【市川S】(中山)~デアレガーロが外から鮮やかに差し切る [News] [News]
2017/12/03(日) 16:17

中山10Rの市川ステークス(3歳以上1600万下・芝1600m)は5番人気デアレガーロ(V.シュミノー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒5(良)。3/4馬身差の2着に3番人気クリアザトラック、さらに半馬身差の3着に2番人気ヴェネトが入った。

デアレガーロは美浦・大竹正博厩舎の3歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母スーヴェニアギフト(母の父Souvenir Copy)。通算成績は7戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 デアレガーロ(V.シュミノー騎手)
「テンションが上がりやすいと聞いていて、返し馬をゆっくりやりました。レースは折り合いがついて中団から進められました。素晴らしい切れ味があって強い内容でした」

3着 ヴェネト(石橋脩騎手)
「調教師とレースの前に話したイメージの通りに乗れたと思います。思っていたよりもペースが流れていました。その分だけ脚が溜まり切らなかったかもしれません。良い馬に乗せてもらいました」

4着 ヒーズインラブ(三浦皇成騎手)
「意識的にゲートを出していこうと乗りました。ペースが流れていたので、自分のペースで運ぼうとしていました。久々の分なのか、反応に時間がかかってしまいましたが、使って状態が上がると思います。反応しての伸びは良かったです」

【ラピスラズリS】(中山)~アルティマブラッドがゴール前で差し返し勝利 [News] [News]
2017/12/03(日) 16:08

中山11Rのラピスラズリステークス(3歳以上オープン・芝1200m)は3番人気アルティマブラッド(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒9(良)。半馬身差の2着に1番人気ナックビーナス、さらに半馬身差の3着に4番人気サザナミが入った。

アルティマブラッドは栗東・音無秀孝厩舎の5歳牝馬で、父シンボリクリスエス、母アルティマトゥーレ(母の父フジキセキ)。通算成績は28戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 アルティマブラッド(津村明秀騎手)
「注文通り良い位置をとることが出来ました。一度は2着馬に差されましたが、根性で最後盛り返してくれました。中山の芝1200mはぴったりです」

4着 ダノンルージュ(V.シュミノー騎手)
「ゲートの中で後ろ扉を蹴ろうとしていたので、なだめたところ抜群のスタートを切ってくれました。終いも良い脚を使ってくれ、引退レースを良い形で終えられました」

5着 エイシンブルズアイ(北村宏司騎手)
「ポジションを取りたかったですが、そこまで勢いがつかなかったので少し下げました。ロスなく行けて最後も伸びているだけに外枠だったことが悔やまれます」

9着 グレイトチャーター(勝浦正樹騎手)
「今日は最悪でした。ずっと折り合えず消耗してしまいました。これがこの馬の実力というわけではありません」

【姫路特別】(阪神)~ワイルドカードが堂々と抜け出し無傷の3連勝 [News] [News]
2017/12/03(日) 15:45

阪神10Rの姫路特別(3歳以上1000万下・ダート1800m)は1番人気ワイルドカード(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒7(良)。3馬身差の2着に2番人気テイエムチューハイ、さらに2馬身半差の3着に11番人気ランドハイパワーが入った。

ワイルドカードは美浦・木村哲也厩舎の3歳牡馬で、父ストリートセンス、母パーフェクトチャンス(母の父Unbridled’s Song)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ワイルドカード(M.デムーロ騎手)
「すごく楽しみです。まだ子供ですが真面目です。敏感で怖がりなところがありますが、すごく能力があります」

2着 テイエムチューハイ(国分恭介騎手)
「道中はリラックスしていて、人気馬をマークしていました。よく走っていますが、相手が強かったです。しかし、この馬も力があると思います」

【万両賞】(阪神)~伏兵ヒシコスマーが外から突き抜け勝利 [News] [News]
2017/12/03(日) 15:32

阪神9Rの万両賞(2歳500万下・芝1400m)は8番人気ヒシコスマー(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒6(良)。1馬身3/4差の2着に4番人気アトレヴィード、さらにクビ差の3着に7番人気イイコトズクシが入った。

