【京王杯2歳S】(東京)~タワーオブロンドンが直線突き抜けて重賞初制覇 [News] [News]
2017/11/04(土) 16:44

東京11Rの第53回京王杯2歳ステークス(GII、2歳、芝1400m)は1番人気タワーオブロンドン(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒9(良)。2馬身差2着に5番人気カシアス、さらに1/2馬身差で3着に4番人気アサクサゲンキが入った。

タワーオブロンドンは美浦・藤沢和雄厩舎の2歳牡馬で、父Raven’s Pass、母スノーパイン(母の父Dalakhani)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 タワーオブロンドン(ルメール騎手)
「強い馬です。前回は楽勝でしたが、今日はステップアップしてたくさんいい馬がいましたが、自信がありました。調教の動きも良く、馬の状態は良かったです。いいスタートから流れに乗って、いい反応でした。1600mも大丈夫でしょうが、体はスプリンターで、力はとてもあります。1600mはギリギリかもしれませんが、期待します」

(藤沢和雄調教師)
「いいスタートでしたし、内容は良かったです。この後は放牧に出して、朝日杯FSも候補に入れて、次のことを考えます」

2着 カシアス(浜中騎手)
「今日は久々の競馬で気負っていました。それでも我慢出来ていましたし、初めての左回りでも鋭く伸びています。距離は1600mくらいまでこなせると思います。今日は馬体が減ってさびしかったので、ふっくらしてくるとさらに良くなります」

(清水久詞調教師)
「函館以来の休み明けで、初めての輸送、左回り、距離も1ハロン延びての2着ですから、メドが立ちました。朝日杯FSはさらに1ハロン延びますが、上積みもあるでしょうし、対応出来るようにやっていきます」

3着 アサクサゲンキ(武豊騎手)
「1400mでもいいレースをしてくれました。ベストは1200mかなという感じはしますが、十分やれています。状態は前回より良くなっていますね」

4着 ピースユニヴァース(内田博騎手)
「馬群を嫌がらなくなりました。今までは勝ちに行っていた分、掛かってしまいましたので、今日はリラックスして走らせることに専念しました。馬なりで落ち着いてレースを進めることが出来たのが大きな収穫です」

7着 エントシャイデン(蛯名騎手)
「今日は新馬戦の時のように弾けませんでした。1400mは忙しくて脚がたまっていない感じがしたので、もっと距離があった方がいいと思います」

8着 タイセイプライド(M.デムーロ騎手)
「敗因がよく分かりません。一生懸命走っていましたが、直線の坂の下できつくなってしまいました。久々の分なのでしょうか」

【ノベンバーS】(東京)~ストーンウェアが追い比べからゴール前抜け出す [News] [News]
2017/11/04(土) 16:36

東京10Rのノベンバーステークス(3歳以上1600万下ハンデ、芝2000m)は4番人気ストーンウェア(C.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒9(良)。アタマ差2着に2番人気ルックトゥワイス、さらに1/2馬身差で3着に5番人気マウントゴールドが入った。

ストーンウェアは栗東・吉田直弘厩舎の5歳牡馬で、父Birdstone、母Antique Auction(母の父Geiger Counter)。通算成績は22戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ストーンウェア(C.デムーロ騎手)
「スタートを切ってから、先行集団でうまく折り合うことが出来ました。直線で止まってしまったかと思いましたが、そこからしぶとく脚を使ってくれました。とても良い勝負根性を持っています」

2着 ルックトゥワイス(戸崎騎手)
「いい具合に走ることが出来ました。以前はフワッとしたところがありましたが、今日は集中して走れていました。ここまで頑張ったら勝ちたかったですが、また次、頑張ります」

3着 マウントゴールド(武豊騎手)
「メンバーを見て前に行こうと思っていました。道中、物見をするところがありましたが、それでもよくやっています」

7着 アーバンキッド(石橋脩騎手)
「気持ちが前向きすぎてスタートはタイミングが合いませんでした。それでも掛かることはなく、しっかり走ってくれました。相手が強かったです」

