2017年が終了。栄光のリーディング穴ウンサーは!? [実況アナ!] [実況アナ!]
2017/12/31(日) 09:45

 万馬券を愛する皆さん、2017年が終わりました。最後の12月、時代は変わっても「荒れる師走競馬」なのです。なんと2週連続で2000万オーバーの歴史的大万馬券が出るとは!これは望外の喜びでした。万馬券愛好家にとってはなかなか楽しめた暮れの競馬でした。

 全てが終わってリーディング穴ウンサーも決まりました。その発表の前に今月12月の月間MVPの発表です。12月に出た100万円を超える払い戻しとなったレース、WIN5の結果とそれぞれの実況担当者は以下の通りです。

12月 2日(土)中山・1レース  3連単122万6620円(実況担当・山本直也)
12月 2日(土)中山・3レース  3連単424万6400円(実況担当・山本直也)
12月 3日(日)阪神・8レース  3連単241万4810円(実況担当・中野)
12月 3日(日)中京・7レース  3連単2294万6150円(実況担当・檜川)
12月 3日(日)中京・7レース  3連複550万8830円(実況担当・檜川)
12月 9日(土)中山・7レース  3連単2180万2320円(実況担当・山本直)
12月 9日(土)中山・7レース  3連複223万2180円(実況担当・山本直)
12月 9日(土)阪神・7レース  3連単130万5770円(実況担当・佐藤)
12月10日(日)阪神・1レース  3連単237万円(実況担当・檜川)
12月10日(日)中山・5レース  3連単142万7630円(実況担当・山本直)
12月16日(土)中京・中京日経賞 3連単261万800円(実況担当・佐藤)
12月17日(日)中京・9レース  3連単416万2970円(実況担当・山本直)

★12月 3日(日) チャンピオンズC
 中山 11R(3番人気)                    ...山本直也アナ
 阪神 10R(1番人気)・11R(6番人気)           ...中野アナ
 中京 10R(1番人気)・11R(8番人気)           ...檜川アナ
<払戻金> 75万8450円

★12月10日(日) カペラS&阪神ジュベナイルF
 中山 11R(4番人気)                    ...大関アナ
 阪神 10R(6番人気)・11R(2番人気)           ...山本直也アナ
 中京 10R(1番人気)・11R(2番人気)           ...小林アナ
<払戻金> 70万1920円

★12月17日(日) 朝日杯フューチュリティS
 中山 11R(3番人気)                    ...舩山アナ
 阪神 10R(2番人気)・11R(1番人気)           ...大関アナ
 中京 10R(2番人気)・11R(2番人気)           ...山本直アナ
<払戻金> 32万9870円

★12月24日(日) 有馬記念
 中山 9R(4番人気)・10R(4番人気)・11R(1番人気)  ...小林アナ
 阪神 9R(2番人気)・10R(7番人気)            ...佐藤アナ
<払戻金> 1597万7850円

★12月28日(木) ホープフルS
 中山 11R(1番人気)・12R(4番人気)           ...中野アナ
 阪神 10R(3番人気)・11R(4番人気)・12R(5番人気) ...檜川アナ
<払戻金> 398万8490円

 12月は本当に素晴らしい1ヵ月でした。『日本万馬券史』に残る12月だったと言えるでしょう。あの日12月3日、私は中京競馬場にいました。歴史的瞬間に立ち会えたのでした。あの第7レースが終わってすぐに中京競馬場内のファンからは異様などよめきが起こったことを覚えています。「こ、これは...」と思ったら、やはり久々の2000万オーバーでした。単勝は歴代8位となる4万5010円で、3連複は第2位の550万8830円。さらにワイドはJRAレコードとなる12万9000円!久しぶりに万馬券の持つ力、その破壊力に感動しましたね。そして、翌週の土曜日には中山でまた2000万オーバーが出て、「12月は確変が終わってもすぐに大当たりするパチンコ台なんだなぁ」と心底感心しました。他にも550万に400万オーバーが2つと「大万馬券の歳末大バーゲン」でした。

 12月の月間MVPは、この2000万馬券のレースを実況した2人、檜川アナと山本直アナです。12月の最初に122万馬券と424万馬券のレースを実況した山本直也アナでも通常ならMVPとなっておかしくないのですが、運がなかったとしか言いようがありません。