ヒシコスマーは栗東・清水久詞厩舎の2歳牡馬で、父ブラックタイド、母コスマグレース(母の父ヘクタープロテクター)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ヒシコスマー(幸英明騎手)
「前走は外にもたれて競馬にならなかったと聞いていましたし、調教でも外にもたれました。その後リングハミに換えたお陰か、今日はそういう面を見せずに良い脚で伸びてくれました。折り合いがつくし、距離は延びても大丈夫でしょう」

5着 バーニングペスカ(M.デムーロ騎手)
「真面目すぎてスタートから一生懸命走りすぎてしまいます。そうなると阪神は終いに坂もあるし苦しくなります」

【栄特別】(中京)~シンギュラリティが馬群を捌いて差し切る [News] [News]
2017/12/03(日) 15:19

中京9Rの栄特別(3歳以上500万下・芝2000m)は2番人気シンギュラリティ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒4(良)。半馬身差の2着に9番人気キャリアベスト、さらに半馬身差の3着に4番人気マテンロウゴーストが入った。

シンギュラリティは栗東・松田国英厩舎の3歳牡馬で、父ダノンシャンティ、母サミットヴィル(母の父Grand Lodge)。通算成績は9戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 シンギュラリティ(C.ルメール騎手)
「今日は中団のポジションを取ってリラックスして走っていました。これまではエンジンがかかるまで時間がかかりましたが、今日は直線でスペースが空いた時に良い反応をしてくれました。良い馬ですよ」

2着 キャリアベスト(田辺裕信騎手)
「休み明けで余裕があったとは思いますが、直線に向いても手応えがあり、良い脚を使ってくれました。前回はフラフラするところがありましたが、左回りの今回はそれがありませんでした。勝ち馬の切れ味が良すぎました」

5着 エスティーム(H.ボウマン騎手)
「道中折り合いがついてスムーズに行けました。しかし前が空きませんでした。枠が内すぎました」

【チバテレ杯】(中山)~伏兵フィールザプリティが勝利 [News] [News]
2017/12/03(日) 15:10

中山9Rのチバテレ杯(3歳以上1000万下・ダート1800m)は8番人気フィールザプリティ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒9(良)。クビ差の2着に5番人気マイネルビクトリー、さらに半馬身差の3着に2番人気ソレイユドパリが入った。

フィールザプリティは美浦・岩戸孝樹厩舎の5歳牝馬で、父ブラックタイド、母フィールザビュウ(母の父Distant View)。通算成績は20戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 フィールザプリティ(北村宏司騎手)
「うまくスタートを出て、枠も良かったのである程度前に行きました。その分最後は苦しくなりましたが、よく頑張ってくれました。以前よりレースに対応する力がついてきていますね」

2着 マイネルビクトリー(柴田大知騎手)
「休み明け前回一度使ったことで、だいぶ良くなっていました。うまく捌けただけに最後は惜しかったです」

4着 ハイランドピーク(土田稔調教師)
「直線で手前を変えてくれませんでした。今日は休み明けでプラス18キロだったことも影響したかもしれません」

5着 バンパークロップ(村田一誠騎手)
「前走マイルを使ったことで、今日はかなり行きたがっていました。溜めたほうが良いレースが出来ると思います」

岩崎翼騎手がJRA通算100勝達成 [News] [News]
2017/12/03(日) 14:59

中京6レースで、8番セングウが1着となり、岩崎翼騎手(栗東・河内洋厩舎)は、現役88人目となるJRA通算100勝を達成した。

~岩崎翼騎手のコメント~
「正直、勝ったかどうか分からなくて、勝ってくれという気持ちでいましたが、厩務員さんに勝っているぞと言われ、うれしかったです。今年で5年目となり、少し時間がかかったなと思いますが、あせらず自分のリズムで乗って行こうと思っていたので、達成できてほんとによかったです。GIの日にメモリアルを達成できてうれしいです」

(JRA発表による)

【2歳500万下】(中山7R)~リョーノテソーロが2番手から押し切り連勝 [News] [News]
2017/12/03(日) 14:46

中山7Rの2歳500万下(ダート1200m)は1番人気リョーノテソーロ(V.シュミノー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒2(良)。半馬身差の2着に4番人気ヤマニンレジスタ、さらに2馬身差の3着に6番人気シャインカメリアが入った。

