【JBCクラシック】(大井)~サウンドトゥルーが差し切りV [News] [News]
2017/11/03(金) 18:09

3日(祝・金)、大井競馬場で行われた第17回JBCクラシック(JpnI、3歳以上、ダート2000m)は、JRAの4番人気サウンドトゥルー(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒5(重)。1馬身差2着にJRAの3番人気ケイティブレイブ、さらにクビ差で3着にJRAの7番人気ミツバが入った。JRAの1番人気アウォーディーは4着。

サウンドトゥルーは美浦・高木登厩舎の7歳セン馬で、父フレンチデピュティ、母キョウエイトルース(母の父フジキセキ)。

~レース後のコメント~
1着 サウンドトゥルー(大野拓弥騎手)
「休み明けを一度使ったことで状態が良かったので、自信をもって後方からレースを進めました。マイペースで直線でもいい脚でした。この馬は寒くなると調子が良くなるので残り2戦も頑張ります」

(高木登調教師)
「欲しいタイトルの一つで、勝てて嬉しいです。休み明けの前走が良い状態で、今回は自信をもって臨みました。レースは良い展開だと思っていました。最後は必死に応援しました。夏休みから戻ってきてからの状態が良いので、まだ成長の余地がありそうだと感じています。次のチャンピオンズカップのタイトルを加えて、また大井に戻って来たいと思います」

2着 ケイティブレイブ(福永祐一騎手)
「以前と違って前に馬を置いても上手に走れる様になっているし、1~2コーナーへ手応え十分に、良い感じで入れました。終いもしっかり伸びています。どんな流れにも対応出来る競馬が出来る様になってきています」

4着 アウォーディー(武豊騎手)
「状態がすごく良く感じましたし、道中の感じも悪いところを出さず、良い時の感じでした。しかし、伸びませんでした。余力があるのに何でなのでしょう、大井が合わないのかもしれません。元々左回りの方が良いパフォーマンスを見せる馬なので、次は巻き返します」

6着 オールブラッシュ(ルメール騎手)
「楽に逃げることは出来ましたが、今日はあまりリラックスしていませんでした。その分もあり、最後は止まってしまいました。メンバーも強かったですね」

【JBCスプリント】(大井)~ニシケンモノノフが内から抜けてGI初制覇 [News] [News]
2017/11/03(金) 17:31

3日(祝・金)、大井競馬場で行われた第17回JBCスプリント(JpnI、3歳以上、ダート1200m)は、JRAの2番人気ニシケンモノノフ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒4(重)。アタマ差2着にJRAの1番人気コパノリッキー、さらにアタマ差で3着に浦和所属の3番人気ブルドッグボスが入った。

ニシケンモノノフは栗東・庄野靖志厩舎の6歳牡馬で、父メイショウボーラー、母グリーンヒルコマチ(母の父アフリート)。

~レース後のコメント~
1着 ニシケンモノノフ(横山典弘騎手)
「返し馬からいつも以上に元気が良く、調子が良さそうだと感じました。道中はずっと手応えが良くて、どこを抜け出そうか迷うくらいでした。抜け出してからはノビノビと走っていて反応も良かったです。6歳ですがタフな馬で、来年も再来年も頑張ってくれると思います」

(庄野靖志調教師)
「休み明けに一度使ったことで馬の状態が良くなりました。乗り方は横山騎手に任せていました。最後の直線で進路が少し狭かったので、横山騎手にお願いする気持ちでみていました。なんとか勝つことができて良かったです。次走は未定ですが、具合をみてから来年以降も頑張ります」

3着 ブルドッグボス(内田博幸騎手)
「もうちょっと前に行きたかったです。それでも差のない競馬をしていますし頑張っています」

4着 ネロ(中野省吾騎手)
「前回乗った時とは気持ちも体も違っていて、自信を持って乗りました。もう少し楽に位置を取れれば良かったと思います。前回よりも、馬にはまって乗ってあげられたと思います」

5着 キタサンミカヅキ(繁田健一騎手)
「スタートしてからレースが落ち着いてしまいました。もう少し流れて欲しかったです。今日は展開も向きませんでした」

6着 コーリンベリー(松山弘平騎手)
「プレッシャーがきつかったです。もう少し楽に行けたら良かったと思います」

【JBCレディスクラシック】(大井)~大井のララベルが叩き合い制す [News] [News]
2017/11/03(金) 17:12

3日(祝・金)、大井競馬場で行われた第7回JBCレディスクラシック(JpnI、3歳以上牝馬、ダート1800m)は、大井所属の5番人気ララベル(真島大輔騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒2(重)。アタマ差2着にJRAの4番人気プリンシアコメータ、さらに3/4馬身差で3着に大井所属の3番人気ラインハートが入った。JRAの1番人気ホワイトフーガは11着。

ララベルは大井・荒山勝徳厩舎の5歳牝馬で、父ゴールドアリュール、母ブリージーウッズ(母の父ティンバーカントリー)。

~レース後のコメント~
1着 ララベル(真島騎手)
「ずっと2歳の時からパートナーをくんで、調教師と大きいところを取ろうと話していました。嬉しいです。ララベルには頭が下がります」

