★★明日の出走取消(京都12R)★★ [News] [News]
2017/11/11(土) 17:39

明日12日(日)の京都12Rに出走予定だった12番ドラゴンマジックは、左前肢跛行のため出走取消となった。

(16時00分JRA発表)

小崎綾也騎手、オーストラリアでの騎乗成績(11月11日) [News] [News]
2017/11/11(土) 17:36

小崎綾也騎手(栗東・フリー)は、11日(土)、オーストラリアのニューカッスル競馬場で6Rの一般レース(芝1400m)でグレイシャスネスに騎乗し、9頭立ての6着だった。

(JRAからのリリースによる)

京都11Rの競走中止について [News] [News]
2017/11/11(土) 17:33

京都11Rで、4番メガリージョン(M.デムーロ騎手)は、下記疾病を発症したため、3コーナーで競走を中止した。

 馬:右第1趾骨粉砕骨折 ※予後不良
騎手:異状なし

川又賢治騎手、騎乗停止へ [News] [News]
2017/11/11(土) 17:29

福島3Rで、12番モシモに騎乗した川又賢治騎手は、発走後まもなく内側に斜行したことにより、2017年11月18日(土)から12月3日(日)まで16日間の騎乗停止となった。これは、継続的な内側への斜行を重大な過失と認めたため。

【デイリー杯2歳S】(京都)~ジャンダルムがデビュー2連勝で重賞初制覇 [News] [News]
2017/11/11(土) 17:23

京都11Rの第52回デイリー杯2歳ステークス(GII、2歳、芝1600m)は5番人気ジャンダルム(A.アッゼニ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒3(良)。1馬身1/4差2着に4番人気カツジ、さらに2馬身1/2差で3着に3番人気ケイアイノーテックが入った。

ジャンダルムは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牡馬で、父Kitten’s Joy、母Believe(母の父Sunday Silence)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ジャンダルム(池江泰寿調教師)
「ゲートの出が少し悪く、位置取りが思ったよりも後ろになって厳しいかと思いましたが、抜けてくる時の脚はさすがですね。収穫のあるレースでした。距離適性に関しては、東京2400mは何とか持たせたいですね。持つように育てたいです。この後は武豊騎手でホープフルSに向かう予定です」

2着 カツジ(松山騎手)
「スタートは出てくれたし、今日の馬場を考えていいポジションで流れに乗れましたが、最後は外に逃げ気味で甘くなってしまいました。能力は高いですし、これから良くなってくると思います」

3着 ケイアイノーテック(川田騎手)
「これだけ長く休んでいますからね。成長もしていますが、その中で3着まで頑張ってくれました。これでさらに動きが良くなってくるでしょう」

4着 フロンティア(岩田騎手)
「向正面で他馬に来られて怯みましたが、それでも落ち着いて走っていました。ただ、今日はあまり切れませんでした」

5着 ナムラアッパレ(国分優騎手)
「頑張ってくれました。外を回るところがありましたが、他馬に弾き出されてしまいました。一番苦しいところを乗り越えて、良くなりつつあるのは返し馬から感じました。マイルでもこれだけやれました」

6着 ロードイヒラニ(シュタルケ騎手)
「スタートがすべてです。ゲートの中でチャカチャカして、もぐった後に首を上げたところでスタートが切られました。後ろで無理せず追走して、直線では反応してくれています。スタートが良ければ違ったと思います」

7着 カクリョウ(岩崎騎手)
「相手が相手なので思い切って行きました。1600mでも引っ掛かることなく、最後も離されませんでした。自己条件に戻ればさらにやれると思います」

【武蔵野S】(東京)~インカンテーションが2番手から押し切って重賞6勝目 [News] [News]
2017/11/11(土) 17:09

東京11Rの第22回武蔵野ステークス(GIII、3歳以上、ダート1600m)は6番人気インカンテーション(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒5(良)。1/2馬身差2着に8番人気サンライズソア、さらに1馬身3/4差で3着に15番人気アキトクレッセントが入った。

インカンテーションは栗東・羽月友彦厩舎の7歳牡馬で、父シニスターミニスター、母オリジナルスピン(母の父Machiavellian)。通算成績は30戦11勝。

~レース後のコメント~
1着 インカンテーション(三浦騎手)
「復帰してから良い時も悪い時もありましたが、こういう世界に戻ってきたんだなと実感出来ていましたし、その中で重賞を勝ててこれからの弾みになります。返し馬から状態の良さが伝わってきましたし、ゲートを出れば強気の競馬をしようと思っていました。ペースが落ち着きましたし、これなら4コーナーで強気に行けると感じましたね。ヨーイドンの競馬でもよく踏ん張ってくれましたし、使って良くなると思いますから、GIでも楽しみです」