リョーノテソーロは美浦・武井亮厩舎の2歳牡馬で、父Justin Phillip、母Town Belle(母の父Speightstown)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 リョーノテソーロ(V.シュミノー騎手)
「初の右回りと芝のスタートを気をつけてほしいと言われていましたが、まったく問題ありませんでした。ゲートの中では寝ているのかなと思うほど落ち着いていて、スタートしてからはかなりのスピードを持っていました。ペースが速くても押し切れるのですから相当な力を秘めています。まだまだ伸びそうです」

4着 ハーモニーライズ(石橋脩騎手)
「馬は行く気を見せていましたが、今日は外枠だったので少し我慢させました。とても賢くて、レースも上手で、最後は良い脚を使っていました」

5着 ラインギャラント(武藤雅騎手)
「スタートは出てくれたのですが、ダッシュがつきませんでした。コーナーで内外から挟まれ少し怯んでいたので、もう少し強くなってくれたら良い走りが出来ると思います」

【メイクデビュー】(中山5R、中山6R)~メジャーラプソディ、エリスライトが勝利 [News] [News]
2017/12/03(日) 14:36

中山5Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は1番人気メジャーラプソディ(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒8(良)。1馬身半差の2着に2番人気レセディラローナ、さらにハナ差の3着に3番人気ラインアストリアが入った。

メジャーラプソディは美浦・田村康仁厩舎の2歳牝馬で、父ゴールドアリュール、母キャッチータイトル(母の父オペラハウス)。

~レース後のコメント~
1着 メジャーラプソディ(田村康仁調教師)
「被されるのが嫌なので、行ければ行くように指示しました。兄姉は気性の激しいところがありましたが、この馬は穏やかでいい性格をしています。調教でも動いていました。今後についてはオーナーと相談して決めたいと思います」

2着 レセディラローナ(丸田恭介騎手)
「砂を被っても上手に走っていましたが、3~4コーナーで離されました」

4着 アポロカイオー(丹内祐次騎手)
「調教の動きよりもレースの方が良かったです。実戦タイプでしょうか」


中山6Rのメイクデビュー中山(芝2000m)は1番人気エリスライト(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒7(良)。5馬身差の2着に3番人気モンヴァントゥ、さらに1馬身半差の3着に2番人気ピンクダイキリが入った。

エリスライトは美浦・久保田貴厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母クリソプレーズ(母の父エルコンドルパサー)。

~レース後のコメント~
1着 エリスライト(蛯名正義騎手)
「ホッとしました。お姉さん(マリアライト)も段々と良くなって行った馬ですが、デビュー戦から結果を出せたのは血統なのかな、とも思います。ただ、まだまだ課題は多いですね。テンションがカッと高くなったり抜けたりするので、その中間のギアでリラックスして走れれば幅も広がるでしょう。お姉さんと比較されてしまうのはかわいそうですが、素質はありますし、これから色々と要求される中で一段一段よくなっていってくれれば良いですね」

3着 ピンクダイキリ(三浦皇成騎手)
「終いもいい伸びで、頑張ってくれました。今日は勝った馬が強かったですが、この馬も冷静に走っていましたし、今後が楽しみです」

【メイクデビュー】(阪神5R)~断然人気のアンコールプリュが勝利 [News] [News]
2017/12/03(日) 14:20

阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1600m)は1番人気アンコールプリュ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒9(良)。3/4馬身差の2着に2番人気ロードヴォラーレ、さらに3/4馬身差の3着に4番人気ルプスが入った。

アンコールプリュは栗東・友道康夫厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母オイスターチケット(母の父ウイニングチケット)。

~レース後のコメント~
1着 アンコールプリュ(M.デムーロ騎手)
「とても真面目な馬です。スタートが良く、いいポジションでレースが出来ました。直線も空いたスペースをうまく抜けられました。とても乗りやすい馬で楽しみです」

2着 ロードヴォラーレ(北村友一騎手)
「もう少し前の位置でレースをしたかったのですが、一歩目の出が良くありませんでした。道中は外に逃げるようなところもありましたし、レースでは心身ともに幼い面が出ていました。それでもしっかり脚は使いました。次に変わってくれればと思います」

3着 ルプス(和田竜二騎手)
「気性的に大人しく、どんな競馬も出来そうな感じです。今日のところは何も注文するところはないですね」

全23件中 11件〜20件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 次の10件 ]