(荒山勝徳調教師)
「(涙を流しながら)嬉しいというか、胸が一杯です。普段は冷静にレースを見ていられるのですが、今日は冷静にいられませんでした。今までもララベルは頑張ってきてくれて、こうして大きいレースを取ってくれて本当に嬉しいです。引退までどこを使うかは未定ですが、最後まで応援のほどよろしくお願いいたします」

2着 プリンシアコメータ(武豊騎手)
「惜しかったです。スタートが良ければ先手を取ることも考えていて、前半からいいペースで行くことができました。着差が着差だけに不利が痛かったです。それでもこのメンバーでよくやっています」

3着 ラインハート(笹川騎手)
「調教を毎日つけて手応えを感じていました。エルムステークスで牡馬相手に真ん中くらいの着順でしたし、牝馬同士なら着くらいはあるかと思っていました。うまく折り合えて、終いは切れました。重賞でもやれる器です」

4着 ワンミリオンス(福永騎手)
「道中楽に行けたのですが、勝負どころで手応えがなくなりました。よく頑張っています」

5着 アンジュデジール(横山典騎手)
「スタートで躓きましたが、それにしても負けすぎました。もしかしたら馬場が合わなかったのかもしれません。若い馬ですから、これからまだまだ成長すると思います」

11着 ホワイトフーガ(蛯名騎手)
「この馬自身が、長い距離がしんどくなっているのかもしれません」

【ファンタジーS】(京都)~ベルーガがデビュー2連勝で重賞初制覇 [News] [News]
2017/11/03(金) 16:41

京都11Rの第22回ファンタジーステークス(GIII、2歳牝馬、芝1400m)は5番人気ベルーガ(C.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒9(良)。1/2馬身差2着に3番人気コーディエライト、さらにハナ差で3着に1番人気アマルフィコーストが入った。

ベルーガは栗東・中内田充正厩舎の2歳牝馬で、父キンシャサノキセキ、母アドマイヤライト(母の父Kris S.)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ベルーガ(C.デムーロ騎手)
「凄い瞬発力でした。気持ちのいいレースでした。今日がまだ2戦目ですから、これからまださらに成長すると思います。距離が延びても大丈夫でしょう」

2着 コーディエライト(和田騎手)
「この馬としてはスタートは良くなかったのですが、楽な感じで出て行けましたし、先頭に立つとうまくハミも抜けて、いいペースで逃げることが出来ました。直線で少し左にモタれるような感じになったのが今後の課題でしょう」

3着 アマルフィコースト(浜中騎手)
「道中、少し行きたがっていました。今日はテンションが高めでした。久々の分もあるでしょう。次は1600mのレースになると思いますが、そのくらいの距離の方が合っていると思います」

4着 スズカフェラリー(シュタルケ騎手)
「ゲートの中で遊んでいてタイミングが合わず、後方からのレースになりました。道中はリズム良く走って、直線はいい脚を使いました。スタートが決まっていたら好勝負になったと思います。距離は延びた方がいいでしょう」

5着 モズスーパーフレア(松若騎手)
「出たなりのいい位置からレースを運べました。折り合いもつきましたし、次につながるいいレースになったと思います」

9着 レグルドール(高倉騎手)
「今日は気合が乗りすぎて不完全燃焼のレースになってしまいました。ゲート内でしっかり我慢することが出来ませんでした。うまく流れに乗れていればと思います」

10着 ボウルズ(四位騎手)
「能力はある馬なんですが、今日は力んで走ってしまいました」

11着 トンボイ(酒井騎手)
「今日は前に馬を行かせてじっくりとしたレースを心がけました。しっかり折り合いもついていましたが、前回と違うレースだったせいか、ストレスもあったようで、前回のような目立った脚を使えませんでした。今は1200mの方が良さそうですね」

【河北新報杯】(福島)~伏兵ラホーヤビーチが最内から抜け出す [News] [News]
2017/11/03(金) 16:16

福島11Rの河北新報杯(3歳以上1000万下ハンデ、芝1200m)は8番人気ラホーヤビーチ(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒5(良)。1馬身1/4差2着に10番人気イキオイ、さらにクビ差で3着に1番人気タケショウベストが入った。

ラホーヤビーチは美浦・伊藤正徳厩舎の5歳牝馬で、父タイキシャトル、母エアラホーヤ(母の父ボストンハーバー)。通算成績は21戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ラホーヤビーチ(横山武史騎手)
「逃げようと思っていたのですが、周りの馬が速く、控えて行きました。4コーナーで内が空いていたのも良かったと思いますが、逃げなくてもこういう競馬が出来たのは良かったです。いい馬です」

2着 イキオイ(三浦騎手)
「4コーナーで窮屈になりました。外を回すと初日の馬場だけに良くないと思い、間を突きました。そこからの脚は凄かったです。よく頑張ったと思います」