騎乗供覧に参加した騎手課程34期生のコメント [News] [News]
2017/11/04(土) 16:23

本日、東京競馬場でお昼休みに行われた騎乗供覧に参加した騎手課程34期生のコメントは以下の通り。

●西村淳也(にしむらあつや)くん(18歳)
「お客様がたくさん見ている中での騎乗だったので、すごく緊張しました。厩舎関係者だけでなく、お客様にも愛されるジョッキーになりたいです」

●服部寿希(はっとりとしき)くん(18歳)
「お客様の前での騎乗だったので、馬も自分も緊張してしまい、納得のいくものではありませんでした。騎手としてだけでなく、人間としても一人前になりたいです」

●山田敬士(やまだけいし)くん(20歳)
「お客様が見ていましたが、逆にいつもより緊張せずに乗れました。応援してくださる方を笑顔にする騎手になりたいですし、騎手として目標とされるようになりたいです」

小崎綾也騎手、オーストラリアでの騎乗成績(11月4日) [News] [News]
2017/11/04(土) 16:13

小崎綾也騎手(栗東・フリー)は、4日(土)、オーストラリアのニューカッスル競馬場で2Rの一般レース(芝1400m)でオンパレードに騎乗し、6頭立ての2着だった。

(JRAからのリリースによる)

【みちのくS】(福島)~9歳馬ユキノアイオロスが久々の勝利 [News] [News]
2017/11/04(土) 16:01

福島11Rのみちのくステークス(3歳以上1600万下、芝1200m)は9番人気ユキノアイオロス(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒0(良)。クビ差2着に6番人気ナインテイルズ、さらに1/2馬身差で3着に7番人気クラウンアイリスが入った。

ユキノアイオロスは美浦・和田正道厩舎の9歳セン馬で、父サクラプレジデント、母ユキノシンデレラ(母の父サンダーガルチ)。通算成績は73戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ユキノアイオロス(秋山騎手)
「いいタイミングで乗せていただきました。コースが合います。道中もスムースでした」

4着 ダノンルージュ(中谷騎手)
「もう1列前でレースをしたかったです。それでもしっかり走ってくれました。最後は確実に来てくれます」

15着 レジーナフォルテ(杉原騎手)
「いつもの行きっぷりではなかったです。こんな馬ではありません」

【南武特別】(東京)~ホウオウドリームが外から伸びて快勝 [News] [News]
2017/11/04(土) 15:52

東京9Rの南武特別(3歳以上1000万下、芝2400m)は1番人気ホウオウドリーム(吉田豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分30秒0(良)。クビ差2着に5番人気フェイズベロシティ、さらに1馬身1/4差で3着に2番人気サーレンブラントが入った。

ホウオウドリームは栗東・矢作芳人厩舎の3歳牡馬で、父ルーラーシップ、母メジロドーベル(母の父メジロライアン)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ホウオウドリーム(吉田豊騎手)
「少頭数で行きたい馬もいませんから、流れは遅くなると思っていました。それでも位置を取りに行ける馬ではありませんから、前回同様、後方でジッと構えて折り合いに専念しました。うまく外に出すことが出来、直線勝負の形となり、最後は2着馬と同じ脚色になりましたが、根性で抜け出してくれました。この馬は、今までのメジロドーベルの子供とはタイプが違い、体の使い方がメジロドーベルに似ています。体がしっかりしたらもっと良くなると思います」

2着 フェイズベロシティ(C.デムーロ騎手)
「道中はスローペースでしたが、道中は外めの馬場のいいところを通りました。ヨーイドンの競馬ですごい瞬発力を見せてくれました。能力の高い馬です」

3着 サーレンブラント(福永騎手)
「流れが遅く、折り合いに苦労しました。最後まで一団の競馬でよく来ています。力は上位だと思います」

4着 コスモジャーベ(柴田大騎手)
「あれで交わされたのですから仕方ありませんね。休み明けでフレッシュな状態で、気持ちも戻って、いい傾向です」

7着 コウキチョウサン(戸崎騎手)
「いい形だと思いましたが、この馬には違うのかもしれません。それに休み明けの分もある気がします」

【会津特別】(福島)~ショウナンアエラが人気に応える [News] [News]
2017/11/04(土) 15:41

福島10Rの会津特別(3歳以上500万下、芝1200m)は1番人気ショウナンアエラ(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒1(良)。クビ差2着に9番人気コスモペリドット、さらに3/4馬身差で3着に3番人気ダノンメモリーが入った。

