【春待月賞】(阪神9R)~サクセスエナジーがシルバーポジーを差し返しV [News] [News]
2017/12/28(木) 16:45

阪神9Rの春待月賞(3歳以上1000万下・ダート1400m)は2番人気サクセスエナジー(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒5(稍重)。クビ差の2着に1番人気シルバーポジー、さらに4馬身差の3着に5番人気トウカイシュテルンが入った。

サクセスエナジーは栗東・北出成人厩舎の3歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母サクセスアイニー(母の父ジャングルポケット)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 サクセスエナジー(松山弘平騎手)
「2番手から手応え十分のレースでした。直線では手応えが良すぎてフワッとしましたが、かわされてからしぶとく差し返してくれました」

3着 トウカイシュテルン(和田竜二騎手)
「流れに乗ってレースはできましたが、今日は前の2頭が強かったということでしょう。最後まで良く頑張って走っています」

4着 マルカソレイユ(福永祐一騎手)
「牡馬相手でも十分やれるところを見せてくれました。良く頑張っています」

【エスペランサ賞】(中山9R)~オーヴァーライトが粘り腰を発揮し勝利 [News] [News]
2017/12/28(木) 16:32

中山9Rのエスペランサ賞(2歳500万下・ダート1200m)は9番人気オーヴァーライト(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒8(良)。1/2馬身差の2着に1番人気ミスターメロディ、さらに3/4馬身差の3着に7番人気シャインカメリアが入った。

オーヴァーライトは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母オーヴァーアンダー(母の父Seeking the Gold)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 オーヴァーライト(内田博幸騎手)
「もまれると弱いところがある馬なので、今日は外を回ってでもリズム良くいくことを心がけました。先行しながらも脚をためて直線に入り、最後まで頑張ってくれました」

(手塚貴久調教師)
「外枠だったこともあり、もまれずに強い競馬ができました。消化不良のレースが続いていたので今日の勝利は自信になりました。距離は伸びても大丈夫だと思います」

3着 シャインカメリア(横山和生騎手)
「とても良い内容でした。これまでは隣に並ばれると力んでしまいましたが、今日は番手でも折り合いがつきました。このレースができればまたチャンスが来ると思います」

5着 デルマシャンパン(三浦皇成騎手)
「コンスタントに使っていますが、本当に良く頑張っています。1200mは少し忙しいかもしれませんが、脚は使えています」

【YJS中山第1戦】(中山8R)~フリージングレインが後続を突き放し圧勝 [News] [News]
2017/12/28(木) 16:07

中山8Rの2017 ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド中山第1戦(3歳以上500万下・芝2000m)は1番人気フリージングレイン(荻野極騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒5(良)。7馬身差の2着に10番人気マサノホウオウ、さらにクビ差の3着に12番人気フォーワンタイキが入った。

フリージングレインは美浦・古賀慎明厩舎の3歳牡馬で、父ハービンジャー、母レインダンス(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は16戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 フリージングレイン(荻野極騎手)
「スタートはまずまずで、ペースは流れていたので力みもありませんでした。リズム良くいけたにしても圧勝でした。強かったです」

3着 フォーワンタイキ(渡辺竜也騎手)
「いい馬でした。手応えはどうかなと思ったのですが、ジリジリと伸びてきました。(自身初の芝でのレースは)楽しかったです」

4着 コスモトゥイーク(鈴木祐騎手)
「(自身は)盛岡で芝には慣れています。(レースは)2000mで折り合い重視でした。かかるようなレースよりは折り合ったほうがいいですからね。4コーナーから脚を使ってくれて結果的に良かったと思います」

8着 マイネルシュバリエ(菊沢一樹騎手)
「悪くなかったですが、強い馬に来られてしまってそのままでした......」

【2歳500万下】(阪神6R)~シャルドネゴールドが接戦制し2勝目 [News] [News]
2017/12/28(木) 15:26

阪神6Rの2歳500万下(芝2000m)は1番人気シャルドネゴールド(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒0(良)。半馬身差の2着に3番人気エタリオウ、さらにハナ差の3着に5番人気シースプラッシュが入った。