(羽月友彦調教師)
「ジョッキーに、正攻法でお願いします、と伝えていたが、想像以上に良いレースをしてくれました。馬はまだまだ老けていませんし、ようやく筋肉がついてきたという印象です。次走については現時点では未定です」

2着 サンライズソア(吉田豊騎手)
「いい感じで走ることが出来ました。ハナを他の馬に主張されたので2番手になったが、ハナに行った方が良かったかもしれません。スタートの時にゲートに馬体をこすってしまったので、スムースに行けたら交わせていたと思います」

3着 アキトクレッセント(荻野極騎手)
「追い切りの動きが良く、道中もリズム良く運べました。ポジションも取れて折り合いもつきましたし、今日は大きな収穫でした。距離は1800mくらいまで延びても大丈夫でしょう」

4着 ノンコノユメ(C.デムーロ騎手)
「スタートが悪く、道中も外を回されました。久々の分もあり、最後止まってしまいましたが、本番に向けてはいいレースが出来たと思います」

5着 カフジテイク(福永騎手)
「結果的にスローになってしまいましたからね。脚は使っていますが届きませんでした。前回も同じような流れで、(流れに)乗せて行ったら反応し切れなかったのでタメて行ったのですが、下げすぎたかもしれません。馬の状態は良くなっていたのですが...」

7着 ベストウォーリア(ルメール騎手)
「マイペースで逃げることが出来ましたが、最後は疲れて止まりました。今日は少し馬体が重く感じました」

13着 ゴールデンバローズ(ムーア騎手)
「馬は去年より良くなっていますが、もっと距離があった方がいい馬になってしまっています。1600mは少し忙しかったです」

【相馬特別】(福島)~サダムリスペクトが直線一気の差し切りV [News] [News]
2017/11/11(土) 16:43

福島12Rの相馬特別(3歳以上500万下、芝1200m)は5番人気サダムリスペクト(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒5(良)。クビ差2着に1番人気ケルベロス、さらに1馬身差で3着に3番人気クリノスーアンコーが入った。

サダムリスペクトは栗東・中尾秀正厩舎の5歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母ハナランマン(母の父サクラユタカオー)。通算成績は37戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 サダムリスペクト(石橋脩騎手)
「流れが速くて控えましたが、うまくタメが利きました。最後はよく切れたと思います。馬も良くなっているのではないかと思います」

3着 クリノスーアンコー(秋山騎手)
「掛かる馬なのですが、最初の1歩目で躓いて折り合いがつきました」

4着 スナークスカイ(鮫島克駿騎手)
「前がハイペースで飛ばしていたのでいいポジションになりました。持ち味は生かせたと思います」

5着 トーセンアルバータ(丸田騎手)
「揉まれ弱いので行ってくれ、という指示でした。最後は止まってしまいました」

【三鷹特別】(東京)~モズアスコットが人気に応えて3連勝 [News] [News]
2017/11/11(土) 16:33

東京10Rの三鷹特別(3歳以上1000万下、芝1400m)は1番人気モズアスコット(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒4(良)。1馬身1/4差2着に2番人気バリス、さらにクビ差で3着に4番人気モアナが入った。

モズアスコットは栗東・矢作芳人厩舎の3歳牡馬で、父Frankel、母India(母の父Hennessy)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 モズアスコット(ルメール騎手)
「1400mはちょうどいいですね。いいペースでリラックスして走っていましたし、直線もよく伸びました。段々と良くなってきていますし、もっと良くなっていく馬です」

2着 バリス(戸崎騎手)
「堅実に走ってくれますし、センスのあるところを見せてくれました。少し掛かるところがあると聞いていたのですが、上手に走っていました」

4着 ペルソナリテ(柴田大騎手)
「力は出し切ってくれました。安定して走っていますし、今日は上位馬が強かったです。もうあとはメンバーひとつでしょう」

京都8Rの競走中止について [News] [News]
2017/11/11(土) 16:23

京都8Rで、7番ミヤジタイガ(林満明騎手)は、9号障害着地時に躓いて騎手が落馬したため、競走を中止した。

 馬:異状なし
騎手:異状なし

田中勝春騎手、JRA通算1万9000回騎乗達成 [News] [News]
2017/11/11(土) 16:19

田中勝春騎手(美浦)は、東京10Rで13番バウトナカヤマに騎乗し、武豊騎手、柴田善臣騎手、蛯名正義騎手に次ぐ、史上4人目・現役4人目のJRA通算1万9000回騎乗を達成した。

~田中勝春騎手のコメント~
「1万9000回も乗せていただいて感謝しています。これだけ乗せてもらっても技術はまだまだだと思っています。これからも頑張ります」

全23件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 次の10件 ]