4着 ブラックバード(戸崎騎手)
「道中、いい感じで行けましたが、最後は内にササって追いづらくなりました」

8着 ハッピーノリチャン(シュミノー騎手)
「3コーナーで内と外から挟まれました。あれがなければもっと前につけられて3着はあっただろうと思います」

【貴船S】(京都)~ドライヴナイトが2番手から抜けて快勝 [News] [News]
2017/11/03(金) 15:57

京都10Rの貴船ステークス(3歳以上1600万下ハンデ、ダート1400m)は3番人気ドライヴナイト(C.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒8(良)。1馬身1/4差2着に1番人気ファッショニスタ、さらにハナ差で3着に4番人気カネトシビバーチェが入った。

ドライヴナイトは栗東・奥村豊厩舎の4歳牡馬で、父カジノドライヴ、母カウントオンミー(母の父バブルガムフェロー)。通算成績は14戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ドライヴナイト(C.デムーロ騎手)
「いいスタートから、いい位置で運べました。3~4コーナーで手前を替える時、ぎこちなく、遅れましたが、その後はいい脚で走ってくれました」

2着 ファッショニスタ(川田騎手)
「昇級戦で、砂を被ったり、色々経験しながらいい走りをしてくれました」

3着 カネトシビバーチェ(小牧騎手)
「勝ち馬を追いかけた分、遅れましたが、走りそのものはコンスタントですね。チャンスはありそうです」

【西郷特別】(福島)~フィアーノロマーノがハナ差凌いで押し切る [News] [News]
2017/11/03(金) 15:48

福島10Rの西郷特別(3歳以上500万下、芝1800m)は6番人気フィアーノロマーノ(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒0(良)。ハナ差2着に3番人気シンギュラリティ、さらに2馬身1/2差で3着に2番人気キラージョーが入った。

フィアーノロマーノは栗東・高野友和厩舎の3歳牡馬で、父Fastnet Rock、母Heart Ashley(母の父Lion Heart)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 フィアーノロマーノ(北村友騎手)
「能力はある馬です。しかし、それに成長が伴っていない感じはしました。集中力がなく、道中気合をつけながら行きました。それでもこれだけ走るのですから能力は秘めています。もっと自然にリズム良く走れるようになればいいと思います」

2着 シンギュラリティ(シュミノー騎手)
「私は福島コースが今日初めてでしたが、外枠は不利だとは思っていました。最後は前半に出して行った分でしょうか。また、4コーナー手前で前の馬が下がって来て、ギアを上げることが出来なかったことも残念でした」

3着 キラージョー(津村騎手)
「ハナを切って、平均ペースでいいリズムで行けました。久々の分、最後は交わされましたが、力はある馬です」

【近江特別】(京都)~ナリタエイトが差し切りV [News] [News]
2017/11/03(金) 15:37

京都9Rの近江特別(3歳以上1000万下ハンデ、芝1800m)は2番人気ナリタエイト(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒5(良)。1馬身差2着に4番人気トリオンフ、さらにハナ差で3着に6番人気ディープウェーブが入った。

ナリタエイトは栗東・松永昌博厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母スペシャルフロート(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は18戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ナリタエイト(M.デムーロ騎手)
「馬の調子は良かったです。直線で馬の間に入って行きませんでしたが、外に出すといい伸び脚でした」

2着 トリオンフ(和田騎手)
「体重が増えていたのは成長分でしょう。今日は上手に競馬をしてくれました。早めに動いて行きましたが、最後までよく頑張りました。このクラスでのメドは立ちました」

3着 ディープウェーブ(幸騎手)
「馬がレースを覚えているのか、今日も前半は前へ進んで行かず、いつも通り後方からのレースになりました。自分の競馬をして、直線では突き抜けるかと思いましたが、最後は少し止まった感じでした。展開次第でまたチャンスはあると思います」

7着 ジークカイザー(川田騎手)
「終始スピードに乗れないまま、動けないままでした」

【磐梯山特別】(福島)~レッドジェノヴァが人気に応える [News] [News]
2017/11/03(金) 15:17

福島9Rの磐梯山特別(3歳以上500万下、芝2600m)は1番人気レッドジェノヴァ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分38秒6(良)。2馬身差2着に3番人気トロピカルストーム、さらに1馬身1/4差で3着に4番人気タマモベルガモが入った。

レッドジェノヴァは美浦・小島茂之厩舎の3歳牝馬で、父シンボリクリスエス、母コロンバスサークル(母の父ホワイトマズル)。通算成績は8戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドジェノヴァ(戸崎騎手)
「惜しい競馬が続いていたので、リズム良く走らせようと思っていました。長い距離を上手に走ったので、今後、距離の長いレースも視野に入れていってもいいと思います」

2着 トロピカルストーム(北村友騎手)
「滞在競馬で馬が落ち着いていました。道中リズム良く行けて、最後まで脚を使ってくれて頑張ったと思います」

3着 タマモベルガモ(鮫島克駿騎手)
「ヴァーサトルが行って、それを見ながらスムースなレースが出来ました。しかし、勝ち馬にはいい目標にされてしまいました」

京都5Rの競走中止について [News] [News]
2017/11/03(金) 15:03

京都5Rで、4番クールメアリー(三津谷隼人騎手)は、下記疾病を発症したため、3コーナーで競走を中止した。

 馬:左後肢跛行
騎手:異状なし

全13件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 次の10件 ]