シャルドネゴールドは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牡馬で、父ステイゴールド、母セルフプリザヴェーション(母の父Lion Heart)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 シャルドネゴールド(川田将雅騎手)
「ペースが遅いなりに反応できました。一気にペースが上がった時もついていけました。直線もしっかり伸びてくれました」

2着 エタリオウ(和田竜二騎手)
「だいぶレースに前向きになってきました。直線でもいい反応でした。力のある馬です」

4着 レノヴァール(鮫島克駿騎手)
「内枠でしたがいこうとする馬がいたので2番手からレースを進めました。レースの上手な馬で緩急のある流れにもある程度対応していました。次につながるレースができたと思います」

【メイクデビュー】(中山5R、6R)~レッドイリーゼ、ケイアイマリブが勝利 [News] [News]
2017/12/28(木) 15:13

中山5Rのメイクデビュー中山(芝1600m)は2番人気レッドイリーゼ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒6(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気キューグレーダー、さらにハナ差の3着に5番人気レジーナドーロが入った。

レッドイリーゼは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牝馬で、父ハーツクライ、母スタイルリスティック(母の父Storm Cat)。

~レース後のコメント~
1着 レッドイリーゼ(松岡正海騎手)
「強いですね。走りますよ。課題はありますが、素質はピカイチです。能力を出せるように、次もやっていきたいと思います。かなり上のクラスまでいけると思いますし、この馬で桜花賞にいけたらと願っています」

2着 キューグレーダー(C.ルメール騎手)
「いい感じでしたが、直線でバランスが悪くなってしまいました。まだ緩いところがあります。距離は1800mくらいがいいと思います」

3着 レジーナドーロ(石橋脩騎手)
「すごく落ち着いた雰囲気で競馬に臨めました。1600mの内枠でしたし位置を取りに行き、そこで我慢して上手に競馬をしてくれました。次に期待です」

4着 レガロデルソル(柴田善臣騎手)
「馬を気にするところがありましたが、徐々に慣れてきて、途中から丁度いい形になりました。まだ体が立派ですが、センスがいいですね」


中山6Rのメイクデビュー中山(ダート1200m)は9番人気ケイアイマリブ(野中悠太郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒4(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気メイケイフウジン、さらに3/4馬身差の3着に8番人気ココアスナインが入った。

ケイアイマリブは美浦・和田正道厩舎の2歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母ケイアイアテナ(母の父Afleet Alex)。

~レース後のコメント~
1着 ケイアイマリブ(野中悠太郎騎手)
「荒削りなところがある馬かと思っていましたが、レースではとてもスムーズにいけました。スタートが速くて競馬が上手なのでこれからが楽しみです」

2着 メイケイフウジン(荻野極騎手)
「スタートでポンと出ましたが、大外枠だったのでなかなか内に入れませんでした。それでも直線でもうひと伸びしてくれましたし、坂も苦にしませんでした。初戦としてはとてもいいレースでした」

4着 ダイシンクワトロ(戸崎圭太騎手)
「大型馬で飛びが大きい馬です。逃げましたが、勝ち馬からプレッシャーを受けていて苦しかったです。もう少しじっくりいきたかったです」

【メイクデビュー】(阪神4R、5R)~ハギノフロンティア、インディチャンプが勝利 [News] [News]
2017/12/28(木) 14:09

阪神4Rのメイクデビュー阪神(ダート1800m)は2番人気ハギノフロンティア(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒9(稍重)。1馬身半差の2着に8番人気クードロア、さらに1馬身3/4差の3着に4番人気メイショウレイロウが入った。

ハギノフロンティアは栗東・松田国英厩舎の2歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母アンブライドルドブリーズ(母の父Unbridled)。

~レース後のコメント~
1着ハギノフロンティア(鮫島克駿騎手)
「調教師からは、1コーナーの入り方だけは丁寧にと言われていたので、そこに気をつけました。4コーナーまで内ラチ沿いでスムーズに運べました。脚はたまっていたので、あとはどこをさばくかという感じでした。進路を切り替えてからは勝てるなと思いました。そのあとはよい伸びでした。ペースが遅かったので末脚比べでよい伸びで走れました。切れる感じもあります。速い流れに対応できればさらに良いですね」

