゃんと走ってくれると思います。輸送してちょうど良くなるように、輸送を見越してしっかりと体は作れたと思っています。

センスが良く、乗り手の指示に従ってくれて、ゴーサインを出せばしっかりと動けて、操縦性の高い馬です。まずは自分の競馬をして欲しいです。揉まれた経験はありませんがセンスの良さと乗り手に従順なところで克服してくれると思います。」

(取材:小林雅巳)

【阪神JF】美浦レポート~モルトアレグロ [News] [News]
2017/12/06(水) 16:43

 10日(日)に阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズに出走を予定しているモルトアレグロ(牝2歳、美浦・武井亮厩舎)について武井亮調教師のコメントは以下の通り。

「前走のくるみ賞は馬場が悪くなり、内枠だったために悪いところを通らされましたが、最後は根性で勝ってくれて、すごい馬だと思いました。レースでのダメージを心配しましたが、疲れもなく、すぐに運動を立ち上げることが出来ました。

 その後は厩舎で過ごしてきました。今この馬は伸び盛りで、調教すればするほど吸収して力になるので牧場には出さずに調整して、さらにいい状態にもってくることが出来ました。

 今朝の追い切りは3頭併せで、以前は抜け出すとフワッとしていましたが、今は最後までしっかりと走って、こちらが思ったように成長してくれました。GIレースに出すことに恥ずかしくない状態です。デビューの頃から素晴らしい馬体をしていましたが、今はレースと調教を積んで、見た目だけでなく中身も伴ってきました。2歳の競走馬としては、かなり高い完成度にあると思います。

 距離は1600メートルぐらいがギリギリかもしれませんが、1600メートルをこなせる調教はしてきました。この馬はデビューが函館で、そこから札幌へ行きましたが、輸送にへこたれることなく飼い食いも落ちることはありませんでした。阪神への輸送については全く心配していません。こちらが教えたことを体現して、それで折り合いもつくようになり、スピードの能力が高い馬です。今回の1600メートルである程度脚をためてどんな脚を使うのか楽しみです。」

(取材:小林雅巳)

坂井瑠星騎手のオーストラリアでの成績(12月6日) [News] [News]
2017/12/06(水) 15:24

坂井瑠星騎手(栗東・矢作芳人厩舎)の12月6日(水)のオーストラリアでの騎乗成績は以下の通り。

ベンディゴ競馬場(オーストラリア)
5R 一般レース(芝1100m) レッキングボール 11着(11頭)

(JRA発表)

全13件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]