 2017年の全てのレースが終了してリーディング穴ウンサーが決定しました。今年実況したアナウンサーの成績は以下の通りです。

小塚    7割9分3厘(333レースを実況して、そのうち264レースで万馬券が出ました)
檜川    7割8分6厘(305/388)
山本直   7割8分1厘(329/421)
中野    7割7分5厘
佐藤    7割4分5厘
大関    7割4分4厘
小林    7割4分1厘
山本直也  7割3分7厘
舩山    7割2分9厘(207/284)
米田    6割2分5厘(※15/24で参考記録)

 今年のリーディングア穴ウンサーは、小塚アナです!11月終了時でトップに立ち、最後の12月は12打数8安打として先頭のままゴールに飛び込みました。小塚アナは2009年以来2度目の栄冠を手にしました。檜川アナは11月よりも打率を上げて差をつめましたが及ばずの2位。3位は山本直アナでした。さすがに中山大障害はオジュウチョウサンが強く人気サイドの決着でしたから仕方のないところでしょう。しかし、12月に見せたパワーは素晴らしいものがありました。彼の「穴ウンサー」としての将来は明るいと言えます。史上初のリーディング3連覇を狙った『落雷の中野』こと中野アナは夏まではトップだったのですが、秋競馬でスランプに陥り、4位に終わりました。

 一方、殿は私小林が意地を見せて7位に上がり、11月にブービーだった舩山アナが殿となって今年を終えました。「1番人気キラー」と呼ばれた舩山アナは、今季は不調のままでした。それに対して11月終了時に殿に落ちた私小林は、2週連続で行った中京ではパッとしませんでしたが、最後の23日と24日の中山では12打数12安打でした。そう、ボーリングならパンチアウトです。最後に上がり最速の33秒0という脚を使ってブービーにもなることも避けられました。有馬記念もキタサンブラックが勝ったものの3連単は万馬券になりましたし、我ながら意地を見せられたと思っています。

 来月1月下旬には『年度代表穴ウンサー』が決まります。はたして最も「穴ウンサー」として活躍した人は?年明けには選考会が開かれますが、皆さんは誰だとお考えですか?

 さぁ、2018年の中央競馬はすぐにやってきます。2018年はどんな万馬券が生まれ出るのでしょう?(私は来年こそ3000万馬券を見てみたいと思っています)1つでも多くの万馬券を手にすることが出来るように頑張りたいものです。万馬券を愛する皆さん、万馬券を求める遥かなる旅は続きます。どうぞよいお年を!そして、よい万馬券を!!


【東京大賞典】(大井)~コパノリッキーが逃げ切って有終の美を飾る [News] [News]
2017/12/29(金) 18:17

 大井競馬場(天候:晴 馬場:良)で行われたダートグレード競走の第63回東京大賞典(第10競走・GI・3歳以上オープン・ダート2000m・1着賞金8000万円)は16頭が出走した。

 3番人気となったJRAのコパノリッキーが先手を取って逃げ切り、2着に3馬身の差をつけて優勝した。勝利騎手はJRAの田辺裕信。勝ちタイムは2分4秒2。2番手につけた1番人気のJRAのケイティブレイブを、後方から追い込んだ2番人気のJRAのサウンドトゥルーが最後の直線で交わして2着となった。4着が去年の勝ち馬のアポロケンタッキーで、5着がJRAのロンドンタウン。6着がJRAのミツバで7着がJRAのインカンテーション。JRA所属馬7頭が上位を占めて、8着が船橋のヒガシウィルウィンだった。

 コパノリッキーは、父ゴールドアリュール、母コパノニキータ(母の父ティンバーカントリー)という血統の牡7歳栗毛馬。JRA栗東・村山明厩舎の管理馬。このレースを最後に引退するコパノリッキーは、東京大賞典4度目の出走で初制覇を果たして有終の美を飾った。これでGIは11勝目となり、通算成績は33戦16勝(中央競馬では16戦6勝)となった。

