【メイクデビュー】(京都7R)~トゥラヴェスーラが勝利 [News] [News]
2017/11/03(金) 14:59

京都7Rのメイクデビュー京都(芝1600m)は3番人気トゥラヴェスーラ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒4(良)。3馬身差2着に2番人気メラナイト、さらにクビ差で3着に1番人気ドラグーンシチーが入った。

トゥラヴェスーラは栗東・高橋康之厩舎の2歳牡馬で、父ドリームジャーニー、母ジャジャマーチャン(母の父アドマイヤコジーン)。

~レース後のコメント~
1着 トゥラヴェスーラ(川田騎手)
「調教からいい動きをしていました。今日はハナに行く形になりましたが、集中していました。素直な馬です」

2着 メラナイト(田辺騎手)
「スタートは出ましたが、二の脚がつかず、位置が下がりました。最後は脚を使っています。距離がもう少しあっても良さそうです」

3着 ドラグーンシチー(和田騎手)
「攻め馬ほどいいフォームではありませんでした。本来はもっと伸びのあるフォームなのですが...。まだ緩いところがあるので、使ってから変わってくると思います」

5着 ルベライト(シュタルケ騎手)
「癖もなく乗りやすい馬ですが、ワンペースなところがあります。今日は直線、狭くなるような場面では行きたがらないところがありましたが、レースは最後まであきらめることなく走ってくれました。これを使って変わってくると思います」

【メイクデビュー】(京都6R)~タマモカトレアが勝利 [News] [News]
2017/11/03(金) 14:51

京都6Rのメイクデビュー京都(ダート1400m)は1番人気タマモカトレア(富田暁騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒8(良)。クビ差2着に5番人気ナリタミニスター、さらに2馬身1/2差で3着に4番人気ノーウェイが入った。

タマモカトレアは栗東・木原一良厩舎の2歳牝馬で、父ヘニーヒューズ、母チャームナデシコ(母の父ワイルドラッシュ)。

~レース後のコメント~
1着 タマモカトレア(富田騎手)
「調教の動きが良く、自信を持って乗りました。ただ、直線でヨレてしまったのは乗っていた自分の課題として残ります。早めに動いて行きましたが、最後までよく頑張って走ってくれました。兄姉はダートで走りましたが、この馬はスピードもありますし、芝も合うように思います」

2着 ナリタミニスター(森裕太朗騎手)
「最初は砂を被るのを嫌がりましたが、内に入れてからは気にせず走っていました。外に出してからはしっかりした伸びでした。勝負根性があって、今日の距離も合っていました。次はもっといいレースを出来ると思います」

3着 ノーウェイ(和田騎手)
「スピードのある馬です。今日は初戦としては上手にレースをしてくれました」

4着 メイショウバイタル(幸騎手)
「スタートは速くありませんでしたが、流れに乗ってジワジワと脚を使ってくれました。今日は体に余裕がありましたし、1回レースを使って次は良くなると思います」

【メイクデビュー】(京都5R)~カーティバルが勝利 [News] [News]
2017/11/03(金) 14:49

京都5Rのメイクデビュー京都(牝馬限定、芝1400m)は4番人気カーティバル(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒4(良)。1/2馬身差2着に8番人気キャッチミーアップ、さらに3馬身差で3着に7番人気ベルノートが入った。

カーティバルは栗東・高橋義忠厩舎の2歳牝馬で、父ロードカナロア、母プリンセスルーシー(母の父Strategic Prince)。

~レース後のコメント~
1着 カーティバル(和田騎手)
「追い切りの動きが良かったですし、レースでも上手に走ってくれました。抜けてからもしっかりとしていました」

5着 センターフィールド(富田騎手)
「調教の動きから、具合も良く、勝負になると思っていました。スタートがとても良くてハナへ行きましたが、フワフワしたように走っていました。次は変わってくると思います」

11着 カラレイア(藤岡康騎手)
「終始、周りを気にして走っていました。能力があるのは確かなので、慣れてくれば走ってくると思います」

全13件中 11件〜13件目を表示 [ 前の10件 1 2 ]