ショウナンアエラは美浦・奥村武厩舎の3歳牡馬で、父ショウナンカンプ、母ショウナンタイリン(母の父キングカメハメハ)。通算成績は11戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ショウナンアエラ(吉田隼騎手)
「ポンと出て、前で運びました。耳を絞ったり、周りを気にしていたり、手応えほど突き抜けなかったりしました。いい時に乗せていただきました」

2着 コスモペリドット(高橋祥泰調教師)
「前走は1500mで行きたがる形でしたが、今日は途中からハミを取ってくれました。流れに乗れましたし、うまく乗ってくれました。今日の内容を見ると今後は1200mの馬になっていきそうです」

3着 ダノンメモリー(幸騎手)
「出して行って少し掛かりました。最後に少し甘くなりました。距離としては1200mの方がいいです」

【きんもくせい特別】(福島)~レーツェルがデビュー2連勝飾る [News] [News]
2017/11/04(土) 15:25

福島9Rのきんもくせい特別(2歳500万下、芝1800m)は1番人気レーツェル(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒8(良)。ハナ差2着に5番人気ラスエモーショネス、さらに3馬身差で3着に4番人気スーサンドンが入った。

レーツェルは美浦・伊藤大士厩舎の2歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母ミスティーク2(母の父Monsun)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 レーツェル(北村宏騎手)
「行く馬を見ながらリズムを保って行きました。普通なら逃げ切られるところをよく差し切ってくれました。課題もありつつですが、勝ち切ってくれましたし、楽しみが増えました」

2着 ラスエモーショネス(岩田騎手)
「自分の形に出来ましたし、一旦は離せましたが、勝ち馬の決め手にやられてしまいました。悔しいです」

3着 スーサンドン(和田騎手)
「気性が若くて流れに乗せられません」

【メイクデビュー】(福島5R)~レナータが勝利 [News] [News]
2017/11/04(土) 15:10

福島5Rのメイクデビュー福島(ダート1700m)は1番人気レナータ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒4(稍重)。ハナ差2着に7番人気タマモストーム、さらに3馬身1/2差で3着に6番人気ブラックシープが入った。

レナータは栗東・小崎憲厩舎の2歳牝馬で、父ブレイクランアウト、母ゴールドデイ(母の父Seeking the Gold)。

~レース後のコメント~
1着 レナータ(岩田騎手)
「素直で乗りやすい馬です。こちらの指示に従順です。最後、抜けてから遊ぶところがありましたが、力はある馬です」

3着 ブラックシープ(北村宏騎手)
「自分でハミを取って出て行きました。勝ち馬など後ろから来れば来たで前に進んで行きましたが、追い出してから慌てたところがありました。このくらいの距離でチャンスがあると思います」

5着 カイトチャン(津村騎手)
「まだあまり強い調教をやっていないのですが、その割には頑張っていました。次は変わってくると思います」

C.ルメール騎手、JRA通算700勝達成 [News] [News]
2017/11/04(土) 14:59

C.ルメール騎手(栗東)は、東京4Rで16番アイスフィヨルドに騎乗し1着となり、史上60人目・現役28人目となるJRA通算700勝を達成した。

外国人騎手のJRA通算700勝達成は、2017年7月29日に達成したM.デムーロ騎手に次いで史上2人目。

~ルメール騎手のコメント~
「東京競馬場が日本で一番好きな競馬場なので、東京競馬場で勝つことが出来てすごく嬉しいです。今年は東京競馬場で、日本ダービーとオークスを両方勝つことが出来ました。素晴らしいです。今年はリーディングを獲りたいですが、他のジョッキーも強いですし、ナイスファイトだと思っています」

全12件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]