<レース後の関係者のコメント>
1着 コパノリッキー
(田辺裕信騎手)
「ホッとしました。無事に、ということに加えて記録もかかっていましたし、一番いい形で締め括る事が出来ました。ケイティブレイブと前半少し競る形になって、イメージとは少し違う形でしたが、うまく対応してくれましたし、後半はリズム良くイメージ通り走れました。この馬で初めてGIを勝たせて貰って、しかもそれが最低人気で、見ている人にインパクトを残してくれましたからね。僕の知名度を本当に高めてくれました。この馬の子供で結果を出せるように、また頑張りたいです」
(村山明調教師)
「本当に嬉しいです。火曜日にオーナー、騎手と話し合って、思った通りの競馬をしてくれました。自分の形に持ち込めていい感じだな、と思って見ていました。こんなに強くなってくれるとは...という気持ちです。引退レースをこのような形で飾れて嬉しいですし、今度はコパノリッキーの子供たちを手がけて、勝ちたいと思います。ぜひまた応援してください」

2着 サウンドトゥルー
(大野拓弥騎手)
「リズムも良かったですし、勝負どころでは行ける、と感じました。ただ、勝った馬が上がりもまとめていましたし、強かったですね。今日も状態は良かったですし、しっかり走ってくれました。衰えは見られないですし、来年も活躍してくれると思います」

3着 ケイティブレイブ
(福永祐一騎手)
「逃げるか早め先頭、という指示でした。スタートからある程度出して行って、流れた中での2番手で指示通りの展開でした。早めに掴まえに行きましたが掴まえられず、ラストは脚が上がっていました。相手が強かったです。ただ、今日もタフな競馬の中で一生懸命走ってくれました」

5着 ロンドンタウン
(岩田康誠騎手)
「前走の敗因がよく分からなかったのですが、今日はそれと比べればよく走ってくれました。折り合いもついていました」

7着 インカンテーション
(三浦皇成騎手)
「ゲートも決まって、理想の形で運べました。前走は馬のリズムを守って運んで強い競馬でしたし、そのイメージで運んだのですが...。条件的には、前走の方が合っているという印象ですね。ただ、馬は充実していまますし、よく頑張ってくれました」

(取材:大関隼)

【2018年1月の実況担当】東西の金杯は6日に開催。中山:山本直也アナ、京都:檜川アナが2017年に引き続き担当! [実況アナ!] [実況アナ!]
2017/12/29(金) 11:00

<2018年 1月の実況担当予定>

1月6日(土) 中山金杯 京都金杯 ジュニアC
[中山] 1R~6R 小塚歩 / 7R~12R 山本直也
[京都] *1R~3R 米田元気 / *4R~6R 中野雷太 / 7R~12R 檜川彰人

1月7日(日) フェアリーステークス ポルックスS 万葉S
[中山] 1R~6R 大関隼 / 7R~12R 小塚歩
[京都] 1R~6R 山本直 / 7R~12R 中野雷太

1月8日(祝・月) シンザン記念 カーバンクルS 中山新春ジャンプS
[中山] 1R~6R 山本直也 / 7R~12R 大関隼
[京都] *1R~3R 米田元気 / *4R~6R 檜川彰人 / 7R~12R 山本直

1月13日(土) 愛知杯 ジャニュアリーS 淀短距離S
[中山] 1R~6R 中野雷太 / 7R~12R 佐藤泉
[京都] *1R~3R 米田元気 / *4R~6R 小林雅巳 / 7R~12R 大関隼
[中京] 1R~6R 山本直 / 7R~12R 山本直也

1月14日(日) 京成杯 日経新春杯 ニューイヤーS 紅梅S
[中山] 1R~6R 佐藤泉 / 7R~12R 中野雷太
[京都] 1R~6R 檜川彰人 / 7R~12R 小林雅巳
[中京] 1R~6R 山本直也 / 7R~12R 山本直

1月20日(土) すばるS 若駒S
[中山] 1R~6R 小林雅巳 / 7R~12R 山本直
[京都] *1R~3R 米田元気 / *4R~6R 檜川彰人 / 7R~12R 佐藤泉
[中京] 1R~6R 大関隼 / 7R~12R 小塚歩