2着 クードロア(和田竜二騎手)
「返し馬で砂を被って嫌がっていました。番手を取れればと思っていたので、よいリズムで走れました。競馬慣れしてくれれば、さらに良いと思います」

3着 メイショウレイロウ(浜中俊騎手)
「よく頑張ってくれました。使ってさらに良くなると思います」

4着 メイショウテンモン(幸英明騎手)
「初めての競馬でリズムがとれませんでした。1回使って違ってくると思います」

5着 ネクストステップ(藤岡佑介騎手)
「外々を回らされましたが、しっかりと乗り込んだ分、ラストまで伸びてくれました」


阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1400m)は1番人気インディチャンプ(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒2(良)。クビ差の2着に12番人気アモーレジョディー、さらに3/4馬身差の3着に6番人気ケイディーズネイルが入った。

インディチャンプは栗東・音無秀孝厩舎の2歳牡馬で、父ステイゴールド、母ウィルパワー(母の父キングカメハメハ)。

~レース後のコメント~
1着 インディチャンプ(松若風馬騎手)
「元々、調教の時から能力を感じていましたが、その通り力を発揮してくれました。距離がどうかなと思っていましたが、今日の感じでは折り合い面は問題ないと思います」

2着 アモーレジョディー(菱田裕二騎手)
「調教よりもレースにいっての感じがいいです。ロスなく回ってリズムもよかったです。イメージよりも良い脚でした。コントロールが難しいところがありますが、その辺が良くなってくれればと思います」

3着 ケイディーズネイル(幸英明騎手)
「しっかりと伸びています。次は勝ちあがれるのではないでしょうか」

5着 ディアブライド(松山弘平騎手)
「行き脚がつかなかったのですが、最後は良い脚を使ってくれました。馬場の良いところに出したらハミを取ってくれました。芝の走りも良かったです」

平野優騎手、現役最後のレースは3着 [News] [News]
2017/12/28(木) 13:50

中山4Rが現役最後の騎乗だった平野優騎手は、8番アドバンスマルスに騎乗し積極的に逃げて3着に入った。

~レース後のコメント~
3着 アドバンスマルス(平野優騎手)
「オーナーさんや調教師さんから『思い切って乗ってきなさい』と言われていて、その通りに力を出し切ることができました。道中も手応え十分で気持ち良く走ることができました。3着に入ることができて悔いのない騎乗ができました。ですが、やっぱり競馬は甘くないということも教わりました。この8年間で怪我をしたこともありましたが、二ノ宮先生のバックアップで乗り越えることができました。今後は調教助手として馬に関わる仕事を続けます。皆さんありがとうございました」

2歳出走馬JRA最高馬体重記録更新 [News] [News]
2017/12/28(木) 13:43

阪神2レースで、15番ハギノグランデ(和田竜二騎手)は、馬体重614キロで同レースに出走(9着)し、2017年11月5日(日)(第5回京都競馬第2日4R)に自身が記録した612キロ(11着)の2歳出走馬JRA最高馬体重記録を2キロ更新した。
なお、全出走馬のJRA最高馬体重記録は、2015年1月17日(土)(第1回京都競馬第6日8R)にショーグンが記録した640キロ(5着)。

(JRA発表による)

鮫島克駿騎手、JRA通算100勝達成 [News] [News]
2017/12/28(木) 13:40

阪神4Rで、9番ハギノフロンティアが1着となり、鮫島克駿騎手は、現役89人目となるJRA通算100勝を達成した。

~鮫島克駿騎手のコメント~
「率直に嬉しいです。ファンの皆様の応援とたくさんの関係者の皆様のサポートのおかげで100勝という数字に到達できたと思います。また次のレースに向けてしっかり丁寧に準備して、次のレースも勝てるように頑張りたいです。これからも頑張りますので、応援よろしくお願いします」

(JRAの発表による)

水口優也騎手、騎乗停止へ [News] [News]
2017/12/28(木) 13:20

中山2Rで、9番スパイスタイガーが、4コーナーで外側に斜行したため、12番メヒティヒ及び16番ハタノレジーナの進路が狭くなった。

この件について、水口優也騎手は、2018年1月6日(土)から1月13日(土)まで8日間の騎乗停止となった。

(JRAの発表による)

全288件中 21件〜30件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 次の10件 ]