1月21日(日) アメリカジョッキークラブカップ 東海ステークス
[中山] 1R~6R 山本直 / 7R~12R 小林雅巳
[京都] 1R~6R 山本直也 / 7R~12R 檜川彰人
[中京] 1R~6R 小塚歩 / 7R~12R 大関隼

1月27日(土) 白富士S クロッカスS 牛若丸ジャンプS
[東京] 1R~6R 大関隼 / 7R~12R 小塚歩
[京都] 1R~6R 山本直也 / 7R~12R 山本直
[中京] 1R~6R 小林雅巳 / 7R~12R 佐藤泉

1月28日(日) 根岸ステークス シルクロードステークス
[東京] 1R~6R 小塚歩 / 7R~12R 大関隼
[京都] 1R~6R 檜川彰人 / 7R~12R 山本直也
[中京] 1R~6R 佐藤泉 / 7R~12R 小林雅巳

※変更になる場合があります。(*はその後の変更)

【フェアリーS】登録馬~サヤカチャンなど20頭 [News] [News]
2017/12/28(木) 19:56

1月7日(日)、中山競馬場で行われる第34回フェアリーステークス(GIII、3歳、牝馬、芝1600m)の登録馬は以下の通り。

【フルゲート16頭】

サヤカチャン

以下、抽選対象馬(15/17)

アントルシャ
オハナ
グランドピルエット
シスル
ジョブックコメン

ジーナスイート
スカーレットカラー
テトラドラクマ
デュッセルドルフ
トロワゼトワル

ナスノカツラ
ハトホル
フィルハーモニー
プリモシーン
ライレローズ

レッドベルローズ
レネット

以下、除外対象馬

トーセンエポナ
ハナカザリ

【シンザン記念】登録馬~カシアスなど17頭 [News] [News]
2017/12/28(木) 19:53

1月8日(月)、京都競馬場で行われる第52回シンザン記念(GIII、3歳、芝1600m)の登録馬は以下の通り。
なお、このレースに除外対象馬はいない

カシアス
ファストアプローチ
カフジバンガード
ヒシコスマー
アーモンドアイ

イルルーメ
エアアルマス
クリノイダテン
スカイルーク
スカーレットカラー

スターリーステージ
ソイルトゥザソウル
ツヅミモン
ブランモンストル
プリュス

ベルガド
マイネルエメ

【京都金杯】登録馬~ウインガニオンなど15頭 [News] [News]
2017/12/28(木) 19:49

1月6日(土)、京都競馬場で行われる第56回京都金杯(GIII、4歳以上、芝1600m)の登録馬は以下の通り。
なお、このレースに除外対象馬はいない

ウインガニオン
アメリカズカップ
ダノンメジャー
マイネルアウラート
ラビットラン

カラクレナイ
スズカデヴィアス
ブラックムーン
レッドアンシェル
キョウヘイ

ストーミーシー
ベステンダンク
マサハヤドリーム
クルーガー
ケントオー

【中山金杯】登録馬~ウインブライトなど17頭 [News] [News]
2017/12/28(木) 19:28

1月6日(土)、中山競馬場で行われる第67回中山金杯(GIII、4歳以上、芝2000m)の登録馬は以下の通り。
なお、このレースに除外対象馬はいない

デニムアンドルビー
ウインブライト
マイネルミラノ
カデナ
ブラックバゴ

ダイワキャグニー
セダブリランテス
タイセイサミット
ストレンジクォーク
ジョルジュサンク

パリカラノテガミ
フェルメッツァ
トーセンマタコイヤ
アウトライアーズ
レアリスタ

ケントオー
ショウナンマルシェ

平成29年度「民放競馬記者クラブ賞」は武藤雅騎手に決定 [News] [News]
2017/12/28(木) 19:22

 民放競馬記者クラブ(加盟12社)は、平成29年度の民放競馬記者クラブ賞について、武藤雅騎手(美浦・水野貴広厩舎)に授与すると発表した。授賞式は来年1月6日(土)、昼休みに中山競馬場で行われる。

※民放競馬記者クラブ賞は、顕著な成績を残した関東の新人騎手に贈られる。

<受賞理由>
 今年デビューした武藤雅騎手は24勝を挙げました。これは関東のみならず、東西を通じてトップの成績であり、8月27日の新潟競馬では1日3勝をあげたこと、また、人気薄の馬でたびたび場内を沸かすなどファンに大きくアピールした点を高く評価しました。なお、武藤騎手は、1986年に10勝をあげ受賞した武藤善則騎手(現・調教師)の長男で、史上初の親子受賞となります。

<武藤雅騎手のコメント>
「ありがとうございます。たくさんのいい馬に乗せていただきながら、なかなか結果を出すことができず、また、目標としていた50勝に届かず、悔しい思いでいっぱいです。水野先生はじめ、まわりの方々には本当に良くしていただき、恵まれた環境で、感謝の気持ちしかありません。来年は、毎週1勝以上を目標に、重賞やGIレースにも出場したいと思っています。これからも、応援よろしくお願いします」

平成29年度「東京競馬記者クラブ賞」は藤沢和雄調教師、オジュウチョウサンに特別賞 [News] [News]
2017/12/28(木) 19:20

 東京競馬記者クラブ(加盟17社)は、平成29年度の東京競馬記者クラブ賞として藤沢和雄調教師を、また特別賞としてオジュウチョウサン(牡6、美浦・和田正一郎厩舎)をそれぞれ選出したと発表した。授賞式は来年1月6日(土)、昼休みに中山競馬場で行われる。

<東京競馬記者クラブ賞>
藤沢和雄調教師の受賞理由
 ダービーをレイデオロ、オークスをソウルスターリングで勝利し、調教師としては44年ぶり史上4人目となる同一年ダービー・オークス制覇、オークスでは史上2人目となるJRA重賞100勝という偉大な記録を達成して競馬ファンを盛り上げてくれた。

藤沢和雄調教師の受賞コメント
「今年は本当に強い馬に恵まれました。レイデオロ、ソウルスターリングは2歳から期待されていた馬で、クラシックをいくつか取れるのではと思っていました。その中でもっとも名誉あるレースを勝つことができ、かつ栄誉ある記者クラブ賞をいただき、ありがとうございます。人気になってオーナー、ファンの期待に応えられたので調教師冥利に尽きます」

<特別賞>
オジュウチョウサンの受賞理由
 中山大障害をレコードタイムで制し、2016年中山グランドジャンプから史上初となるJ・GI4連勝、重賞8連勝を達成するすばらしい活躍を見せた。特に今年の中山大障害はゴール前まで手に汗握る競馬で、多くの競馬ファンに感動を与えてくれた。

(株)チョウサン 代表・長山尚義氏の受賞コメント
「このような賞を賜りたいへん光栄に思っております。オジュウチョウサンを応援してくださっている方はたくさんいて、多くの方から声援をいただきました。深く感謝しております。本当にありがとうございます」

和田正一郎調教師の受賞コメント
「ジャンプレースは平地より注目度が低い中で、多くの皆様に応援をいただきました。その声援があったからこそ、今年を無敗で終えることができたと思っております。オジュウチョウサンはすごい馬です。これからも応援のほどをよろしくお願い致します」

平成29年度「関西競馬記者クラブ賞」はキタサンブラックに決定 [News] [News]
2017/12/28(木) 19:19

 関西競馬記者クラブ(加盟19社)は28日、同記者クラブ員による投票の結果、「関西競馬記者クラブ賞」をキタサンブラック(牡5、栗東・清水久詞厩舎)に贈ることを発表した。授賞式は平成30年1月6日(土)、昼休みに京都競馬場で行われる。

<選考理由>
春秋のグランプリ(宝塚記念・有馬記念)にファン投票1位で出走し、有馬記念をはじめとして年間GI4勝と、一年を通しての顕著な活躍が認められたため。

<清水久詞調教師のコメント>
「グランプリ4季連続ファン投票で選んでいただき、ようやく期待に応えることができました。デビューからラストランまで、よく頑張ってくれました。ファンの皆様ありがとうございました。2年連続で関西競馬記者クラブ賞に選んでいただき、皆様に評価していただいたことも、本当にありがたいことだと思っています。キタサンブラックの産駒で、またこのような賞をもらえるように頑張りたいですね」

全288件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の10件 ]